〜9月1日問題〜

9/1は何の日?そう始業式の日。

長い夏休みが終わって登校する初日。

子どもの自殺が一番多い日として「9月1日問題」と言われ始めて久しい。

不登校や引きこもりの子どもは、まず夏休みが始まると次の日を迎えるのが苦痛だという。

休みが1日減って登校する日が1日近づく。恐怖だと。

夏休みが終わる数日前から学校に行くか、死ぬかの選択を迫らるというから絶望感の深さはいかばかりだろう。始業式が近づくと、いじめで苦しんだ1学期のことがよぎって恐怖感に苛まれ、逃げたい気持ちから死を選ぶ。18歳以下の自殺者数は年間約300人~400人だそうだ。

原因は勉強や家庭問題、学校や友人関係などがあり、これらの問題が複合的に重なっている場合が多いが、その中でも特に深刻なのがいじめ。

自分の中学時代を振り返る。

いじめられてることをとかく本人は隠す傾向にあるが、私の場合、いたたまれず親に相談した。

しかし、止める私を振り切って親が学校へクレームを。すると次の日に臨時ホームルームが開かれ、反抗的な主犯格の子に先生がビンタを!そのあと、先生が生徒たちに袋叩きにされるという羽目に。

二次的な顛末に学校がどう対応したかは覚えていない。とにかくめちゃくちゃ。さらに子どもの喧嘩に親が口出ししたと、火に油をそそぐ結果となり、学校はますます針の筵と化した。

もう先生にも親にも言えなくなったけど、なんとかこらえて春休みまで通い、クラス替えで鎮火した。

根本的な解決は何一つなされなかったと思う。とにかく一件落着で忘れ去られた。

なぜ不登校にならなかったんだろう。

多忙な親の背中を見て育つ時代だった。親の眉間のシワを見たら何も言えなかった。いじめを隠すためには昼間母が仕事をしている家にはいられない、他に居場所などない。だからしぶしぶ学校へ行っていたように思う。学校へ行く、それは決まっていること。それくらいの考えしかなかった。そのうち日にち薬が効いて元の平穏な学校生活が戻った。

今は子どもを取り巻く環境が激変した。LINEやツイッターなどSNSのいじめは時代を反映している。

いじめ相談ホットラインなど、相談機関も多くあるが、会ったこともない人に電話で相談できる精神状態でない場合が多いだろう。ただでさえ人間不信に陥っているというのに。

自殺の原因の多くが学校にあるのが事実。

学校って一体何なんだろう。

多様な子どもが集まる場所なのに画一的な教育、違いを受け入れない不寛容さ。それがいじめの原因。

息苦しいのは誰もが経験していると思う。大人は気づいている。分かっているけどそういうものだから仕方ない、と自分に言い訳する。それが子どもを苦しめる。

子どもの心に向き合わず他と比べたり、はみ出してないか心配したり、そんなことに気をとられているうち、子どもはどんどん孤独になる。大切なのは向き合うこと、そして命。

学校は命をかけで行くところじゃない。少なくともみんな同じじゃなきゃいけない場所なら。

〜お母さんの力〜

医療の進歩は目覚ましく、助からなかった新生児の命が救えるようになりました。命を守るために医療がある、という究極の医学のミッションを考えれば、医療の発展は人類の一番の喜びです。しかし、命さえ守ればいいのか・・という問いが頭をよぎる事もしばしばです。

障がいや重い病気を持って生まれた赤ちゃん。楽しみに待っていた我が子との対面は保育器を通して。しばらく抱く事も、吸う力がなければおっぱいをあげる事も出来ない。それでも命いっぱい懸命に生きる赤ちゃんを見守りながら家に連れて帰る事を楽しみに待つ母。小さな体に点滴をつけながらの長期入院に耐え、待ちに待った退院。はち切れそうな不安を抱えて。人工呼吸器や中心静脈栄養など医療ケアを手放せない在宅生活がスタートします。ここからは訪問医療や訪問看護を受けることになります。

このような子どもは10年前の2倍に増えたというデータがあります。家族は不安を募らせながらケアのために慢性的な睡眠不足や外出もままならないという終わりのない苦労を強いられます。社会から孤立したり体調を崩したりする母親、家庭の不和なども耳にします。シングルマザーになって障がいを持つ子どもを女手一つで育てている家庭を幾つか知っています。そんな母親と懸命に命を育む子どもを病院が社会に送り出した後の社会的支えの遅れが喫緊の課題です。母子は命と引き換えに心が暗闇に置き去りにされていたとしたら・・。医療的ケア児保育を積極的に進める自治体もありますが、全体的に対応の遅れが目立つのが現状。看護師などの医療者の配置が必要だからです。

そんな母親たちが立ち上がり、医療や支援機関と連携をとりながらともに語り合い支え合う団体を立ち上げています。情報交換、子ども同士の交流・・。当事者としての経験が原動力になって、全国にたくさんのグループが誕生しています。我が子のために決して労を惜しまない行動力には圧倒されます。母は本当に強いのだ!苦労しても苦労しても笑って吹き飛ばす肝っ玉母さん。決して髪振り乱してなんかいないところがまた素敵だ。娘世代のお母さんばかりだからますます応援したくなります。

若いお母さん頑張れ!我が子から命のレッスンを受けながら学んだことを、親子メッセンジャーとしてどんどん発信してほしい。地域で安心して育てていけるよう、そして困難を抱える人たちが社会の中でともに生きることが当たり前の社会を目指して!

⬛︎スマイリングホスピタルジャパンが活動している重症児の会

「NPO法人重症心身障害児者の自立支援活動ひまわりHAUS」

「特定非営利活動法人なかのドリーム」

「NPO法人かすみ草」

「杉並重度心身障害児親子の会 みかんぐみ」

「児童デイサービスPrimo」

「筑波大学附属病院小児患者家族のおしゃべり会」

⬛︎スマイリングホスピタルジャパンは在宅訪問によるアートデリバリーも始めました。現在東京、千葉、広島市内で行っています。今後他地域にも広げる予定です。

 

〜大人と子どもの争い〜

子どもが一人で活動できるようになると始まるのが大人と子どもの争いとモンテッソーリは言います。それまでは五感で生活を味わっていた小さくて柔らかい癒しの存在、安心してかわいがっていたのに・・・。

「触っちゃダメ!」「危ない!」「なん度言ったらわかるの?」懐かしいなあ。今でも孫が来ると同じようなことを言っているような気がします。せっかくばあばの家に遊びに来てくれたのに・・。

子どもがしゃがみこんで何かしています。モンテッソーリが近寄って見ると、そこにマンホールのふたがあって、その子はそのマンホールのふたのでこぼこをしきりに触っています。医者である彼女は手のひらと大脳とが発生学的に同じ胚葉からできていることを知っており、子どもがデコボコを感じていることは同時に大脳にも刺激が与えられていることがわかっていました。感心してみていたのもつかの間、お母さんが「汚い!」といって乱暴に子どもの手をとって汚れを払い手をひっぱってさっさと歩き始めました。

子どもの行動をなじり否定して自分のペースで引っ張っていく大人の身勝手さにモンテッソーリはさぞがっかりしたことでしょう。このような光景は日常よく見られます。自分に置き換えてみても、忙しいのにゆっくりと付き合っていられない場合がほとんどでした。子どもがもっとやりたい、感じたい、動きたいと懸命に抗議しても子どもの世界を知ろうともせず、まるで力づくで支配していたかのようです。夢中になって感じながら大切なことをじっくり学び取っていたに違いないのに・・。

大人がそんな子どもの活動をただのわがまま、未熟な意味のないこと、不従順な困った行動と取り続け、やがて暴君となれば子どもにとって精神的苦痛の原因になってしまいます。「幼い時に心を踏みにじられた人は大きくなった時必ず復讐します」とモンテッソーリは言っています。「大人が押しのけて子どもの意思を拒否し、自分の気の済むようにした時、それは子どものこころを押しのけていたのだ」と。

今目の前で夢中になってやっているのは何を学ぼうとしているのかな・・。

幼児の一見意味のないこと、と思えることには、自然の法則を学ぶという大きな意味がありそうです。イライラを抑えてまず深呼吸、そして科学的に考えてみる必要があるようです。子どもの立場になってみる、子どもの宇宙を観察してみる、という感じ。体全体でいろんな事象の仕組みを学習していると捉えれば、それをしやすくなるように環境を整えてやる工夫もまた楽しくなるかもしれません。時々遊びに来る孫たちと今度は何をしよう。しかし、こちらがお膳立てするまでもなく、不思議と思ったりやってみたいと思ったりしたことに自ら挑戦する彼らです。生活にある身の回りのものすべてが興味の対象。どこまで彼らが自ら学ぶ環境を作ってあげられるか・・・楽しみです。おばあちゃんと孫の争いに決してならないように!

モンテッソーリ教育に興味を持たれたら是非読んでいただきたい一冊を紹介します。マンホールのエピソードはこちらから引用しています。

モンテッソーリの幼児教育「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」相良敦子 講談社

子どもをどう観察してどのように寄り添えばいいのか、具体的な工夫の仕方などが詳しく書かれています。

〜モンテッソーリの発見〜

将棋界最多の29連勝を達成した最年少棋士、藤井四段が、東京新聞主催王位戦予選初勝利を飾りました。

藤井四段の集中力について以前取り上げた時、彼の受けたモンテッソーリ教育について触れましたが、改めてモンテッソーリ教育について書いていきたいと思います。

モンテッソーリの発見・・とは「自分一人でできるように手伝ってください!」と叫んでいる子どもの事実です。そこに着目してこの教育法は生み出されました。

「自分で!自分で!」「僕がやる!」「「私がする!」という子どもの声は誰もが聞いている言葉。うるさいな、と自分でやろうとする子どもの手を振り払って「あっち行ってなさい」「危ないから触っちゃダメ」「あなたには無理!」などと言って子どもを諦めさせるのが”邪魔者”を振り払う大人の常套手段。大きな声や手早い仕草で子どもの心を行動を一蹴してしまいます。子どもは大人に対して常に弱い立場にいます。特に幼児期はその弱い立場に甘んじて大人に頼らなければ生きていけないから、大人のどんな勝手な言葉にも屈せざるをえません。大人はそこにいるだけで子どもにとって脅威、という言葉を子育て中に母からよく聞かされていました。母にも反省があったのでしょうか。大人には我が子が幼児の時期ほど勝手に権威を振るい、弱くて素直な子供の前でいつの間にか自分の思い通りに支配するようになりがちです。子供のためにこれだけしてやっている・・という傲慢が言い訳となっています。それがかえって子どもの意欲を削いでしまっていることに気づかなくてはなりません。私も子どもたちが小さい頃、「また仕事が増えるな」と思いながら、モンテの言葉を思い出し工夫していたのを覚えています。

子どもは大人の支配よりはるかに強い自然の力に支配されている、とモンテッソーリは言います。大人は子どもが自分で成し遂げねばならない宿題を自然からもらっていることを見極め、それに立ち向かっていくのを助けなければならないと。

モンテッソーリは、さらにこう言っています。

「服を着せたり顔を洗ってやったりすることは奴隷のすることです。子どもが自分の心と体を自分で使って、その時期に成し遂げなくてはならない課題に取り組めるよう、大人は励まし続けることです。大人がしてやるのではなくて、子どもに自分でさせるのです」

ではそのために大人は子どものためにどうすればいいのでしょうか。それは一人でできるような環境を整えてやるということです。世の中はすべて大人サイズにできていて大人の都合に合わせた環境です。だからトラブルが起こります。子どもの興味のもつような身の回りのものを子どものために適切は形や大きさに整えてやること。子供を援助する心構えを持つことが前提にあれば工夫がかえって楽しくなるかもしれません。子どもをよく観察し何を感じているのか、何をしたいのか教えてもらうことです。

「私がやる!」という言葉には子どもの人格の尊厳があり自立への強い憧れがあります。モンテッソーリが着目したのは、普遍的な子どもの生命力です。時代が変わっても文化が発達しても変わらない子どもの生命力に畏敬の念を抱き、自らよく生きようとする命を助けるのが大人の仕事。なんという深い愛に満ちているのでしょう。

「モンテッソーリの発見」をもっと深く知りたい方へ

「モンテッソーリの発見 Maria Montessori Her Life and Work」     E.M.スタンディング著、クラウス・ルーメル監修

著者スタンディングは教育学者で、モンテッソーリに多大な影響を受け、モンテッソーリが他界するまでモンテッソーリ教育法の普及、発展に大きな功績を残しました。

〜Sense Of Wonder〜 美しさ、神秘さにあふれる自然に入ってみよう!

 

Sense Of Wonder
~子どもたちへの一番大切な贈り物~
レイチェル・カーソン 著

大自然に抱かれ、大好きな「センスオブワンダー」を読み直してみたくなりました。
レイチェル・カーソンは、1962年に著書『沈黙の春』で農薬や化学物質による環境汚染や破壊の実体にいち早く警笛を鳴らしたアメリカの海洋生物学者です。

アメリカで半年間で50万部も売り上げ、後のアースディや1972年の国連人間環境会議環境保護運動のきっかけとなりました。

「センス・オブ・ワンダー」は、レイチェルが幼い子どもと一緒に自然を探索した体験をもとに書かれたエッセイです 。子どもたちと自然の中に出かけ、神秘さや不思議さ、美しさに目をみはる感性を育み、分かち合うことの大切さを伝えています。


子どもの頃は誰もが豊かに持っている「感じるこころ」。おとな達は誰もが「子どもたちにこころ豊かに育ってほしい」と願います。でも、大人たちは、子どもたちと感動を分かち合っているでしょうか。
人工的なものに満足して自然から遠ざかったり、自然に触れても知識を身につけることに気をとられ「感じる」ことをしなくなっているのではないでしょうか。
・・・大切なのは、まず「感じるこころ」を育み、輝かせること。

大好きなくだりをレイチェルの著書から抜粋します。

寝る時間がおそくなるからとか、服がぬれて着替えをしなければならないからとか、じゅうたんを泥んこにするからといった理由で、ふつうの親たちが子どもから取り上げてしまう楽しみを、わたしたち家族はみなロジャーにゆるしていました。ともに分かち合っていました。

子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。残念なことに、わたしたちの多くは大人になる前に澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。

もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら、世界中の子どもに、生涯消えることのない<センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目をみはる感性>を授けてほしいとたのむでしょう。

この感性は、やがて大人になるとやってくる怠慢と幻滅、わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、つまらない人工的なものに夢中になることなどに対する、かわらぬ解毒剤になるのです。

もし、あなた自身は自然への知識をほんのすこししかもっていないと感じていたとしても、親として、たくさんのことを子どもにしてやることができます。

たとえば、こどもといっしょに空を見あげてみましょう。そこには夜明けや黄昏の美しさがあり、流れる雲、夜空にまたたく星があります。

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと固く信じています。

子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけだした知識は、しっかりと身につきます。消化する能力がまだそなわっていない子どもに、事実をうのみにさせるよりも、むしろ子どもが知りたがるような道を切りひらいてやることのほうがどんなにたいせつであるかわかりません。

人間を超えた存在を意識し、おそれ、驚嘆する感性をはぐくみ強めていくことは、どのような意義があるのでしょうか。自然界を探検することは、貴重な子ども時代をすごす愉快で楽しい方法にひとつにすぎないのでしょうか。それとも、もっと深いなにかがあるのでしょうか。

わたしはそのなかに、永続的で意義深いなにかがあると信じています。

以上、レイチェル・カーソン著「センス・オブ・ワンダー」から紹介しました。全文をすべての大人たちに読んでほしい。そして子どもたちと一緒に不思議に思ったり、自然の営みに感動したりしてほしい。きっと幼いころの原風景が蘇り、こころが動く瞬間が沢山得られると思います。