誕生日にフリースクールについて考える!

フリースクールの大切さ、政治でやっと共有!

選挙を前に各党

不登校の子どもへの寄り添うため

フリースクールへの対応を巡って

それぞれ前向きです。

嬉しい、嬉しい。

・いじめや児童虐待、不登校、発達障害などへの対策強化。具体策はフリースクール含む(自民)

・フリースクール支援を公約に明記(公明)

・フリースクールへの支援を積極的に(立民)

・フリースクールや通信制など「多様な学びの場」を用意(国民民主)

・フリースクールなどへ「学校と同等」の公的支援を行う(共産)

・フリースクール等への援助を拡充(社民)

・多様な機会を子どもに与える(フリースクールに賛成)(れいわ新撰組)

(東京新聞 7/18 朝刊「フリースクール与野党が前向き」より)

6/14 に「不登校の子どもを守る!

というタイトルでブログを書きました。

そこにフリースクールが

当たり前に子どもの居場所の1つに

なるようにという願いを綴りました。

学校に行くのが100%正解ではないということを認めた法律

「教育機会確保法」(2017/2/14施行)があります。

学校に行かなくていいよ、と

休むことを認めるならば

その受け皿となる場所として代表的なもの

フリースクールを

運営しやすいように

行政が支えるのは当然のことです。

当初は法案に、

子どもたちの居場所となるフリースクールや

自宅など学校以外の学習も義務教育として認めることが

盛り込まれていたといいますが

残念なことに

具体的にカリキュラムや運営主体、設置基準を設ける以前に、

「学校に行かないことを安易に認めるべきではない」

「学校に行かないことを助長する」

という意見が多く、見送られました。

しかし行政と

フリースクールとが

対立している場合ではないのです。

当事者に寄り添う精神論的な法律ができても

その先の受け皿がない、作れない。

国がやらないから

民間で受け皿を用意する。

しかし国はそれを下支えする気もない。

そこに怒りを感じていたところです。

ところが今回の各党の方針を知り

大きな前進が見えて

嬉しく思っているところです。

子どもと子どもを取り巻く環境を理解した上で

フリースクールの意義と

フリースクールが生まれた背景に

行政が正面から向き合うようになってきたことは

大きな進歩と言えるでしょう。

冒頭で紹介した各政党の考えは

一致していて

良い方向へ大きく動くのではないかと

期待はするものの

やはり

精神論で終わるのでは

という不信感、

トラウマがあります。

公約として

”言うは易し”

しかし、

有言実行してほしいと

心から願います。

フリースクールを義務教育として認めるのか

学びの場所の選択肢として位置付けるのか

そんな具体的な方策を

打ち出してほしいと

心から思います。

祝!寄付型自動販売機1号機設置🍾

寄付機能がついている自動販売機をご存知ですか。

自販機といえば

もういい加減飽和状態なのでは・・?

と思うほど、どこに行っても置いてある。

しかし既存の飲料販売の目的に

社会貢献という付加価値の付いた販売機が誕生しています。

今まで通り購入するだけで

支払いの一部が寄付に充てられるというもの。

喉が渇いたな、

と販売機に立ち寄った際、

それが社会貢献になるなら、と

寄付型自販機で購入する方は多いのです。

そんな中、

スマイリングホスピタルジャパンが

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社より

自販機によるコカコーラ飲料の販売を通して

SHJの広報

資金調達

を目的に支援いただくことになりました。

「一本ごとの売上金の一部が『スマイリングホスピタルジャパン』

の活動に寄付される」

といった

寄付機能が付くだけではありません。

スマイリングホスピタルジャパンのコンセプトのもと、

団体の趣旨&キャラクター

を施した特別仕様のラッピングで

側面含めた3面に広報を施し、販売機そのものが広告になっています。

さらに設置場所の都合も考えられています。

💫ラッピングの色はブルー、白の2色設定

→場所の雰囲気に合わせて色を選べる

💫大型、薄型、スリム型等複数サイズ展開

→設置場所のスペースに対応

💫パスモやスイカ含めた各種電子マネー対応

→小銭がなくても大丈夫!

💫スマホ自販機なら購入ごとにスタンプがたまる!

→企業に設置すれば福利厚生にも!

もちろん設置する場合にかかる費用は0。

必要なものは、設置場所と100Vコンセント

そして電気代月平均1,500円のみ。

さらに補充・集金・空容器回収・返金対応・故障対応を

コカコーラ・ボトラーズが365日対応。

しっかりと管理されたシステムのもと

売上金のうち寄付金は毎年指定日に団体の口座に振り込まれる

という仕組みです。

この春からコカ・コーラの担当の方と一緒に

訪問・説明に回っている結果

6月28日に

第1号機が

茨城県常総市にある

きぬ医師会病院のロビーへの設置

となりました。

院長先生自らが団体の趣旨に賛同くださり

ほぼ即決。

きぬ医師会病院、院長先生、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社に

この場を借りて感謝いたします。

きぬ医師会病院の対馬院長先生と記念写真

これを機に

秋までに10機目指すぞ!

と一同張り切っています。

*****

このwin winの連携に

これからの企業と社会貢献団体の

関係として

あるべき姿の一部を見る気がします。

すでに決まり設置準備に入っている

2号機、3号機・・と続きます。

これから迎える盛夏に向けて

清涼飲料水で癒されながら

夏休みも入院治療を頑張っている子どもたちを応援してくださる方、

事業所、企業等

また

お知り合いを紹介くださる方、

お問い合わせをお待ちしています。

スマイリングホスピタルジャパンお問い合わせ先

 

SHJ自販機を見つけたら1本買ってね!

投票前のつぶやき・・・

熱い選挙戦が繰り広げられています。

様々な立場で困難を抱えている人ひとりひとりが孤立しない

ひとりひとりが幸せや喜びを追い求められるような

格差や分断のない共生社会になることを

願ってやみません。

最低賃金を1500円に!

という政策を掲げる政党もいます。

とてもいいなあと思います。

しかし現在の最低賃金に

地域差があることや

小さな事業所にとってはいきなりどうなんだろう・・

と思ったりします。

そもそも何らかの理由で仕事に就けない人もいる。

障がいや難病があったり、

家族の介護や障がいのある子どもを持つ母親など・・。

健康な人と同じように労働できる人ばかりではない。

基本的人権にあるように

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

のです。

就業自体が困難な人たちが

まず外に出て

または

在宅で

社会と関われる土壌づくりが必要と考えます。

* * * * *

ベーシックインカムという考え方があります。

広がりつつあるけれど

政策として掲げる政党がない

ということは

財源を確保することがいかに難しいことなのか

ということも想像がつきます。

だけど夢は膨らみます。

仮に無条件で全国民に

生活基礎費用として7~10万円支給されたら

自分の生活スタイルに合わせて足りない分を稼ぎ

あとの時間は

自己実現のための時間

社会を良くしようという活動のための時間

そして考える時間

など、

人間的で幸せで文化的な生活を送ることができるかもしれない。

就業が困難な人にはセーフティネット

のような役割となる。

給付条件なしだから

社会保障制度のシンプル化&経費削減

にもなるだろう。

せっかく生まれてきた人生

生きる(生活費を得る)ためだけに働くのではなく

働く(自己実現&社会貢献の)ために生きる

へ方向転換できるのではないかな、と思います。

もちろん

人それぞれ「働く」

ということの価値観は違うでしょう。

しかし

少なくとも生活に余裕ができれば

大人にも子どもにも笑顔が増える。

幸福感の底上げが図れて

結果的に

文化水準も上がって豊かな社会になるんじゃないかな・・

などと

梅雨空の雲の隙間から覗く日差しを見上げながら

ぼんやり物思いにふけっています。

勉強不足&ピント外れ・・・ご容赦ください・・。

笑わせているのか笑わせてもらってるのか・・😆

パフォーマンスで笑って頂けているのか、

子どもたちが大人を笑わせているのか、

演じていて分からなくなってくる・・

という大道芸人のはっちーさんのコメントを紹介します。

✏️・・・・・

入院1週間目で退屈しているという4歳の男の子のところへ

おじい様とおばあ様がお見舞いにお越しでした。

看護実習生さんも2名同伴。

保育士さんの

「一緒に楽しむだけじゃなくてAくんの様子も見てカンファレンスで言えるようにするのよ!」

という実習生への耳打ちに僕も緊張。

少しでもAくんの変化を引き出し、

カンファレンスに貢献できるよう頑張りました(笑)

幸いAくんは

変化を見つけるには打って付けの人見知りで、

初めは部屋に入って来させず

「廊下でやってもらって」

とおじい様に耳打ちしていましたが、

パフォーマンスを進めるうちに

時折笑い

ポツリポツリと言葉を返してくれるようになり

今だ!とばかりに

「もう友達だよね?お部屋に入っても良いよね?」と聞いてみる。

それでも頑なに首を横に振り続けていました。

その反応がかえって周りの大人の笑いを誘うのです。

そのうちなんとか

部屋に入る許可!

を得ることができました。

そんなAくんでしたが、

パフォーマンス後に偶然おじい様とお話しする機会があり、

お聞きしたところによると、

僕たちがいなくなってから

嬉しそうに自分が感じたことなどを話していたそうです。

お孫さんのお話を嬉しそうにして下さる様子を見て、

こちらもまた嬉しくなりました。

ベッド柵に鼻と口を押し付けながら熱心に?見てくれる子。

「あとでプレイルームでもやるから見ないでね。同じことするから」

と伝えると

本当に見ないようにしてくれる真面目な子。

そんな子どもの様子を見た大人たちのほうが笑顔にさせられる

という現象が色々な場面で起こっていました。

子どもたちの反応は百人百様、数十分の中でも変化に富んでいて、

僕を含め大人たちを魅了していたように思います。

こうやって楽しんで頂けると

喜んで頂ける媒体としての自分の芸を実感できることが、

また次への原動力や意義にも繋がり、

本当に有り難いなと思います。

今回も帰りのバスの中で

子どもたちや親御さんの言葉、反応を思い返しながら

「自分の芸は人に喜んでもらうためにある」

と例によって30分間だけ!?

清らかな気持ちで別人のようになっていました

(家に着く頃には元に戻ります)。・・・✏️

私は私で

そんなはっちーさんの報告書を

読みながら笑わせてもらっています。

*****

この活動にアシストしたのは

埼玉地区コーディネータでもある小田愛梨さん。

アシスタントのコメントも

現場の様子を思い浮かべるのための

大切なツールです。

🖍・・・・・

見ている人達にスポットライトを当てながら

パフォーマンスをするはっちーさん。

その場の人を巻き込んでいく

コミュニケーション力とパフォーマンスで、

子供、保護者、スタッフとその場にいる人たちが、

“見やすい””居やすい空気”を作ります。

見る側とパフォーマンスを行う側との垣根を作らない

距離のとり方が絶妙です。・・・🖍

七つ道具を入れるカバンの中は

いつも色とりどりのバルーンで散らかっているのを

見るに見かねたアシスタント。

整理の仕方のアドバイスをしたところ

カバンの中は

見違えるほどに改善され、

バルーンの色をすぐに子供たちが選べるようになり感激しました、

というアシスタントのコメントに

アーティストとアシスタントの微笑ましい関係性と

理想の連携を

垣間見た気がしました。

*****

余談ですが

病棟には毎回ポスターを掲示していただきますが

保育士さんの提案により

以前よりも目立つように

より目立つ場所に掲示されるようになりました。

ケロヨンの

「静かにしましょう」

とのアンマッチな感じがNICE!

普段はケロヨンが医療スタッフを代表し

安静が必要な患者さんのために極力静かにと

呼びかけている中、

毎週月曜のこの時間は

”アーティストと遊ぼう!”

で賑やかにしていいよ!!、と

笑顔で許可を出してくれています。

このユーモアのセンス

何気なさすぎて笑いを誘います。

やられたっ!

徳島はっちープロフィール→SHJ関東アーティスト紹介

Smiling Hospital Japan Official Website

自由な学校が増えつつも・・・

イエナプランをはじめとする

生徒の自主性を最優先する教育法を

実践する現場が増えつつあり

その傾向がさらに

幼児期の教育にも

波及するだろうことを

前回綴りました。

→2019/7/8投稿〜教室はリビングルーム!「イエナプラン教育」

自由な学校

個性を発揮できる学校

そんな学校も増えているような気がします。

しかし

依然として管理教育が幅を利かせている現状があります。

教育=子どもを管理すること

と勘違いしている大人はいませんか。

管理しなくては

子どもは悪い方へ流れる・・

といった性悪説が

根底にあるような気がしてなりません。

画一性や受験戦争で疲弊する子どもたちを救う手立てとして

個性尊重

多様性

という言葉が流行り言葉のようになった時代がありました。

個々を大切にすることで競争は減り

多様性を認めることで管理は緩和される

と期待したはずが結果は

個性を尊重するがゆえに競争も多様化激化

多様だからこそ管理強化

学校はもはや多様性に、個性に、

ついてゆけない・・

といった感じです。

だから

ブラック校則

という異様なルールが作られ

平気で

地毛を染めろ

さもなければ地毛証明を出せと

全く馬鹿げた管理に走り、

部活の強制加入で

週末も盆や正月も練習練習と

競争に追い立てる。

子どもの人権を無視して

一括管理せずには置けない組織。

それが学校であるならば

全く信じたくない事実です。

学校が

生徒の自由を奪えば

生徒は学校での自己実現を諦めるでしょう。

学校が

教師に校則ありきの指導を強要し

部活顧問等で教師の拘束時間を増やせば

教師は思考停止におちいり健康は奪われます。

理不尽な校則がまかり通り

子どもたちを締め付け人権を無視し

幸せを奪うような学校はいらない

直ちに改善されなければならない課題です。

主体性を重んじることで

そして

対話を大切にすることで

生徒と教師の関係も良くなり

管理など不要だから校則はほとんどなく

生徒が生き生きと生活するようになった・・。

そんな世田谷区桜丘中学校を

ぜひ手本にしてほしい。

→2019/5/9投稿〜正解のない学校

かつての荒れた学校が

生きた学校に生まれ変わった。

これは事実。

生徒も教師も輝く

居心地のいい学校を作ることは可能なのです。