〜「みんな同じ」の苦痛〜

食の細かった小学校低学年時代。

給食の時間が嫌いでした。

特に嫌だったのは、時代を思いっきり反映する

脱脂粉乳。

小学2年生ぐらいまで飲まされていた!!覚えがあります。

いや1年生の時だけだったかな、あまりの苦痛にその期間が長く感じられます。

アルミの丸いやかんにたっぷり入っていて、給食当番がアルマイトのカップに均等に!注ぎます。

少しにして・・・

と懇願するも、「みんな同じ」量じゃなキャダメだよ。

とあしらわれ・・。

確か、クラスに1人はいる健康優良児然とした体格のいい子は、

何食わぬ感じでごくごく飲んでいました。

お代わりまでして眩しすぎる!

味覚を疑う余地なしのたくましさ!

しかし尊敬の眼差しというには程遠く、

ショッキングな光景に、幼心にあっけにとられた💧。

その時の気持ちはっきりと覚えています。

ネットサーフの結果、

牛乳給食に移行し始めたのは1958年、完全牛乳給食になったのは1963年

とありますが、杉並区は遅れていたのでしょうか。

私が在学したT小学校は、少なくとも1960年代後半までは脱脂粉乳のミルクだったこと間違いありません。

これほどの負の思い出、忘れたくても忘れられませんから。

これを飲まずに済むにはどうしたらいいか、そればかり。

勉強どころではありません。

だから週末はのびのびしたものでした。

さて、給食は健康優良児だろうが、小柄な子だろうが、

基本は「みんな同じ」量。

基本の量が足りない子はお代わりできます。

それなら基本の量が多すぎる子だっているはず。

そんな子は脱脂粉乳を減らしてと懇願した私の心境と同じで、

少なく盛り付けて欲しいと頼んだところで、

「みんな同じ」と一蹴されるかまたは先生に言いつけられ、食べ終わるまでマークされるか。ここでも平等の名の下に同じを強制されるんですね。

最近では完食を指導されたことがきっかけで不登校や体調不良になった、

というケースがすごい勢いで増えていると新聞で読みました。

担任にわかってもらえない不信感や強要される恐怖などからでしょうか、対人恐怖症になる場合もあるとか。

牛乳を無理やり(怖い!)飲まされたことでPTSDになったり。

転校せざるを得なかったケースも。

さらに完食指導が訴訟に発展した例もあるそうです。

背景には食品ロス削減の考え方が。

しかし、身体や心に傷を負うほどまでにここにこだわる?

何が大切かに思いを巡らす余裕なく、近視眼的になり血眼で「食べろ!」と迫る怖い先生の顔。

不登校にならないほうがおかしいでしょう。

新聞の記事では、

「給食は本来、楽しく食べて、食事の大切さを学ぶ場。強制は絶対にやめて」

との支援団体の訴えを紹介しています。

食べることは生きることの基本。

健康のために偏食をなるべく治す必要はありますが、

それは楽しく美味しく食べながらしか実現しません。

国が進める食育とは・・・

食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。食育基本法:農林水産省

この基本法の中に「完食」の言葉は1つも見つかりませんでした。

「健全な食生活」を実現するために、無理やり完食を迫り、身も心も傷を負わせてはシャレですみませんよ!

食育の推進=完食

との勘違い多発!

「みんな同じ」量を食べることに何の意味もありません。

食べることを楽しむこと。

心豊かに暮らす本当の幸せにつがなる気がします。

〜お母さんからのメッセージは宝物〜

5歳のKくんのお母さんから嬉しいお便りをいただきました。

肺炎になりやすく入退院を繰り返していて、

今回の入院ではもうすぐ3週間になるそう。

「一時は状態が悪くなり、本人も家族もすっかり沈み込んでいました。

親としてあれが悪かったのか、これが悪かったのかな、と悶々とする日が続きました。

状態が落ち着いてからも歌ってあげるなど、気づいてあげる余裕は全くありませんでした。

病棟ではモニターのアラーム音が静寂の中響いていて、

病院はそういうもの

日常空間とは違うもの

が当たり前になっていました。

そんな中、SHJのアーティストの訪問により、

明るい歌声や優しい語り口、楽しい雰囲気に包まれたとき、

息子の動きが活発になり、笑顔も出てきてとても嬉しくなりました」

・・病棟とは機械的な音が始終鳴り響いている無機質な場所・・

・・そしてそれは何の疑問もなく当たり前であること・・

白くて硬くて機械的で無機質で・・・

そんな病院のイメージが誰の中にもすり込まれています。

いっぽう、病気を治すための機器や薬品や白衣の存在が、高度な技術のもと専門的な治療が集中的に受けられる安心感に繋がることは確かです。

しかしそれと引き換えに、

「楽しむこと」

「創造的な活動」

「人とのふれあい」

「ワクワクすること」

を諦める必要はないのです。

このお母さんのお便りから、

病院はもっと変わらなくちゃ、と思いました。

闘病中だからこそエンターテイメント、参加型ワークがなくてはならない。

そんな医療環境をもっともっと広めていく決意です。

Kくんが入院する病院では毎週活動をしています。

SHJの活動があるのがもはや前提。

生活のリズム作りに・・

参加型活動が子どもたちの自発性や高揚感を引き出す・・

そんな存在になっています。

このようなSHJの取り組みが広く必要とされ、当たり前になるといい。

各病院とSHJとの連携で、

「楽しい時間があるから治療に前向きになれる」

そんな安心感を、入院を余儀なくされる子どもと家族にプレゼントしたい。

さらに、お母さんは綴ります。

「退院しても、在宅療養中は児童発達支援施設などになかなか通えていなかったので、親子共々、とても楽しい時間となりました」

と。

医療的ケアなどを必要とするために在宅を強いられる子どもたちとの活動や支援はまだ始まったばかり。

今後の大きな課題です。

Kくんのお母さんからのメッセージは大きな励みになるとともに、

子供が安心して成長するための課題を改めて胸に刻むことができました。

〜パエリア!〜

続・11/24投稿「~息子とパエリア!~

マツモト流パエリアレシピ大公開!!!

魚介のパエリアは定番。

本場スペインで作ったのはこれ。

「~夫とパエリア!~」

魚介も野菜も、そして生ハムもチーズも量り売りのマーケットで仕入れたから、

気持ちも一緒に鮮度最高。

貝や海老からは豊かなだしが出て、それはそれは

¡Qué bueno!

さて今回のは鶏肉のパエリア。

新鮮さと意外さで

¡Muy bien!

材料:

🥘水 3カップ 固形ブイヨン3つ

🥘鶏肉もも 2枚   

🥘黒オリーブ レモン →ともに輪切りにしておく

🥘オリーブオイル にんにく 玉ねぎ ピーマン →全て粗みじん切りにしておく

🥘インディカ米(タイ米) →研がなくてOK!

🥘白ワイン少々  塩  胡椒  タイム  ローリエ

作り方

1 水を沸騰させ、ブイヨンを溶かしスープを作ります。

  冷めたらサフランをひとつまみ入れて、色と香りをつけるとgood.

  サフランは高価なので我が家では省略。

  それでも魚介のパエリアにはやっぱり欲しいところ。

2 鶏モモ肉は表面に塩胡椒してすり込みます。

  フライパンで両面こんがり焼き色をつけます。

  取り出して約1.5cm幅にスライスしておきます。

3 パエリアパンまたは圧力パンで、にんにく、玉ねぎ、ピーマンを、

  オリーブオイルでよく炒め、塩胡椒。

4 米を投入し、さらに炒めたら、白ワインとスープを入れひと混ぜ、

  ひと煮立ち。

5 火を弱めて、スライスしたままの形で鶏肉を二列に並べます。

6 オリーブを散らし、レモンを並べます。

7 塩少々、胡椒多め、タイム適量を振りかけ、ローリエをのせます。

8 ふたをして30分弱火で放置。

🥄 🥘 🍴 🥘 🥄 🥘 🍴

ふとワインのボトルを出しっ放しにしてしまったことに気づき!?

サイドディッシュとして作っておいたマリネをつまみつつ・・

ちびりちびりと飲みながら、

下の方がこんがり程よく焦げるのを思い浮かべると、

思わずワクワクしてきます。

「楽しみに待つ」これもまたパエリアならではの美味しいひと時。

「開けますよ〜」の一声に、全員集合!

蓋を取った時は必ず「わ〜っ!」の合唱です。

さあて、いただきます!

クリスマスやお正月にも映えるひと品です。

 

〜忘れられないコンサート〜

活動を開始して半年もしないころ。

プレイルームではいつものように賑やかな音楽の活動がありました。

楽しい時間はすぐに過ぎちゃう。

はしゃぐ子どもたち、

楽器をいつまでも触って部屋に戻ろうとしない子、

楽譜を揃えてしまおうとするアーティストにあれやこれやと質問する子。

余韻の中、後ろ髪をひかれる思いで片付けをしている間、

当時アシストをしていた私に、少し寂し気な表情をした保育士さんが話しかけました。

「○○ちゃんの個室に家族が全員集まっているんです。残された時間、好きな音楽を聞かせてあげたいんです。

お願いできますか」

教員時代を思い出しました。

→2017/9/6投稿「〜SHJヒストリー4 初めて担任したTくんは心の先生〜

「もちろんです。ぜひ伺わせてください」

院内学級の先生たちと、楽しいことのシャワーで・・。

とあれこれ工夫したことが団体設立のきっかけでした。

いろんな活動がある中、身体が動かせない状態なら、

大好きな歌をプレゼントしたい。

アニメソングやJポップ、それからそれから。

お母さんと一緒によく聴くというジブリやディズニーの曲・・。

リクエストをいただいて、

奏で歌うアーティスト。

その傍らでは涙をにじませながら、でもとても安らいだ表情のご家族がいます。

そんなことがあるたび、

なぜ?

こんなに小さな子が!

という不条理に胸が痛み、怒りが込み上げます。

「命の尊厳」

それは生きた長さに関係ない。

その子の存在は永遠。

痛みから解放され、魂は自由になる。だけど、

今、この時は、

時間よ止まれ!

と願う一番大切な時間。

忘れられない大切なこの瞬間に、

関われるありがたさ。

必要としてくれている人がいる実感。

これは子どもにとっても家族にとっても

そしてスマイリングホスピタルジャパンのアーティスト、アシスタントにとっても、

「忘れられないコンサート」

Smiling Hospital Japan Official Website

 

〜SHJ各地区、個性派ぞろい vol.6〜

 愛知まで広がったのは2016年9月。

名古屋大学医学部附属病院で。

もともと、こちらの小児病棟でバルーンの活動をしている

ぷくぷくばるーんの代表 大竹由美子さんと知り合いで、

バルーンだけじゃなくて色々なアートは絶対に喜ばれる!

と、名大に繋げてくれました。

コーディネータはcumin (くみん)とチバちゃん♪のユニット「スーハーハー」

のくみんこと箕浦恭代さん。

ベストファシリテーターオブ ザ イヤー賞の受賞歴もある、

ドラムサークルファシリテーター。

ドラムサークルのネットワークによるSHJの広がり、改めて感謝です。

ユニット名の「スーハーハー」は深呼吸の息の音。

ゆっくり息を吐き、リラックスしたら活動の始まりです。

子どもの名前を呼ぶ挨拶の歌や、乗り物や動物の歌をアカペラで。

笑い声もそのまま音楽にしてしまうというから一度は体験してみたい。

3月の研修会ではくみんさんのワークショップが楽しみです。

私も参加した初回の活動は、

日用品音楽ユニットkajiiさんによるパーフォマンス。

なんだ、なんだ、何が始まる!?

準備段階から期待感にワクワク。

その名の通り、食器や調理器具、掃除道具やたらいなど、日用品ならなんでも楽器にしてしまうアートです。

楽器がなくたって身近なもので音を出してリズムをとったのが音楽の始まり。

太古の時代は石と石を叩いていたとか、

ナイジェリアでは何千年もの間、ドラムが言語の代わりに使われていたというのを何かで読んだことがあります。

話は戻り、kajiiさんたちの音楽は、目をつぶれば

立派な楽器で奏でているかのようにしか聞こえません。

それほどまでに、音質も音量も響きも何もかもがホンモノなんです。

これには本当に驚きました。

駐車場で待ち合わせ搬入の時から一緒でしたが、

ありとあらゆるサイズや厚さの陶器のお皿をいかに割らずに運搬するか、

まさに芸術的な技はここから始まっていた!

とにかくyoutubeで聞いてみよう!

さてダンスも活動の1つ。

担当は『カラダのアトリエ マナマナ』主宰で、コンテンポラリーダンサーの

沼田真由みさんと久野和美さん。

活動の様子は、活動報告書を読んだだけで子どもたちへの寄り添いや愛情がたっぷり感じられるほどです。

今年3月のSHJ研修会で発表した、

SHJテーマソング~かけがえのない君へ~

一度聴くなり振付を考案、参加者総勢82名で踊りながら歌ったこと、

強く印象に残ります。

この振付で来年の3月は何人で歌えるかな。

さて、今年の夏に登録アーティストとして活動する

ラジオDJ 空木マイカさん。とっても自由で、とっても楽しい読み聞かせ。

「目を合わせることもなかった子が、あんなふうに喋ったり笑ったりするのを初めてみました」

という保育士さんの言葉がとても嬉しかったと、

絵本の力はすごい、とは最初の活動でのマイカさんの感想ですが、

とっても自由でとっても楽しいマイカさんの雰囲気とやりとりが生み出した笑顔だったのだろうな、と感じます。

SHJ愛知地区活動レポートブログ

Smiling Hospital Japan Website