レモネードスタンドの日🍋

2000年にアメリカの少女が

自宅の庭で始めたレモネードスタンド。

小児がんと闘っていた

アレックス・スコットさん考案

「小児がん治療研究支援のレモネードスタンド」は

瞬く間に全米、カナダへと広がりました。

もともと

アメリカの子どもたちが

小遣い稼ぎのために行う

レモネードスタンドはとても一般的でした。

これにヒントを得て、

収入を小児がん研究と啓発のために

寄付しようとアレックスさんは考えたそうです。

(→レモネードスタンドについて

これに倣って日本では2016年に

日本レモネードスタンド普及協会が設立され

レモネードスタンドを通して

小児がんなど小児医療支援のための寄付活動

啓発活動 

などを行なっています。

アメリカで6月12日を

「アレックスのレモネードスタンドデー」

として各地でチャリティイベントが行われていることから

日本ではこの日に一番近い日曜日を

「レモネードスタンドの日」としています。

今年は昨日6月16日でした。

この日に各地でイベントが開催されたり

秋には大学や高校の文化祭で行われたりなど

活動の認知が高まり広がっているようです。

🍋 🍋 🍋

SHJの活動は

入院、入所している子どもたち。

この中で長期入院している子どものうち

小児がん患者の占める割合は非常に高いのです。

SHJも学生の校外プロジェクトや

自主上映会等イベントを通して

難病や障がいと闘う子どもたちについての

普及啓発活動を少しずつ進めているところです。

日本では年間約2500人の子どもが罹ると言われますが、

その実態はまだまだ知られていません。

15歳以下の子どもが罹るがんを

小児がんと言いますが、

不慮の事故に次ぎ、

14歳までの子どもの死亡原因の第一位にもなっている、

本当は身近な病気なのです。

また、小児がんサバイバー(→がんサバイバー 医学書院)にとって、

晩期障害のために

治癒後であっても学業、就職など社会生活で

困難を抱える場合がとても多いのです。

もしかしたら近くにそんな方がいるかもしれない。

隣人の痛みを理解するために

そして

今まさに小児がんと闘っている友人のために

普及啓蒙活動はとても大切。

楽しみながら多くの人に知ってもらうチャンスが広がれば

さらにその活動は

飛躍的に大きくなるでしょう。

英語のことわざ

”If the life gives you lemon, make lemonade”

というのがあります。

「人生があなたにレモン(酸っぱい試練)を与えるなら、レモネードをつくればいい(甘みを加えて美味しくすればいい)。」

日本レモネード協会ホームページで紹介されていました。

なんてお洒落で

なんて愛溢れる

コンセプトでしょう。

週末のレモネードの日。

一年で一番たくさんのレモネードが飲まれた日だったことでしょう。

東京新聞でも紹介されていました

〜不登校の子どもを守る!〜

「教育機会確保法」(2017/2/14施行)を知っていますか。

文部科学省サイト

学校に行くのが100%正解ではないということを認めた法律です。

学校以外に学びの場があっていい!

ということ。

この法律の存在を知っている人、多くないような気がします。

2年以上前に施行されたというのに

不登校は

「良からぬこと」「問題行動」

という価値観が未だ固定化している・・

そんな風に思うからです。

文科省の調べによる昨年度の不登校の人数は

✔︎病気と経済的な理由を除いて30日以上学校を欠席している小中学生

=12万6000人以上

✔︎90日以上休んでいる子ども

=7万2000人

✔︎小中学校とも子どもの数は減っているのに、3年連続で増加。

✔︎中学生はクラスに1人は不登校の生徒がいる状態。

こんなにたくさんの子どもが

不当な非難、偏見、差別、孤立化

を余儀なくされている。

学校に行かなければと自分を追い込んでしまう子も多いと思います。

さらに不登校でなくても

・無理に学校に行くことでかえって元気がなくなる

・学校に行こうとするとお腹が痛いなど具合が悪くなる

・実際いじめなどの要因があって本当は行きたくないけど

うちの子に限って・・

という親からのオーラを感じて本当のことを言えない・・。

そんな子も多いはず。

しかしこの法律があれば、

保護者は休ませることを躊躇せずに

法律を根拠に堂々と

「しばらく休ませる」

と学校に言えるようになるし

学校も休ませることを受け入れやすくなる。

そこでフリースクール!

学校に行かなくていいよ、と

休むことを認めるならばその受け皿となる場所として代表的なもの

フリースクールを

運営しやすいように

行政が支えるのは当然のことです。

当初は法案に、

子どもたちの居場所となるフリースクールや

自宅など学校以外の学習も義務教育として認めることが

盛り込まれていたようです。

しかし、具体的にカリキュラムや運営主体、設置基準を設ける以前に、

「学校に行かないことを安易に認めるべきではない」

「学校に行かないことを助長する」

という意見が多く、見送られたとわかりました。

行政と

不登校の子どもを守り

学校に行かなくても自分の世界を作る機会を工夫する

フリースクールとが

対立してしまう構図が浮かびます。

大人の事情で

結局は子どもたちを守れない

悲しいことです。

当事者に寄り添う精神論的な法律ができても

その先の受け皿がない、作れない。

民間で受け皿を用意しても国が寄り添わない。

行政は真剣に取り組んでいるのか!

甚だ疑問です。

今こうしている間にも

偏見や自己を肯定できない苦しみに

苛まれる子どもたちが数十万もいるということ。

想像してみてほしい。

児童相談所で、随時非常勤職員を募集!?

児童相談所とは

児童相談所は児童福祉法に基づいて設置され、18才未満の子供に関するあらゆる相談に対応する専門の機関

です。

東京都福祉保健局のホームページでは

東京都児童相談所で働いてみませんか。

~各児童相談所において、随時非常勤職員を募集しています~

とあります。

専門機関であるにも関わらず

働いてみませんか?とは

随分と気楽な感じの募集ページだな、という印象です。

どんな職種を募集しているかというと、

🌀児童相談所における勤務

 ・児童相談所支援事務職員

 ・児童相談業務事務員

 ・虐待対応協力員

 ・家庭復帰支援員

 ・養育家庭専門員

 ・医療連携専門員

🌀一時保護所における勤務

 ・児童相談所学習指導職員

 ・児童相談所心理職員

 ・一時保護所業務事務員

 ・一時保護所の窓口対応、庶務事務、備品や建物の管理等

東京都福祉保健局ホームページより

そんなこんなで結果、

DVの対応などにあたる婦人相談員の8割が非常勤という。

深刻な問題に対応する立場として

豊かな経験や技術が求められるのは当然として、

そのスキルを十分に活かすためには

パートタイムではなく適切な待遇のもと働ける勤務体制が必要だろう。

働き方改革や非常勤制度の弊害がここでも出てくるに違いないし

法の整備は絵に描いた餅になりかねない。

いっぽう、じきに成立する

児童虐待防止法の改正案には

✔︎親の体罰禁止

✔︎子どもの転居の際に児童相談所間の引き継ぎを徹底する

✔︎学校の教員などが児童の秘密を漏らしてはならない

✔︎子育てに困難を抱える保護者の支援について必要な措置をとる

などとある。

最近の児童虐待の事件が教訓となった法案と信じる。

命の重みを中心に置いた法案と信じる。

しかし気になるのが、

児童相談所で随時非常勤募集! ????

生命と向き合う喫緊の課題

に対応する職員が

当事者を適切に支援するためには

相当の待遇のもと

責任感ややりがいを持続できるような勤務体制の強化が必要と思う。

しかしこの期に及んで

中核市での児童相談所の設置義務化は見送られ

具体的にどこまでセーフティネットが強固になったのか不明だ。

DV担当機関と児童相談所の連携強化も盛り込まれたものの

随時非常勤職員を募集中!

とは

問題に最前線で取り組むはずの当局に

その深刻さが浸透してない

と感じてしまうのは私だけか。

”きょうだいの日”誕生!

2ヶ月前の今日、

「きょうだいの日」が制定されました。

前回のブログでは

スマイリングホスピタルジャパンが病棟での活動を終えると立ち寄る

「きょうだいあずかりコーナー」のこと。

そこで絵本・紙芝居作家で読み笑わせ家の保科琢音さんが

他のアーティストたちと同じように

たくさんのきょうだいたちを笑顔にしたことを綴りました。

入院中のお兄ちゃん、お姉ちゃん、妹、弟に

家族が面会するときに

きょうだいが待機する場所が

”きょうだいあずかりコーナー”。

病院内の明るいスペースにあります。

または家族滞在施設の中に

きょうだいが待つ部屋を設けているところもあります。

こんにち

病気や障がい関係なく、

男女の区別なしに

兄弟姉妹すべてをひっくるめてひらがなで

「きょうだい」と書くことが一般的になってきました。

基本きょうだいたちは病棟に入れないこと

は度々書いていることですが

特に小学生以下は、

学校などから感染症を持ち込む危険が高いのです。

免疫力が低く、体力が弱い子どもにとっては

訪問者から移されないようにしなければならないことは

当然としても

だからと言って

「ちょっと待っててね」

と置いてけぼりを食うきょうだいたちの

気持ちにも寄り添わなくてはいけません。

寂しさや疎外感や不安、怒りなど押し殺していることが多く

元の生活に戻ってもトラウマに苦しむ、ということを

よく聞きます(→2018/6/20投稿〜きょうだいの気持ち〜

アメリカでは、父の日や母の日と同じく、

兄弟姉妹の存在に感謝する「National Siblings Day」(きょうだいの日、ナショナル・シブリング・デー)

というのがあります。

幼い頃に亡くなった姉と兄の記憶を大切に残すために、

クラウディア・エヴァートさんが発案したもの。

お姉さんのお誕生日、4月10日を選んだそうです。

ほどんどの州が公式にこの日を祝日としているとか。

日本国内でも「病気や障がいのある兄弟姉妹」を持つ人に

寄り添うのことの大切さが共有されるようになりました。

きょうだいの苦悩について、

社会的な関心が高まってきたのです。

病気をもつ子どもの「きょうだい」のサポートを行っている

NPO法人しぶたね(本部:大阪府)について

ブログで紹介したことがあります(2018/6/19投稿入院児のきょうだいあずかり)。

日本でも4月10日を『きょうだいの日(シブリングデー)』と定めようと、

同法人の理事長、清田悠代さんが呼びかけたところ

100名以上の制定発起人が呼びかけに賛同しました。

今年から4月10日をきょうだいの日として一般社団法人日本記念日協会に認定・登録されたのです。

「母の日」や「父の日」とならぶ記念日

「きょうだいの日」として、

大切ないち日になるでしょう。

4月10日は「きょうだいの日」

NPO法人しぶたね

絵本作家としてずっとずっとやりたかったこと📚

お話も絵本も紙芝居も

そして笑顔も

ぜんぶ手づくり!

保科琢音さんは

絵本作家として「あっかんべー」を出版。

そして紙芝居作家として「もうすぐあえる」など。

「読絵ん会(どくえんかい)」

という名の読み笑わせ口演も精力的に行っている

アーテイストです。

なんと口演場所は500以上!

さらにベトナムホーチミンの幼稚園など

海外でも活躍されているというから

そのパワーには驚かされます。

保科さんの得意技は老若男女すぐに笑顔にしてしまうこと。

そのツールは全て手作り。

SHJの活動初回は

神奈川県立こども医療センターでの

絵本と紙芝居の読み笑わせでした。

紙芝居は全て原画です。

大きな箱(こちらももちろん手作り)にぎゅうっと詰まった

楽しい紙芝居の数々。

原画だから消毒布で拭けません。

原色の色使いが子どもたちにはとてもはっきりと見やすくて

わかりやすくて楽しい、そして

明るい気持ちになるに違いない!

という直感から

絶対に子どもたちに見せてあげたい!

と粘りました。

消毒できないものは

この日の活動病棟「クリーン病棟」(骨髄移植や化学療法を行う病棟)

には基本持ち込み禁止です。

それは一旦触れてしまうと

感染に極端に弱い子どもたちにとっては大変危険だからです。

絶対に触れない位置で

ある程度の距離を保って

という条件で晴れて病棟に持ち込むことができました。

興味を持てばつい触りたくなります。

そんな子どもの伸びてきた手を自然に戻す保育士さんの力も

愛情たっぷりでした。

「病気と一生懸命たたかっている子ども達が、ぼくの絵本と紙芝居で笑ってくれる。

ただただ、それが嬉しくて幸せでした」

と保科さん。

病棟での活動の後は兄弟預かり*コーナーへ行って

きょうだいさんたちと保育士さんたちに

紙芝居を披露。

*→2018/6/19投稿入院児のきょうだいあずかり

こちらでも

「このカゲなんのカゲ?」

の参加型紙芝居が大好評でした。

「たたかっている子ども達は病室の中だけじゃない。

きょうだい児もみんな、家族と一緒に頑張っているんだよね」

と。

さらに

「今、やれることはやれた。

も、絵本作家としてやれることはもっとある。

来月にむけて、またシッカリ準備します」

と。

プロ意識が光ります。

「スマイリングホスピタルジャパンの活動も、もっと知ってもらえるよう、だからこそ絵本作家 保科琢音として、もっと精進します」

ともFacebookで伝えてくれました。

「絵本作家としてずっとずっとやりたかったこと。

大袈裟に言えば夢がひとつ叶った日。

そう感じることができた日」

保科さんの気持ちがとても嬉しかった日。

📚 📚 📚 📚 📚 📚

その他の保科さんの活動を紹介します。

✔︎Webサイト「ヨコハマNOW」にてコラムを連載中。

✔︎絵書家筆之輔(えかきやふでのすけ)の芸名で落語家として活動。

✔︎神奈川県を中心に落語会や落語イベントを開催。

✔︎横浜市内の小学校にて落語の授業を数多く担当。

✔︎2017年3月小学生60名が出演した「大黒寄席」プロデュース開催。

✔︎父親と子ども達による演芸クラブ「背中の集い」企画代表。

✔︎毎月定例の落語会として横浜市保土ヶ谷区の「しばた。寄席」地域情報紙「タウンニュース」にて落語こらむを連載。

✔︎2018年 国際交流基金アジア市民交流プログラム助成を受け、ベトナム・ホーチミンでの活動を開始。

絵本作家保科琢音のホームページ 

『絵本作家としてやりたかった、夢のひとつ👅/

保科琢音Facebook 

おまけ・・

あっかんべーは孫たちも大好き!