〜美しい心 2〜

 今日は全盲の朗読家、川島昭恵さんのアシスト。

  8/29/2017  「美しい心」と題して川島さんの活動風景を書きました。

こころの目で周りを深く感じ見る。

朗読する、というより、読みながら目の前の人と魂の交流をしているみたい。

そう感じつつ語りの様子に心を動かされたのは、今日も同じです。

「私ね、目が見えないんだ。だから字を読むのではなく点字を読むね」

朗読をする前にそう話す川島さんは、まるで子どものように純粋で透き通った心の持ち主。

病院へ向かう途中で、私の尊敬する盲ろう者のバリアフリー研究者、東京大学教授 福島智さんが確か川島さんと同じ盲学校出身だったことをふと思い出し、

「ねえ、福島智さん知ってる?」

と聞いてみた。

「あ、トムのことだね?」

「えっ、トム?」

「そう、英語の授業で一人ずつ名前をつけることになって。智は『とも』とも読むからトムになったの。あ、福島くんは同じクラスで隣の席だったのよ」

そうだったのか!なぜ今まで話題にならなかったんだろう。と時間を無駄にしたような気持ちになりました。

福島智さんの著書、「僕の命は言葉とともにある」

は私にとってバイブル。手放せない大切な本。

試験のたびに「福島くん」に教えてもらって100点近くとる川島さん、片や当の福島くんは昭恵さんほどは点が取れなかった話など、楽しかった盲学校でのエピソードをたくさん聞かせてもらいました。

「恵里さんにもいつか福島君に出会えてもらえたら嬉しいです。私の自慢の友達ですから。友達の友達は友達てな歌がありましたよね」

と川島さん。

いつか会いたい。そして指点字の発明によって福島さんのことばの世界を広げた福島さんのお母さんにも会ってみたい。

興奮冷め止まぬうちに活動が始まりました。

言葉の出ない子どもにも、ゆったりと話しかけながら何かしらの反応を待ち、空気の動きを感じとると、じゃ読むねと言って1ページごとに「めくるよ」と声かけするのが川島さんのスタイル。

「今日の子たちはあまり声は聞かせてもらえませんでしたが、時折反応してくれる声に、一緒に楽しんでもらえていることを確認でき、嬉しかったです。

相手の顔が見えない私には、声が聞こえないと時々楽しんでもらえてるかなと不安になる時があります。

そんな時、一緒にいた松本さんや保育士さんが『いい笑顔になって聞いていたよ』

と教えてくれると、安心して嬉しくなります。

そして、そういう反応を貰えない時にも、心は一緒に楽しさを分かち合えてると信じています」

と感想をメールしてくれました。

いつでもどこまでも心の美しい川島さん。

今日も病室に、魔法にかけられたみたいに穏やかな心地よい風が渡りました。

互いに

ありがとう

と言って、手を振りました。

美しい心に出会えた日。

今日も少し心が綺麗になったみたい。

〜子どもたちがくれた宝もの〜

✏またきてね。ずっとだいすき。わすれないでね。わたしもわすれない。

ある参加してくれた子どもからのメッセージです。かわいい絵も添えられています。

私たち団体の宝ものです。

時々、スマイリングの活動がどう受け止められているかをアンケート形式で調査させていただき、向上、改善に努めています。

子どもたちはもちろん、親御さん、保育士さん、看護師さんなどの医療従事者からのたくさんのコメントが、活動の励みになっています。

特に子どもは、お世辞抜きの正直な意見を直球でくれるから、ちょっと痛いけど、とても有用です。

「声が大きくて不快だった」

「楽しかったけど大きい人たちにはつまらないんじゃない?」

など辛口の感想も、どんどん書いてくれます。

子どもの素直さはピンポイントで大切なこと、大人が気づかなくてはいけないことを教えてくれます。

こちらも「はい!わかりました」

と素直になれるから不思議です。

こんなメッセージも。

✏二胡演奏は初めて聴いたり触ったりして楽しかったです。触った感想は、思ったより軽くて弦が落ちないように工夫されていると思いました。力を入れなくてもいい音が出せて嬉しかったです。きらきら星が上手に弾けるようになったら楽しいと思いました。

・・・体力の弱っている子どもが「力を入れなくてもいい音が出せた」と満足する様子、改めて、大切にしたい部分だと、教えてくれました。

✏こんなにたくさん笑ったのは久しぶりだったのでよかったです。ふだん病室では音楽を聴かないのでとても新鮮な感じがしました。

・・・入院中の音楽が新鮮で久しぶりに笑った。意外性やサプライズの要素が陽気な気分を引き出し、前向きになるきっかけになります。

✏ずっと退屈していて、ちょうど工作とかしたかったからすごく嬉しかった。

・・・工作などは保育士さんも工夫しているようですが、大勢の子どもたち一人一人に対応するのはなかなか難しい(→12/21投稿 病棟保育士は大きな力)ようです。SHJのアーティストの存在は子どもたちだけでなく、保育士さんの力にもなっていることがわかり、喜びもひとしおです。

子どもたちのキラキラの感性から私たちが学ぶことは、まだまだたくさんありそう。

ワクワクします。

〜またきてね。ずっとだいすき。わすれないでね。わたしもわすれない〜

・・・また来るよ。ずっと大好きだよ。忘れないよ・・・

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

〜重心施設での一コマ〜

専門家から見ても新しい発見がある・・

日々関わる立場でも、子どもの変化にハッとする・・

子どもの可能性は無限です。

改めてそれに気づかせてくれた重心施設での活動に対する職員さんのコメント。

🌀初めてスマイリングホスピタルジャパンの大道芸を見せていただけることになった時、子どもたちに伝わるだろうかという不安とどんな反応をしてくれるだろうかとワクワクした気持ちで当日を迎えました。子どもたちのだいすきな音楽やバルーンアートを見せてもらい、職員側が考えているよりも活動に集中して参加できる子どもが多く、新たな子どもたちの一面を見ることができました。

🌀重症心身障がい児は、一般的に意思表出の読み取りに時間を要すると言われます。しかし音楽の力はそれを飛び越え、今回もまた子どもたちに心踊る体験をもたらしてくれたと思います。笑顔溢れる表情や普段とは異なる身体の動きがそれを証明しており、子どもも大人も気持ちが通じる時間を持てたと感じることができました。

活動中に、

「こんな表情はなかなか出ないんですよ」

「よく見てますね」

「今日はいつもと違う笑顔だ」

などと教えてくれる介護士さんや保育士さん。

高揚感を引き出すような情操活動は、どんな子どもにもものすごいインパクトがあります。

反対に、つまらないものには退屈さをあらわにし、

子どもだましでごまかされないぞ、と大人に喚起してくれます。

だから子どもたちにこそ、質の高い芸術を届けたいもの。

学びの場面で媒体となる環境づくりや教具教材の追究も然り。

それらを通して、大人も子どもの可能性や能力に気づき、わくわくする学びが得られます。

重心の子どもたちが気づかせてくれること、それは命の輝き。

そして、ここにいるよ、学びたいよ、というメッセージ。

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

 

〜スマホジくん誕生!〜

スマイリングホスピタルジャパンのホームページトップ画面に、ちょこんと座っている棒人間。

楽器やクラフト材料、絵の具や絵本を散らかして、いたずらっぽくニコニコと。

このイラスト、私が趣味で描いてみたもの。

HPのデザインを一新するにあたり、写真などの素材がない中、「こんな感じにしたい」というイメージを膨らませて仕上げました。

今では、「やっぱり活動中の写真や、何より子どもの笑顔の写真が欲しいよね」

という声もあり、今年中には再度HPのデザインを変えるつもり。

それにしてもこのイラストはなかなかの評判で、

「このイラストを描いたイラストレーターさんに、団体のパンフレットの挿絵を描いてもらいたい」

などと問い合わせをもらったりで、

「おおっ、なんちゃってアーティスト返上か!」

と飛び上がるほど嬉しかったもの。

しかし、

「実はこれ、私が描いたんです・・」

と聞いた次の瞬間、相手はうろたえたように、

「ああ、そうなんですか。すごいですね!プロの方ではないんですね・・」

ということになり、話はお蔵入り。

応用が利かないのでそれはそれで助かった!

さてこの人物に勝手にスマホジと命名していたところ、あるイベントでバルーンアーティスト瞳さんが風船でこのスマホジくんを作ってくれました。

風船のプクプクした感じがあまり可愛くて、写真を撮ってとっておいたところ、スタッフがトリミングをして出来上がったのがこの公式!?スマホジくん。

スマイリング

スピタル

ャパン

の頭文字をとって名付けられたキャラクター。

しばらくは事務所でニコニコしてるど、やがてしぼみ、次のイベントでまた瞳さんが作ってくれるというパターンが定着しつつあります。

改めて、

スマイリングホスピタルジャパン公式キャラクター

スマホジくん

よろしくお願いします!

*この場を借りて、スタッフの皆さん(トリミング担当者以外)にお詫び

・・代表が勝手なことをしてゴメンなさい!・・

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

 

入院中の子どもの気持ち お母さんの気持ち

痛みや不安に心を塞ぎ、お母さんを悲しませているという思い込みから甘えたい気持ちを隠す子ども。

代わってあげられない辛さを抱える母。

そのような心理面に、正面から向き合うことはできなくても、できることがある。

「レスパイト」という言葉があります。

「=気持ちをそらすこと」

でもその先に心から楽しめるアクティビティがなくちゃ。

愉快な気持ちになること、あっとびっくりすること、感動すること、自分で作れたと得意になること、知っている歌に心踊り一緒に歌うこと。

ふと気づくと、隣でお母さんも笑ってる!

どれほど気持ちが軽くなるでしょう。

陰りある表情が明るくなり、お母さんも心を救われる、と。

それが1日のうちのほんの数分でもあれば、子どもには活力が、お母さんにはちょっとした切り替えの機会になるかもしれない。

できれば毎日、そんな時間があったらいい。

入院だって長くなれば日常になる。

入院したら普段なかなか出来ないことできるね。なんて当たり前に口にする時代が来たらいい。

お母さんから寄せられた感想から・・・

✏ベッドサイドで歌っていただき、特別な感じがしてとても嬉しかったです。入院していなければこんな特別なことは体験できなかったと思います。似顔絵も初めて描いていただけて嬉しかった。

✏次はいつどんな活動なのかいつも楽しみにしています。入院中だと、外に出て気分転換をすることもできず、病室でできることも限られてしまうので、とても良い刺激になっています。今後も楽しみに待っています。

✏手術に怯える娘に優しく楽しく接してくださり、娘から笑顔がこぼれました。救われたのは母である私も同じです。

子どもの心はスポンジのよう。いつまでも一つの感情にとらわれない自由さ、順応性があります。

治療は嫌だ、でも病院で楽しいこともある。我慢は決して無駄なものじゃなくて、希望や勇気の素になり、強くなれている自分を確認できる、子どもにとっては自尊心を育んでくれるレッスンかもしれません。

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)