知床五湖ウォーク~一路摩周湖へ

昨日は海から一望した知床半島。知床野営キャンプ場を後にして、今日は半島に点在する5つの湖を歩いて満喫しました。それぞれ違った顔を持ちながらも共通点は幻想的な風景。水芭蕉や蓮、苔や白樺、高山植物の織りなす多様性。うっとりと鑑賞しながらも熊を寄せ付けない為に鈴を鳴らすことは忘れません。熊たちの生息地にお邪魔しているという謙虚さが必要、というガイドさんの説明は説得力がありました。

湖写真

幸い熊には遭遇することなく、かわいい野生動物に今日も出会えました。

 

阿寒湖へ向かう途中のさくらの滝ではますの遡上が圧巻! 産卵のために荒々しい滝を逆に登っていくのですから人間の母親同様、母は強したくまし・・です。

 

神の子池にも立ち寄りました。摩周湖の地下水によってできたと言われている青い清水を湛える池摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできていると言われていて、「神の子」池と呼ばれています。

そして締めくくりは裏摩周湖。

知床から絶え間なく沿道に咲く花はエゾシシウド。漢字表記では蝦夷の猪独活と書くようですが、反してかなり大掛かりな群生がその生態。摩周湖周辺には「知床旅情」で知られるハマナスの花も咲き乱れていました。

 

ジャガイモの産地、清里の道の駅オートキャンプ場で今夜は過ごします。

ナイトキャップは清里名産ジャガイモ焼酎「清里 樽」。

〜知床の大自然に抱かれて〜

世界自然遺産知床にやってきました。新潟からフェリーで小樽へ。そして一気に足寄、斜里、知床へと車を走らせました。半島の先へは、唯一の方法、観光遊覧船で。雄大な知床半島を一望しました。

カモメも誇らしげ。この先に雄大な知床半島が続いています。

オホーツク海に約70km突き出た北海道北東部の先に位置する知床半島。国定公園に指定されたのが1964年。知床の海は冬は流氷に覆われ、流氷がプランクトンを運び、それを魚が食べ、鳥たちもその恵みを受け・・。魚がふるさとの川をのぼってヒグマなど陸の生物の食料になるという、海、川、陸にまたがる、一大植物連鎖が四季を通して見られます。このような知床独特の生態系からなる命の循環と、生物の多様性、自然を守る地域の人々の取り組みなどが評価され、2005年に世界自然遺産に登録されました。

小さく見える建物が漁師さんが漁の途中で一時滞在する宿泊施設
海鳥も旅の途中で岩場に一時滞在

自然保護活動の傍ら、名産のさけやますの漁が行われ、遊覧船からは漁師さんが一時停留するための宿が海岸線に沿って点在していました。期間限定とはいえ、厳しい自然の中、人里離れた場所で暮らすのはさぞ孤独だろうなと、その生活を想像してみる。誇りと自然への畏敬を胸に、共生を実現させているんだな、と土地の人々に尊敬の念を抱きました。

硫黄岳の大噴火によってできた奇岩が並ぶ海岸線
知床岳や硫黄岳などから湧き出る岩清水や滝が続く

遥か古代、様々な民族同士の争いを経てアイヌ民族が生き残り、独特の文化が発展、そしてアイヌ民族と大和民族 が交流を始めたのは、鎌倉時代からだとその時代の古文書に書かれているそうです。

キャンプサイトに戻り遊覧船での紹介アナウンスで知った知床を復習してみる。ここには臆せずシカたちが草を食みに来るし、キタキツネも姿を見せてくれました。そして家族でキャンプする風景もあちこちに。

人間好き?それともキャンパーのおこぼれ目当て?

子どもたちが自然の中でのサバイバルを父や母に教えてもらっている。なんとかテントを一人でしまえるようになって誇らしげに微笑む少女の様子をぼんやり見ていると、手付かずの大自然にはやっぱり子どもが似合うな、と。何か共通の、本物の美しさを感じます。子どもたちが生まれ持つ豊かな感性と素直さ、たくましさが、大自然の憧れを胸に秘めた気高さにも見えます。何か原始的な美しさに感動するたび、心に思うのは子どもたちのこと、知床の大自然の中でも改めて確認した今日いちにちでした。締めくくりは最高の夕日。

アートないち日〜大阪編〜

新規導入の打ち合わせや初回の活動見学のために、北海道から九州までホイホイ足を運ぶのも代表の仕事。

今回は大阪豊中市にある児童デイサービスPrimo、阿倍野区の大阪市立大学病院の2つを訪れました。まずPrimoについてはしっかり者の大阪地区コーディネータ西純江さんが導入の打ち合わせを前もってしておいてくれたので、訪問直後から自然に活動が始まりました。

音楽療法士の金愛利さんのピアノ伴奏で緩やかにスタート。「はじめまして」の歌に合わせて打楽器奏者の西さんが一人一人にハンドドラムを回し、子どもたちが順番に鳴らして自己紹介。そのあと、ウインドチャイム、太鼓と続き、最後はトーンチャイムを使って「にじ」の歌でリラックス。

こんな場面もありました。

Aちゃんは注目されるのが嫌だったのか、知らない人がたくさん来て何が始まるのだろうと不安そうでしばらくは背中を向けていました。始めの挨拶の歌では楽器を拒否し、下を向いて体を丸めていましたが、ウインドチャイムの音色に惹かれ、手を伸ばして楽器を鳴らしてから心のバリアが解けた様子。そして、突然松本の方へ向かって飛んできて抱きついてくれました。西さん、金さんにもしっかりとハグをしたあとはもう、どんどん楽しくなって笑顔が止まりません。ピアノの横に立ち金さんと連弾、時には踊り、ノリノリのリズムを取って音楽の中で自由に自分を表現していました。

年齢が小1から高校生までと幅広く、重度のお子さんもいたりと、選曲も難しそうだと直感したけれど、その場にあった音楽活動を瞬時に組み立てた二人、さすがプロ!と今回もアーティストの技に感動のしっぱなしでした。
Primoではこのような活動がまだまだ少ないようでスタッフさんもとても喜んでくださり、子どもたちが笑顔になるたびに写真撮影などで忙しそうに、そしてはしゃぎながら記録を取っていたのも印象的。そんな大人をもしかしたら子どもたちはやれやれ・・と見ていたのかも!

子どもたちと音楽を楽しんだあとは、関西のアーティストを一人一人思い浮かべながら得意げに活動を紹介した大阪市立大学病院でしたが、こちらは昨年感染症の院内事故があってからさらに感染対策が厳しくなり、2度の抗体検査が必要であることなどの説明を聞いて、気持ちが萎えそうに・・。でもすぐに西コーディネータと顔を見合わせ、やりましょう!。ここからはコーディネータがリーダーシップを発揮して、待っている子どもたちのためにエリアスタッフが一丸となっていくのみです。代表から地区コーディネータにすっかりバトンタッチの瞬間です。

夕方は都合のつくアーティストが集まってくれ、プチ懇親会。バスケットボールパーフォーマー・フリースタイラーのNARIさん、大道芸人あざーす・のずさん、そして一日中つきあってくれた西さん。ちょこっとテーブルマジックもあり、ライフワークとしてのアートに対する想いなんかも熱く語ってくれた若者たちに囲まれた、今回も幸せな出張でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~Smiling With Music~

昨日の福岡立ち上げと明日の九大病院初日のために連泊したなか日の今日、「ライブやるよ」というSHJ福岡のメンバーの誘いに、Gallery & Live Spaceもも庵♪へ。

ライブのタイトルは”Smiling With Music”。SHJ立ち上げの記念祝賀イベントを企画してくれたという嬉しいサプライズです。大好きなスタンダードナンバー”On The Sunny Side of The Street” “ When You’re Smiling”を、ドラム=地区コーディネータ藤原隆幸、ヴォーカル=SHJアーティストますみん、ピアノ=SHJこれから登録アーティスト深町善久、サックス、ギター、ベースのセッションでオープニング演奏。この2曲は、SHJのために選曲した、というMCますみん。嬉しくて嬉しくて感激冷めやまぬうちに、代表挨拶をと促され、SHJの紹介をさせていただきました。

会場にはアーティストとして興味を持ってくれた方もいて、早くも次の病院は・・、などと発展的な話に広がりました。おいおい、まだ九大だって明日がやっと初回だぞ!と思いかけたのもつかの間、福岡の人たちの超前向き姿勢にどんどん背中を押されていい気分、というのが正直なところでした。

しばらく演奏が続くと今度は5本のロウソクが立てられた大きなケーキが運ばれてきました。”Happy Birthday”を演奏、会場皆で歌ってくれるという演出に、涙せずにはいられませんでした。まさか57本のロウソクを立てるわけにはいかないからSHJ誕生5周年にちなんで5本というのも泣かせます。なんと素敵なはからいでしょうか。アートの街福岡にはお洒落な感性が溢れていること、今回の福岡滞在でも浴びるように感じました。

ヴォーカルの智美さん。ハスキーボイスで”It Don’t Mean Nothing”
ヴォーカル古川ゆかりさんのパンチある声は”It’s Ony a Paper Moon”
津軽三味線の飛び入り参加 ドラムとのセッションも

 

 

 

 

アート三昧の一日!

福岡地区開始につき、昨日より滞福中。きのうは福岡市久山にある久山療育園重症児者医療療育センターでスタート。大勢の方たちが広いプレイルームで待っていてくれました。シンガーのますみんこと平川真澄さん&創作フラダンサーの北﨑美和さんのコラボに地区コーディネーター/ドラマーの藤原隆幸さんのカホンが加わり、それはそれは盛大に!ますみんさんの透き通る声に合わせて美和さんのゆったりしたフラの踊り。職員の方も一緒にフラの振り付けの基本を練習したりして楽しい時間もあっという間に過ぎました。たくさんの明るい笑顔が、これからの福岡地区の発展を予感させました。

夜はSHJアーティスト&登録を検討中のミュージシャンたちによるライブへ。スタンダードジャズやボサノバを堪能しました。

このライブハウスがおしゃれ! アーティストの後方にはたくさんの絵画やポスターが施され、よりアーティスティックな雰囲気に。そして天井のさりげないアートがステージに広がる視界を演出しています。入口付近の壁は地中海を思わせる塗り壁の飾り窓が並び・・。音楽とワインが一層美味しく感じられました。

さて明日は九大病院でスタート。またたくさんの子どもたちの笑顔に出会えそう。贅沢な福岡出張です。