〜またね!〜

 アーティストやアシスタントと、活動で悩むこと、迷うことなど意見交換をします。

特に話題になるのは、

「活動が終わってからの挨拶。ついまたね。と言ってしまうが、いいのでしょうか」

多数の人が課題に感じていることです。

早く退院することが一番なのに、

“またね!”

は、長期になる。という前提のようで・・というのが大方の意見。

そこで、

「そこまで深読みする必要はないと思います。それでも悩んだら、(参加してくれて)ありがとう!」

がベスト、だと伝えます。

どんな形でも、人との出会いは一期一会。

“またね!” で悩む理由はもう一つ。

こちらはさらに深刻です。

残り少ない時間を楽しく過ごさせてあげてください。

かなり悪いんです。

と案内されるのは、

命の期限を宣告された子どもと家族のいる個室です。重篤な状態にあることを承知で、思わず口から出てしまうのが、

”またね!”

次来た時、この子に会えるのかな。

明日は?将来は?

もう会えないかもしれない。

と思うから?

待って。

今日いち日を精一杯生きること、その大切さを子どもたちから学んできたはず。

ならば、時間の流れについて思い悩む必要は無くなります。

自分には明日は必ずあるけどあなたはわからないんだ・・。

という気持ちが根底にあれば、子どもたちに伝わります。

”明日、いえ一寸先に何が起こるのかはだれにもわからない。だから与えられた時間は皆平等だと思っています”

という考えを伝えます。

”またね!” は次回また会えること、また一緒に活動できることへの期待感を生みます。

付き添う家族にとっても励みになるように思います。

早く治してね。

お大事に。

という言葉かけにも疑問を感じる人がいます。

重篤であるかどうか、治癒にはまだまだ時間がかかるかどうかは、最低限の情報、たとえば、それにより接し方に注意が必要な場合などを抜かしては、それほど念頭に置かなくて良いのです。

むしろ、頭から「この子の病気はどんなだろう」

という疑問を拭い去ったほうがいい。

私たちは敢えて病名は聞きません。

病棟には、家族を含めた当事者以外、ほとんどが医療者です。

私たちのようなそうでない立場は、病気と向き合わざるを得ない子どもたちにとって、味方みたいなものです。

縁があって出会えた。

”またね!”

はご縁に感謝するってこと。

視覚障害陸上と「アイマスク」

「全国障害者スポーツ大会」が毎年秋に行われています。

新しく導入されたルールが、視覚障害の最も重いクラスに課せられた

「アイマスク着用」。

生活するときも、もちろん走るときも、わずかな光を手掛かりにしてきた選手にとってはなぜ?

という思いしかないだろう。

不自由さを克服しながらの競技は自分との戦いでもある。

さらに障害を重く?なぜ?敢えて?

もっと苦労しろ、と?

今まで若干でもメガネの隙間から入ってきていた光。

そのメガネの着用をやめ、アイマスクで完全に目を覆わなくては競技に参加できなくなった。

パラリンピックの理念は「残された機能を生かす」・・・

そのパラリンピックなどの国際大会でも、昨年から「目を完全に覆」わなくては

参加できなくなった。

しかし、少なくとも「障害者スポーツ大会」は速さ、優劣を競うより、スポーツを楽しむためのものではないのか。スポーツってなんだろう。

多くの人が参加することが理念の一つでもあるはず。

これまでよりもさらに不自由さを強要されることで参加者は減るだろう。

いっぽう、全国大会への出場には、予選の成績より、初出場者優先の地域もあり、障害者スポーツの裾野を広げる役割りを果たしているところもあるという。

「アイマスク」

光に対し多少の感受性がある選手と全く見えない選手との公平性を図るのが目的だそうだ。

困難と向き合い生きる人に枷を?

残された機能を生かしてはいけない?

公平か、不公平か、そこに照準を合わせていたら、だんだんに心が狭く荒んでいく。

決めるのは誰?

人間を合理化という枠にはめなければままならない社会。

幸せが遠のいていく・・

やるせない思いが重苦しく、息苦しさを生みます。

人間って冷たいな・・。

今年の大会は10月に福井にて。

〜話を端的に伝えるコツとは?〜

人前で長々と話す代表の職業は教員と政治家だそうだ。

耳が痛い。

引退したとはいえ、教員時代を思い浮かべる。

確かに熱くなって生徒の前で話が長くなってしまったことは、、、ある。

でも基本、人前でスピーチすることに苦手意識があるので、その回数はあまり多くない気がする。

さて聴く方の立場として、会議や集まりの時に、長い話をBGMに、船をこいでしまう経験は誰でもあると思います。

または、あの人は自分の饒舌ぶりに満足し悦にいってしまっていて空気が読めなくなっていると、余計な分析をするか、時計をちらりちらりと見るか。

最近では国会演説で枝野氏の長さが話題になった(2時間43分!)。

世界に目を向けると、

昨年の中国共産党大会で、習近平氏は休憩を挟まず一気に3時間半。

もっと長いのがキューバのカストロ氏。1960年の国連総会で4時間29分だそうだ。同氏の7時間15分(1998年)という記録もある。

伝えたいことがあってその思いが強ければ強いほど、長くなりそう。

でも本当は印象に残るようなシンプルなキーワードを中心に数分で仕上げるのが効果的な気もします。

ところで私がつい熱く語ったのは他でもない、

日本語と英語の決定的な違い。

日本語の文法は最後まで文章を聞かないと結論がわからない。

doなのか、don’tなのか、はたまた問いかけているのか・・・。

という趣旨なのだが、結局、

丁寧に?くどくどと説明しすぎて、ダラダラしゃべることになり、「日本語は、何を言いたいのか。するのかしないのか。尋ねているのか。言い切るのか。いくら長くても最後まで聞かないとわからないよ」

という内容をダラダラと語っていた記憶がある。

「それ、先生のことじゃん?」

と聞こえてきたような・・。

相手がどう思っていようと構わないというより、ね、ね、ナットクでしょ。

と押し付けが多かった気がする。

ダラダラと話がつまらなくならないコツとは・・。

💫具体的で独自のエピソードを入れること。

💫うまく喋れなくても心を込めて一生懸命話すこと。

個人的にはやっぱり

💫💫笑顔で!

〜子どもに寄り添うということ〜

子どもに寄り添う、とは、慰めることや悩みに答えることではない、向き合うことでもない。

そっとそばにいて心がほんの少しでも動くのを待つことです。

ただ近くで、持ってきた手仕事やアートに夢中になっていればいい。

私は教員免許を取る時に心理学やカウンセリング理論について表面をかすめる程度に勉強しただけで、心理士やカウンセラー、精神科医のような知識はありません。

だから「心に寄り添うこと」についても、体験から確信に至った持論を述べるしかありません。

だから、そんな考えもあるのか、といった程度に読んでいただけたらと思います。

🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱

話そうよ、と面と向かうと子どもは威圧感を感じます。

まして、単刀直入に質問したり、テーマを押し付けたりするようなことは絶対に避けなくてはなりません。

大人でも、自信を持てずにいる人なら多少は同じように感じるかもしれません。

🌿 🌿 🌿 🌿 🌿 🌿 🌿 🌿 🌿 🌿 🌿

子どもは、親を含め、大人がそこにいるだけで脅威を感じるものです。

残念ながら大人は子どもにとって安心できる存在ではない、ということを肝に銘じてください。

幼い頃を思い出してみれば、なんとなくそうだったな、と気づくかもしれません。

それだけ大人は自分も子どもだったことを忘れ、子どものうちなる世界に心を寄せることができなくなっているのです。

助けてあげます、というオーラを相手に感じた瞬間、子どもは遠ざかります。

自分のことをそれほど良く知らないのに何がわかる?とかえって反発します。

こちらから、ではなく子どもから近づきたくなるような自然なたたずまいが良いのです。

何気なさ・・・と言いましょうか。

・・・・・

・・そこにいる人、気になるけど、話しかけるのは少し様子を見てからにしよう・・。

・・・・・

少しすれば子どもから心を開きます。

「誰?」

「何やってんの?」

最初はつっけんどんかもしれません。

しかし、こちらが魅力的に見えることに夢中になっていると、興味を示してきます。

子どもにとって興味を持てる「綺麗なもの」「面白そうなこと」「初めて見るもの」・・・。

直球ではなく変化球でもなく、「ブルペンで投げ合う球」の力を借りる、という感じです。

「わあ、綺麗」

「なにやってるの?」

「僕にもできるかな」

「あ、それやってみたかったの」

「その曲、弾いてみたい」

「面白い楽器だね」

🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀

ひと言で寄り添う、と言っても場面や立場によって違うでしょう。もちろん状況によっては、そんな悠長なやり方では話にならない、ということになるかもしれません。

しかし私たちは、アートを通して心の交流が生まれ、心を開く様子をこれまで幾度と見てきました。

何かおしゃべりのきっかけや話題が、本題とは必ずしも関係ないところで発生し、それがヒントや発想の転換になったりもします。楽しいことをしているうち、塞いでいた気分が軽くなったり、新しい何かを発見したりできるかもしれません。

それは子どもたちだけではありません。

お母さんは、子どもが入院する前はよくやっていたという編み物の活動の時に、アーティストとの会話の中で表情や声がどんどん明るくなったということがありました。

お父さんは、得意なギターを子どもたちに披露したこともありました。

🌳 🌳 🌳 🌳 🌳 🌳 🌳 🌳 🌳 🌳

アートがいろいろな可能性を持ち、希望や自信を持つツールとなれば、と思っています。

「間接的なふわっとした自然な寄り添い」

そんな存在でいたいと思います。

 

うちなーんちゅの心意気!

「ゆいまーる」という言葉について書いたことがあります。

この言葉は「めんそうれ(ようこそ)」と同じくらい有名な沖縄のことば「しまとぅば(島ことば)」です。

ゆいまーるとは「結」が回る、文字通り「みんなで助け合う」ことなのですが、助けてくれた人に恩返しをする、というような意味合いではなく、自分が受けた恩をまた別の困っている人に回していく、という考え方です。

親切にしてくれた人に、気兼ねなく別の人にその感謝を渡してく・・人を大切にする沖縄らしい習慣です。

既存のコミュニティの中で助け合うだけではなく、支援を必要とする人を見つけたら、迷うことなく惜しみなく寄り添います。

「模合(もあい)」という習慣があります。

これは一種の相互扶助システム。

毎月、決まった金額を集めて、それを順番に毎月メンバーの誰かがもらうという仕組みの飲み会。ゲスト参加も一般的だとか。

今回の旅で「いちゃりばちょーでー」という言葉を知りました。

「いちゃりばちょーでー」とは?

「一度会ったら皆兄弟」

  いちゃりば→行き会えば

  ちょーでー→兄弟・姉妹

初めて会った人にも優しく温かく接する沖縄の愛情がたっぷりと感じられます。

息子の住む久米島に行くたび楽しみなのが、

うちなーんちゅ(沖縄の人)のキラキラの瞳と屈託のない笑顔。

他人行儀など一切ない親しみ込もったあったかさ。

真っ青な空とマリンブルーの見事なグラデーション、そして真っ白な砂浜は沖縄の最高の魅力ですが、久米島の人々のまなざしは、透き通った海面にキラキラと反射する強い太陽の光のよう。心を洗ってくれるようです。

☀️ ☀️ ☀️ ☀️ ☀️ ☀️ ☀️ ☀️ ☀️ ☀️

さて、滞在先のホテルのロビーで。

観光客の家族の風景が見るとはなしに目に入ってきました。

イライラとしたお母さん、

「早くしなさい」

「ぐずぐずしていると置いていくわよ!」

と小学低学年ほどの女の子に怒鳴っています。

・・あ~あ、せっかく楽しむために来たのにね~~。

方や、滞在中に訪れた夏祭り会場。

どの家族もブルーシートを敷いて屋台で買った飲み物や地元の料理を楽しんでいます。一番印象的なのが、たくさんの笑顔。子どもにイライラするお母さんなんていない。どの家族も本当に楽しそうに笑っています。

家族同士も溶け合って、知らないうちによその子どもが隣で焼きそばに手を伸ばして食べている。

知っている子を見かけると、

「~ちゃん、おいで~」

人懐っこくちょこんと座って好きなものを呼ばれている。

どうやら島の全員が知り合い? 親戚? のようです。

子そだてに最高の場所だなあと感心。

家族でいることが嬉しくて楽しくて幸せ。

人と助け合うことが当たり前。

そんな生活単位と、

「いちゃりばちょーでー」や

「ゆいまーる」

の習慣の中で、懐深いうちなーんちゅの愛情豊かさが育まれるんだなぁ。

家族で、教育現場で、沖縄の本来的な生き方考え方を見習えば、支援が必要なところにもっともっと手が、心が届くのになあと感じます。