医療でない立場で病棟に存在するということ

医療現場とは、普通に暮らしていたら

関わる機会のない、

敷板が高く、最も遠い場所かもしれません。

難病と闘いながら長期入院を強いられる子どもたちのいる

小児病棟に至ればなおのことです。

私たち、入院中の子どもたちと関わるNPOは、

医療者ではない立場で病棟に存在するわけですが、

だからこその意義と苦労があります。

医療行為や科学と全く関係ない、対極にあるような立場が病棟に入って行くことの意義とは・

●治療や痛いことを連想させない安心感

●憐れみや心配そうな顔ではなく陽気な笑顔の存在

●のびのびとした人間的な関わりあい、ふれあい

対極といってしまっては、医療者にもアーティストに対しても失礼でしょうか。

それにしても、

眉間にしわを寄せながら緊張の連続にいる医者や看護師たち。

みんな威厳があって1ミリのミスも許されないピンと張りつめたような知性の塊。

いっぽう、

笑顔をたたえ目尻にしわを寄せながらリズムやユーモアの連続にいるアーティストたち。

周りの感性をくすぐる創造力の塊。

その落差が時に滑稽でもあります。

アシスタントたちはきっと心の中でクスッと笑っているでしょう。

当たり前の存在である医療者。

かたや場違いで超個性的なアーティスト。

彼らはとりも直さず、

患者と医療との間にある緊張感を解きほぐす存在でもあります。

ハイセンスで豊かなユーモアが、

医者である前に、

患者である前に、

人間だよね~。

とアートを通して語ります。

キラッと光りながら、

時にふざけながら、

そして時におちょくりながら・・。

目的は「融合」。

少しずつ、じわりじわりと目的に向かっていることを実感するのは、

医療者たちが、

大道芸人に引っ張り込まれ、ボケ役という大役を仰せつかってまんざらでもなさそうなとき。

いつか子らに披露しようと隠し持っているバイオリンを、なぜかタイミングよくSHJの活動の時にプレイルームに持ってくるとき。

処置の時間が活動と重なると、子どもの生き生きとした表情を見て、参った! とばかりに終了時間を聞いて出直すとき。

笑っている子どもを見て顔のシワが眉間から目尻に移るとき。

ダイナミズムや感動をきっかけに生まれた共感が

「融合」をもたらし、

緊張感や孤独感、疎外感を吹き飛ばします。

1色で煮詰めるのではなく、

いろんな色を混ぜてかき回し溶かせば、

閉鎖空間において、インクルーシブな社会が作られます。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜なぜアートなのか〜

「医療現場にアートを持っていくことでどんな効果があるのか」

これは団体趣旨の核心となる問いです。

まず、生活の中で心を豊かにするものといえば、

自然とアート

と考えます。

人間の手によって作られたものがアートであり、その反対が自然。

この対極にあるものが満足や精神の安定をもたらしてくれるというのは、

面白い現象だな、とふと思います。

さてそのうち、

団体のテーマであるアートについて考えます。
私の考えるアートとは・・

「アートの豊かさや多様性は、日常の中に反映させることができるもの」

「気分が落ち込んでいる時、体調がすぐれない時に無意識と言っていいほど自然に求めるもの」

「アートの価値は心のままに表現すること。だからアートに取り組んでいるとき、精神は自由でいられる」

こう考えるとどんな環境にいてもアートの多様性を持ってすれば日常を豊かにできる。

だからとても自由で開放的で個別的な価値を持ちます。

病棟やベッド上という極めて限られた空間にいても、一旦アートに向き合えば心は自由でいられるのです。

病院での生活は、与えられるもので過ごしたり、治療を待ったりと受け身になることがほとんど。

毎日が成長過程にある子どもにとって、

感性を呼び覚ますような情操活動は不可欠です。

もちろん、病気を治すために入院、治療します。医療は最優先であることには変わりありません。

しかし、それだけでは痛みや辛さ、閉塞感などに心が折れてしまいます。

白衣、電子音、冷たい機器に囲まれ楽しむことを諦めてしまいます。

子どもを救い、守るための現場が、子どもの心にかえって傷を負わせてしまっては本末転倒です。

見るだけ、聞くだけではこれも受け身となります。

ですから入院中には特に

アートが主体的な創造活動でなければなりません。

やりたい!

と思うような質の高いプログラムを、

専門家がファシリテートします。

その結果、

高揚感 

感動

自発的な行動

をもたらし、

生きる力、生きる喜びにつながります。

クリエイティブな活動が心も脳も活性化させ、愉快な気分になり、

できた!

という達成感や自信につながります。

この自信があったからこそ闘病を乗り越えた経験が

入院生活を前向きに捉え、

生涯の生きる力に結びつきます。

もう一つの自発的アート効果は、

活発なコミュニケーションを生むこと。

閉鎖空間においてのインクルーシブな社会づくりや、

ダイナミズムや感動をきっかけに、共感が生まれ

孤独感や疎外感を吹き飛ばします。

新しい仲間意識も生まれるかもしれません。

入院中は気分も落ち込んで人に会いたくない、と内向してしまうことが多いものです。

そんな時、

「スマイリングホスピタルジャパン

 アーティストと遊ぼう!

ごご2時から プレイルームにて」

そんなポスターを見てたまたま集まった子どもたちは、

一緒に歌ったり、楽器を奏でて1つの音楽を完成させたり、

ものづくりでは自分の世界に没頭し、作品が完成すれば周りの子たちの作品が気になり

互いに見せ合ったりアイデアを参考し合ったり・・。

大道芸で笑いを共有し、飛び入り参加して人気者になったり・・。

一緒に活動し交流するうち、同じ病室であることに初めて気づき、

それからはそれまで締め切っていたカーテンを全開にして

入院中のさまざまな思い、

好きなこと、

元いた学校のこと・・など、

対話が生まれ、

生き生きとした人間関係が生まれます。

活動を通したコミュニケーションによって、

入院生活の質向上や心の安定をもたらすこと。

この意味に置いても、

SHJならではの大きな価値を見出すことができます。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜幸福度の測り方〜

幸せに関する研究が評価されず、非科学的だと言われ続けてきたこと

これは、

私たちの活動が

・何らかの理由で命、生活を脅かされている人の救済

・難病の治療薬の認証への取り組み

・偏見や差別に苦しむマイノリティに寄り添った人権意識の改革に取り組むもの

・今すぐ取り組まないと環境に甚大な影響が及ぶことを阻止するための活動

等々に比べ、喫緊な課題ではないと捉えられてしまいがちなことに似ています。

つまり、

・絶対になくてはならない

・命が脅かされてしまう・・

・明らかに数値等で効果を証明できる

といったものではないから

「いい活動だよね」

で終わってしまうことが少なくないのです。

NPOの仕事とは、

・社会的な課題を解決すること

・国や行政の限界を補う

・マイナスと捉えられる状況を改善していくこと

という風に捉えられているでしょう。

もちろん私たちの活動も、

闘病生活の中、

当たり前の楽しみすらままならない子どもたちに少しでも笑顔を!

という「補い」の意味もありますが、そもそも子どもは遊びの天才。

どんな状況だって楽しむ工夫をします。

その彼らの楽しもうとする主体性のお手伝いをするのがSHJ。

マイナスを補うのではなく

ワクワクすることや創造的な活動を後押しすることで

喜びが2倍3倍になるように応援することです。

伸び伸びと遊べない環境にいながらも

毎日が成長過程の子どもたちだからこそ、

真に必要な取り組みです。

絶対に、ではないかもしれないけど、真に、です。

🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱

芸術活動によって幸福度が上がったとどう証明できる?

とエビデンスを求められるとします。

科学的な裏付けにより実証できるかが、

私たちの主張が正しいかどうかを証明できる唯一の方法かもしれません。

そこで、SHJが数値的根拠を求めて、参加者である子どもたちを対象に科学的調査を行うとします。

こういった場合、多くは

二重盲検法といって、

例えば薬の効果を確かめる場合では、

多数の患者に調べたい薬と偽薬を投与し、誰にどちらを与えたかは患者にも医師にも分からないようにしておき、結果を統計学的に判定するのです。

かつて、Smiling Hospital Foundation in Hungaryが、科学者の助けを借りてこの方法で実験を行いました。

活動前に一定の人数の子どもの採血をします。

そのうち、活動に参加した子どもとしなかった子ども全員に再び採血をします。

アーティストとの交流により、リンパ球の増加、すなわち免疫力のアップが見られたという結果が出ました。

2017/9/20投稿 

Does Happiness Help Healing? ー楽しい心は治癒を助けるかー

でも触れています。

さあ、これで証明できました。

だから闘病中の子どもたちに芸術活動は必要なんです・・。

活動させてください」

そんな説得の仕方、

個人的には、非人間的で

愛情にかけているような気がしてならないのです。

幸せを科学的に追求する研究者はいます。

でも科学者になったSHJピープルを

果たして現場の子どもたちは歓迎してくれるでしょうか。

SHJアーティストとの時間をまっすぐに心から楽しんでくれるでしょうか。

私たちの活動の効果を、

血まなこになってエビデンス「科学的実証」を

社会に示す必要があるでしょうか。

生の声がたくさん寄せられます。

🌿入院しててもこんないいことがあるんだね

🌿入院してすぐに面白い人が病室に入ってきて、えっここは病院?って思った

🌿救われたのは母である私も同じです

などなど・・

医療者ではない立場で現場に長くいた私にとって、

SHJが、アートプログラムとしてチーム医療の一員になりたい

と願ったこともありました。

しかし、

医療現場での活動だけど

医療にとってはあくまでもサポートする立場として、

医療やエビデンスという数値とは離れたスタンスでいたい。

それが子ども達や家族の希望なんだと、

丸6年活動を続けてきて

答えが出たような

7年目にしてはっきりとした立ち位置が見出せたように感じています。

Happiness Helps Healing!

Smiling Hospital Japan Official Website

〜 持続可能な団体とは・・〜

今年はスマイリングホスピタルジャパン7年目。

段々と団体に欠けているものが見えてきます。

しかし、幸運なことに、

困ったな、これが必要だな、ここをなんとかしないと・・

そう思うたびSOSに気づいてくれる人がいます。

「私がそれをやります」

と名乗りを上げてくれる人。

さらに、すごい発想と行動力の持ち主も現れる。

こんな人が必要、と知り合いも巻き込んでくれる。

それは、

「この活動は続け、広げる大きな価値があるから」

だとみんな声を揃えます。

もう感謝する以外ありません。幸せだなあとジーンときちゃう。

しみじみしてる場合じゃないと、

代表を勇気付け、背中を押し、大丈夫だよ、

と言ってくれる。

仮に1年間の収支が赤字になっても、

支出を減らす努力はある程度必要だけど、

大変だ!大変だ!

では何も変わらない。

「それならどうする??」

という前向きでクリエイティブな発想やアイデア、

先を見通し、発展するぞ、それが楽しみなんだ!

という、

先ず何はさておき、

前向きな思いがなくちゃ。

・・・持続可能かどうか・・・

それは永遠の課題ですが、目的ではない。

・・・価値ある活動を持続していくこと・・・

・・・そのためにどうあるべきか・・・

はっきりと言えます。

団体としてのミッションに

  確固たる価値があること

  ブレないこと

一緒に活動したいという多くの仲間と

たくさんの賛同者が集まることにつながります。

これが叶っているのであれば、

持続可能か?!

と聞かれたら

はい!!

と答えるだけです。

☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘

今思えば、

気持ちばかりが先行して壁にぶつかりながら空回りを繰り返し、

やっと開始が叶った、

形のなかった時代が懐かしくなります。

あの頃は知識不足の身でよく頑張ったなあと。

思えば、動き出すと

賛同者や必要なもの、お金までもが味方してくれたのは不思議です。

中でも一番心強く、力になったのは人の心、出会い。

一人の力でできることなど小さく小さく限られる。

そんな中、2人、4人、12人、36人・・・・・・・・・・

共感が共感を呼び、という表現は月並みですが、これしかない。

これほど多くの理解者がいる、

思いを分かち合える人が増えていく・・。

それまでの挫折やもどかしさが一気に吹き飛び、

手応えと展望さえも抱くことができました。

ここで新年恒例の振り返りです。

SHJクロニクル~ダイジェスト版~

🌀2012年

入院する子どもたちを目の前に、思いばかりが募り任意団体として活動を開始した5月。

形ばかりの運営を担当する私とアーティスト1名の2人で始めた活動も、暮れにはNPOとして団体設立。

パンフレットやホームページも拙いながら作りました。

🌀2013年

活動場所が2つに、活動回数は3倍に。

ほんの少し認知が広がり始めた頃。

🌀2014年

大きく広がり7箇所の病院で。

メデイアでの紹介も多くなりました。

🌀2015年

活動場所2桁突入。

テレビやラジオで紹介する機会が増え、見た人、聞いた人から問い合わせも。

🌀2016年

念願の認定NPO法人として新たな1歩を踏み出した!

🌀2017年

活動場所が43にまで増え、少し運営が追いつかなくなってきた頃。

🌀2018年

クラウドファンディングに初成功!

🌀2019年

さらに大きな発展が待っている予感です。

☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘

現在アーティスト150名ほど。

未だ会ったことのないメンバーも多くなります。

登録時に連絡を取り合ったり、

FBで繋がったりするから顔と名前は一致します。

全国に一人一人会いにいくことはできませんが、それでも不安がないのは、

地区をまとめる信頼できるコーディネータの存在があるから、

安心して各地を任せられるのです。

そして病院ごとのアシスタントもとても大きな力。

仲間が増えるたび、年1度の全国研修会で会うのが楽しみになります。

サポート会員も220名を超えて、大きな支えを感じています。

新しい年があけ、まず今までを振り返ってみました。

今日は新年初めての活動です。

今年のSHJにもご期待ください!

Smiling Hospital Japan Official Website

クラウドファンディング成功!ありがとうございます。

クラウドファンディング「小児病院の白い壁をポップに!」

が昨夜23:59に達成のもと、終了いたしました。

みなさんのSHJへの共感とご支援のおかげと、心より感謝いたします。

SHJアーティストMari manabeによる病棟の壁画イメージ

ご報告とお礼→

「子どもたちと一緒に病院の白い壁をポップなデザインに変えたい!」

思えば、2014年に1度、やはりFIATのプラットフォームで

「星空の宅急便を送ろう!」

というプロジェクトタイトルで挑戦しました。

外へ出られない子どもたちをいっそのこと、広い宇宙に招待しよう。

という案でした。

まず病棟のプレイルームでドームを広げることができるか、安全面で問題ないかなど病院で許可をもらい、それが叶うと、

移動式のプラネタリウムを行う会社に病棟での実施をお願いするために何度か打ち合わせをし、

アーティストにリターンの提供を頼み、

いよいよ実施。

しかし支援者は数名しか集まらず・・。

理由は、団体がまだまだ未熟で、

説得力のあるマメな広報をするマンパワーもノウハウもなかったこと。

苦い敗北の経験から、しばらくはクラウドファンディングを敬遠していたのです。

しかし、今年に入って新しい事務局メンバーが加わり、是非やってみたい!

と初回のミーティングでクラウドファンディングを希望したくれたこともあり、

この熱意があれば!

との期待を込めて任せることに。

達成した今、感謝を込めて、みなさんの期待に沿うべく、子どもたちと一緒にプロジェクトを遂行していく決意を新たにしています。

今後の実施内容として、

普段の活動時に子どもたちと一緒にステッカーの原画づくりをします。

それを持ち帰り、業者にステッカー加工してもらい、

次の活動の時に一緒に貼っていきます。

貼りきれないものは保育士さんに預けて、

子どもたちの好きな場所、適当なところに子どもと一緒に貼ってもらうようにします。

完成後の壁の写真は支援くださった方々にプレゼント。

さらに、子どもたちが活動している様子もこちらで紹介したいと思います。

🌀そもそもクラウドファンディングとは・・・

インターネットを通じて、特定のプロジェクト達成のために不特定多数のクラウド(群衆)にファンディング(資金調達)を募り、必要額が集まったところでプロジェクトを実施するというもの。

プロジェクトそのものに意義があり、共感を得られなければ支援者は集まりません。

気になる成功率ですが、ネットサーフの結果、26%という数字が出てきました。

しかしこの数字は、プロジェクトを立ちあげる前に審査を行うCF業者の数字。

審査を通過したとしてもプロジェクトの成功率は1/4ということになります。

さらに100万円の目標額に対して100人の支援者というのが平均だそうです。

今回80万円に対して111人が応援してくれたことを考えると、

SHJの取り組み、今回のプロジェクトに限らず普段の活動内容が多くの人に支持されていると考えられます。

これは大きな励みになります。

この活動を始めて良かったんだ、このまま広げて行っていいんだという安心感につながる、

団体趣旨の確認作業としてもとてもいい機会となりました。

クラウドファンディングそのものは成功しても現場でのプロジェクトはこれから。

支援者のみなさんの子どもたちを応援する気持ちを携えて病棟へ。

SHJアーティスト、スタッフが心を込めて、

小児病院の白い壁をポップに!します。

報告を楽しみに待っていてください。

アーティストMari manabe HP   Only Too Mari – Mari

Smiling Hospital Japan Official Website