~バリアフリー上映~

障害のある人のいのちとことばを伝える「つながり映画祭」第9回目は15日(金)まで、アップリンク渋谷で!

「経済性・効率性から一面的に人間の価値を決めつけ排除するのではなく、人間のありのままの姿を葛藤しながらも受け止め合う姿」

を描き出す国内、海外の映画を上映しています。

期間中10種類の作品が公開されますが、そのうち3つはバリアフリー上映。字幕はもちろん、全ての情景が副音声ナレーションで説明されます。

河瀬直美監督の「あん」を観たいという理由の他に、このオープンシステムとも呼ばれるバリアフリー上映を体験したかったというのがもう一つの理由。

 目を閉じて音と会話とナレーションでスクリーンの様子を思い浮かべてみる。

 耳を塞いでスクリーンの映像と字幕で映像の奥行きをイメージする。

初めての体験でした。

正直、最初はナレーションを邪魔に感じました。

映像だけで登場人物の心情を想像するのに慣れているせいか、細かな説明がノイズとなってしまう。目からも耳からも情報をいとも簡単に手に入れることのできる立場ってこんなにわがままなんだ。

そのうちだんだんと慣れてきて物語の中にぐいぐいと引き込まれていき、気づくとナレーションがちっともうるさくない。作品の素晴らしさがそうさせたのは当然のこととしても、不思議でした。目の不自由な方、耳の不自由な方、そしてどちらでもない人たちが一つの作品を、時に笑い、涙しながら観ている。一体感のようなものがそうさせたのかもしれません。

人はユニバーサルデザインの中に自然と溶け込み、気持ち良く共存できる。インクルージョンの力があるんだな~と身をもって感じました。

「あん」

樹木希林演じる老女はどら焼き屋のアルバイト募集ポスターに吸い寄せられ戸を叩く。最初は戸惑う永瀬正敏演じるどら焼き屋店長だが、老女の心の籠った美味しい粒あんが人気となり急に繁盛し始めた。しかし、この老女が昔ハンセン病を患っていたという噂がものがたりを急展開させ核心に迫っていく。

「世間は怖いよ」

店長のつぶやきは社会の無理解や差別に対する心の底からの叫びでした。

エンドロールさえも終わったというのに、観覧席は動かない。

しばらく席を立てずに涙を拭っていたのは私だけではありませんでした。

バリアフリー上映を通してこころのバリアフリーをも訴える素晴らしい作品でした。

つながり映画祭 http://www.uplink.co.jp/movie/2017/49469

〜人権週間に寄せて〜

国際連合は1948年12月10日に世界人権宣言を採択し、日本では翌1949年から毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)を,「人権週間」と定めています。

人権宣言・・・すべての人間が人間として尊重され、自由であり、平等であり、差別されてはならない国際社会の基本的ルール

それにしても、日本の人権意識は先進国の中で最低クラス、人権後進国といわれていて悲しくなります。

歴史認識へのこだわりから人権侵害を指摘されたり、表現の不自由、原発事故後の対処、死刑制度、難民受け入れへの消極性、女性差別などは国としての姿勢を問われています。

女性差別に関して例をあげれば、世界経済フォーラム「世界ジェンダー・ギャップ報告書2016」によると、世界144か国のうち日本は111位。

個々人の意識はどうでしょうか。

福島原発事故による被災者への振る舞い(避難者への差別やいじめなど)、女性やLGBTへの偏見、子ども軽視(貧困や虐待など)、障がい者への無理解、同和問題、ハンセン病に対する誤った認識や偏見、ホームレスへの無理解・・

昨日はテレビで外国人労働者への差別的対応について報道されていました。初めての危険な仕事を無理やり任され事故に遭い治療も受けられないまま、障がいを負い、帰国するための賃金も支払われない。

先週は名古屋城の木造天守閣にエレベータを設置しない方針が示された、と新聞で読みました。理由は忠実に復元するためという。市の有識者会議でも不要との意見が大勢を占めたと。

忠実な復元は誰のため?障がい者だけでない。ベビーカーを押す人や高齢者も利用できないではないか。

公共のものはすべての人の利用が最優先されるべきです。

弱者に寄り添わない社会・・無関心がいちばんの元凶だとしたら・・。

。。。。  。。。。 。。。。 。。。。 。。。。

誰でも自分がいちばんかわいい、として。

不自由がないのはたまたまの偶然であること、とは思えないとして。

それならば、少なくとも、

もし自分だったら・・

一寸先は何が起こるかわからない・・

自分も当事者になりうる・・

そう思えないだろうか。

それもダメなら、

自分も老いていくという現実に向き合おう。

空想じゃなくて真実に向けて想像力を働かせ・・

今だけ、自分だけ良ければという感覚はファンタジーに過ぎないと思えないだろうか。

 〜闘病のシンガーソングライター〜

「命の道のりは永遠。今、荷物を持って生きることには必ず意味がある」

熊本市在住のシンガーソングライター、樋口了一さんが作成した同市立平成さくら支援学校の校歌の一節です。

子どもの頃にビートルズに憧れ、29歳で歌手デビュー。テレビ番組の主題歌などを歌い活躍するも、デビューわずか2年後にパーキンソン病を発病、ギターも弾きにくく、声もスムーズに出なくなってしまい、無念の引退を考えたといいます。

しかし、中島みゆき作詞作曲、吉田拓郎が歌う「永遠の嘘をついてくれ」の歌詞に勇気をもらって闘病しながら音楽活動を続ける決意をした樋口さん。

「一度は夢を見せてくれた君じゃないか」

無償でライブを続けるようになったのは、

「完璧なコンディションじゃなくても思いが届けばそれでいい」と考えるようになったから。

「障がいや病気、衰えによって伝えたいことが表現できなくても、その人の人生が損なわれることはない」

回り道をしたからこそ、子どもたちに伝えられることがある、と。

~「生きること 必ず意味がある」支援学校へ送る言葉~ 11/23東京新聞朝刊掲載記事より

 

苦労や挫折を重ね、困難を抱えながらの表現活動。

その姿こそが子どもたちや多くの不自由を抱える人たちに勇気と共感とプレゼントしてくれるのだと思います。

「荷物を持って生きる」

自分にとっての荷物・・それは外傷による後遺症。

忘れてしまうほどに回復していたのに、再び痛みが頭をもたげるようになった私の荷物。

戒めのようにも思える。初心を忘れるな、と。

「荷物を持って生きることには必ず意味がある」

不自由とともに生活する人の身になって考え、行動するためのプレゼントなのかもしれない。

こんなちっぽけな荷物くらいで・・。

そう思うと、自分の小ささが嫌になり、もっと頑張る勇気が湧いてくる。

障がいを持って生きる人たち、病気と闘う人たち、幼くして難病と闘う子どもたちやその家族・・・

そんな人たちへの尊敬の念が自然に湧いてくる。

SHJアーティスト個展~とりともり~

病棟でのクラフトワークショップが人気のアーティスト、三輪ゆうこさんの個展にお邪魔しました。

コンセプトは、

「手を動かして、手でかんがえる制作を続けています。酉年のお日さまのいちばん短い時期に明かりと陶器と絵の個展です。アートについて思索すること、制作することをこれからも続けていきたい」

下町情緒溢れる根津に佇むギャラリーKingyoは、住宅街にひっそりとありました。

ギャラリーKingyo

扉の無い一階のオープンなスペースでは、あかりのインスタレーション。

新聞紙で作った「とり」。そして「もり」はやはり新聞紙を細く長く丸めて棒状にしたものをからませ、組み合わせて制作したもの。

三輪さんが手でかんがえながら制作した「鳥と森」が広々としたギャラリーを埋め尽くすさまは、まるで宇宙の様相。

空間の中での質量と重さのなか、ライトアップを受け、「鳥と森」がそこに作られた影と遊んでいるようです。

二階は陶器と絵の、名付けてMIWA空間。すべての作品に遊び心がほどよく隠れていて、お茶目な演出を見つけ出すのも面白い。

この世界観がスマイリングホスピタルジャパンの活動で子どもたちが夢中になる所以かもしれません。

所狭しと展示された陶器の数々からお気に入りを発見。

手頃なサイズの花器は、草花の欠かせない生活にぴったり。美と実用を兼ね備えています。よく見るとここにもいろんな可愛いモチーフが隠れていて楽しい。

~三輪ゆうこ個展~とりともり ギャラリーKingyoにて12/3まで

三輪ゆうこ アトリエ蓮根庵ホームページ 

おまけ・・

根津の街、もう少し歩いてみたい。

〜私の先生たち〜

障がいとひと言で言っても、先天性か中途障がいかで、本人、家庭の受け止め方は違う。

教員時代。最後に受け持った児童は、交通事故で負った脳挫傷のために、脳の損傷が著しく、意識が戻ったときには自立呼吸はできるものの、身体の硬直がひどく、光への反応がわずか、という最重度の障がいを負った女の子だった。

それまで当たり前に元気に走り回っていた我が子を突然襲った不運。

家族はこの突然の苦難をどう受け止めたのか。

まだ現実を受け入れられないでいる家族に、

バギーのサイズは? 

入浴の時間は?・・・

と現実はいつも土足で踏み込んでくる。

退院後の生活は?バリアフリーの住居探しを始めなくては。学校は?

病室に常に詰めている家族とケースワーカーとの面談。そしてその中での授業。

彼女のために、家族のために、何ができるか・・。

家族、医療者の次に近くにいる教員としての私。

それまで何度もいろんなケースにぶつかりその都度大切なことを教えて貰ったつもりだった。

でも一人ひとり違った困難に対して自分にできることをもがき模索する日々は続いた。

子どもたちというたくさんの先生に教えられ、鍛えられてきたのに、自分はちゃんとそれに応えて成長できているだろうか。

毎日が試される思いだった。

そして退職を決めた後に受け持ったこの女の子のことはやはり今でも気になる。

しばらくして、元の職場に行く用事があった。すでに退職しているから病棟へは入れない。子どもたちに会いたい気持ちを抑えながら廊下をいそいそと歩く。が、ふと見ると笑顔のお母さんが女の子に何か話しかけながらバギーを押している姿があった。あの頃とは違う、二人の表情は穏やかそのもの、窓から差し込む日差しの中、対話を楽しむ姿にどれほど安堵しただろう。

「あ、先生。いろいろお世話になりました。そろそろ退院です。元気にしています」

表には出さない苦労がある。でも表に出すにはあまりあるほどの眩しさを感じたのは確かだった。

今年は中学生になっている頃だ。たくさん学んで自分の世界を広げているといい。

父母は我が子に学び、兄弟は他人の痛みに寄り添える思いやりを育み、互いに支え合って暮らしていることだろう。

生徒たちのこと、お母さんたちのこと、今どうしているかな、といつも思う。