アートないち日〜大阪編〜

新規導入の打ち合わせや初回の活動見学のために、北海道から九州までホイホイ足を運ぶのも代表の仕事。

今回は大阪豊中市にある児童デイサービスPrimo、阿倍野区の大阪市立大学病院の2つを訪れました。まずPrimoについてはしっかり者の大阪地区コーディネータ西純江さんが導入の打ち合わせを前もってしておいてくれたので、訪問直後から自然に活動が始まりました。

音楽療法士の金愛利さんのピアノ伴奏で緩やかにスタート。「はじめまして」の歌に合わせて打楽器奏者の西さんが一人一人にハンドドラムを回し、子どもたちが順番に鳴らして自己紹介。そのあと、ウインドチャイム、太鼓と続き、最後はトーンチャイムを使って「にじ」の歌でリラックス。

こんな場面もありました。

Aちゃんは注目されるのが嫌だったのか、知らない人がたくさん来て何が始まるのだろうと不安そうでしばらくは背中を向けていました。始めの挨拶の歌では楽器を拒否し、下を向いて体を丸めていましたが、ウインドチャイムの音色に惹かれ、手を伸ばして楽器を鳴らしてから心のバリアが解けた様子。そして、突然松本の方へ向かって飛んできて抱きついてくれました。西さん、金さんにもしっかりとハグをしたあとはもう、どんどん楽しくなって笑顔が止まりません。ピアノの横に立ち金さんと連弾、時には踊り、ノリノリのリズムを取って音楽の中で自由に自分を表現していました。

年齢が小1から高校生までと幅広く、重度のお子さんもいたりと、選曲も難しそうだと直感したけれど、その場にあった音楽活動を瞬時に組み立てた二人、さすがプロ!と今回もアーティストの技に感動のしっぱなしでした。
Primoではこのような活動がまだまだ少ないようでスタッフさんもとても喜んでくださり、子どもたちが笑顔になるたびに写真撮影などで忙しそうに、そしてはしゃぎながら記録を取っていたのも印象的。そんな大人をもしかしたら子どもたちはやれやれ・・と見ていたのかも!

子どもたちと音楽を楽しんだあとは、関西のアーティストを一人一人思い浮かべながら得意げに活動を紹介した大阪市立大学病院でしたが、こちらは昨年感染症の院内事故があってからさらに感染対策が厳しくなり、2度の抗体検査が必要であることなどの説明を聞いて、気持ちが萎えそうに・・。でもすぐに西コーディネータと顔を見合わせ、やりましょう!。ここからはコーディネータがリーダーシップを発揮して、待っている子どもたちのためにエリアスタッフが一丸となっていくのみです。代表から地区コーディネータにすっかりバトンタッチの瞬間です。

夕方は都合のつくアーティストが集まってくれ、プチ懇親会。バスケットボールパーフォーマー・フリースタイラーのNARIさん、大道芸人あざーす・のずさん、そして一日中つきあってくれた西さん。ちょこっとテーブルマジックもあり、ライフワークとしてのアートに対する想いなんかも熱く語ってくれた若者たちに囲まれた、今回も幸せな出張でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~Smiling With Music~

昨日の福岡立ち上げと明日の九大病院初日のために連泊したなか日の今日、「ライブやるよ」というSHJ福岡のメンバーの誘いに、Gallery & Live Spaceもも庵♪へ。

ライブのタイトルは”Smiling With Music”。SHJ立ち上げの記念祝賀イベントを企画してくれたという嬉しいサプライズです。大好きなスタンダードナンバー”On The Sunny Side of The Street” “ When You’re Smiling”を、ドラム=地区コーディネータ藤原隆幸、ヴォーカル=SHJアーティストますみん、ピアノ=SHJこれから登録アーティスト深町善久、サックス、ギター、ベースのセッションでオープニング演奏。この2曲は、SHJのために選曲した、というMCますみん。嬉しくて嬉しくて感激冷めやまぬうちに、代表挨拶をと促され、SHJの紹介をさせていただきました。

会場にはアーティストとして興味を持ってくれた方もいて、早くも次の病院は・・、などと発展的な話に広がりました。おいおい、まだ九大だって明日がやっと初回だぞ!と思いかけたのもつかの間、福岡の人たちの超前向き姿勢にどんどん背中を押されていい気分、というのが正直なところでした。

しばらく演奏が続くと今度は5本のロウソクが立てられた大きなケーキが運ばれてきました。”Happy Birthday”を演奏、会場皆で歌ってくれるという演出に、涙せずにはいられませんでした。まさか57本のロウソクを立てるわけにはいかないからSHJ誕生5周年にちなんで5本というのも泣かせます。なんと素敵なはからいでしょうか。アートの街福岡にはお洒落な感性が溢れていること、今回の福岡滞在でも浴びるように感じました。

ヴォーカルの智美さん。ハスキーボイスで”It Don’t Mean Nothing”
ヴォーカル古川ゆかりさんのパンチある声は”It’s Ony a Paper Moon”
津軽三味線の飛び入り参加 ドラムとのセッションも

 

 

 

 

アート三昧の一日!

福岡地区開始につき、昨日より滞福中。きのうは福岡市久山にある久山療育園重症児者医療療育センターでスタート。大勢の方たちが広いプレイルームで待っていてくれました。シンガーのますみんこと平川真澄さん&創作フラダンサーの北﨑美和さんのコラボに地区コーディネーター/ドラマーの藤原隆幸さんのカホンが加わり、それはそれは盛大に!ますみんさんの透き通る声に合わせて美和さんのゆったりしたフラの踊り。職員の方も一緒にフラの振り付けの基本を練習したりして楽しい時間もあっという間に過ぎました。たくさんの明るい笑顔が、これからの福岡地区の発展を予感させました。

夜はSHJアーティスト&登録を検討中のミュージシャンたちによるライブへ。スタンダードジャズやボサノバを堪能しました。

このライブハウスがおしゃれ! アーティストの後方にはたくさんの絵画やポスターが施され、よりアーティスティックな雰囲気に。そして天井のさりげないアートがステージに広がる視界を演出しています。入口付近の壁は地中海を思わせる塗り壁の飾り窓が並び・・。音楽とワインが一層美味しく感じられました。

さて明日は九大病院でスタート。またたくさんの子どもたちの笑顔に出会えそう。贅沢な福岡出張です。

マジシャンが病棟にhappyのプレゼント!

昨日はあいち小児保健医療総合センターで定期活動が始まりました。アーティストはSHJデビューのチャンプルマジシャン Kanさんこと宮城 貫さん。

お掃除パントマイムでショーが始まり、目の前で見るパントマイムにみんなビックリ。トランプの カードを引いたり、どんどん増えていくお星様を握ったり。子供達を巻き込むパーフォマンスは、みんなの笑顔と「スゴーーイ!」というワクワクの気持ちを引き出していたそう。病室では子供とゆっくり距離を縮め、お話をしながら興味を引いて、最後にはとても仲良くなっていったなど、丁寧な関わり方と、人懐っこい笑顔が素晴らしかったとアシスタントがレポートしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

決して一方的に見せるのではなく、一緒に遊ぶというスタイル、部 屋に入る前に「入っていい?遊んでくれる?」の声がけに「入っていいよ」って言われてから個室に入る・・友達になる為のコミュニケーションとしての工夫です。

若くて可愛らしい宮城さんはママさんたちにも特別なハッピネスを届けられたようです。

活動をアシストした愛知地区コーディネータは、「私たちの活動は闘病中の子どもたちや保護者の方、そして、病院のスタッフにとって大変価値のあることをしているんだと実感しました」と改めてSHJの意義を再確認したとのこと。今日もSHJ始めて良かった、としみじみするスマイリングな一日です。

Happiness Helps Healing!

活動報告近日中にアップされます!

愛知地区活動報告 http://smilinghpj.org/aichi/

Kanさんプロフィール http://www.smilinghpj.org/artist/aichi.htm

Smiling Hospital Japan Official Website

〜ホスピタルアート〜

ホスピタルアート”を研究している東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科4年の学生(Wさん)がSHJの事務所に来てくれました。小児クリニックでの待ち時間に、子どもたちが直接触れて遊べるような、壁に貼るタイプの参加型アートの作成に取り組んでいる、とのこと。SHJのプログラムを自身のワークの参考にしたいと熱心に耳を傾けてくれました。こんなに若い人と病気の子どもたちや家族のこと、それぞれのライフワークについて熱く語り合えるなんて素敵なことです。とても心強く、フレッシュなパワーをもらいました。

さて、改めてホスピタルアートと一般的に言われている言葉の定義を調べてみました。

主に、ハード面、環境面を充実させるためのアートの設置、例えば窓、壁、扉、天井アートなど、「病院であることを忘れさせる視覚的な仕掛け」だということがわかりました。その意味では、Wさんの目指す、主体的参加型で玩具的要素を重視するアートの設置は画期的。SHJの趣旨と共鳴するところが大きく、ついついそれで?それで?と聞き入ってしまいました。

なるほど、今更ながら”病院のアート”の定義は絵画など目で楽しむものということがわかりました。待合ロビーなどで行われるコンサートなどは確かに”アート”とは呼ばないですね。ホスピタルアートが視覚的、受動的であるということは、病院を度々訪れるであろう視覚障がいの方たちへのアートに関するアメニティにはどんな取り組みがあるのかな、とふと疑問に思いました。

SHJの活動もホスピタルアートのつもりでいたのですが、実のところはSHJの活動の中にホスピタルアートが含まれる、というのが正確なようです(参加型ホスピタルアートと言った方がより正確)。美術の分野では絵画、版画、工作、コラージュ、貼り絵、陶芸、紙・年度工作、音楽ではクラシック、ジャズ、ラテン等あらゆるジャンル、そして語りや寄席、大道芸やバルーンアートなど。すべて参加型で、鑑賞するアートをはるかに超えて達成感や満足感を得ながら闘病生活をより前向きに捉えることを目的にしています。これもSHJが全国に広がっている理由の1つですね。近年、患者のアメニティ向上に努める病院が増えていますから、スマイリングアートがさらに大きく貢献できそうです。

それにしても、熱心に学び追究する若者って爽やかで素敵です。日本も捨てたものじゃない!今日も若者から学び、気づきがあり、幸せな気分になりました。ホスピタルアートの定義も変えてしまうほどのWさんのパッション、ずっと応援します!