〜しあわせの経済フォーラムへ〜

・・・グローバリズムからローカリズムへ・・・

~あなたは豊かさをどんな物差しで測りますか~

と題して、7/10ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ監督*のドキュメンタリー映画「幸せの経済学」について感想を書きました。

(→7/10投稿「幸せの経済学」

昨日は明治学院大学にて、ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ氏とともに「いよいよローカルの時代」を著した辻信一氏*始め、そうそうたる登壇者が揃う

「しあわせの経済」フォーラム2018(主催:ローカル・フューチャーズ/「しあわせの経済」フォーラム2018 in 東京実行委員会)

がありました。

プログラム進行と同時に、ローカライゼーションの考え方をもとに活動するパルシステム、国内、世界中からのファーム、日本の種子を守る活動をする団体、社会問題を配給する会社、再生可能エネルギーを広める団体などが集うマルシェが開催されました。

楽しみながら「しあわせへの経済」を目指してローカルで事業を運営する魅力的な人たちで大にぎわいでした。

・・「しあわせの経済」・・

グローバリゼーションの時代から自立的経済 ローカリゼーションへ。

「グローバル経済の腕はあまりにも長く、手の先で何をしているかわからない」とはホッジ氏の言葉。

先住民の文化を壊す多国籍企業の行為をピタリとわかりやすく表現しています。

貨幣経済の台頭によりお金さえあれば何でも手に入るという幻想を持ってしまったグローバリズムの警告を告げています。

しかし、グローバル社会の無限の経済成長は有り得ないことに気づき始めた人たちがすでに動き始めています。

健全で持続可能、自らの行動を自ら決める本当の幸せを求めて。

本当の幸せの見つけかた。

それはローカリズムによる経済体系の縮小。

ローカル金融、地産地消、自給自足など地域で完成させること。

それが顔の見える人間関係や流通システムを生みます。

そして再生可能ビジネスが生まれる。

株式会社という形が全てではなく、ローカルでシンプルなビジネス、

大きなスケールより小さなスケールをたくさんつくり互いに繋がり合う社会。

その繋がりと共生の思想は

土、水、すべての自然環境との繋がりです。

登壇者の誰もがホッジ氏の”ビッグピクチャー”の考え方をわかりやすく伝えていました。

それは、理論的な分析や目の前のことに翻弄されるのではなく、

今まで当たり前に”前提”とされてきたことを立ち止まって本当に?と広い視野に立って考える。消費者文化の中で、本物を見分ける力を麻痺させられないように、といったメッセージでした。

講演では専門家によるグローバリゼーションの現状と限界をみんなで確認。その上に立って、希望を持って明るい未来は作っていけるのだと、誰もが結んでいました。

人間は生れながら社会の健全さを引き起こし保つ権利がある。

そんな市民主導のローカルムーブメントがうまれ、相互の繋がりが、世界中のあちこちで発生しています。

一人ひとりが本当のしあわせをつかむ時代がやってくる、そんな気配です。

*ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ (Helena Noberg-Hodge)

スウェーデン生まれ。Local Futures(ローカル・ヒューチャーズ)創設者。グローバリゼーションに警笛を鳴らし、ローカリゼーション運動を世界中で展開するオピニオンリーダー。1975年、グローバル化により失われつつあるインド・ラダックの文化や環境を保全するプロジェクトに取り組む。著書『ラダックー懐かしい未来(Ancient Futures)』は、40の言語に翻訳され、高い評価を得た。2010年にはドキュメンタリー映画『幸せの経済学』を監督。各国で上映運動が行われている。(同氏著『ローカル・ヒューチャー』より抜粋)

*辻信一

文化人類学者、明治学院大学国際学部教員。環境活動家。「ナマケモノ倶楽部」世話人。「ゆっくり小学校」校長。著書に『スロー・イズ・ビューティフル』(平凡社)など多数。(同氏監訳「ローカル・ヒューチャー」より抜粋)

〜小学校英語教育〜

先日テレビ番組で小学校の英語教育について議論していました。

会話中心か文法も取り入れるか、

業界では見解が二分されているようです。

方針も定まらないうちにスタートした小学校での英語授業。

現場では、担任の先生が教員免許取得時にはなかった科目の英語を、

いきなりネイティブのALT(アシスタントランゲージティーチャー)の先生との

授業の組み立てに苦労している、

というのが導入の頃の実情だったと思いますが、改善されたのかどうか、

この番組を見ていて、あまり進展はなさそうだという印象を受けました。

結論から言うと、聞く、話す、読む、書くの4技能のうち、小学校では読む書くより聞く話す方が大事とか、2つに分けるものではないと思っています。

学校で英語を習う前にすでに小さいうちから英会話スクールに通っている子どももいますが、まずはじめての「英語」というスタンスで授業は進められます。

英語に親しむためにまずは歌やゲームなどで英語の”音”やリズムに慣れる。

そして簡単な日常会話。

そもそも、日常会話というのがどこまでの範囲なのでしょうか。

・挨拶

・基本的な自己紹介

・Do you like ~ ? Do you play ~ ?でやりとりするパターン練習

など。

これらはパターンを覚えてしまえば十分身につけられるし、困らないかもしれないけれど、ただ行って返ってくるだけの会話になりがち。

いったん挨拶なり自己紹介してそのあと会話が続くのか、というところが

「日常会話くらいでいいんじゃない?」

という発想の落とし穴です。

挨拶する、自分のことを聞いてもらう、聞いて必要な情報を得る、これでは会話は続かないし、深まっていきません。

相手が話していることを何とか理解できるようになり、それに対して、文法が少々まちがっていても、誤解されないような応答ができるようになれば、「日常英会話ができる」と言えると思います。

そしてその後どうしたいか、というところでしょう。

伝えたいことがあるから言語がある。日本語だって同じです。

伝えたいことあれば何としてでも伝えようと努力する、わかってもらいたい!と。

会話の出発点と言える「伝えたいこと」があるなしで、語学の習得に大きな差が出ると思います。

そもそも、どこの言葉かは抜きにして、

小さな頃から、家庭や学校でたくさんの会話があって、自分の思いを尊重してもらえる環境があることはもちろん、ことあるごとに、

どう思う?

どうしたらいいと思う?

と互いに考える習慣や、

意見を言い合い、互いの思いを受け止め合う習慣があれば、

自分から相手に伝えよう、感想を発表しよう、話し合おうというコミュニケーションへの高いモチベーションが持てます。

そのベースがあってこそ、語学の習得、ここで言うところの英語習得につながるのではないでしょうか。

こういった子どもを取り巻く環境作りが、英語教育を語る前にするべき大切なことです。詰め込み教育の中で対話が少なくなっていくのでは本末転倒です。

そして伝えたいことをより正確に伝えるためにはやはり、文章の構造や言語の裏にある文化など、授業で話題にするといいと思っています。

何度か書いていますが、教員時代に生徒に伝えてきたこと。

英語と日本語、主語以外は単語の並びが真逆であること。

これは突き詰めれば言語そのものというより、考え方や思考回路の裏にある文化の違いにあること。

言語は目的ではなく、手段であること。

道具があっても何を作るか決まっていなければ役に立ちません。

何を作りたいかで、道具を揃える。それと同じで、

伝えたいことがうんと心の中にあってこそ、語学は身につき、どんどん上達すると思っています。

そもそものコミュニケーションへの意欲が根底にあることが大前提ということ。

その上で、会話を重視する、と言っても文章の構造がわからないと行き詰るわけで、聞く話すと読む書く、どちらが先かという議論が必要なくなります。

余談ですが、

文法が全く異なる言語を話そうとすると、単語は知っていても文章を頭の中で考えているうちに会話がどんどん進んでしまう、というのが大抵の悩み。

そこで必要なのが、考えているのでちょっと待ってね、というアピール。

そんな「間をつなぐ表現」を幾つか知っておくと、会話も続けやすくなります。

また別の機会にその例を紹介したいと思います。

〜「置き勉」〜

ランドセル、一番重たい日で9.7キロ!

1~3年生の場合。

教科書4冊、ノート、ドリル、プリント類で、ランドセルと合わせると計5キロ。

さらに両側に給食袋や体操着入れなどをかけたりまた上履きなどを無理やりランドセルに入れる子もいるだろう。結果、平均の重さは約7.7キロ!

家に帰りランドセルを下ろした途端、「肩が痛いから、モミモミして」と訴える子続出!。

「健康や成長に悪いのでは?」と心配する母親の声が聞こえてきます。

荷物が重くなった理由は、

小中学校の授業時間が増えたこと。

教科書のページ数が増えたこと。

教科書協会によると、小学校の場合、2015年度は10年前に比べて3割以上増えたとか。

この増加に反比例するのが夏休みの日数。

机に向かう時間を増やしていったい何が学べるというのか。

詰め込み教育は、自分の人生を切り開くための学びに必要な時間を奪う。

夏休みというのは発見や経験、多様な事を知る大きなチャンス。

自分で見つけて自分で考えて、どうしてだろう・・と思いを巡らす。

どうしてだと思う?

ああでもない、こうでもないと話し合う。

不思議だなあ、と思ったら自分で調べる。自分で聞く。

思いもよらなかった発見があるかもしれない。

果たして教科書の中に思いもよらなかった発見がある?

新しい知識満載!確かに。

しかし、それを楽しむ余裕なんかない。なぜだ?とか考えてる暇はない。とにかく覚えなきゃ。

ここで本題。置き勉とは?

宿題の出ていない科目の教科書を学校に置いて帰ること。

「置き教科書」

ならぬ、

「置き勉(強)」

家で勉強しなくていいならいいのにね。

屁理屈をこねる子なら

「置き勉だから家で勉強してきませんでした~」

なんて言いそうです。

宿題に何が出たかで持ち帰るものを仕分ける、置いておいていいものは?

と判断するのも考える練習になりそうだけど、それなりに十分な時間を確保してほしい。

漢字1つ覚えるより「自分で考える」「判断力」「見通しを持つ」などの力が身につくだろう。

しばらく使わないから家に置き勉しよう、という発想もあるだろう。

文部科学省は小中学生の持ち物の重さや量を軽くするよう、全国の教育委員会に通知したそうだ。

いかにも子どもに寄り添ってる風だけど、矛盾してない?

このままページ数を減らさないなら、

この際、2冊ずつの配布はどうだろう。

1冊は学校に置き勉。もう1冊は家に置き勉。

教科書は無償だから家庭に負担はかからない。

無駄に使っている税金を当てればいいだけ。

これを機会に、ノートも鉛筆も体操着も何もかも無料で配ってくれたら・・。

子どもは何より大切な宝です。

生まれて数年の小さな子を肩こりなんかで悩ませないで、のびのび成長できるように、

さあ!文科省さん、小中学生の荷物を軽くするために

教科書2冊ずつ配布しませんか?

〜非認知能力とは?〜

「全米最優秀女子高生の母」

ボーク重子さんの教育方法が話題になっているというのを新聞で読みました。

「自分で人生を切り開き、どんな時も自分らしく幸せに生きられるように育てたい」

と考え、主体性や自己肯定感、社会性、自制心など、人間としての基本的な力を身につけさせる教育をした結果、我が子が全米最優秀女子高生コンクール*で最優秀賞を受賞したというもの。

*全米最優秀女子高生コンクール 女子高校生が時事問題に関する意見や、音楽、ダンスなど特技を発表し学力、知力、コミュニケーション力、自己表現力を競う。優秀な生徒に奨学金が贈られる。1958年から開かれ、各州と自治区の予選を勝ち上がった代表が全国大会に出場する。

ボークさんの教育方法の柱が「非認知能力」。

学校での教育が認知能力(数がわかる、字が書けるなど、テストの点などで数値化できるもの)だとすると、

「非認知能力」とは、目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、感情をコントロールするなどの力です。

「非認知能力」を養う教育の具体例を挙げると、

受動的なおもちゃ(ゲームやテレビ)ではなく、能動的に遊べるおもちゃを活用すること。

例えば身の回りどこにでもあるような廃材、紙、段ボールなど。工夫したり想像力を駆使してもの作りするような活動が良いと思います。

お絵描きや粘土、工作など創造性を豊かにする遊びはとても有効。夢中になって遊びこむ時間をたくさん作ることも大切だと感じます。

うまくいかないときにすぐに諦めることのないように「どうしてかな」「こうやってみよう」「この方法ならどうかな」など、目標の達成まで頑張る姿勢を身につけることです。

失敗しそうな時、「こうしたら?」とアドバイスしてあげると、頑張りが続き、「頑張ればできる」という習慣が身につくかもしれません。我慢できること、感情をコントロールする力なども養われるでしょう。

たとえ始めはうまくいかなくても、まわりの意見を聞き学ぶ意欲を持ち続けると、次第にできなかったこともできるようになり、伸び幅が大きいといいます。

また、自分で考えやってみてその過程の良いところをまわりの人が見つけてくれて褒めてくれたらどうでしょう。

とかく結果(数値はテストの点数)で親子とも一喜一憂してしまうことが多いものですが、こんな環境ならやり直しのきくたくましさが培われる気がします。

結果があまり気に入らなくても、やり方に工夫したところに気づかれ褒められたら、自分はこのままでいい。大事にされている、と実感します。

ボークさんは、小学校1年生の頃から毎週日曜日の朝、親子三人分の朝食を任せたそう。台所にあるものを使ってできるものは?そんな工夫や考える力が自然に身につき、さらに任されることで、「自分は必要とされている」と感じることができます。だからこそのびのびと育っていける。

意見や考えを押し付けたりせず、

どう思う?

あなたらならどうする?

と折りにふれ意見を聞いたと言います。

思考力や表現力を育むのに、これほど効果のあることはないでしょう。

「自分の思っていることを言って良い」

という自信にもつながり、将来人間関係の構築にも困らないような気がします。

どうやら、

🌀「認知能力」を身につけること=机上でできるもの=紙と鉛筆絵を使って身についたもの=個人を合理的に評価するための数値

🌀「非認知能力」を身につけること=体感しながら培うもの=身体を使って身についたもの=自分で人生を切り開いて幸せになるための能力

と定義されるかもしれません。

前者は人生を楽しむためには必ずしも直結しないけれど、後者は一生残る自ら切り開く力と言えそうです。

ちなみに、IQを高めるような早期幼児教育を受けている間はその数値は急激に伸びますが、9歳ごろになるとIQの差はほとんどなくなるそうです。

幼児期に認知的な能力を高めることが、その後の人生の成功や安定につながっているのかというとやはり、あまり関係がなさそうです。

はい、机に向かって勉強、勉強!

ではなく、 

どんな小さな子にも、

意見を話す機会を、

話し合う習慣を、

自分でやってみる環境を、

失敗してもやり直せばいい雰囲気を!

お・も・て・な・し・に思うこと・・。

 なんか変だぞ!

そこまでしてくれなくても・・。

せっかくの親切なのにばちが当たるでしょうか。

 批判を覚悟で、日頃思うこと、書いてみます。

電車の車内案内。

「ご利用ありがとうございます」

から始まって、

「次は○○○駅です。

降り遅れのないように~~」ととても親切なアドバイス。

お身体の不自由な方へ席を譲ってね、までくると幼い子ども相手か!

そこまで言われなければ行動できない未熟な人間でできている国なのか!

と思ってしまいます。

この手のアナウンスが当たり前になってしまったら、

電車は別名、指示待ち人間製造機。

鉄道会社の罪は重い。

お客様サービスはあればあるほどいいだろう。

という配慮?

他者とのサービス合戦?

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

車内放送多い、少ない、

どちらがいいかは別として・・。

今から40年前。

英国留学のために初めて異国の地へ。

誰も教えてくれない。

ターミナル駅に掲示してある行き先別プラットフォームや乗り換え案内を見て、

「自分でなんとかしてね」、

というスタンス。

車内でも、

“Next ~~station”.

それだけ。

That’s all. 

一気に緊張が走るけれど、

そんなものか。

そうだよね。

自分のことだ。

100人いれば100通りの旅。いちいち鉄道会社や駅が案内するわけにはいくまい。

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

車内放送は、日本のサービス精神の典型かもしれません。

2020年のオリンピックに向けて、

和のお・も・て・な・し

はさらに深みを増すのでしょうか。

外国人に心地よく映るのか、

はたまた、うるさくて会話もままならない、と映るのか。

日本のおもてなしを観光として経験するForeigners。

かたや、それが日常になっているわたしたち。

この場でさらに批判的態度に出たくはないけれど、

つい思い浮かべるのが

「思考停止」の助長・・・。

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

ついでに、乗客の側からすると、

自分へのサービスは当たり前。お客然としている。

しかし、乗客同士の助け合いやマナーはそっちのけ。

ぶつかっても逆にお互い迷惑そうな顔をしたり、

周りに席を必要としている人がいるかどうかを確かめる前に空席へ一目散。

座ったら最後、スマホを取り出して自分の世界へ。

他人への関心シャットアウトを決め込む風景満載です。

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

いっぽう、中年の女性が赤ちゃんを連れた若い女性へ気配りする風景をよく目にします。とても気持ちがいい。

そのまま会話が弾んだりすることも多いものです。

こんな風景にぶつかると、ホッとします。

頰が緩み、にやけている自分に気づく。

🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃 🚃

電車内で会う人とは、ほとんど最初で最期の出会い。

人生は一期一会。

短時間の、たまたまの縁の繰り返しだとしたら、その一つ一つを丁寧にすることで人生が豊かになるような気がします。

車内アナウンスなんかなくても、他人と目を合わせて話すことで、必要な情報プラスαの小さいけれど嬉しい幸せがあるかもしれません。