中学制服 スカート派?スラックス派?

4月から東京都中野区、世田谷区のすべての区立中学校で、

女子がスカートかスラックスか、

どちらか自由に選べるようになる

現時点では、

半数の学校で女子用スラックスを選ぶことができ、残り半数は希望を受けたら用意する体制をとっている区。

申し出があれば個別に対応する方針の区。

女子用スラックスが選べる区。

また、制服に性差を表記しない学校や、

制服のカタログに「男子用」「女子用」と表記しない区もある。

男子がスカートをはくことも各区とも相談があれば検討するという。

4月から全ての中学で自由に選べることにした区の区長はその理由として、

”多様な生き方、個性や価値観を受け入れることのできる地域社会の実現を目指す”

と話す。

それならいっそ、制服自体を廃止すればいいのにと思う。

多様どころか、スカートかスラックスか、の2種。

色やデザインは決まっているわけだ。

「多様な生き方、個性や価値観」を理由にするのであれば

制服の存在自体相反するもの。

矛盾満載で、議論自体に無理があるのではないかと思ってしまう。

さらに、

女子がスラックスを選んだとして、偏見の目で見られないだろうか。

男子がスカートをはきたいと訴えたとして現場にその対応指針があるのだろうか。

という懸念もある。

”悩んでいる子が言いやすい雰囲気づくりを”

”受け止められる体制をとることが大事”

と区の担当者。

文部科学省も都道府県に

「性同一性障害の児童・生徒にきめ細い対応を取るように」

と通知を出したという。

スカートを選ぶ スラックスを選ぶ

その選択は障がいという枠の中の話であってはならない。

そこから議論が始まるから偏見が生まれる。

スラックスを選ぶ女子には、

運動好き

ひざ下であっても肌を露出したくない

冷え性

階段を登るときに下着が見えないか気になる

風が吹くと恐怖

自転車通学

など、

それぞれ多様な!理由で制服を選ぶ土壌がなくては。

分け隔てなしの広い視野で

ノーマライゼーションを目指せないものか。

制服が自由に!選べる?

制服の存在自体がもはや自由ではない。

子どもたちの問題ではなく

違っていること、少数派であることに対する違和感、

つまり差別や偏見という低い人権意識を

まず拭い去らなくてはならないのは

大人の問題だろう。

「中学入学。さてスカート派?スラックス派?」

子どもたちが気軽に言い合える

そんな時代が来て欲しい。

2019/2/9東京新聞記事を読んで

〜ドラムが走る!〜

〈学びサポート通信〉

2/4投稿(「i+padタッチャー」でセッションをリード!)で紹介した活動について、

担当のシンガーソングライター石橋和子さんの素敵なコメントを紹介します。

🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹

このところ毎回、松本学習支援ボランティアのアイデア満載の機器と、

i+padなどの音楽アプリ(映像楽器)を使って

一緒に演奏できる方法を探ってきましたが、

今回はなんとH君自身が新しいタブレットを準備して待っていてくれました。

やる気満々のH君に、早速こちらも準備してきたプログラムをトライ。

今回は、動かせる手の指と足の指に一つずつ学習支援ボランティア特製のスイッチをセットして、

リズム楽器を中心にセッションしました。

実は、以前、曲の始まるタイミングを出す「カウント」を、

H君が同じ様な方法でドラムの音を使って

1.2.3.と出してくれて、

私が演奏を始めるという事をやってみましたが、

今回はなんと、曲中をドラムのリズムだけで

引っ張っていくという大変なエネルギーと

集中力を要する曲に挑戦しました。

曲名は今、映画「ボヘミアン・ラプソディー」で

大ブレイク中のクイーンのヒット曲「We will rock you!」。

いきなりハイレベルな曲かもしれませんが、

ドラムだけの曲は、他に思い浮かばなかった事もあります。

H君は、まだ病気が発症する前、

学校で鼓笛隊の太鼓を叩いた事があったそうで、

もし体が自由に動かせたらドラムを叩いてみたかったと、

以前聞いたことがありました。

その事もあり、

他の楽器が介入せずドラムだけで完結する曲なら、

リズムやテンポが多少揺れても

皆がドラムについていくという、

リード楽器の存在感を味わえるのではないかと思ったからです。

さて、私自身もクイーンの曲は初めてでしたが、

映画を観て感動して、俄然やる気になっていました。

まず、指のスイッチと足のスイッチで、

大きいドラムと小さいドラムの音色を分けて出してもらったのですが、

足のスイッチのタイミングが時差もあり、本人は納得しなかった様子で、

すぐさま同じ音色ながら、指のスイッチだけで、

例の「ドンドンチャッ」のリズムを作り始めました。

こういうところがH君の凄いところで、

そこにいたお母さんや松本さん達と一緒に、

3拍目に手拍子を入れ始めたら、

そこはもうクイーンのライブ会場!

見事に皆をドラムで引っ張って行ってくれました。

あまりにスムーズなので驚いたら、

お母さんもH君もクイーンは大好きだったらしく、

クイーンの曲を演ってみたかったそうでした。

H君が「楽しい!」と言ってくれて、

思わず「やったー!」とバンザイしました(笑)。

これがやりたかったんだ!と行ったHくんの言葉、忘れられません)

たまたま録音した音を皆で聞いてみたら、

H君いわくアニメで聞いて気になっていた言葉、

「ドラムが走る」

という意味を初めて実感できたとのこと。

「テンポがだんだん早くなる」と言う意味ですが、

健常者でもリズムキープは難しいのに、

そこまでこだわるあたり、

サスガだなあと感心しました。

他にも、前回好評だったブルースセッションや、

「冬の星座」や「ラストダンスは私に」など、

それぞれ違うリズムの曲も何曲か聴いていただきましたが、

その間も時々ドラムでリズムを取ってくれました。

いつもニコニコとポジティブなお母さんの影響かも知れませんが、

音楽に対する素養だけでなく、

機器の使い方の適応力やチャレンジ精神なども素晴らしく、

まだまだ様々なセッションの可能性を感じて次回も楽しみです。

🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹 🥁 🎹

今後、

メロディー楽器も使って、

一緒にメロディーを作っていく事にも挑戦したいと、

意欲満々のHくんと和子さんです。

Smiling Hospital Japan Official Website

 

〜アートのある美容室〜

一泊二日の福岡滞在。

地区コーディネータの古川縁さん

地区アートディレクター(!?)藤原隆幸さんの

心のこもったエスコートにより

短期間濃密スケジュールをこなしました。

一日目

🌀まぜこぜむら(→2/15投稿「まぜこぜむら」)&

障害者就労支援事業所「西武ガスワークオフィス絆結(ばんゆう)」訪問

🌀地区メンバーとランチミーティング

🌀福岡市立こども病院打ち合わせ

🌀RKB毎日放送打ち合わせ

🌀新アーティストErica Tanaka &支援者と夕食

🌀FIVE Penniesでジャズライブ堪能

ジャズボーカリストでもあるコーディネータの古川さんの

“Smile”にうっとり。

残酷にもプロの後で代表1曲!

と促されおだてられ、

お調子者の私はよせばいいのに2曲。

二日目

🌀ホテルでメール対応

🌀最近登録したアーティスト、ピアニストのミランダ昌子さんとランチ

そして

ここからが本題「アートのある美容室」

出発時間まであと3時間。

ちょうどミランダさんから

演奏活動があると聞いて聴きに行くことにしました。

場所は福岡市内にある

美容室FAVOR

演奏活動を美容室で?

本番前のスタイリング?

いえいえ、

アーティストが美容室で演奏するのです。

お客さんもスタイリストたちも

それぞれの立場で

それぞれ心のままに

アートに浸りながらリラックスできる空間です。

なぜ美容室に音楽を?

「自分自身が行き詰まりを感じた時

音楽を聴くことで抜け出せた」

そんな体験から

全国で例を見ない

「アートのある美容室」を作ったとオーナーはいいます。

広々としたフロアは、

アップライトのピアノ、

壁にはスタッフによる

美しくおしゃれなヘアスタイルの写真が

統一感のあるフレームに収まり、

アンティークでまとめられたインテリアと溶け合い

絶妙なアート空間を作っています。

アートは 

  どこにいても

  どんなときも

  心を癒す

  心を解きほぐす

  自分の心のままに過ごすため

  そっと寄り添ってくれる

そんな存在。

ミランダさんの演奏は優しくてとても心地良いものでした。

そんな本格生ピアノを聴きながらヘッドスパ!

新発見の福岡の名所は

美容室FAVOR

はたらける美術館(2/10 投稿「はたらける美術館 発見!」)

に続く

アートとの融合。

  いつだって

  どこにいても

  何をしていても

  アートはその瞬間を彩り、

  豊かにしてくれる魔法です。

まぜこぜむら

西武ガスワークオフィス絆結(ばんゆう)

FIVE Pennies

FAVOR

〜まぜこぜむら〜

福岡市立こども病院で開始するにあたり、

訪れた福岡。

・・来るたび

熱い人に出会います。

博多区にある

まぜこぜむら

むら役場の理事さんにお会いすることができ

むらのコンセプトについて

温和な優しい笑顔でアツく、

語ってくださいました。

地産地消、時代はローカル・・

それが本当の経済の仕組み、人が本当の幸せを掴む

社会の在り方だと信じる私にとって

まぜこぜむら

の趣旨に

共感100%!

障がい者、高齢者、LGBT・・・・

生きにくさに個人個人差はあれ、

互いに寄り添って暮らしにくさを補い合える

安心して集える居場所

それが「まぜこぜむら

活動、学び、働き、ネットワーク・・

誰でもアイデアを生かすことができ、

誰でもアクションを起こせる。

教育、医療、芸術、スポーツ、エネルギー、無農薬農業、作物ネット販売、レストラン運営・・

むらではそれぞれの分野で自分を発揮。

必要なものはむらの中で。

運営はそれぞれの仕事が終わってから集いワイワイ楽しく。

お互いに生きがいと心の豊かさを感じ

障がい者や高齢者、マイノリティもみんなまぜこぜに関わり合って親も子も個人も安心して集える場所です。

このような取り組みはあちこちで行われているようで

嬉しくなります。

まぜこぜむら」もまずは福岡で。

そしてこれからは他県でも展開したいと。

小さなコミュニティの中で世の中の仕組みを体感することで

本当の幸せってこういうことだったんだ!

と物事の本質を学べる気がします。

と言う私自身は

都会に住んでいるからなかなか参加できないけれど

この暮らしのモデル、応援していきたいと

心から思います。

ここでしぜん、またSHJに結びつけてみます。

コーディネータがいわばそれぞれの地区の村長。

ローカル(地区)ごとに

運営も人材も全て地産地消。

スマイリングホスピタルジャパンはアートまぜこぜむら!

幸せを求めること・・

互いを敬うこと・・

健全であろうとすること・・

生きがいを実感すること・・

互いの顔が見えて支えあいながらコミュニティを作ること・・

より良い社会を作ろうと考えると

結局同じような生き方のスタイルにたどり着く気がします。

まぜこぜむらFacebook

活動を始める前に伝えたいこと

小児病棟という特殊な場所が私たちの活動場所です。

誰でもボランタリーな気持ちさえあれば活動できる、というわけではありません。

両親しか入れないところに入れていただく、ということを忘れないことです。

兄弟さえ入ることができない場所で活動させていただくのだという謙虚さがあれば、病棟は爽やかに迎え入れてくれます。

 

もちろん感染には細心の注意が必要です。

主な感染症の抗体を基準値以上持っていることは必須。

罹ったことがある、子どもの頃に予防接種を受けた、という申告だけではなく、病院で採血をして証明を出さなければならない場合がほとんど。

子どもを感染症から守るため、そして活動者も感染しないためです。

咳や熱があれば当然、活動は中止です。待っている子どもをキャンセルでガッカリさせたくはありません。

だから風邪やインフルエンザ、ノロウイルスの流行期はしっかり体調管理をします。

また、持ち込むものにも配慮が要ります。

例えばバルーン。子どもは風船が大好きですが、ラテックスアレルギーのある場合もあります。特に工作など直接素材に触れる活動では、物によりあらかじめ病棟に確認しなくてはなりません。

ここまでは基本的な準備です。

ここからは心構え。

アーティストボランティアは

医療については素人です。

機会を作り、小児の病気について学ぶことはとても良いことです。

でも直接子どもに、家族に、医療スタッフにどんな病気なのかと聞くことは避けます。

病気の名前より、どんなことに気をつけたらいいのか、アドバイスをもらうことは良いですが、短い時間に忙しい医療者を引き留めて立ち話をするのは現実的ではありません。

だから、年に一度の研修会で勉強会をしています。

ここまで書いてみると

結構ハードルが高いなあ、と改めて感じます。基本事項はおさえなくてはならないのは当然のことですが。

しかし、この活動に賛同して仲間になりたいと応募してくれたアーティストたちです。

それだけで、実のところほぼ100%信頼に値します。

いかにして自分の技術を生かして笑顔を沢山作ることができるか、ワクワクしながら活動の日に向け準備をするアーティストばかり。

あとは、活動を提供する相手の状況に際し、想像力を働かせ気持ちに寄り添わなくてはならないことは、活動を重ねながらアーティスト自ら学んでいきます。信じた通りに、です。

私たちは何もわからないけど、

君たちが心のままに創造力を発揮して楽しんでもらいたくて来たよ。

さあ、一緒に作らない?

歌ってみない?

楽器を奏でてみない?

マジックに挑戦してみない?

と。

でも参加を無理強いはしません。

音楽ならなんとなく聴いてくれるだけでも。

子どもたちが集まってくる前に準備が済んだら、まず活動者が楽しむ。

それを見て、

何だろう・・

面白そうだな・・

やってみたい・・

と子どもたちが思う雰囲気づくりをする。

直球ではなく

ここにいるよ。よかったら一緒にやらない?

そんな感じです。

そのために

・主体的に創造したくなる魅力的な素材を準備

・年齢や状況に合わせた活動の引き出しを複数用意

・子どもが主役であるという意識を常に持ってもらう

・子どもから学ぶ、という姿勢で

・教えてあげるのではなく、子どもの主体性を信じて独自な創造活動を一番に尊重し、ヒントを伝えたりお手伝いをしたりするというスタンス

そんな風に

活動をスタートする前に

そして折にふれ、

私たちの立ち位置を共有します。