〜秋は錦のつづれ織り~

シンガーソングライターでフォークジャズピアニストの石橋和子さんと、練馬区のHさん宅を訪問しました。指先一つのわずかな動きでパソコンを操作し、ネットサーフィンを楽しむHさんは、音楽の造詣も深く、今日も楽しみに待っていてくれました。

日本の唱歌からジャズ、シャンソンまで、変化に富んだ季節の音楽満載のプライベートリサイタル。

まずは秋の代表的な唱歌、「もみじ」。

秋の夕日に照る山もみじ

濃いも薄いも数ある中に

松をいろどる楓や蔦は

山のふもとのすそもよう

 溪(たに)の流れに散り浮くもみじ

波にゆられて はなれて寄って

赤や黄色の色さまざまに

水の上にも織る錦

詩の意味を教えてください、というHさんのリクエストに、石橋さんの解説は優しく美しい。

  夕日が照らす山々の裾野に、

  常緑樹の松に混ざって楓や蔦の赤黄が

  様々な濃淡で色を添え美しい模様を作ります。

  山の間を縫う渓流に落ちた紅葉が、

  流れに揺られてついたり離れたり。

  水の上に作られるのは輝く赤黄のつづれ織り。

黄金色に輝く水面に、赤や黄色の葉のモチーフが織りなすさまは、まるで錦の帯。

自然の創り出す壮大なアートを思い浮かべ、胸が熱くなりました。

次は「枯葉」をシャンソンで。

歌詞の中にはred, goldとやはり黄金色に染まるautumn leavesのフレーズが出てきます。

ただしこちらは枯葉を思い出として例える失恋の歌。

続けて“What a Wonderful World”をジャズバラードで。

戦争を嘆き、平和を夢見て作られたこの曲。

自然が織りなすアートをたたえるようなフレーズの後に、

赤ん坊が泣くのを聞いたり、成長してゆくのを見る

彼らはわたしよりも遥かに多くのことを学び、知ってゆくだろう

というくだりがあります。

自然の営みと子どもの素晴らしさが重なる・・共感に胸が震えます。

そして中島みゆきの「糸」。

縦糸はあなた 横糸は私

縦と横で織りなす布で誰かを温め、誰かの傷をかばうかもしれない

出会うべき人に出会うことを人は幸せと呼ぶ

その出会いが他の人を幸せにできたら、どんなに素敵な世界になるでしょう

人と人との出会いがつづれ織りとなって、世界を温かくつつみこんでいけたら・・・

秋の夜長、石橋さんの演奏を浮かべながら、しみじみと思いふけっています。

“I think to myself….what a wonderful world!”

石橋和子 Official Website

Smiling Hospital Japan Official Website

 〜事務所でアート!〜

作っちゃった!

夢中で仕事するのもいいけど、ちょっと手を休めてスタッフと一緒にアートに夢中になる時間って大切。子どもたちがアートで元気になるように、事務方も事務所で子どもたちを思い浮かべ創作活動。音楽も制作も心を解放できる。生きてるって感じ。

いつの間にかおしゃべりも止まっているほど夢中になっている互いがおかしいような、ちょっぴり愛しいような。アートをしている時は自分だけの宇宙をのびのびと飛び回っている、そんな気がします。

写真はモンスターズのささゆう(佐々木優子)さんが手掛ける「モンスターになろう!」(新聞紙 被り物アート)の活動をアシストした時に教わったのを思い出し、そして自分なりに工夫して制作したものです。

この日は入院しながら広報を担当しているスタッフが、外出許可を取って事務所へ。モンスターやりたいね!ということになり、新聞紙をわんさか持ち出し、リサイクルアート。凝りましたね!初めて作るスタッフの作品は真ん中の人参を食べるウサギ。

ささゆうさんの活動にはとても素敵なエピソードがあります。

活動が終わる頃に手術室へ呼ばれることになっていた女の子。5歳か6歳だったと思います。

男の子たちは被り物や武器などを作りモンスターになって大騒ぎ。その傍ら、ぐずりながらプレイルームに入ってきたその子は「お姫様になりたい」と。

ささゆうさんはすかさずふわっと広がるスカートのドレスをつくりました。背中には大きなリボンを添えて。そしてお花のベルトにお花の腕輪。スカートにも自分で作った飾りととささゆうさんが作ったたくさんの花をあしらって、どんどん綺麗に変身していく自分を鏡に映してもらってうっとり。

看護師さんに聞いたところによると、活動後ドレスを着たまま、ぐずることなく手術室へ。

お気に入りのドレス姿でキリッと決意を秘めた表情の、困難にたち向かう少女。

凛とした姿はどんなにきれいだったかな。

男の子はといえば、作った剣でお医者さんを倒しにナースステーションへ!

病院や施設、在宅でのあれこれを浮かべながらアートに浸る。

そしてこれからの活動のことを考えるのは至福の時間です。

佐々木優子さんFacebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Does happiness help healing?〜楽しい心は治癒を助けるか〜

Yes! indeed!

不治の病いを笑って治した医療ジャーナリスト、ノーマン・カズンズ(1915~90)の著書「笑いと治癒力」の中で彼は、

想像力、陽気な喜び、積極的情緒は、治癒のための活力増進剤である

と言っています。

これはそのままスマイリングホスピタルジャパンの理念となっています。

子どもたち、家族、医療スタッフに時折アンケートをとって活動がプラスに受け止められているのか、辛口意見も含めて感想をいただき、質向上に取り組んでいます。アーティストの愛溢れる工夫と技には頭がさがる思いです。

ところで、2011年、ハンガリーのアンドラス・ベレス博士とタマス・メイヤー博士率いるスマイリングホスピタル調査チームが入院中の子どもを対象に、病院訪問がどれだけの効果をもたらすのか、科学的に調査しています。

ハンガリー保健省の許可を得、カポシ・モール教育病院の無菌室で無痛法で採血、活動30分前と1時間後の数値の差を見ると、アーティストの訪問を受けた24人の子どもたちのうち、13人はリンパ球数の増加を示し、8人は変化なし、減少を示したのは3人。訪問を受けなかった9人は、順に4人、3人、2人という結果になりました。結論として、アーティストの訪問が免疫に良い影響を及ぼす可能性を表しています。
PubMed米国立生物工学情報センター(NCBI) 学術論文データベースより

SHJの活動を説得力を持って広げていくためにはこのような科学的裏付けが欲しいところ。

日本の病院で同様の調査を実施するためにはSHJがもっともっと今以上に信頼を得、研究者に協力してもらってやっと可能性が出てくるレベルの話。調査対象数もこの調査より多くして、より信ぴょう性のあるデータを作成すれば、医療機関は”SHJと組んだら相乗効果が見込める!”とさらに期待してくれるかも。

それとも、カリフォルニア大学医学部大脳研究所教授でもあったノーマン・カズンズ氏の、患者としての実体験に基づく言葉

想像力、陽気な喜び、積極的情緒は、治癒のための活力増進剤である

を胸に、エンターテインメントにとどめておくだけで十分なのかもしれないとも思ったり・・。

医師という科学者にとっては数値的根拠が欲しいのだろうけれど、医療の主役である患者の立場からしたらとにかく入院生活を生き生きと楽しいものにできたらというのが心からの願いだろう。しかし患者の元へいくためには病院にyes!と言わせなければならない・・。

・・・ええい、堂々巡りはやめて、さあ今日も子どもたちのところへ!

Smiling Hospital Japan Official Website

アートないち日〜ガチャポンのある小児病棟〜

日大板橋病院で活動を開始しました。

入院児の約半数が長期にわたり血液腫瘍と闘っている子どもたちでです。

プレイルームに入るなり、まず目に飛び込んだのはピンクのガチャポン

検査や治療など痛いことを頑張ったご褒美にカードをもらい、コインと引き換え。勇気を讃える勲章だ。

カードの「ありがとう」は、嫌なことも引き受けてくれた子どもたちへのスタッフからの感謝の気持ち。

子どもの気持ちをまず中心に、そして寄り添うスタッフたちの温かさに涙が溢れました。

このガチャポンは今年春に着任した医長さんのはからい。子どものためならどんどん改革し続ける、愛を実行力で示す女医さん。

病棟スタッフからの信頼が厚い医長を中心に、使命を一致団結して遂行している、そんな感動の医療現場です。

しばらくすると、可愛らしい女の子の声が病棟全館スピーカーから流れてきました。

”1時から3時まで安静時間です。ベッドに入って横になりましょう・・”

諸々注意事項が続きました。録音ではない生のアナウンスは滑らかで、あきらかに棒読みではない。それもそのはず、まだ字が読めない幼児さんなのだ。このお仕事が大好きで覚えてしまったというからさらに驚きです。

いろいろ係があって順番制とのこと。どの子も嬉々として任務に就く。

子どもたちの日常を豊かにしたいというSHJの趣旨とぴったりです。

子どもはほんらい、お仕事が大好きで、使命感や達成感が自己有用感が育てます。後ろ向きになりやすい入院生活に、自信を取り戻すための素敵なエッセンス。全ての小児病棟で採用してほしいアイデアです。

おのずと病棟は生き生きしていて、スタッフも明るい。理想の現場をまた見つけました。

 

今日のアートは眞理さんのピアノ弾き語り。大好きな歌のシャワーで大賑わい。

いつもはおとなしい男の子も大きな声でポケモンの歌を堂々と。この変容に付き添いの看護師さんは涙を浮かべていました。

一緒に踊り出す親子、リクエストを子どもと一緒に考える保育士さん、笑顔いっぱいの看護学生さんたち、医療機器がところ狭しと置かれているICUへも子どもを支える者同士として自然に受け入れてくれるスタッフ・・。

私たちを歓迎してくれ期待してくれている喜びをいっぱい感じ、子どもたちの笑顔に勇気をもらった、愛溢れる小児病棟でのアートないち日でした。

Smiling Hospital Japan Official Website

プレイルームは保育士さんのアイデアいっぱい!

〜アートのホームデリバリー!〜

去年暮れに在宅訪問を始めました。重い障がいや難病のために医療ケアを常時必要とし、外出できない方たちのもとへ、こちらから押しかけてしまおうという活動です。100%の個別対応だからアートに加えて趣味の話や最近の出来事などまで、話に花が咲きます。ご家族も一緒のプライベートコンサート(しかもリクエスト付き)は少しずつですが広がっています。

今日は東京都練馬区のHさん宅にお邪魔しました。担当はフォークジャズ&シンガーソングライターの石橋和子さんでピアノ弾き語りミニライブです。

季節感を込めて「夏の思い出」でスタート、ジャズスタンダートの ”Summer Time” ”Smile”と続けた後は、リクエストに応えてカーペンターズの”Super Star” ”Song For You” 、石橋さんが歌詞もアレンジした”ケセラセラ”・・・最後はブルースぞうさん。

ブルースぞうさん? ジャズのスタンダードナンバー”Good Times”のコードが童謡「ぞうさん」とマッチすることに気づいた石橋さんが、SHJの活動を始めるにあたり考えついた人気の曲、私も大好きな曲です。まずは三拍子で童謡「ぞうさん」が始まるとちょっと退屈そうな空気が流れるも構わず、♪そうよ、かあさんが好きなのよ~♪までゆったりと歌います。ここからがポイント。この章節が終わるといきなりずんずんちゃちゃのビートに変わり”Everybody, yeah!”とパンチの効いた低音でjazzy mood! さっと子どもたちの瞳が輝き、自然と体がリズムをとります。この落差を石橋さん自身も楽しんでたりして・・。

Hさんもさすがになぜ最後にぞうさん?・・と拍子抜けしてたけど、なあんだ、そういう計らいかぁとホッとしたような心から楽しんでいるような表情、頰が心なしかピンク色に染まっていて、こちらもホッとしました。こんな盛り上がりの中、次回の宿題をもらって終了。

Hさんはベッドサイドに置いたパソコンに機器をつけて指先で操作、好きなバンドや音楽のサイトにさっとアクセスして紹介してくれました。写真のパソコン台はお祖父様が作ってくださったとのこと。角度や高さが変えられるよう使いやすく作られています。木のぬくもりもあったかい。

そもそも在宅訪問を始めたのは、退院して自宅で過ごすことになった子どもとご家族は入院中以上に孤独感や閉塞感に苛まれる、ということが理由です。団体を立ち上げてしばらくは病棟のプレイルームでの活動と病室のベッドサイドでの活動でした。特にベッドから出られない子どもたちは、入院児の中でも特に安静が必要なために不自由な変化のない生活をベッド上一人で送っています。楽しい!ワクワク!する時間を誰よりも必要としていると考え、個別活動を特に大切に活動しているうち、これって在宅医療を受ける子どもにも必要なんじゃないの?ということになったわけです。私自身、長期入院を経て退院した時は孤独感で胸が押しつぶされそうでした。入院前に暮らしていた場所に戻ったというのに、まるで知らない土地にぽーんと放り出されたような、そして社会の誰からも忘れられてしまったかのような疎外感。病棟で退院する子どもを「おめでとう!」と言って見送ったことは何度かありますが、子どもも家族もきっと嬉しさと同じくらい不安があると思います。院内学級で退院、転出する子どもとお別れした時も同じように感じたのを覚えています。看護師さんも地域医療連携室のスタッフもやはり「退院後どうしているかが心配なんです」と。病院での活動実績を経て在宅も、ということになりました。

小児を対象にした訪問看護ステーションや患者家族会を訪問してニーズの調査をしたり、都内の特別支援学校の進路部にチラシを置かせてもらったりしたことが功を奏して少しずつ広がりました。現在は千葉県、東京都、広島市で行っています。

「家にいながら自分たちだけのコンサートが聴けるなんて」と大変喜ばれています。年齢や興味、状態に合わせて朗読や工作なども工夫しながら届けていきたいと思います。