〜パステルアート〜

先週参加した活動は、佐山雅美さんのパステルアート。

5月にSHJアーティストとして登録されてから、早くもこの病棟でみんなが楽しみに待つ活動の一つになりました。

2~3か月に一度、季節に合わせたカード作りをしています。

ポスターを見て、または保育士さんから予告された子は、時間になるとプレイルームにごく自然に集まってきます。

お馴染みの顔もちらほら。

雅美さんを見つけて嬉しそうな面々です。

子どもだけではありません。

楽しみでした!

とお母さんからも嬉しい声があがります。

今回はハロウィンがテーマ。

同じカボチャランタンでも表情はそれぞれ。

背景も趣向を凝らして・・。

何色もあるマットの中から作品にぴったりのものを選んで完成!

自分の世界に没頭しながら、パステルのふんわりとした雰囲気が気持ちまで軽く、優しくしてくれます。

そして早くもクリスマスの予告!

次回11月は、

「クリスマスグリーティングカード作り」

次回も、シーンに合わせて、贈る相手を思い浮かべながら、子どもらたちの創造力と感性がむくむくと湧き上がること請け合いです。

ワークショップ、パーフォマンスなどアートを楽しむために当たり前のようにその時間を予定し参加する子どもたちの様子を見て感じること。

それは、情操活動を通して達成感を感じてもらうための時間であるだけでなく、SHJの活動が入院という日常生活を豊かにしていること、リズム作りになっていることを、今回も実感しました。

SHJはあらゆる分野の芸術家によるアート活動ですが、毎回担当が違うことで新鮮なワクワクがあるという利点と、同じアーティストが月に一度、二か月に一度という頻度である程度定期的に活動することが生むメリットや安心感もあるのだなあ、と感じます。

活動を始めて丸6年が経ちますが、毎回新鮮な気づきやこれからの発展のためのヒントをアーティストからもらっています。

Smiling Hospital Japan Official Website

 

 ISAKの高校3年生と一緒にボランティア!

昨日の活動は、パステルアートの佐山雅美さん。

5月にSHJに参加してから、早くもこの病棟でみんなが楽しみに待つ活動の一つになりました。

2~3か月に一度、季節に合わせたカード作りをしています。

お馴染みの顔もいて、”楽しみでした!”

とお母さんからも嬉しい声が。

今回のテーマはもちろんハロウィン。

パステルのふんわりとした雰囲気は、気持ちまで軽く、優しくしてくれます。

さて、10/9投稿「全寮制国際高等学校からインターンがやってくる!」で予告したスクールインターンを実施。軽井沢にあるユナイテッドワールドカレッジISAKの高校3年生2名が活動しました。

「プロジェクトウィーク」と題した課外活動は、1週間学校を離れ、チームで社会課題を見つけ、自分たちに何ができるかを考え行動するフィールドワーク。

SHJのホームページを通して活動に賛同し、是非とも活動を体験しながら子どもたちの力に、そしてSHJの力になりたいと学生自ら応募してくれました。

スクールインターンとは・・

・・・学生の身分のまま実社会の仕事を経験する制度。一定期間実際に仕事やボランティアをしながら技術を学んだり社会経験をします。自分の描く進路をイメージしたり、現場の雰囲気を肌で感じることができます。

活動アシスタントボランティアとして4名の学生が前日軽井沢から上京。

ボランティア終了とともに高速バスで帰り、活動のレポートを作成するのだ、と話していました。

毎年10月恒例のProject Weekの始まりです。

*活動当日の手伝い

*難病と闘う子どもたちの日常と課題についてレポート

*学校でのプレゼンでレポートを通した問題提起

*自分たちに何ができるかディスカッション

*SHJの活動を紹介+学校で募金活動(?)

という一緒にたてたプロジェクトの流れに沿って、まずは病棟の子どもたちとの交流です。アーティストの手伝いはもちろん、アートを一緒に楽しんだり、英会話体験も。

伝えたいことがあるから言葉がある。

今回改めてそう思いました。何とか自分の思いや質問を投げかけたい、そんな気持ちがあれば外国語の習得は半分成功したようなもの。

子どもたちや保育士さんもえっと、えっとと言いながらも一生懸命。

英語の言葉を探したり聞いてきたり。

学生たちも習った日本語を一生懸命使ってみたり・・。

素直でいることが学びの基本だなとつくづく感じました。

さて学生たちは今回の経験を早速メールでコメントしてくれました。

一部抜粋します。

We were so excited to find an organization that encompassed our vision as a volunteer group. 

私たちはボランティアグループとして思い描いていた団体に出会い、大変嬉しかったです。

we were able to participate in a pastel art class and had so much fun making beautiful Halloween artwork and working with the children in the pediatric unit.

子どもたちとのパステルアート体験がとても楽しかった

 We look forward to continuing or relationship with this wonderful organization into the future, perhaps we could even do some English lessons.

この素晴らしいNPOとずっと繋がっていたい。

英語のレッスンも実施できたらいいな・・!

SHJでのボランティア活動を、来年の学年に引き継ぎ、ISAKの学生の持続的活動にしていきたい、と嬉しいプランを話してくれました。

次期のメンバーは自分たちで宣伝をしてリクルートするそう。

聞けば、リーダーのIさんは、看護師や医師など医療に携わりたいと。

今回の体験で小児医療のイメージができた?

と聞くと、

実は幼い頃、アメリカの病院で長期入院したことがある。同じようなボランティアが来てくれて嬉しかった。今度は自分が、と思い病院を探そうとしたけれど実際に関係ない人が病院に入ることが、特に日本ではとても難しいことがわかった。

と。

なるほど。

今回、若者に頑張って欲しくて病院に無理をお願いした甲斐がありました。

プロジェクトメンバーは4名。そのうち、病棟には2名のみが入ることができましたが、いろんな価値観や発想と問題意識に若者のパワーが加わり、どんなプロジェクト結果になるのか、レポートの到着がとても楽しみです。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜昨日の活動〜

イラストレーターmari manabe さんの塗り絵と貼り絵のワーク。

最近粘土アートも活動に取り入れたmariさん。

もっとも得意とするのは立体オブジェの制作だそうですが、病棟での活動として一番手軽に取り組めて、絵を描くことに苦手意識のある子でも塗り絵ならと飛びついてくれます。

そのモチーフと言ったら・・

男の子の人気は

🌀カブトムシの塗り絵

世界中のカブトムシが図鑑のようにズラ~りと並んでいますが、リアルでもありどこかポップなタッチ。mariさんならではです。

女の子の人気は

「全部!」

🌀個人的にはハンドバッグの図鑑(勝手に命名)

・・・これはハンドバッグのデザイナーになったような気分が味わえます。

🌀お茶目な格好をした動物たち塗り絵

・・・塗っているうちに思いがけない仕掛けを見つけてワクワクします。

🌀お姫様の塗り絵

・・・こちらもとってもオシャレで女子には一番人気。

🌀お弁当の塗り絵

・・・ルンルンお弁当を作っているような気分になります。

🌀カエルが思い思いのファッション!?でいろんな格好をして並んでいる塗り絵。

・・・お母さんたちに意外と人気。

などなど・・

思い浮かべてみてもキリがないほどのバリエーションです。

とにかく、mariさんの塗り絵は手が込んでいてとてもユニーク。

見た瞬間に誰でも笑顔になります。

塗るほどに子どもたちは自分の世界観を作っていきます。

塗っているうちに、何かがかくれんぼしているのを見つけてにっこり!なんてときも。

リクエストをすればどんな塗り絵も作成してくれるのもmariさんの得意技。

活動を始めた頃のmariさんのコンセプトは、

羽やヒレをつけて自由に動き回れる楽しい気分を、

と、鳥や魚の貼り絵が主でした。

オリジナルのポストカードをプレゼントするうち、モチーフの塗り絵が人気となり、mariさんの活動は塗り絵が定番となりました。

昨日は粘土でドーナツをいろいろにデザインしながらああでもない、こうでもないとおしゃべりもかしましい風景。

5さいの女の子とのにぎやかな活動が印象に残ります。

作っては見てみて・・と。

できたら見せてあげるね、と。

別の場所でリクエストの塗り絵を描いているmariさんを捕まえては話しかける。

まるでずっと仲良しだったみたいに。

「もう、そろそろおしまいなんだ」

という言葉に顔が少し曇ってしまったけれど、

またね!

の言葉に嬉しそうに

「ありがとう」

と返していました。

大好きなんだな、mariさんが。

そんな場面を見ると、アートを通してプラスαのプレゼントが、

アーティストそれぞれ違った形でできているんだなぁ、

と芸術家の奥深さに感動する日々です。

「私は私」

どちらの出身?

ハーフなの?

外人か?

日本人に「日本人?」とか「何人?」とか聞かないはず。

幼い頃はこの質問に何度傷ついただろう。

かの大坂なおみ選手もそんな質問に何度も閉口してきただろう。

だから彼女の

「私は私」

の言葉に涙が出るくらい共感しました。

優勝の時のインタビューでも、

アイデンティティについての質問が多かった印象です。

テニスに優勝して記者会見をしているのだから、あの場でアイデンティティについて質問を受けるとはまず思っていなかったでしょう。

そもそも私たちも、自分のアイデンティティについて考えることはめったにないと思います。

よっぽど日本人には理解しがたい出来事があったときにはアイデンティティを意識するかもしれない、と思うくらい。

あなたは何人か? と聞かれたら、「日本人です」と答えるしかない。

見た目判断で気にする(興味を持つ?)のは、日本人の特徴?

大坂選手のことを日本人ぽいと思う人、日本人ぽくないと思う人、いろんな感覚があるかもしれない。

しかし、彼女の

「私は私」

=それ以上でもなけれそれ以下でもない。

もはや、アイデンティティの議論なんて必要ない。

それより、授賞式で、

「あのような試合になってしまって、観てくれていた人に申し訳ない」

と語ったり、

セリーヌ・ウィリアムズ選手に、

「試合をしてくれてありがとう」

と感謝の気持ちを述べたこと。

これこそ、日本人が大切にしてきた礼節や謙虚さ。

ここに、敬意を感じてなりません。

そして、

「私は私」と言った心に秘めたもの。

幼い頃はどんな子だったんだろう。

ふと孤独に感じることもあっただろうな、そんな時間が彼女を強くしたんだろうな、と感じます。

何にも属さない私・・・

「私は私」。

と言い切る潔さが素敵でした。

気分にムラがあって展開が危うくなる時、「メンタル弱い」自分をさらけ出しつつ、試合を重ねるにつれ「メンタル強く」なっていく、そんな自分に気づいたから、

「私は私」

と言い切ったのかもしれない。

なんだか勇気をもらった気分です。

〜信玄餅の乱〜

最近、大好きな信玄餅がなぜか井の頭線渋谷駅改札外のK-Shopで売っている。

通路からつい目を引くようなレジ横にひっかっかっている。

「買って~」とばかりに”甘え”ているのが、やけに可愛いらしい。

なぜ信玄餅だけ?きびだんごは?ひよこは?鳩サブレは?

はたまた、ままどおるは?

などとワクワクする各地のご当地名菓が頭のなかを回転ずしみたいにぐるぐる回る。

しかし、これまで現地や近隣のサービスエリアに行かないと買えなかった美味しいものがい近くで売っていると、なんとなく安心する。

そのうち、きびだんご週間、ひよこキャンペーン、ままどおるの季節、と変化していくのか、それもまた楽しみだ。

さて、目下選ばれし銘菓、信玄餅。

無添加、というところも嬉しい。

しかし、きなこひと粒もこぼさずに食べる人を未だかつて見たことがない。

と言っている自分は一番始末に負えないが。

物作りや料理などは器用なほうだと自負する私も、信玄餅を前に、緊張が走る。

モチモチの食感が好きな私は、

やった!信玄餅大好き。

と思わず口にするが、次の瞬間、反射的に息を深く吸う。

そうして心の準備をしてから勇気を出して透明の蓋をそっと開ける。

この段階でこの蓋はきなこに埋もれている場合が多く、まず最初のきなここぼし。

不器用だね~なんて言われるのは不名誉甚だしい。

つぎに真ん中の窪みに黒蜜を。

周りのきなこを少しずつ崩しながら蜜にからめる。

それは美味しく食べるためというより、いかにこぼさないようにするか!の勝負。蜜にしっかりきなこを吸わせるという技の見せ所。

しかし、いざ下に沈められたもちに辿りつくためには相当の用心をせねば、ここで失敗、ということになる。

なるべく息をしない。ここは最後の難関。

くしゃみなどしようものなら大惨事だ。

おまけに、息をとめながら口に入れることの難しいことと言ったら。

しかし、結果いつでも散らかるのだから、派手にきなこをぶちまけようが、この美味しさに辿りついたらもう、どうでもよかったではないか、こぼそうがきれいに食べようが、という言い訳が後に続く。

いつも通り大騒ぎした挙句、「信玄餅の正しい食べ方」というのをサイトで見つけ、これまでの苦労はなんだったのか!と悔しくもあり、安堵あり。

ビニールの包みを開けたら躊躇することなく、そこに餅、きな粉、黒蜜を全部出し、

巾着様に再度包んでからよく揉み、すべての要素を絡め味をなじませてから食べるのだそう。

詳しくはこちら・・・

信玄餅の正しい食べ方「桔梗屋をもっと楽しむ

ちなみに戦国武将の武田信玄が餅を好んで食べたという歴史的な事実は一切存在せず全く関係ないそうだ。開発者によれば、「山梨県を代表するお土産になって欲しいという願いを込めて、山梨を代表する武将・武田信玄の名前をお借りした」ということらしい。

信玄餅をめぐるすったもんだの”戦い”の日々は終わった。