!人口知能について考えた!

人工知能(AI)の進化に伴い、これからの子どもの教育現場はどう変わっていくのでしょうか。

私が子どもの頃・・・やっと家庭に白黒テレビが普及され始めた頃・・・は漫画の世界に入ってうっとり憧れ、ありえないこととしてどこか安心して空想を楽しんでいた、平和な古き良き昭和。実はじわりじわりと開発が進んでいて気づいたらものすごいスピードで科学が進化している! VRの出現に驚いたのはつい最近で、時を置かず今では多くの企業で顧客への商品イメージ作りなどに使われ、アトラクションとしてもそこここにあります。スマホどころかロボットまでが当たり前の社会になりつつあります。このままだと人間が創ったはずの文明に、人間が支配されてしまう!? SF映画を想像してしまいます。

知識を詰め込むだけの教育ならAIの存在は教育者にとっても脅威となります。しかし、数値や分析、知的情報処理システムの先にある、コンピュータが判定した結果をどう判断し、どう活用するのか、それはAIには決してできない役割であり、これまで以上に人間力を試されることになるのではないでしょうか。「知識」の価値自体が下がってくる、という意見ももっともで、人間性の向上や社会貢献・・逆説的かもしれませんが愛とか真心とか生きる意味なんかがこれからの教育の柱になるのでは?

ということはITこそ、新しい価値を生む存在とも言えます。

また、

ITこそ、日常生活になんらかの困難を抱える人の力になるべきである

と常日頃思っています。

私事ですが、交通事故の後遺症で右手で細かな作業ができず書字作業に苦労しました。17年も前になりますが、教員免許をとるためにレポートを作成したときの事。あのころPCを使うことが一般的であったなら、と。左手でなんとか仕上げたレポートがあまりにも乱筆だったため、大学の先生に真面目にやりなさい、などと叱られたとき、訳を伝えると最後の一枚まで大変だろうけど、頑張れ!と激励の言葉をもらいました。ワープロでいいよ、と言っていただけたらなお嬉しかったけど。

来年からはじめる在宅学びサポート事業はまさに重度の障がいを持ち自由に動けない方たちの学習をITや様々な支援機器を使って支えようというもの。

技術の進歩が、とにかく先へ先へ、新しいものへと駆り立てるのではなく、困難を減らしてよりよく生きるためのツールとなること、人間には危険とされる作業への活用〜現在なら原子炉の水中ロボットなどがこれにあたるでしょうか〜も含め、平和利用にのみ発達していくことを願って止みません。

〜夏休み、給食も一休み〜

子どもたちが待ちに待った夏休みに突入、親としては裏腹に、さて長い休みを子どもとどう過ごそうかと非日常の忙しさに追われる家庭も多いのではないでしょうか。毎年変わらないこの時期の家庭の風景ですが、ここ数年別の現象が固定化の兆し。こちらは深刻です。「学校が休みに入る=栄養不足の子どもの増加」という、給食がなくなるために起こる図式です。子どもの7人に1人が貧困、という実態をこのまま放っておけない、と個人や民間の団体が運営する子ども食堂が増えていて、本当に頭が下がる思いです。給食が一休みとなった今、私も立ち止まって学校給食のことを考えてみました。

主食、おかず、牛乳のすべてを提供する方法を完全給食と言いますが、文部科学省の2015年度の調査では、全国の公立中学校での実施率は88.8%で、公立小学校の99.6%に比べて低いことがわかります。

実施していない理由は、財政的余裕がない、弁当が定着している、などだそうです。持参の弁当か、民間業者などが配送する給食かを選ぶ「選択制」を採用する市もあり、その中で給食を選ぶ生徒の割合は、堺(約7%)、和歌山(約20%)、盛岡(約31%)。選択率が低いのは、費用の前払いや予約の手間、「周囲が弁当なのに給食を選びにくい」といったことなどだそうです。

学校給食法は、義務教育では「給食が実施されるように努めなければならない」と定めています。中学校の給食費は月額全国平均4900円前後。生活保護世帯には保護費の教育扶助として支給されますが、就学援助の対象にしていない自治体もあり生活保護に準じる困窮世帯に対しては支えになっていない現状があります。ただ、低所得の子だけ支援すると差別を生み出すかもしれません。行政は全員を対象とした完全給食、給食無償化を目指すべきです。子どもの成長を支えるという国の務めとして当然のことだと思うのです。

家庭環境による栄養格差を縮めるセーフティネットの観点から、そして、栄養を補うことに加え、同じメニューをみんなで楽しく食べるという食育の役割も持っています。食べる、という子どもたちが大好きな、そして生きるための基本的活動の中に、差別や引け目など心の格差があってはなりません。心豊かに、生きることを楽しむ大人に成長するための基本が、みんなで楽しく食べる、という行為に凝縮されているように思います。

〜久米島離島留学制度〜

 

沖縄県久米島町が島ぐるみで行っている「久米島高校魅力化」事業。高校3年間を久米島高校で過ごしながら、将来の夢を見つけ、その実現に向かって挑戦したい生徒を全国から募集しています。町営の教育寮や営塾もあり、生活面でのサポートや補習と受験指導も充実しています。

我が息子も今年4月に入学、都会を離れ多様な価値観の中で将来の進路を模索中。大自然に抱かれ、その雄大さとたくさんの人に支えられていることを体感することで、自ずと自分と向き合う余裕が持てているようです。尊敬する母校中学バスケ部顧問の先生との遠隔相談も忘れず、いろんな人からアドバイスを受けながらいかに自分を高め、将来どう社会に貢献していくのかを考えながら勉学中。悩み多き青春を送っています。ただただぼんやり毎日を生きていた自分の高校時代を思い浮かべると、我が子ながら意識の高さを感じ、誇りに思います。

留学生を支えているのは、行政、学校、寮に加え現地での親代わりとなる身元引受人です。保護者会や学校行事に保護者として参加、週末には家族として一緒に過ごしたり、本人が参考にできそうな地元の情報を提供してくれたりします。初めての土地でも全く不安がないようにサポートしてくれています。島をあげて子どもの育成、教育に熱心に取り組む久米島の温かさを感じます。沖縄の精神、「ゆいまーる」がここにも!ゆいまーるの「ゆい(結い)」は協働のこと、「まーる」は順番に回っていくこと。一人で行うには多大な費用と労力を要する作業を、集落の住民総出で助け合い、協力し合う相互扶助の考え方です。この姿勢が生活のあらゆる場面で垣間見ることができ、沖縄の人々の懐の深さを尊敬します。

部活の帰り、毎日癒される夕日(息子がスマホで撮影)。明日もまた頑張ろう!と思うそうです。

来年度生徒募集のため、以下の日程で説明会を開催。

  • 7月22日 15:00~16:30 東京国際フォーラム ガラス棟会議室G402
  • 7月23日 13:00~14:30 TKPガーデンシティ仙台 カンファレンスルーム13C

問い合わせ先:

久米島町企画財政課 電話: 098-985-7122 メール: y-saito@town.kumejima.okinawa.jp

我が家は長女も長男も早くから親の元を離れました。次男、お前もか!と、ちょっと寂しい気もしましたが、あえて自ら大海原へ飛び込む決意をした息子にエールを送る毎日です。子どもの精神的な早期自立は親子いずれの立場にとっても心地よいもの。そばにいたら親は要らないことまで口を挟み、子どもはうるせーな、となりますが、距離を置いて互いを支え合う、そんな関係が上の二人の立派に自立した姿(ここでも親バカ披露、すみません!)に結びつきました。次男もさらにスケール大きく、沖縄と日本の架け橋として将来活躍してくれるような気がしています。

琉球新報発行雑誌「うない」に掲載された久米島高校紹介の記事。息子がインタビューされた時のものです。この制度に興味のある方には参考になると思います。

スマホ育児〜子どもとお母さんが大切にされる社会へ〜

子どもへの悪影響が心配だけれど、機嫌がよくなったり自由な時間ができたりするので育児に多少の時間スマホを使う母親や父親は多いようです。3歳児の6割が利用しているというデータも見つけました。「スマホ育児」という言葉で語られるほど、社会問題として批判されています。でもちょっと待って!

ある日の電車内での風景。

2〜3歳くらいの幼児がぐずって泣いたり暴れたりしている。そばにいた年配の女性がイライラした様子で睨みつけている。そこで母親はたまらずふとスマホを取り出し動画を見せると幼児はおとなしくなり、お母さんはホッとした様子。しかし追い打ちをかけるように女性がその一部始終にさらに批判の目を向けものすごい形相で今にも爆発しそう。

周囲に迷惑をかけないようにとの苦肉の策だというのに白い目で見られてしまう。ベビーカーで電車に乗ることもまだまだ市民権を得られていない印象だし、スマホ育児を批判するどころか、逆にお母さんたちの苦労を思う。

スマホがこれだけ生活に入り込んだ時代、子どもにはどう付き合わせたらいいのだろう。多くの母親は子どもにスマホを使わせることに後ろめたさを感じているといいます。年配の人たちにもそれをわかってもらいたいなあ。「スマホを子どもに使わせるのは絶対にダメ!」と年長者が若い親を追い詰めちゃダメ。当たり前に手元にあるスマホ。便利になりすぎた時代だからこそ、その文明の利器をどう使うか(健康への悪影響などを考慮し、自分なりのルールを作って守るとか)、周りの年長者も、そしてスマホ育児しちゃう親世代にも、新たな知恵が必要になったということ。

子どもは社会の宝のはず。育てる立場の親世代がもっと大切にされてもいいんじゃないかな。

子どもたちが騒げばテレビをつけておとなしくさせていた頃を思い出す。テレビがあって本当に助かった。スマホ〜を批判している人たちの中にもテレビのお世話になった覚えはあるはず。そしてテレビがなかった時代は・・と遡ってみると、外で暗くなるまで遊ばせても安心な地域のつながりがあった・・・。私の家にテレビが入ったのが3歳の頃。カラーテレビをいち早く購入したお隣へ、近所の子どもたちと押しかけた思い出はくすぐったい。そもそも、テレビよりも体を動かすのが大好きだった幼少期、暗くまで外にいた原風景に思いを馳せてしまうのは歳をとったせいかな。

母が元気だったら、「便利な時代になったわね。お母さんなんか、あんたがあまり遅くまで外にいるもんだから心配したものよ。泥んこをまずきれいにするの大変だった〜」なんて言われそうだ。

〜フィンランドの教育〜

東京新聞6/28日朝刊掲載の「フィンランドの教育」を読んで

チームで協力する姿勢を学んだり、失敗を決して恥ずかしいことと捉えずにそこから学んだり、何度でもやり直したりできる。全国統一テストもなく、あえて落ちこぼれを作るような無駄な競争はない。日本の教育とは随分違う、というのが強い印象。自分の好きなことを見つけて伸ばしたり、コミュニケーションの力をつける機会がふんだんにありそうだ。

学校の自由度の高さは、教師が社会的な信頼を得ているからだそう。国が地域や学校を信頼し、学校が教師を信頼して任せる体制があり、国が定めるコアカリキュラムの中で教師は自由にカリキュラムや授業をデザインできる。生徒も比較的自由に個人の学習計画を立てられる・・。なんだか、自分と向き合う時間が十分に確保されていそうです。子どもの幸福度2位というのもうなずけます。おっと、幸福度も競争じゃないよ!と言われてしまいそうです。就学前から高等学校まで教育は無償。教科書はもちろん、鉛筆やノートに至るまで全て支給される。教育が、子どもがなんと大切にされる社会だろう。しぜん、日本の子どもの貧困問題へと思いを馳せる。

さらに、教師の労働環境。午前8時に出勤、午後2時に授業が終わるので普通は3〜5時には帰るのが標準で、長時間労働とは無縁だ。そして1クラスの子どもの数も日本の平均31人に比べ平均18人と少ない。その上、生徒指導ではカウンセラーやソーシャルワーカーが関わるため、教師一人の責任や負担は日本よりぐっと軽くなっている。

何れにしても、福祉制度や生涯学習が充実したフィンランド、やる気になればいつでも伸びると信じ、それを実現できる風土がある。人権意識の高さや、互いを信頼し合う土壌、文化の高さを強く感じました。