〜アートなお正月〜

年始は大好きな場所、山梨県立美術館へ。

チケットを買ってさて展示室へと向かおうと振り向くと・・

「風景を眺め、聴く」(2017年 アクリル絵具 パステル 鉛筆 水性クレヨン)

10メートルほどもある巨大な絵画が出迎えてくれました。

ホールで上條暁隆展が開催され、そのテーマは、

「在ること 見ること 描くこと」。

なるほど、作者は河口湖畔の森の中に暮らして15年、毎日目にする風景を描き続けているといいます。生きている時間を画面に置き、連続する画面は時間の流れを感じさせています。

ここでまた思います。アーティストはいいなあ。

自分の生きた証を残していけるから。

そんなことを思いながら、美術館40周年記念企画展会場へ。

アンケートによって選ばれた所蔵品「私の愛する作品たち」をコメントと合わせて展示するという企画。

前回訪れた時はゴッホ展、今回は記念企画展とともに、コレクション展としてミレーと萩原英雄の作品も多く展示されていました。

まず目に入ったのは「手でみるミレー」。

ミレーの代表作《種をまく人》と《落穂拾い》の図版と点字解説、それにミレーの生涯の点字解説が展示されていました。

希望により、視覚障害者一人に対して解説協力ボランティアが一人付きそうというシステムです。

渋谷区松濤にあるギャラリーTOMは、視覚障害者が彫刻に触って鑑賞できる美術館で、こちらもお気に入りの場所ですが、県立の大きな美術館が同じような取り組みをしていることにワクワクします。

素晴らしいアートワークはもちろんのこと。

建築としての素晴らしさ、充実のミュージアムショップやオシャレなレストラン。

広大な敷地内にゆったりと展示された数々の彫刻。噴水や植栽の配置など、

今回も美術館の魅力に浸ることができました。

みることで、眺めることで、触れることで、そして感じることで心にたくさんの栄養を与えてくれました。

山梨県立美術館 開館40周年記念コレクション企画展

「山梨県立美術館物語」3月4日まで

〜子どもたちがサンタさん!〜

🌲メリークリスマス!

子どもたちから、病院からクリスマスカードが届いたよ!

🎄小さな手でぺったん! サンタさんのヒゲに見立てた愉快な手がたのモチーフ

🎄ポンポンポン! 小さなサンタやトナカイをたくさんスタンプしたリース

🎄あれあれあれ! 雪だるまもびっくりしているそれはそれは立派なツリー

今年も子どもたちの創造カや感性から元気をいっぱいもらった一年でした。

たくさん気づかせてくれて、たくさん教えてくれた子どもたちは、ものごとの本質を示してくれる一番の先生。

子どもを観察してみてください。そのまっすぐな眼差しから目をそらさずに、教えてもらってください。

ことばでうまく表現できない子どもたちは、ことば以上のメッセージを全身で発信しています。

子どもの動きから大切なものに気づいて感じてください。

誰でも時間が経てば大人。

年季が入ってしまった感性に、魔法のように少しずつ輝きを呼び戻してくれる子どもたち。寄り添えば寄り添うほど。

そんな最高のプレゼントをしてくれる、子どもたちこそサンタクロース!

毎日がクリスマス!

大トロ車椅子からのメッセージ・シーズン2

💮 電動車いす女子と手動車いす男子の共同制作・・大トロ車椅子のデビュー作!

「テッドに電動車いすを操作させてみた」

https://www.youtube.com/watch?v=PMRrjRHY0Ok

に続く第二弾、公開開始!

💮💮大トロ車椅子第二弾!車椅子ユーザー・テッドの日常~外はバリアでいっぱい!~

「またテッドが転ぶ?!外には危険がいっぱい!でも助けてくれる仲間もいる」

https://www.youtube.com/watch?v=HByVPZot-xs&feature=youtu.be

車椅子生活になったテッド。

外に出るとまだまだバリアが多い!

しかし、外に出てみれば意外と助けてくれる人も多くて人がバリアを補ってくれることも多かったり。

助けてもらって感謝の意を表すことはとても大切なこと!

また、車椅子を重く受け止めすぎても健常者と障害者の差?が顕著になってしまう。

隔たりを感じてしまわないように、

シリアスすぎる内容ではなく、

純粋に笑ってほしいな、

という思いを込めて、電動車いす女子と手動車いす男子コンビ「大トロ車椅子」

又の名を「日本版・最強のふたり」が続々動画製作中!

物理的なバリアに対して人の優しさがそれをカバーしてくれることに感謝するテッド。そんなテッドにこれから何が待ち受けているのか・・。

乞うご期待!

オットー・ネーベル回顧展

オットー・ネーベル(1892-1973年)は、ベルリンに生まれ育った画家。

一昨日まで渋谷文化村で回顧展が開催されました。

ネーベルはナチスの弾圧を受けてスイスのベルンに移住した後も、精力的に制作活動を続けた不屈の精神の持ち主だったようです。

回顧展では、ドイツのバウハウス(美術学校)で親しかったカンディンスキーやクレーの作品も展示されていました。

ネーベルは、建築、演劇、詩作など多分野に活躍の場を広げた豊かな才能の持ち主。

彼の有名な作品『イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)』にはそのユニークさとシンプルさに圧倒されました。

カラーアトラスの絵葉書セット。仕事の合間に目を潤します。

3か月間にわたるイタリア滞在において、各都市での色と形の研究の成果をそれはそれは美しくまとめたケッチブック。

「都市の個性を色彩で表現しよう」と試みた実験のひとつだそうです。

風景の中のモチーフを四角い色面に置き換え、都市の景観を描くという大胆かつお茶目なワーク。

ネーベルの人柄までも映し出しているようです。

ナチスの弾圧をかわし、ライフワークを貫くことができたのもこの人柄の所以かもしれません。

思わずロベルト・ベニーニ監督の映画”Life is Beautiful”を浮かべました。

絶望的な収容所の生活も、父親のユーモアにより息子にとっては最後まで楽しいゲームのままナチスが撤退する、という名作。

そのほか、都市の建築物の輪郭を立方体や結晶体の形にあてはめた「都市の建築シリーズ」は色彩のコントラストが見事。

ネーベルがいかに建築を愛し学んだかがうかがわれます。

作品のタイトルに音楽用語を使用しているものも数々ありました。

ドッピオ・モヴィメント〜二倍の速さで〜とか、コン・テネレッツァ〜優しく〜とか。

演劇や音楽も手がけたネーベルですから「建築シリーズ」同様、「音楽シリーズ」(?)も手がけたのでしょう。

さらにネーベルの作品の中には、「子供の魂から生み出された」と語る色彩豊かな明るい作品もあります。

アートと子ども。

アーティストの感性にはちらりほらりと「子ども」が宿っている。制作に向かう芸術家はその最中は子どもに戻っているのかも。

SHJアーティストのプログラムの中に、

そして国内外の作家の展覧会を訪れるたびに感じます。

 

大トロ車椅子からのメッセージ

電動車椅子を使って、できるだけ外に出る機会を作っている入院中SHJスタッフ白髭。

車椅子仲間と一緒に紅葉を見に行ったり、バードウォッチングに行ったり・・。ときにはバスで行けるAEON MALLなどにも。

最近医療センターからバスに乗ろうとして理不尽な思いをしたそうだ。

ステップ付きのバスが来て乗れずに困っていたら、「次のに乗って!」と高飛車な対応。さらに20分待たなければならなかった。

次のに乗れたはいいが、車椅子ゾーンに固定ベルト、一人で乗ったら誰が装着してくれる? 

タイヤのところに動かないようにおもりをつけてくれる人がいてホッとしたのもつかの間、

急発進で前輪が浮く。転倒防止バーがあっても恐怖だったという。

さらにタイヤが浮かないよう、余計緊張して力をいれなくてはならず、乗るときも乗れた後もストレスが続いたそうだ。

運転手さんがやってくれたらいいけど、時間が気になるのだろうと諦める。

それにしても冷たい対応に傷ついたことだろう。

2017年7月 – バニラエアーで、車椅子の男性がそのまま搭乗できないということで、自力で腕を使って タラップを登らされた、という報道があった。 

車椅子に限らず、障害者、高齢者、妊婦、女性なども含めた弱者に対してまだまだ合理性に欠ける社会。

容易には無くならない物理的なバリアは、心をバリアフリーにして補完すればいい。

手を差し伸べることをためらわず、むしろそうできない人たちに示していこう。

最近話題になっているのが子ども用車椅子。バギーとも呼ばれ、障害や難病で首や腰が不安定な子供が乗る車椅子だが、ベビーカーと間違われやすい。

電車やバスで、

「ベビーカーを畳んでください」と言われ、困る保護者も多い。

特別支援学校に努めた経験がある私にとっては一目でわかるけれど、縁のない人にはわかりづらいのだろう。

判別しやすくしようと、母親らが「バギーマーク」を手作りし、理解を求めているという。

一般社団法人 mina family

当事者や家族は、社会が想像力や行動力に欠ける、と嘆いていても仕方ない、と一歩先を歩いている。

思考し続け、行動し続ける。バギーマークは、そんな自らアピールする方法を行動力で示した一つの形。

さて、SHJスタッフ白髭。

社会に車椅子ユーザーの苦労を知ってもらおう(楽しみながら!)と、電動車椅子を使った動画を制作した。

病院の車椅子友達とコンビを組んで作ったそうだ。コンビ名は「大トロ車椅子」

テグスで クマのテッドを吊り下げて 一つ一つコマドリで撮影。

テッドが床に落ちるだけで大変。二人して取るのにたいへんな苦労をしたという。

白髭は不自由のない足を使って、相方は不自由のない上半身を使ってバリアを克服し、完成。

これぞ日本版「最強のふたり」。

車椅子に優しい社会を!! 大トロ車椅子&松本より。

テッドに電動車いすを操作させてみた シーズン1→https://www.youtube.com/watchv=PMRrjRHY0Ok&feature=youtu.be