🎼入院してても音楽が広い世界に連れて行ってくれる!

“今日は世界の音楽を地図で場所を知ってもらいながら

演奏しました。

子供たちの笑顔は私たちの励みにもなり、

色々と工夫してプログラムを考えています。

自分たちの良い勉強になります”

“いつも狭い空間の中で過ごしている子供たちに

想像上ですが

音楽を通して日本以外の国の雰囲気を感じてもらえたなら・・

絵を描いてみたり、メキシカンハットを

かぶってみたりしながら楽しみました”

活動が終わったアーティストから

嬉しいメールをもらいました。

今回は広島から。

活動報告書に書いてもらう以外に

メールでその日の様子をその日のうちに

教えてくれるアーティストは多く

その度に

楽しいやり取りがしばらく続きます。

物理的に普段触れ合うことができない遠い地区から

メールで直接報告してくれると

生のやり取りをしているようで

臨場感やアーティストの高揚感、達成感が

伝わってきます。

ニコニコのアーティストの笑顔が目の前に浮かんで

ああ、この活動最高!

と意義深さに酔いしれるひとときです。

今回は世界の音楽が活動に奥行きを持たせた

というメッセージにワクワクしました。

というのも、

院内学級にいた時に行った

「国際理解教育」

の趣旨と重なったからです。

中高生の日々の学習の成果を

学習発表会で

「海外特派員報告」

という出し物にして披露した時の

子どもたちの生き生きとした学習風景は

忘れられません。

担当の英語の授業と総合的な学習の時間に、

横断的に行っていた国際理解教育の総まとめを、

テレビ番組仕立てに!

環境問題や人権問題などの中から

それぞれ1つテーマを決め調べたことを、

「特派員」として現地からリポートするという設定です。

英語教員だからというのももちろんありましたが、

遠い世界に思いを馳せ広い視野に立ってほしい、

と強く願ったのが国際理解教育を積極的に進めていた理由です。

病院という閉鎖的な空間にいると、

とかく近視眼的になってしまうもの。

”病気になって友達と引き裂かれた可哀想な自分”と決めつけ、

そこにとどまってしまう。

うつむいた顔を上げて少し遠くを見る、

海の向こうに気持ちを向けることで

固まっていた心が解き放たれることを期待しました。

世界遺産のこと、

地雷撲滅のためのアーティストによるキャンペーン活動、

飢餓や戦争で明日もわからない地域、

紛争で国を追われる難民、

温暖化など自然条件の変化の中、

絶滅の危機にいる動物たち、

言論の弾圧や女性差別、

人種差別で計り知れない苦しみを抱える人たちのこと・・・。

特に少年兵の話、

女の子が教育を受けられない国があることなどがテーマに上がると、

自分だったら・・

と気持ちを置き換えて話し合う機会にもなりました。

身体は病院にいながらも

心は自由に世界を飛び回れる。

知ることで

問題意識を持ち

自分にも何かできるんじゃないかと考える。

学びあい、気づきあい、共感する。

躍動感あふれる時間でした。

自分は遠い世界より

身の回りの問題に目を向けたい、

と病院の中のユニバーサルデザインについて

調査した生徒もいましたが

そのうち、

世界ではどうなっているのかな、

と追究は深まったものです。

・・・地図で場所を示しながら

世界の音楽を演奏すること通し

狭い空間にいながら世界に想いを馳せる機会を作った・・・

アーティストの工夫は

愛情たっぷりです。

参加した子どもたちとの

やり取りが生き生きと伝わってきました。

遠くで何が起こっているんだろう

と敢えて心を遠くに飛ばしてみるというのは

辛い病と闘っている間、

それは気分転換以上のものだと思います。

SHJ広島地区活動レポート

Smiling Hospital Japan Official Website

教師にこそ働き方改革を!✏️

子どもにとっては一日のうちで

大半を過ごすのは学校。

教師が子どもと向き合う時間は

何より大事にされなければならない。

教科指導に加え

生徒個人の中で何が起こっているのか

集団の中で問題はないか

そこを注視し対応し

生徒、教員互いの学び合いを通して

信頼関係を深めていくことで

大切な学校での時間は意味あるものとなる。

さらに予期せぬ生徒指導や

保護者からの相談なども重要な部分だ。

しかし

最近特に増えているのが事務仕事。

長時間の残業を余儀なくされ

教員が疲弊し病気休暇をとるケースが続出している。

異常事態!

以前、教員が本来の業務に集中できるように

校務分掌等の事務担当制度があったらいい

と書きました。

→2018/11/26投稿〜学校に教員事務員を!

さらに

小学校では

英語指導、プログラミング指導

道徳教育

・・・・

また、

入学式、卒業式での起立&国歌斉唱を義務付けられたり・・

多岐にわたる業務や思想までも押し付けられる現場。

このような労働環境の低下を憂い

大学生が教職を避ける

強い傾向があるといいます。

教師の仕事が増え続けているというのに

財務省は少子化を理由に教師の数を減らそうとしています。

少子化が理由ではない。

教員の劣悪な労働環境を理由に教員を志望する人自体が激減しているのだ。

教育への予算を削る理由を少子化にこじつけているだけ。

すでに大学の運営交付金は毎年減り続けているし

教育学部のある大学では定員が減らされているという。

すべて少子化を理由にするなんて詭弁だ。

数の問題ではなく質の問題と考えれば

全くのお門違い。

日本の子どもの学力低下を憂う政府。

これはとりもなおさず、教育現場を担う教員が

本来的でない仕事に忙殺され疲弊しているからだ。

教師は楽しい仕事、やりがいのある素晴らしい仕事

でなければこれからの教育を担っていく人材も育たない。

国防費にかける膨大な予算を教育予算に回してほしい。

大学の教師養成へ、

残業代などの人件費等

教育現場への予算を増やすことの方が

国力を上げることになるのは自明のことだ。

そして

教師にこそ、働き方改革を!

・教師の数を増やして一人ひとりに目配りする余裕を

・クラス定員を20人に

・校務分掌事務員制度を導入し子どもとの時間を増やす

・教職員給与特別措置法による一律4%の調整額をやめ、残業代を払う

まだまだありそう。

教育とは、人間対人間のナマの営み。

決められたノルマを

決められた時間内に済ませる仕事ではない。

そこにこそ、時間をかける意味があり

教師としての最大のミッション

醍醐味がある。

事務作業に追われて

子どもと向き合う時間がない現状を

どうか変えていってほしい。

子どものために。

教師のために。

日本の未来のために。

賑やかプレイルームの傍ら そっと咲く小さな花🌷

プレイルームになかなか入らない子がいます。

入り口廊下の椅子に 

ちょこん

と腰掛けて

点滴台につかまり

窓越しに

歌やお話を見ています。

お母さんも一緒です。

今日の活動は

西村直人さんとcooさんの

えほんうた・あそびうたライブ。

絵本と歌、遊びと歌、即興ソングを組み合わせたパフォーマンス

一緒に歌ったり、

バードコール、レインスティック、ウィンドチャイムなどの

打楽器類を配って共に演奏したり。

クイズ絵本「うしろにいるのだあれ」は

歌に乗せつつページをめくる、対話で作るお話。

紙芝居「ハロウィンのうた」は

リズム感あるストーリーに乗せてtrick or treatを合唱。

クライマックスは

「ねこのピート だいすきなよっつのボタン」

のお話をDJラッパー風”コール&レスポンス”で!

どんな時も前向きなねこのメッセージはとびきり明るい!

全員参加(もちろんお母さんも保育士さんも)の

ラップ掛け合いは面白すぎて

涙を吹き出す人(主に大人)続出。

プレイルームは笑いの渦でした。

ラップの掛け声「イエイ!」

の時の手首と指の角度を

高校生が教えてくれたりという一コマも。

🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

さて冒頭の女の子。

はしゃぎ盛り上がるみんなの様子を

少し距離をおきながらだけど、

食い入るように見ていました。

面白さが廊下の外にまで伝わるころ、

にこにこ笑顔を浮かべ始めました。

少しずつリラックスしてきたのでしょう。

そんな柔らかい表情に促され

声掛けしてみようかな…

と一瞬そばへ足が向きました。

しかし、

待てよ

そばにいる保育士さんは

特に気にかけていない様子・・。

まず保育士さんに聞いてみます。

「あの場所が落ち着くんでしょうか」

「そうなんです。でもじわりじわりと入り口に近づいているんですよ。10cmくらいずつ・・。さっきはもっと奥のほうにいたんです」

なるほど、

保育士さんは

この子の

気持ちの変化に

寄り添いながら見守っているところでした。

楽しみ方はそれぞれ。

たくさんの病棟で活動していますが

廊下から・・、入り口の近くで・・

集団に入らず

一人で見る、というのを選ぶ子どもをよく見かけます。

その子の選んだ場所

その子の心地よいやり方で活動に参加します。

そのうちプレイルームの並んだ椅子に腰掛けて参加する姿もよく見かけ、嬉しくなるものです。

今日のこの子は奥の方から少しずつ移動しながら

最後は入り口まで来てくれました。

最初からプレイルームにいてずっと見ている参加の仕方あり、

積極的にクイズに答えたり楽器を奏でたりする参加の仕方あり。

しかし、

この女の子は

参加する場所の段階から自分で決めて

自分から少しずつみんなのそばへ。

これ、とっても主体的な方法で自分だけの世界を広げているってこと。

この女の子の存在が

SHJの活動に、

じわりじわりと

・・参加してみようかな・・、

と身も心も惹きつける力があること、

気持ちの変化をもたらすことを

改めて教えてくれました。

賑やかなプレイルームの傍らに咲く

小さな花を見つけて

そっと笑い合った瞬間は

大切な宝物。

Smiling Hospital Japan Official Website

病棟のシンボルツリーに実る果実🎄

病棟の壁をポップに!

クラウドファンディングて叶えた

SHJアーティストプロデュース ウォールステッカーアート。

真っ白な壁だらけだった病棟の

あちらこちらを

子どもたち

保育士さん

アーティストが

一緒に作った

鳥や動物、愉快な街

草原と太陽・・・

そんなモチーフが

彩りを添えています。

その中でも

移植室外の廊下に施した

ひときわ明るい緑の木は

病棟のシンボルツリーとして

病棟の中心的な空間を作っています。

この木に

子どもたちの”思い”という果実を

どんどん実らせたい・・

そんな医長さんの願いを形にするべく

アーティストがとびきり楽しいツリーをデザインしました。

子どもたちが

移植を頑張った自分へのメッセージ

そして

これからしばらくの間この部屋で過ごし

移植を頑張る仲間たちへのエールを

フルーツ型のステッカーに綴り

シンボルツリーに

どんどん貼っていく。

開始してから4ヶ月。

今ではたくさんの果実が実りました。

🍓 🍊 🍎 🍏 🍒 🍇

・この部屋に入った時には怖かったけど今は好きなことをしています。

・がんばれ!

・先生や看護師さんもとても優しかったよ。みんなも頑張ってね。

・私は2回も移植をしましたが、あの時頑張ったから今、大学4年生です。好きなことを勉強して山登りもしています。

・たくさんの方にお世話になりました。きっと大丈夫!絶対に元気になります!

・諦めないで頑張ってね。

・Good luck everyone. You can do it!

🍓 🍊 🍎 🍏 🍒 🍇

このようなメッセージは

子ども同士はもちろん

親同士

医療者間の励みにもなっていることでしょう。

あくまでも私の想像の世界ですが、

退院していった子どもたちの”勇気”という置き土産に、

医療スタッフこそが勇気をもらい

身の引き締まる思いを新たにするかもしれません。

一人一人の笑顔がよぎり

初心を思い出させ、

掛け替えのない命を預かり護るというミッションへの誓いを新たにすることも。

一つ一つのメッセージにそんな力があるのかもしれません。

🍓 🍊 🍎 🍏 🍒 🍇

命に真正面に向き合い

痛みや恐怖、我慢や寂しさを乗り越え

身を以て生きることの素晴らしさを学んだ子どもたち。

その頑張りを自他への愛と力に変え、

そして

周りに計り知れないパワーをくれる

そんな子どもたちがいます。

そして、活動に行くたび

このツリーに自然と足が向き

しばらく立ちつくす自分がいます。

子どもたちの素晴らしさに

心が清められる時間です。

Smiling Hospital Japan Official Website

レジ袋有料化の怪(・・;)🛍

なんか変だな・・・

と思うことを

「怪シリーズ」と

タイトル付けして5回目。

今回は来年4月に施行予定の

「レジ袋有料化義務化」だ。

全てのスーパーやコンビニでもらえるレジ袋が対象。

「容器包装リサイクル法」の省令を改正し

主に海洋汚染が問題になっていることを受け

その対策のためにプラスチックの廃棄を減らそう

というのがその目的だ。

大局を見ながら

一人ひとりが問題に真っ向むき合い

身近なところからできることを

日常の中で変えていこう

と呼びかける。

なるほど

政府、市民が一丸となって環境問題に取り組んでいるな!

そんな印象はさわやか^^;。

スーパーやコンビニでの買い物という

最も日常的な消費場面で

スーパー側、客側が一体となって

環境負荷を考えて行動する空気感は自然に広がり

そうしないではいられない威圧感で攻めてくる。

随分前からあちこちのスーパーで有料化され

「レジ袋を持参しましょう」

という放送や

「レジ袋不要カード」が

レジ横の目立つところに引っ掛けてあったりします。

おしゃれなマイバッグがずらりと店の入り口付近に

陳列されている店も少なくありません。

ええ~、わざわざこれを買って買い物かあ。

消費者も今では当たり前のように

「レジ袋不要カード」をカゴに入れると、

スマートにマイバッグを取り出します。

「レジ袋削減にご協力ありがとうございます!」

とレジでは高らかにこやかにぺこり。

おお!みなさん、意識が高いですね!

とちょっと意地悪な私。

私などは最初から

レジ袋お願いします

とお願いするし、

うっかり言い忘れると

「袋は要りますか?」

と聞かれ、

はい、お願いします

とあえて胸を張ります。

これって反社会的?

そのうち白い目で見られるようになるかも。

これ、実は密かな抵抗なんです。

レジ袋有料化が数年前に始まった瞬間から思いました。

家庭ごみを入れるのにレジ袋は大活躍。

これぞリサイクル!

そのまま捨ててしまうなんて

穴が開いたりしない限りありえない。

ポイ捨てなんてもってのほか。

レジ袋、リユースしてますよ。

堂々ともらって(すでに3円払わされる店もあるが)帰ります。

わざわざゴミ袋を買う必要はほとんどありません。

究極のリサイクル、環境対策!

「スーパーさんのお買い物袋LL(幅30X高さ53cm、広げた時に中央にマチがあり15cmの厚みまで広げることができます)」

を買うと

35枚入りで100円。

一枚2,8円ということになる。

これは100円ショップで買った時の値段で

薬局などで買ったらもっと高い。

レジ袋をもらうのをやめたって

その代わりに

「ゴミ袋」として改めて

「スーパーさんのお買い物袋LL」

を買わなくてはならない。

これって全然!

資源の削減になってない!

しかも調べたところによると

廃プラの国内排出量は年間900万トン。

それに対しレジ袋は20~30万トン程度。

焼け石に水の感あり。

ペットボトルや食品容器などの対策に

意識を変えたほうがいいんじゃないの?

しかもしかも、

消費税は10%に上がって袋代2~3円取られちゃう(~_~;)。

(~_~;)(~_~;)(~_~;)(~_~;)(~_~;)

そもそもポイ捨てするから

環境汚染が起こるんじゃないの?

政府はポイ捨て対策を

そして企業は

消費者に負担させる前に

パッケージを環境に優しい素材に変えるなど

まずは取り組むべきなんではなかろうか。

「怪シリーズ」バックナンバー・・;)👇

✔️ 2019/1/28投稿〜 優先席の怪・・;)

✔️ 2019/2/12投稿〜駅ホームエレベーターの怪・・;)〜

✔️ 2019/2/25投稿〜ホームドアの怪・・;)

✔️ 2019/3/13投稿〜バリアフリーの怪・・;