やっぱり「からだ科」作ろうよ。

 精神障害のある人の家族で作る全国精神保健福祉会連合会の調査で、

「信頼して相談できる専門家は『いない』との答えが1/3に上っている」こと

が判明したといつだったか新聞で読みました。

この現象は、障がい以外の、何かしらの困難を持って生活する人や家族にとって、同じように感じる方にも実は多いのではないかと思っています。

支援を求めるのもすべて申告制の社会がゆえ、

手を差し伸べるべき側が待ちの姿勢に徹している。

それゆえ、家族が行政や支援者と呼ばれる人たちへの不信感と諦めを生んでいないか。

そんな風にとらえてしまいます。

差別的な視線がその感情を助長させているかもしれません。

行政の考え方が、努力を家庭に求める傾向が強くなり、

その結果、支援を求めて申請しても「窓口抑制」が起こる。

本人や家族に負担を強いるような仕組みでは、国が絵に描いている

共生社会には程遠いと言えます。

まして、最近綴った「インクルージブ社会」実現への壁はますます厚くなります(→10/5投稿「多様性とインクルージブ」)。

共生社会、支え合う社会、違いを認め合う社会・・理想社会の表現は様々。

しかし、人権意識が変わらない限り、文字通り絵に描いただけのまま。

8/9投稿「小学校の授業に『からだ科』なんてどう?

に書いたように、支え合う社会に向けて、義務教育段階から、からだや病気、障がいの正しい知識を学ぶ時間を作ったらどうだろうか、と常に思っています。

自分のからだを知り、心に向き合い、そしてお隣の人の気持ちになってみる。

学年が上がるに従い、社会で起こる格差や偏見に気づかせ、人権教育に結びつける。

女性差別がなぜなくならないのか、からだのことを知れば、大切にしなくてはならないことに気づくでしょう(→9/25投稿「人権感覚のグローバリゼーション」。

国が行ってきた様々な政策、たとえば優生保護法、ハンセン病隔離政策などにも発展させ、体験者の話を聞く会を設けるのも本物の教育と考えます。

さらに国外にも目を向け、人権に関わる事象について議論する機会を設けることにつなげたら素敵だな、と考えます。

欲を言えば、個人が、社会が、国がどうするべきかを考え、行動する日を作る。

そんな時代が来ることを願って止みません。

👬 👪 👭 👪 👬 👪 👭 👪 👬 👪 👭 👪

まずは「からだ科」で自分を知る。周りに目を向ける。

それが偏見や差別の解消に結びつくに違いありません。

全寮制国際高等学校からインターンがやってくる!

長野県軽井沢町の全寮制国際高等学校

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン

いよいよ来週、ここからインターンシップで高校生が5名、スマイリングホスピタルジャパンの活動のために上京します。

「プロジェクトウィーク」と題した課外活動は、1週間学校を離れ、チームで社会課題を見つけ、自分たちに何ができるかを考え行動するフィールドワークです。

ホームページを通して活動に賛同し、是非とも活動を体験しながら子どもたちの力に、そしてSHJの力になりたいとチームのリーダーから応募があったのがひと月前。

しかし、高校生がボランティアとして病棟に入ることはまずどの病院でも不可能なこと。

まして私たちの活動はプロによるアート。アシスタントとして単発もあり得ない。

しかししかし、

このカレッジの理念に惚れ込んだ私は、プロジェクトウィーク中に活動がある病院にダメ元でかけあいました。若者の熱意になんとしても応えたいと思ったからです。

その理念とは・・・

一度しかない人生。自分の個性を生かして思い切り生き、自分の立つ場所から世界を変える

生徒たちにはこう呼びかけます。

55カ国を超える地域から集う生徒たちと、あなたの考えや価値観を共有しよう。

そして、自らの立つ場所から世界を変えよう。

と。

病院ボランティアコーディネーターの理解と尽力により、感染症の抗体さえ確認できればこの学生たちが病棟に入るばかりか、子どもたちと活動して良いことになりました。

ちょうどこの日はパステルアートのワークショップです。制作の活動ではアーティストとアシスタントでは手が足りない場合が多いので、おいいに力になってくれそうです。

2時間を活動の手伝いに充てる、というだけではありません。メールでの熱心な相談を重ね、提案やアドバイスをするうち彼らが打ち出した取り組みは、

*活動当日の手伝い

*難病と闘う子どもたちの日常と課題についてレポート

*学校でのプレゼンでレポートを通した問題提起

*自分たちに何ができるかディスカッション

*SHJの活動を紹介

というプロジェクトウィークの流れが決まりました。

さらに、SHJでのボランティアと活動紹介を、来年の学年に引き継いでsustainableなものにしていきたい、と熱意を持って伝えてくれました。それも自分たちで宣伝をしてメンバーをリクルートするそう。

最後にはドネーションも頑張る!

と心強い言葉に、こちらも胸が熱くなりました。

ISAKジャパンのホームページより理念を抜粋します。

「教育を通じて、人々や国や文化を結び、平和と持続可能な未来に貢献するという世界的なムーブメントの一躍を担うことを誇りにしつつ、社会において新たな社会変革を起こせる人材を育成することを理念に掲げています」

どんな生徒が来るんだろうとワクワクしているうち、早速リーダーがチームの写真を送ってくれました。

5名のメンバーは出身の国もバラバラ。いろんな価値観や発想と問題意識に若者のパワーが加わってどんなプロジェクト結果になるのか、とても楽しみです。

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン Official Website

Smiling Hospital Japan Official Website

〜多様性とインクルージブ〜

インクルージブとは?

・・・inclusive「包括的な」「包み込む」・・・

そして国が掲げる「インクルーシブ教育システム」は、

「障害のある者と障害のない者が可能な限り共に学ぶ仕組み 」

~文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課 発行(2015/6月)「インクルーシブ教育システム構築事業」より~

と定義されています。

根拠は、

障害のある子供への教育的支援の必要性として、

✔︎全ての国民に、その能力に応じた教育を受ける機会が与えられなければならない。 【日本国憲法、教育基本法】 

✔︎特に、障害のある子供には、自立や社会参加に 向け、一人一人の障害の状態や教育的ニーズに 応じた指導や支援(特別支援教育)が必要。 【教育基本法、学校教育法】 

結果、

現在の重要課題「共生社会の実現との関係」の中で、

「障害のある者と障害のない者が可能な限り共に学ぶ仕組み 」

が必要になっということだそうで、

これが「インクルーシブ教育システム」by 文科省。

しかし、そもそものところ、多様性をおおらかに認めあう社会の雰囲気が欠如しているところで、このインクルージブという概念が成立するのだろうかと首をかしげてします。

子どもたち一人ひとりが多様であることが大前提であり、

さらに誰もがその多様性が当たり前だという認識を持っていることが基本。

それがなければ絵に描いた餅に終わるように感じます。

障害の有無にかかわりなく、一人一人の困難が考慮され、地域の通常学級で学べることを目指す教育理念と実践プロセスのこと、のようですが、

実際のところを見てみたい衝動に駆られます。

平成28年4月1日「障害者差別解消法」が施行されました。

さらに東京都では、

東京オリンピック2020を見据え、社会全体で障害者への理解を深め、差別を無くす取組を一層推進するため、

「東京都障害者への理解促進及び差別解消の推進に関する条例」が先日10月1日に、施行されたことで、さらに教育現場における合理的配慮が実行され浸透していくことを期待します。

10/3投稿「学校に多様性はあるか」で引用した東京大学先端科学技術研究センターの中邑賢龍氏の言葉、 

「多様性と言いながら、学校の方針そのものが、人間の個性を無視している」

「特別支援学校だって小さな集団指導に過ぎず、結局一斉」

「無理やり一つの箱に入れて効率化」

は、インクルージブがあるべき姿から外れてしまった結果、ある意味弊害ではないかと思います。

・・不登校の子はまさにインクルージブ教育から逃げ出した子・・

という同氏の分析に深く頷いてしまいます。

そんな子たちは物事をちゃんと深く考え、本質に気付く賢い子たちなんだろうなあと。

思考停止、前例踏襲に喝を入れ、本当に幸せになるための生き方を身を以て示していく輝くべき子どもたちだと私は思っています。

多様性とインクルージブ、共存するためには人々の人権意識がそもそもの課題でしょう。

〜学校に多様性はあるか?〜

「多様性と言いながら、学校の方針そのものが、人間の個性を無視している」

「特別支援学校だって小さな集団指導に過ぎず、結局一斉」

「無理やり一つの箱に入れて効率化」

東京大先端科学技術研究センターと日本財団が実施する「異才発掘プロジェクト」を率いる東京大教授 中邑賢龍氏のインタビュー記事「東京新聞 あの人に迫る 9/22朝刊」に釘付けになりました。

まさに我が意を得たり!

ブログで時々、日本の教育システムに物申す!勢いで投稿していますが、

「先生、私のブログ読んだんですか~?」

おこがましいこと甚だしい。

しかし、あまりに似た考えなので心が躍るような思いです。

ブログを読んでくれている友人が電話をくれて、

「ちょっとそこまで書いちゃって・・・(~_~;)。気をつけてね」

とアドバイスをくれたけれど、

「あ、いいんだ」

と安心感もプレゼントしてくれた感じです。

「立場が全然!違うでしょ・・」と聞こえてきそうですが・・ま、いいや。

このプロジェクトは、型にはまらない新しい教育のかたちを模索、実現させています。

その理由は、

🌀学校に合わない子が合わせようとすることは無駄な時間。

🌀フィルターにかけて振り落とす仕組みにしがみつく必要なし。

本当の学びの場は、学びながら癒される場所だと。

学校が辛ければ行かなくてもいいんだよ、という雰囲気はだいぶできてきたけれど、受け皿がないところでそれを言うのは無責任。ただの慰めでしかないように思います。

このことは8/28投稿「夏休みを短縮しないで!」で綴りました。

さらに、今の学校は友達を無理やり作ろう、たくさんの友達がいることがいいこと、となっています。氏の言う「人間の個性を無視している」に納得です。

同じような意見を4/12投稿「友だち100人できるかな?」で述べています。

友だち100人に意義あり!と。

まさに「我が意を得たり!」の 中邑賢龍氏の考え方。

氏が目指すのは学校ではなく、

「居場所がなくても大きな可能性を秘めた子どもたちに合った学びの場」

を作っていくことです。

雲の上の存在なのはわかってる、だけど会ってみたいな~、

と思っていたところに、

明日10月4日出席予定の、日本財団「難病の子どもと家族を支えるプログラム ネットワーク会議」で講演されるとの知らせが!

まさに天にも昇る思い、雲の上に行ってまいります!

~アートは闘病のちから 子どもは大人のちから~

今日はプロボノ支援企業の方の活動見学にアシストしました。

すでに始まっているところへ、気は急くところ、まずは病棟の外で手洗いうがい。

そこへ、水の流れる音、うがいのゴロゴロの音をかき消すほどの拍手や笑い声が病棟の扉から漏れてきました。

始まるにつれ賑やかになっていくのはいつものこと。

でも途中から活動に参加することは今までなかったので、まるで拍手喝采の劇場にそっと扉を開けて遠慮がちに入った時の突然の感動に包み込まれた、そんな瞬間でした。

ジャグリングなどの曲芸が専門のRYUさんのパーフォーマンスは本当にダイナミック。

すごい!

つい口に出してしまいます。

それを見る親子の笑顔はまるで病院にいるというより、遊園地にでもいるみたいに生き生きと楽しそう。

プレイルームでのパーフォーマンスを終え、個室へ。

ここでも一人一人にすごい技を、子どもたちにもできるように工夫して道具を用意するRYUさん。

「すごい技」の成功に、

”やった~!”

”わーい!”

その得意そうな表情といったらありません。

今日はちょうど「病棟の写真屋さん」の日。

一人一人の顔をバチっと写真に収めてプレゼントする日です。

カメラマンのsay phptographerさんはシャッターチャンスを逃しません。

活動している子どもの心から嬉しそうな顔とお母さんの満面の笑顔の写真は、成長の記録とともに、闘病を頑張った誇りとして大切にする、と喜んでくださっています。

さて、個々のアーティストの活動を繰り返し見て感じること。

子どもたちの期待感の中でアーティストは成長し続けているということ。

かけがえのない一人ひとり違う存在に対し、

その反応や表情から、今ここでどうしたら目の前の子が笑顔になるのかを懸命に読み取って、どう形にしていくかを毎回学び工夫しているということ。

RYUさんの子どもへの接しかたに感動した場面がありました。

活発な子どもへの対応は元気よく。

知らないひとへの緊張からちょっと俯き加減の子、そんなおとなしい子どもには正面からは語りかけません。斜め横くらいの角度の立ち位置でほんのすこし視界に入れてもらいます。

プレゼントのバルーンを、

「このひねりが難しいんだよな~」とか独り言を言いながらひたすら一生懸命作ります。渡す時は、

「はい、どうぞ」

ではなくて、膝の上に下ろしている小さな手に、横から滑らせるようにそうっと触れさせます。

バルーンをすぐに手に取ったその子は一瞬でキラキラの笑顔に変わりました。

嬉しい!ありがとう!というメッセージがこもっていることはすぐにわかる。RYUさんもすぐにありがとう、と静かに伝えていました。

一人一人に合わせたこの向き合い方は、これまで重ねてきた活動から少しずつ得た子どもたちからの教え。

活動を通してアーティスト含め、すべてのSHJスタッフが得た大きな気づき。それは、

今目の前にいる子どもの存在、そして子どもたちの真っ直ぐ見上げる眼差しほど、大人の感性を洗い清めてくれるものはない、ということ。

Smiling Hospital Japan Official Website