駅ホームエレベーターの怪・・;

最近はほとんどの駅ホームに

改札階行きのエレベータが設置されたように思います。

ベビーカーを抱えて階段を上り下りするお母さんの姿を

以前ほどは見かけなくなりました。

駅ホームエレベーター設置状況を知りたくなり

検索しましたが、実態を知ることのできるサイトがみつからなかったので

自分の行動範囲に限った見解にすぎませんが。

我が!京王井の頭線の人気駅「吉祥寺」は

エレベーターが使いやすいと評判です。

それもそのはず、ここはターミナル駅ということもあって

構内はゆったりとしたスペースが確保されているから。

しかし駅によっては既存のホームに設置したことで

両脇の通路が狭くなって

かえって危険を感じることもあります。

それはまさしく我が!事務所のある浜田山駅。

井の頭線は、東京のど真ん中を走っているとは思えないローカルな雰囲気。

愛おしくもあり、切なくもあり。

けい太くんというキャラクターもあって

「なかよし!いのからしら7きょうだい」

という絵本まで出ています。

ちなみにこの絵本は、

レインボーカラーの井の頭線1000系を7人の兄弟姉妹として、井の頭線沿線の風景や主な駅、車内を紹介したお子様の想像性を育む内容の物語絵本(Amazonサイトより)

というコンセプトで作られています。

地域の子ども目線を大切に運営するローカル度数かなり高い!

とは言っても、井の頭線はどの駅もかつてとは比べものにならないくらいおしゃれになり

駅ナカなんかもできたりしてバージョンアップ!

した駅がほとんど。

そんな中、

浜田山は代々住み続ける人の多い愛着を呼ぶ町で、商店街もなかなか賑やか。

線路ギリギリに商店が立ち並ぶ風景がローカルさを際立たせています。

そのギリギリ感が駅拡大工事を難しくさせているのか

やっと地下が作られ

かつて地上の改札を通るために上り降りの線路の間で遮断機が上がるのを待ったものでしたが

その必要がなくなった程度。

ホームを広くできない事情から設置されたエレベータは

通路を確保するためにやっと数人が乗れるサイズになっています。

そうなるとベビーカーや車椅子利用者は

なんども見送り

やっと乗れるということも。

ホームエレベータに長蛇の列ができているのを何度も見ました。

人だかりができるほど入り口を塞いでしまっているような状況も。

「誰から乗る?」

と遠慮しあったり

一期一会の出会いの中で瞬時に優先順位をつけなくてはならなかったりの焦り

一人ひとりの顔に現れています。

このような妙な雰囲気を目にするたび

ホームを広げることができないローカル線の悲しいサガを思い知らされます。

駅が作られた昔々は

ホームからスロープを下り、渡ったところに改札があったから

ある意味バリアフリーだった。

合理性とか利便性とか、誰のためかな、なんて思います。

今のホームエレベータ事情を思えば

マジョリティの利便性(踏切待ちフリー)を優先させたゆえの

無理くりノーマライゼーション。

なんとも言えない矛盾を感じます。

怪シリーズ第2弾は

ホームエレベータの巻でした。

次回第3弾は

「ホームドアの怪(~_~;)」

を予定しています。

1/28投稿:怪シリーズ第1弾「優先席の怪・・;)

「はたらける美術館」発見!

シェアオフィスが随分と浸透してきました。

事務所経費節約など主に合理性

にその価値があるかもしれません。

または他業種の人との出会いや交流などが

生まれる可能性は

もう1つの利点でしょうか。

そんな中、スペースを

一定の時間借りる

シェアする

といった考え方から

もう一歩先に進んだアイデアが生まれました。

自分のスペースでパソコンに向かって

下を向いているばかりではなく

気分転換に

Heads up!

頭を上げれば

そこにはアートワークが。

東京渋谷にオープンした

予約スペース「はたらける美術館

の紹介が新聞に載っていました(東京新聞)。

絵画が展示されている個室で作業や商談ができる!

さらに

スタッフが休憩時間に

対話型の美術鑑賞体験を提供してくれるそうです。

コンセプトは

”変化を楽しむワークスペース”

複数の画廊と提携して

月ごとに展示作品を入れ替えている

という館長のこだわりも。

「はたらく」ことと「美術」

は目の前のことで忙しくしていると

なかなか結びつかない。

しかし館長は

美術を身近に感じられるように

そして

仕事をする上でも刺激となるような場を提供したいと考えているそう。

発想の転換や思わぬアイデアが浮かび、

仕事もはかどるかもしれない。

「1つのことに集中」

もいいけれど、

思い込みから抜け出せたり

ストレスの発散になったり

思わぬ会話が発展したり

新しい価値観に出会えるかも。

と、そんなふうに感じました。

また、美術館賞ができるオフィス

ではなく

はたらくこともOKな美術館というニュアンスがまた

いたずらっぽくて素敵です。

アートには

味わう人それぞれの心を解きほぐす極めて個人的な作用と

人とのコミュニケーションを生むインクルージブで豊かな社会を作る集団的な作用

が共存しているようです。

まるで魔法のよう。

そんなアートのマジックがうまく利用されたオフィス。

いつもの事務局ミーティングを

はたらける美術館にて開催したら・・・。

SHJのコンセプトにぴったりです。

難病や障がいと闘う子どもたちに

本物のアートを届けるために頑張る

事務局スタッフにも本物のアートを!

サイト はたらける美術館

在宅勤務中にヘルパーさんがやってくる!

在宅勤務中にヘルパーの利用が実現!

さいたま市の重度障害者

来年度から。

重い障がいをもちながら就労する在宅ネットワーカーに朗報です。

もともと、肢体不自由などの重度障害者は、訪問ヘルパーを申請することができ、排泄や入浴、食事介助、外出支援などを受けることができます。

しかし、それはあくまでも生活の支援。

在宅でいったん仕事を始めると、

就労中は「経済活動」となるため、

昼の休憩時間以外はこの公的介護サービスが受けられない、

というのが現在の国の制度です。

このことが新聞で報道されるまで、

てっきり何をしている時間・・にかかわらず

ヘルパー利用ができるものと思っていました。

障がいのある方達がこれほどの苦労を強いられていたとは

怒りしかありません。

健常であれば想像もできないほどの不自由を抱えながら自立していこうという尊敬すべき方達です。

実のところ、スマイリングホスピタルジャパンのホームページは

OKIワークウェル(沖電気の特例子会社)の社員である

在宅ネットワーカーがチームとなり

遠隔で打ち合わせを重ねながら作ってくれました。

改めて感謝です。

さいたま市は、

就労中に介護が受けられないため、トイレも水分摂取も控え、

仕事中に体調が悪くなったら、

と当事者からの訴えを受け、

内閣府の地方分権改革有識者会議に在宅就労時の訪問介護を認める規制緩和を提案しました。

障がい者の働く環境を整え、就労の場を保障したいというのが市の願いです。

しかしその訴えは棚上げされてしまい、判断は先送りにされました。

一旦就職が決まったのに、

必要時に介護を受けられないと命の危険があるため

就労を諦めたという人も。

障害者の生きる喜びや尊厳、

ひいては命の重みに向き合っていない国の姿勢。

さいたま市は市の財源で独自支援することを決定しました。

正面切って闘わず、ステージを変え、市民のためにやるべきことをきちんと行なう市の行動力は素晴らしい!

これは全国初の試み。

モデル事業として実績を作って

広まるきっかけになることを願います。

企業にとっても

障害者雇用のしやすさ、

重度障害者の働きやすい環境づくりのきっかけになるはずです。

学びに導く教具・教材・支援機器

教材と支援機器の研究、製作ほど

特別支援学校の教員にとって欠かせないものはありません

幼児教育法のひとつ

モンテッソーリ教育はあまりにも有名ですが、

もとは障がい児がいかにして学びを深められるか、

モンテッソーリ女史が子どもの動きにヒントを得て開発したものです。

幼児期の体験が

その人の将来に多大な影響を与え

生涯にわたる学びの基礎であるということは、

三つ子の魂百まで

という言葉に現れている通りです。

ですから、社会全体で、

身内他人にかかわらず

幼児期の子どもにもっと愛を

育児中のお母さんやお父さんにもっと寄り添いを

幼児期の教育や保育をもっと大切にと

日頃から思っています

モンテッソーリ女史の発見を見れば

障がい児教育が全ての教育の原点

ということが言えます

モンテッソーリは

主体的に行動し

自立した人に育つようにと

「秩序」

という観点で教材づくりをしました

始まりがあって終わりのある秩序ある教具で

自分で選んで

自分のペースで始めて

自分で試行錯誤して

自分で完成し

自分の納得いくまで繰り返し満足したら

自分で片付ける

この秩序が育むものは

主体性

見通しをもつ力

順序立てる力

失敗から学ぶ力

自立心

誠実さ

そこから

自信や他人への思いやりが育ちます。

そして忘れてならないのは

子どもが飛びつくような

美しいもの

結果のフィードバックがあるもの

です。

障がいのある子どもにとっても

自分から取り掛かりたくなるもの

始まりと結果があるもの

何度でも納得するまで繰り返すこと

フィードバックが明確に感じられるもの

そこから

自信や心の安定が生まれるのだと思います。

ここで忘れてならないのは

見えやすいもの

フィードバックとしてのある程度の重さがあること

です。

思うように身体を動かせない子どもにとっては

対象のものにアクセスしやすいような

手がかりや工夫が必要です。

スイッチ教材やICT機器はとても便利。

ひと言で障がいといっても百人百様ですから

大きさ、重さ、握りやすさ、距離などすべてが

個別の障がいの違いに寄り添ったものでなくてはなりません。

参考:2017/12/12投稿〜ユニバーサル算数セット

特別支援学校の教員の教材研究には

たっぷりの時間がなくてはと

つくづく感じます。

事務仕事や行事対応に追われている現場の職員たち。

時間のなさにストレスを感じている教員も多いのではないでしょうか。

子ども一人ひとりのために!

と情熱を燃やす教員ならなおのこと。

個別対応の教具づくりや

スイッチ教材、ICT機器を一人ひとりに合わせ

いかに活用するか。

考えれば考えるほど時間のなさに

夜しか眠れなくなります。

教員に

十分な教材と支援機器の研究、製作の時間を!

教師がほんらいの仕事に没頭できるような社会を!

参考:SHJ重度障害の子どもへ在宅学習支援「学びサポート」

2017/12/11投稿:医療的ケア児や重い障がいの子にお家で学習サポート

2018/12/3投稿:在宅 ジャズセッション

2018/12/4投稿:ベッドサイド授業の学習環境づくり

2018/1/25投稿:在宅学びサポートでの工夫

2019/2/4投稿:「i+padタッチャーでセッションをリード!

 

〜これがやりたかったんだ!〜

SHJの活動は、毎回専門家によるアートプログラム。

それだけに、

こんなことが入院生活中にできるの?

入院してなかったら経験できなかったかも!

といった

意外性

高揚感

驚き

感動

をもたらします。

初めて見ること

初めてさわってみるここ

初めて奏でてみること

初めて挑戦すること

それらが

退屈という壁に風穴を作り

変化のない生活に刺激をもたらします。

そして

前からやってみたかったこと

やってみたかったけど難しそうで勇気が出なかったこと

それらが

苦手に思ってたけど個別に教えてくれるから挑戦してみようと思った

できないと思っていたけど成功した

そして、特に興味があるものが今まで見つからなかった

という子も中にはいますが

「でもやってみてすごく楽しかった」

と新しい自分を発見することもあります。

入院生活という制限された空間でこのような体験をするのと

やってみたいと思うこととの出会いもなければ刺激もない生活。

その差は歴然としています。

退院してからの生活や将来の生き方にも

大きな違いがあるように思います。

先日の「学びサポート」で

i+padタッチャーを利用して

ガレージバンドのアコースティックドラムを叩いて

セッションをリードし、成功させたHくん。

「これがやりたかったんだ!」

の言葉、SHJにとって大きな励みです。

ずっと心に残る大切なメッセージです。

Smiling Hospital Japan Official Website