〜信玄餅の乱〜

最近、大好きな信玄餅がなぜか井の頭線渋谷駅改札外のK-Shopで売っている。

通路からつい目を引くようなレジ横にひっかっかっている。

「買って~」とばかりに”甘え”ているのが、やけに可愛いらしい。

なぜ信玄餅だけ?きびだんごは?ひよこは?鳩サブレは?

はたまた、ままどおるは?

などとワクワクする各地のご当地名菓が頭のなかを回転ずしみたいにぐるぐる回る。

しかし、これまで現地や近隣のサービスエリアに行かないと買えなかった美味しいものがい近くで売っていると、なんとなく安心する。

そのうち、きびだんご週間、ひよこキャンペーン、ままどおるの季節、と変化していくのか、それもまた楽しみだ。

さて、目下選ばれし銘菓、信玄餅。

無添加、というところも嬉しい。

しかし、きなこひと粒もこぼさずに食べる人を未だかつて見たことがない。

と言っている自分は一番始末に負えないが。

物作りや料理などは器用なほうだと自負する私も、信玄餅を前に、緊張が走る。

モチモチの食感が好きな私は、

やった!信玄餅大好き。

と思わず口にするが、次の瞬間、反射的に息を深く吸う。

そうして心の準備をしてから勇気を出して透明の蓋をそっと開ける。

この段階でこの蓋はきなこに埋もれている場合が多く、まず最初のきなここぼし。

不器用だね~なんて言われるのは不名誉甚だしい。

つぎに真ん中の窪みに黒蜜を。

周りのきなこを少しずつ崩しながら蜜にからめる。

それは美味しく食べるためというより、いかにこぼさないようにするか!の勝負。蜜にしっかりきなこを吸わせるという技の見せ所。

しかし、いざ下に沈められたもちに辿りつくためには相当の用心をせねば、ここで失敗、ということになる。

なるべく息をしない。ここは最後の難関。

くしゃみなどしようものなら大惨事だ。

おまけに、息をとめながら口に入れることの難しいことと言ったら。

しかし、結果いつでも散らかるのだから、派手にきなこをぶちまけようが、この美味しさに辿りついたらもう、どうでもよかったではないか、こぼそうがきれいに食べようが、という言い訳が後に続く。

いつも通り大騒ぎした挙句、「信玄餅の正しい食べ方」というのをサイトで見つけ、これまでの苦労はなんだったのか!と悔しくもあり、安堵あり。

ビニールの包みを開けたら躊躇することなく、そこに餅、きな粉、黒蜜を全部出し、

巾着様に再度包んでからよく揉み、すべての要素を絡め味をなじませてから食べるのだそう。

詳しくはこちら・・・

信玄餅の正しい食べ方「桔梗屋をもっと楽しむ

ちなみに戦国武将の武田信玄が餅を好んで食べたという歴史的な事実は一切存在せず全く関係ないそうだ。開発者によれば、「山梨県を代表するお土産になって欲しいという願いを込めて、山梨を代表する武将・武田信玄の名前をお借りした」ということらしい。

信玄餅をめぐるすったもんだの”戦い”の日々は終わった。

〜不思議と思う心〜

「好奇心を持ち、簡単に信じないこと」

これまでブログで度々綴ってきた大切なこと。

好奇心を持ち=“Sense of Wonder

・・・なぜだろうと不思議に思うこと

簡単に信じないこと=“Critical Thinking

・・・批判的思考

まさにこのことをノーベル賞を受賞した本庶佑氏が大切なこととして述べています。

氏が述べた珠玉の言葉はまだまだあります。

「教科書といえども信じず、自分の目で確認し、自分の頭で考えなければいけない」

・・・批判的思考の原点。しかし自分に置き換えてみると、そもそも教科書を理解していたのか!というところが甚だ疑問だが。

「不思議と思う心が大切」

・・・Sense of Wonder これがなくては生きている喜びは半分だと思う。

「生命科学について私たちはほとんど分かっていない」

・・・わからない。から始まることの謙虚さや潔さがあれば、突き詰めていくことに行き詰まりを感じたことがあったとしても、ただひたすらに・・という姿勢に揺るぎはない。それがこの結果になったのでしょう。

「何が重要か分からないのに大きな山だけを攻めるのはナンセンス」

・・・「物事の本質」であるそもそもから始めなくては、と常に感じています。派手さや目立つことについ目が行き、自分を見失ったり、本来の目的からぶれてしまっては必ず後悔を招くと思います。

私が普段大切に思っていることを見事にダイナミックに裏書きしてくれました。

🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱 🌱

人の命をテーマに、生命を脅かす最大の敵をやっつけることを目的に、研究に専念してきた本庶氏。

最初は製薬会社は一切研究費を出してくれなかったといいます。

長年の仲間から免疫細胞の共同研究を断られたこともあったといいます。

しかし、

「注目されていないところで、新しい価値を見出すことが大切」という地道さは、勇気を与えてくれます。

本庶氏のモットーとは6つのC。

   好奇心=CURIOSITY

   勇気=COURAGE

   挑戦=CHALLENGE

   確信=CONFIDENCE

   集中=CONCENTRATION

   継続=CONTINUATION

研究に専念できたのは家族の支えがあってこそ。

「こういう人生を二度やりたい」と。

奥様も学生時代は本庶氏と同じ生命科学の研究をしていたそうです。

内助の功とはいえ、ふたりのノーベル賞と言っていいと思います。

これからは若い人たちにたくさんのチャンスを与えて欲しい。

本当に重要な山を調べられるように、研究費を惜しまないで欲しいと訴えます。

自らの成功は後進への架け橋。

未来のために妥協しない研究姿勢に、人類への愛を感じます。

〜センサリーフレンドリー上映〜

・・子どもの人権 障がい 難病について綴っています・・ 
「センサリーフレンドリー」とは感覚に優しいという意味。

大きな音や照明の明るさが苦手な傾向を持つ自閉症や注意欠陥多動症(ADHD)などの発達障害の方に配慮した映画上映のこと。

そんな映画館の取り組みが東京新聞で紹介されていました。

2017/7/13投稿「バリアフリー上映」では、最も映画鑑賞が困難とされる目の不自由な方々のための音声ガイドつき上映について書きました。

セリフの合間に場面情報を補う副音声のナレーションを挿入して、映像を想像しながら鑑賞するというもの。

耳の不自由な方々のために、日本映画に字幕や手話をつけるなどの対応をするのもバリアフリー上映のコンセプトの一つです。

4/24投稿「耳で聴かない音楽会」では「音」を「振動」に変えて身体で聴くコンサート、音楽のバリアフリーを紹介しました。

今回のテーマは音などの刺激に敏感な方に配慮したセンサリーフレンドリー上映。

❤︎音は通常より約10デシベル低く。

❤︎ドドドド」「ガンガン!」など耳に刺激の強い音の時は職員が手動で音量を調整。

❤︎ノイズとなる予告編はカット。

❤︎照明は通常より明るめ。

❤︎上映中に動き回ったり、声を出すのは自由。

❤︎パニックになった時のための「クールダウンスペース」設置。

❤︎見通しを持てるよう職員がスクリーン前で「カウントダウンボード」を提示。

❤︎意思を伝えやすくするために「コミュニケーション支援ボード」を受付に用意。

❤︎トイレの場所などがわかりやすく表示された案内状配布。

実際体験した当事者の方からは、

「守られているような気がした」

家族からは、

「他の人に遠慮するストレスなく一緒に楽しめる」

という喜びの声が上がります。

障がいのある方が、他人に遠慮して生活を楽しむ機会を逸しているとはあまりにも理不尽。

どんどんひろがれ!

バリアフリー上映&センサリーフレンドリー上映

さらにネットサーフィンにより見つけました。

”ユニバーサルシアター”。

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)』

バリアフリー映画鑑賞推進団体City Lightsが、防音工事や音響映写設備にかかる設立費用全てクラウドファンディング含む募金により
2016年9月にオープン。

目の不自由な方だけでなく、耳の不自由な方も、小さな子ども連れも、車いすの方も、誰もが安心して映画を楽しめる映画館、というコンセプト。

一度行ってみたい客席25の小さな劇場です。

こぢんまりと優しい作りは、感覚刺激に弱い方へのセンサリーフレンドリーの要素もきっとあるんだろうなあ。

こんな映画館、心ある人の善意だけに頼らず、当たり前に各地に広がることを願います。

〜サマータイム導入論〜

最初の導入は1916年、英国で。

そのきっかけは、夏に時計を進めれば、仕事がひけたあとでも屋外での活動を楽しめるから、でした。

実際の動機は、第1次大戦勃発による石炭不足でしたが、発想としては人生を楽しむための工夫が原点にあったようです。

私自身、英国留学中に、いつまでも明るい夏空の下、寮の友達と連れ出って放課後を楽しんだ思い出はわが青春!と思える貴重な時間です。夏休みにはスコットランドへ旅をしましたが、11時ころまで、うっすらと明るい空に、宇宙の営みの中にいるという、大げさだけど、震えるような感動を、味わったものです。

日本でも、省エネなどの理由で何度か検討されたと記憶します。

実際、戦後G HQの指示で行われたこともあったそうです。

今回は2年後に迫った東京オリンピック時の暑さ対策として急遽持ち上がったというわけです。

命を脅かすほどの今年の酷暑続きを思えば、東京でオリンピック、大丈夫か!と思う人は私のまわりには少なくないです。

そもそも、日本は緯度の関係で、北の国々のように季節による陽のある時間の差がないので、議論するまでもないような気さえします。

東京オリンピック時の酷暑対策は、競技の時間を朝早くにするしかないんじゃないかな。早朝でもすでにかなり暑いですが。

サマータイム・・・

まず、身体がついてゆけるかな、という心配。

さらに、I T化のすすんだ現在、システムの対応は最大のハードルだということは誰もが感じることでしょう。

サマータイム・・・

省エネや経済効果が発想のスタートか、生活を楽しむためがスタートか。

ある英国人の遊び心が発端だったとは、経済優先より人間優先。

サマータイム導入は人生を楽しむためだった!

〜女子大万歳!〜

「学ぶ意欲のあるすべての女性の夢を実現するため教育や研究の場を提供するのはお茶の水大学の役割」

トランスジェンダーの方たちで、戸籍上男性でも本人が女性と認識している人の受け入れについてのお茶の水大学学長室伏きみ子さんの考え方です。東京新聞「この人」コーナーで紹介されていました。

この主張が起爆剤となり、議論を始めた大学は他にもあるのではと思います。

この大学ではすでに2年間議論を重ね、反対意見はなかったといいます。

「結論を引き伸ばしても誰も幸せにならない」

学長としては結論を先延ばしにする意味はない、と判断したと。

専門の生物学の観点から、

無数の生物種の1つにすぎない人間が、互いを差別するのはおかしい。

人との違いを理由に片隅に追いやるような社会は間違っている。

と室伏氏。

深く共感します。

奇しくもこのタイミングで室伏さんの決断が公開されたことで、女子受験生を差別してきた多くの医大のちっぽけさがさらに浮き彫りになるのが皮肉です。

お茶大の学長という立場が口火を切ることで、間違いなく、流れができていくだろうと思います。

他の女子学校でも検討が広がり、当たり前の議論をして当たり前の結論が出たらいいな、と強く思います。