〜フィンランドの教育〜

東京新聞6/28日朝刊掲載の「フィンランドの教育」を読んで

チームで協力する姿勢を学んだり、失敗を決して恥ずかしいことと捉えずにそこから学んだり、何度でもやり直したりできる。全国統一テストもなく、あえて落ちこぼれを作るような無駄な競争はない。日本の教育とは随分違う、というのが強い印象。自分の好きなことを見つけて伸ばしたり、コミュニケーションの力をつける機会がふんだんにありそうだ。

学校の自由度の高さは、教師が社会的な信頼を得ているからだそう。国が地域や学校を信頼し、学校が教師を信頼して任せる体制があり、国が定めるコアカリキュラムの中で教師は自由にカリキュラムや授業をデザインできる。生徒も比較的自由に個人の学習計画を立てられる・・。なんだか、自分と向き合う時間が十分に確保されていそうです。子どもの幸福度2位というのもうなずけます。おっと、幸福度も競争じゃないよ!と言われてしまいそうです。就学前から高等学校まで教育は無償。教科書はもちろん、鉛筆やノートに至るまで全て支給される。教育が、子どもがなんと大切にされる社会だろう。しぜん、日本の子どもの貧困問題へと思いを馳せる。

さらに、教師の労働環境。午前8時に出勤、午後2時に授業が終わるので普通は3〜5時には帰るのが標準で、長時間労働とは無縁だ。そして1クラスの子どもの数も日本の平均31人に比べ平均18人と少ない。その上、生徒指導ではカウンセラーやソーシャルワーカーが関わるため、教師一人の責任や負担は日本よりぐっと軽くなっている。

何れにしても、福祉制度や生涯学習が充実したフィンランド、やる気になればいつでも伸びると信じ、それを実現できる風土がある。人権意識の高さや、互いを信頼し合う土壌、文化の高さを強く感じました。

〜モンテッソーリ教育とは?〜

藤井4段によって、モンテッソーリ教育の素晴らしさが脚光を浴び、一気に関心も高まったようです。我が子の幼稚園選択の時にモンテッソーリ教育に出会い、この魅力にとりつかれた者の一人として、これからも勉強しながら書いていきたいと思います。今回はその目的についてと、モンテッソーリがこの考えに至ったストーリーの一つと呼べるエピソードに触れます。

〜目的は「自立した子どもを育てること」〜

すなわち、よく整備された環境を用意することで、そこで子どもは自ら体験し学ぶのだと考えます。何故なら、子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくるからだ、と言っています。だから大人(親や教師)は自由を保障し、自発的な活動を助けることに徹しなければならないという考え方です。

〜偉大な教育者出現へのストーリー〜

日本ではモンテッソーリ教育といえばお受験用の早期教育と誤解している人も多いようですが、実は知的障害や貧困家庭の子供たちへの教育から発展させてきた全人教育です。

この考え方に至った一つのエピソードに、ローマ大学精神科病棟 に研究者として勤務していた時の知的障害の子どもたちとの出会いがあります。

刺激のない劣悪な部屋に入れられている子どもたちが、床に落ちたパンくずを集めて食べていました。その部屋には他に何もなく、そのパンくずが手や指を使える唯一の対象でした。パンくずを口に入れる障害児の本能的な動作を見て、この時に瞬時に「この子どもたちは何かをしたい、世界と接触したいという欲求を持っている。社会と遮断されている中で必死に自分自身の力で身体、頭脳、人格の発達を図ろうと努めている。これは医学の問題ではなく、教育の問題ではないか」と感じたといいます。この出会いがモンテッソーリの心を動かし、知的障害児の治療に専念するようになりました。

さらに知的・発達障害の子どもたちについての研究を通し、子供達の潜在能力の観点から、その研究が健常児に対する教育にも当てはまるものであることを発見したと、M・モンテッソーリ著「モンテッソーリの教育・0〜6歳まで」にあります。人の日常的な動きの中に深い意味を見出す研究者の視点での洞察力は素晴らしく、マリア・モンテッソーリが愛情ぶかい一人の人間であったことをここで改めて感じます。

プール開き&サバイバル!

水泳大国日本、子どものお稽古でも未就学児から小学生までいずれもスイミングが第一位。その人気ぶりはここ数年変わらない。学校でのプール開きは沖縄で6月(幼稚園で5月)をスタートに北海道でも7月中旬までには行われる。授業では主に体力向上を目的に各種泳法を習うが、さて溺れないための指導はされているだろうか。これほど人気でさらに学校教育にも入っているにもかかわらず、水難事故は減っていないそうだ。このところの記録的な大雨やこれからの海水浴シーズンを思うとますます気になる。クロールや平泳ぎなど速さを競うための指導だけでなく、サバイバルスキルの教育をもっと学校の授業で取り入れることが必要ではないだろうか。着衣泳や助けが来るまで浮いて待つ練習など。自分を守ること、人を助けることの体験を通して、そもそも体の重さを実感することもできるし、何よりいのちの大切さを学ぶことができるだろう。夏ならではの命の授業だ。救助には他人の助けも必要である。事故を防ぐ授業を通して、協力することの大切さも身を持って知ることができそうだ。

 

藤井4段〜モンテッソーリ教育〜

今をときめく藤井4段。残念ながら30連勝はなりませんでしたが、その才能の開花ぶりには目を見張るものがあります。誕生日が同じ、というところに勝手に親近感を抱いていますが、それより何より、彼が幼少期に通った幼稚園がモンテッソーリ子供の家だということ。モンテッソーリの教育法やそれを確立させたストーリーに深く感動し、息子(現在26歳)を子供の家に通わせたという経緯もあります。

モンテッソーリ教育は、20世紀にイタリアの医師、マリア・モンテッソーリによって考案された教育法で、その基本には、「子どもは、自らを成長・ 発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を 保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない(マリア・モンテッソーリ著「子どもの発見」 より)」という方針があります。ここに藤井4段の並外れた集中力と成功の秘密があるようです。

日本でも全国に広がる子供の家ですが、0~6歳までが対象です。これに対して、欧米では中学校まであり、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、オバマ前アメリカ大統領など多くの世界的著名人がモンテの教育を受けました。

この方針は日本の教育課程に取り入れることは難しく、6歳までの教育現場でしか採用されていません。幼児期の教育が後々の基礎を作ることを考えれば十分という捉え方もありますが、「子どもの持つ『自分を成長させる力』を信じて自発的な活動を援助する環境」が与えられれば、子どもたちは目先の点数に縛られず、無駄な競争もなくなり、自立した幸せな人生を選択できるよう成長するのではないでしょうか。

これからもモンテッソーリ教育について時々触れていきたいと思います。

本物を大切にするというSHJの理念と重なるところも多く、子どもの教育を超えた、生涯教育、生き方・・などにも大きな示唆があります。