入院中の子どもの気持ち お母さんの気持ち

痛みや不安に心を塞ぎ、お母さんを悲しませているという思い込みから甘えたい気持ちを隠す子ども。

代わってあげられない辛さを抱える母。

そのような心理面に、正面から向き合うことはできなくても、できることがある。

「レスパイト」という言葉があります。

「=気持ちをそらすこと」

でもその先に心から楽しめるアクティビティがなくちゃ。

愉快な気持ちになること、あっとびっくりすること、感動すること、自分で作れたと得意になること、知っている歌に心踊り一緒に歌うこと。

ふと気づくと、隣でお母さんも笑ってる!

どれほど気持ちが軽くなるでしょう。

陰りある表情が明るくなり、お母さんも心を救われる、と。

それが1日のうちのほんの数分でもあれば、子どもには活力が、お母さんにはちょっとした切り替えの機会になるかもしれない。

できれば毎日、そんな時間があったらいい。

入院だって長くなれば日常になる。

入院したら普段なかなか出来ないことできるね。なんて当たり前に口にする時代が来たらいい。

お母さんから寄せられた感想から・・・

✏ベッドサイドで歌っていただき、特別な感じがしてとても嬉しかったです。入院していなければこんな特別なことは体験できなかったと思います。似顔絵も初めて描いていただけて嬉しかった。

✏次はいつどんな活動なのかいつも楽しみにしています。入院中だと、外に出て気分転換をすることもできず、病室でできることも限られてしまうので、とても良い刺激になっています。今後も楽しみに待っています。

✏手術に怯える娘に優しく楽しく接してくださり、娘から笑顔がこぼれました。救われたのは母である私も同じです。

子どもの心はスポンジのよう。いつまでも一つの感情にとらわれない自由さ、順応性があります。

治療は嫌だ、でも病院で楽しいこともある。我慢は決して無駄なものじゃなくて、希望や勇気の素になり、強くなれている自分を確認できる、子どもにとっては自尊心を育んでくれるレッスンかもしれません。

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

 〜スマイリング効果!〜


✏明日外科手術予定の9ヶ月の娘にバルーンを作っていただきました。また痛いことがあるのでは?と怯える娘に優しく楽しく接していただき、娘から笑顔がこぼれました。救われたのは母である私も同じです。


✏入院して1週間、とても久しぶりに息子の笑顔を見ることができました。作っていただいた作品(トンボ)を自分からつかもうと手をのばし、ぶんぶん振り回し、楽しそうにしていました。入院中、我慢や頑張ることが多い中、楽しい時間をいただきありがとうございます。これからも子どもたちの笑顔が見られるよう、続けてもらえたらと思います。


✏入院も長くなり病室から出たくてたまらないストレスで表情に陰りが見えて心配していた中、楽しげな音楽が聞こえてきました。本当は病室の外へは出てはいけなかったのですが、そんな様子を見た医療スタッフの方がプレイルームへの参加を促してくれました。母にとっても新鮮で心を助けられ、励まされました。


痛みや我慢ばかりでなく、友達との交流や外遊びからの断絶。いろんな経験をしながら成長するはずの時期、行動範囲は医療機器に囲まれたベッド上。

母親は、どんな痛みも引き受けるからできることなら代わってあげたい、でも何もできないという自責の念に苛まれ胸が締め付けられるといいます。

かたや、子どもは自分のせいでお母さんが泣いている、と自分を責めてしまう。これ以上悲しませないように、我慢しなくちゃ、と幼心に「ほんとうのきもち」に蓋をしてしまう子どもも多いものです。

そんな中、感性を呼び覚ますようなワクワク楽しい活動は気分をガラリと変えてしまいます。

病院にはなかなかいないタイプのちょっと風変わりな?人たちが、プロフェッショナルアートで意外性とダイナミズムをもたらします。

陽気な風が病棟中に吹き荒れる、という感じ。

ほら!お母さんも笑ってる!

子どもは愉快な気持ちに、そしてお母さんは子どもの生き生きとした姿にホッとする。お母さんの笑顔が子どもを安心させる。

そんなサイクルができます。

もっともっと広げたい、もっと広げなくちゃ、スマイリング効果!

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

 〜おじい、おばあたちの学校〜

沖縄戦の混乱と貧困で、義務教育を受けられなかった高齢者のための夜間中学。ここでおじい、おばあが学校をやり直しています。

フリースクールの2階にある学びの場が、東京新聞特集~貫く人たち~で紹介されていました。

口べらしに漁師の網元に奉公に出された79歳の男性。父親が戦死し、戦後マラリアで母、兄弟をなくした84歳の女性。

「読めない字が読めるさね。わかるようになるって楽しいさ。卒業証書をもらった時は体が震えた。こんな夢みたいなものあるかって」

設立したのは戦後間もない東京で生まれた星野人史さん。

東京で教師を。しかし、1995年の米兵による少女暴行事件をきっかけに、沖縄のために自分に何かできないかと、移住を決めたといいます。学力向上ばかりを目指す学校でなく、思索する力、表現力や想像力を育む教育をする小規模の学校を沖縄の人と作りたかったと。

そこで立ち上げたのがフリースクール「珊瑚舎スコーレ」。

言葉や文章を書くこと、芸術、自然体験に力を入れ、沖縄の歴史や文化、言葉を学び、自分の言葉で表現する力をつける学校。

「学びは他の生徒や教員と一緒に自分を創ること。学校はその手助けをする場所で、知識を教え込む場でも競い合う場でもない」

そんな思いで作った学校の2階に、おじい、おばあたちの学校があるのです。

学校が持つ純粋な喜びを、日々生徒たちに教わっている、といいます。

「無学のままの60年は真っ暗だった」

「鉛筆はドラム缶より重い」

「勉強ってわくわくすることなんだね」

おじい、おばあたちの言葉です。

発見の喜び、学ぶ喜びが自分を変えてくれる、と。

やりがいと楽しさ、そしてその意味を実感しながらの学び、これぞ学校生活のあるべき姿!

おじい、おばあたちの勉強をフリースクールの子どもたちが手伝っている。おじいたちの真剣な姿も生徒たちに影響を与える。助け合い、支え合って学んでいます。

「学校は多様な他者、生徒や教員が集い、思索と表現と交流をする場。授業はそこに集まった人間で何ができるかだ。一緒に学校をつくろう」

さらに、

「フリースクールなどの学びの場で、義務教育や卒業が公的に認められるといい。制度が優先されるのではなく、人が優先される世の中を作り続けなくては」

と星野さんは結びました。

本物の学びのかたち、教育や生き方の本質を突きつけ、今の教育制度、画一的な価値観に則った日本社会の大きな課題を投げかけているようです。

開拓だましい~安曇野大王わさび田農場~

「父の声は開拓の鍬の響き

      母の声は湧き出す清水の音」

〜開拓の記念碑〜

清らかな水流の景色が大好きで、訪れる先々で湧水池や池、小川、渓流を求めて車を走らせます。月に1度は向かう安曇野も、その美しい水がシンボルです。まず浮かぶのは綺麗な水で栽培されるわさび。安曇野の特産物でわさび田湧水群が有名です。

北アルプスの雪解け水が安曇野の扇状地をしみ込むように潤していることで、わさびやニジマスが育ちます。

そんな湧水群の中にひときわ大きなわさび農場、「大王わさび田農場」があります。

この地、もともとは雑草の生い茂る砂利ばかりの荒地だったというから驚きます。目の前はあたり一面、整然とわさびが植えられ管理された緑深く美しい農園が広がっているのですから。

1917年、開拓者 深澤勇市(初代)を中心として開墾が始まり、延べ40万人の農家の人々が45年にわたる歳月をかけ、血の滲むような努力により開墾されました。

開拓者は、アルプスの水が潤す安曇野の土地の形状に目をつけました。

土地の誘致の際には、5町村にまたがる所有者との交渉に2年の歳月をかけたといいます。

その歴史は開墾から100年を記念して昨年建てられた100年記念館に、かつての土地の様子や開墾者たちの写真とともに説明されています。

その開拓魂にすっかり心を打たれました。

開拓者たちの壮大な行動力と心意気が生んだ雄大なわさび田農場。

現在農場を守る人々は、

「わさびを大切に育てることは、文明による自然破壊から清流を守ることでもある」

として、先人への感謝とわさび田を守っていこうという誠意を込めて、大切に育て農場を運営しています。

文明への静かな抵抗。

訪れる者に問題提起することも忘れない、心にじわりと訴えかける社会活動という側面も感じることができました。

自然との共生をうたい、後世へ受け継ごうという深い愛に溢れるスポットです。

黒澤明監督の映画「夢」のロケ地になった水車小屋
わさび丼、わさびカレー、お子様セットまで!? わさびづくしのレストラン

わさび田を通して、その開拓の歴史や大自然からの恩恵を伝え、自然との共生の大切さを呼びかける。

そんな中に、ロケ地の紹介やわさびづくしレストランやわさびづくし土産屋など遊び心ものぞかせるところ、なんとも訪問者の心をくすぐるはからいです。

多くの観光客で賑わう所以がここにもあるのかもしれません。

〜入院して初めての笑顔〜

「あっ」とおどろくトランプマジックに興味を持ち「もう一度見たい」という思いがわいてきた。その時に体調が悪かったがモジャさんが来てから元気になったからまた来てください。待っています。

病棟で時々とるアンケート。小5男児の感想です。一度見たマジックが強く印象に残っていたのでしょう。入院中に、ちょうどSHJの活動がありマジシャンが来てくれて元気になれたんだね。

そしてお母様からのコメントも添えられていました。

2週間ほど、抗がん剤の副作用に苦しみ、歩けず話せず起き上がるのも容易ではない状態の時、モジャさんが来てくれて数々のマジックを見せてくださいました。大好きなマジックを眼の前で見られたことに感動で、その一瞬は痛み、苦痛から逃れることができました。息子に入院してのち、初めて笑顔をくださったのがモジャさんです。今でもあのひと時の感動が忘れられません。「また来るね」と声をかけてくださいました。息子と待っています。長く苦しい闘病生活に感動と癒しをありがとうございました!

アンケートは活動の向上が目的ですが、とるほどに、SHJの理念とプログラムがすっかり受け入れられ喜ばれていることがわかり励みになります。

モジャさんはじめ、SHJのアーティストによる参加型活動は、単なる気分転換の楽しい時間という枠を超えた「凄いアーティストの本格的な芸術活動」。

目の前で繰り広げられるダイナミックなアートは「入院してたからできた体験」とも言われ、入院生活を「➕」に変えるほどの力を持っています。

さらに他のお母様からは、

今年の頭に息子が入院して、気持ちが落ち着かない中、保育士さんから塗り絵ワークショップに誘っていただきました。鮮やかで細かな色使いの絵葉書に、心が温かくなりました。入院して3ヶ月が経ち、息子がイラストの塗り絵をしています。異年齢の子どもたちが集まり、歓声を時々あげながら、皆懸命に塗っています。黙々と集中して塗っている息子を見て、他の子供達を見て、気持ちがさらに温かくなり、希望で胸が熱くなります。このような機会を与えてくださりありがとうございます。息子が塗った絵は、いつも心配して祈ってくれている祖父母に送ります。今後も楽しみにしています。

お母さんたちにとっても大きな力になっていること、嬉しくなります。

病棟保育士さんからのコメントからは、日々子どもと家族全体に寄り添い支える立場としての温かさが伝わってきます。

いつも楽しく素敵な活動を企画してくださり、ありがとうございます。毎回違った内容で、次はどんな人たちが来るのかな?と子どもたちだけでなく、付き添いの方、スタッフも楽しみにしています。内容が様々なのでその度に子どもたちの目の輝きも違い、その姿を見ていてとても嬉しくなります。病棟で生活している子どもたち、そして付き添いの方たちにとても大きな刺激になっているのだな、と感じています。

医師からは、

子どもたちが笑顔になることが我々病院スタッフにとって、一番の喜びです。子どもたちの未来のために、ともに頑張りましょう!

医療者に一緒に頑張ろうと言われることは私たちの本望。SHJの活動が現場で欠かせないものなのだと気づかせてくれます。

入院してから初めて笑った!

どれだけ我慢してきたのだろう。

そんな子どもたちのために、もっと頑張ろう。もっともっと多くの病院や施設で活動ができるように!

SHJが子どもたちに笑いをもたらせば、医療者も安心して治療に専念できる。

→治癒率が上がる、早くなる・・!

→子どもたちに、家族にもっと笑顔!!

そんな公式を勝手に作っています。