久々の活動アシスト!

クラウン・ジャグリング・パントマイムの徳島はっちーさんと慶応病院へ。
病院が工事中であることは知りつつも、その進行ぶりに面食らう。
病院というところはただでさえ、迷路のようで一度行ったくらいではすんなりとは目的地に辿りつけない。
開始後数か月は毎回活動をアシストしていたのに、工事のために迂回しなければならないこともあり、もはや小児病棟へは職員さんに聞かなくては行けない羽目に。
はっちーさんと諭吉像前で待ち合わせる前にこっそり病棟への行き方をおさらい。
ボランティアに活動アシストをいかに任せきりにしていたかを痛感する。
改めて、賛同して集まってくれたボランティアに感謝ひとしお。
いろいろな現場を思い浮かべる。
東大病院・・
かつての職場で、行くたびに生徒とのあれこれを思い出して切なくなったり、どうしてるかな、と思ったり。
東大病院のアシスタントの細やかな気配りは、見習わなくてはなぁといつも思う。
日赤医療センター・・
毎週活動があるから「月曜日はスマイリングの日!」として生活のリズム作りにも一役買っている。
日赤のアシスタントは肝っ玉母さんみたいに、おおらかで懐が深い。
神奈川県立こども医療センター・・
小児がん拠点病院、そして最先端医療の緊張の現場だけど、SHJを重宝がってくれるようになった。
医療センターのアシスタントはもともと病院のボランティアだったけど、スマイリングに深く賛同してスタッフになってくれたほど、SHJに惚れ込んでくれている。
・・・・
その他、北海道から福岡まで、活動導入の説明会と初回活動は必ず足を運ぶが、そのあとは地区コーディネータに基本、全てを任せている。
熱い人たちが集まってくれた。
コーディネータやります!
その熱意に惹かれ、たくさんのアーティストが集まってくる。
アシスタントボランティアは私が!
地区によっては活動病院や施設の数が違う。多いところは関東地区同様アシスタント制をとっている。

さて、はっちーさんのパーフォマンス。ジャグリングとパントマイムを組み合わせた、おどけと独特の、周りを引き込む圧倒的な存在感は、子どもだけでなく、ナースステーションのスタッフが仕事の手をひととき休んで楽しんでいました。ふと振り向くと、たくさんの白衣のスタンディングオベーションが!

 

 SHJヒストリー26~よし、処置は後まわしだ!~

こうして痛い視線のなか平気を装って活動開始。

本来入ってはいけないところに入れていただく、そんな気持ちを抱え、

内心ドキドキなんだけど、そんな表情は待っててくれる子どもたちをがっかりさせるだけ。

そろっと入って廊下はおとなしく。プレイルームに着いたらエンターテイメント爆発だ。

とアーティストと目配せ。

ナースステーションにご挨拶。

「こんにちは!スマイリングホスピタルジャパンです。お邪魔します!」

「・・・」

一瞥もなし。  

スミマセン、ホント邪魔だよね。

なんとも卑屈な気持ちと居心地の悪さ。

でも負けない。

アーティストはそれ以上に「がっかりさせたくない」、と必死なのに松本がこれでどうする。

子どもたちの反応で必要性を証明しなくては・・。

盛り上げて盛り上げて・・。

活動2回目。ユニフォームはまだなかったから、病院ボランティアのエプロンをつけて参加。緊張を一生懸命隠す顔は固い固い。

力が入りすぎると鋭い子どもたちはその必死さを見抜く。

見透かされているような気持ちになるのはなぜだ!?

子どもたち・・・なにがはじまるの~? 面白くなければ部屋に帰るよ。

保育士さん・・・ほらほらせっかく来てくれてるんだから・・・。

ナースたち・・・甘い現場じゃないわよ。

医師たち・・・・・・・・・・・・・・。

子どもたちからたくさんの笑顔を引き出すんじゃなかったのか。

押し付けのボランティアなんて絶対に嫌だ!

寄り添おうとすればするほど空回り。

でも今思えば勝手に空回っていたのは松本だけ。

アーティストたちは、準備したプログラムや予期せぬリクエストに、たじろぎもせずにのびのびと応えている。すうっと溶け込んでいるではないか!

気がつけば、

子どもたち・・・ゲラゲラ大笑い。

保育士さん・・・△号室の〇〇ちゃんが楽しみに待ってます。

ナースたち・・・○○くん、よかったね~。

医師たち・・・おお、笑ってる、笑ってる。処置は後回しだ!

どれもこれも、子どもたちと家族が楽しみに待っていてくれるから。

アーティストのプロの技と、病院アシスタントボランティアの温かなフォローがあってこそ。

そして現場の理解と。

何より身体と心で大切なことを教えてくれ、背中を押し続けてくれた院内学級の生徒たちのおかげ。ずっと見守ってくれている。

続く・・。

Smiling Hospital Japan Official Website

 ~安曇野へ~

また自然に甘えたくなって、安曇野へ。

新緑から深い緑へ、そして葉の一枚いちまい同じ色一つない黄、赤へ。自然の織り成すアート。

紅葉した葉はやがて落ち、自然の養分となり、また次の季節の色を作っていく・・。

ここ安曇野では、ちょうど大生活祭が開かれていて、それはそれは賑やか。

そうとは知らず、自然が恋しくなって夕方発、あずみの道の駅で車中泊。

が、何やら朝から外が賑々しい。

道の駅に隣接するほりがね物産センター前には開店を待つ大勢の人たちの姿が。

この物産センターで地場野菜や果物、花、それらの加工品が所狭し。そして東京では見ることのない商品が目を楽しませてくれる。

新鮮さや安さは言うまでもありません。

わざわざ東京から3時間走る価値は大!

JAあずみ大生活祭。豊かな収穫を祝うこのお祭り。

あずみの堀金烏川地区で毎年開かれている。

土地の人々が大自然に抱かれ、自然に感謝し、豊穣を祝う。なんて豊かなんだろう。

松本家今回の収穫は、ピクルス用トマト、山芋、パクチー、ニンニク、セロリ、ジャガイモ、サツマイモ、ターサイ、大根、レモン、りんご、しいたけ、春菊、赤カブ、ストックの切り花。

トマトとセロリ、赤カブはこれからピクルスにする。

果物の売り場でふと見上げると、りんごとなしの種類がイラストにして紹介されている。

バーゲン会場のおばさんのごとくワゴンの中ばかりに血まなこになり、危うく見落とすところであった。

へぇ~、こんなに種類があるんだ・・。

おっと、りんごがなくなりかけて慌てて我に?かえる。

そば好きの私にとっても嬉しい信州。

欲張って大盛りを注文。ちくわ天と芋天は外せない。

しっかり腹ごしらえしていざ、次の目的地、烏川渓谷緑地を散策。

夏は山々と山野草の原色に包まれ、秋はその色の変化に、時間の流れを思い、しみじみする。

自然とはいっても、程よく人の手が入り、整備されないと、荒地と化してしまい、人間との共生が叶わない。

市民と長野県が作る烏川渓谷緑地市民会議では良好な整備、適切な維持管理に関する活動が行なわれているのだとか。

現場では長野県烏川渓谷緑地環境管理事務所の職員がまめに見回り見守っている。

管理事務所で楓の種類を紹介したポスターを見つけた。「かえで」にもこんなに種類があるんだな。

あっ、おじさんだ!

そろそろ顔見知りになってきたかな、地道に管理に当たる職員さんに会って嬉しくなった。

これから厳しい冬に向かう。おじさんたちは繰り返す自然の営みと生活を共にしているせいかな、笑顔が無数のシワをさらに深くする。あったかい。

樹木や植物の名前を石に書いて紹介。この一手間もあったかい。

冬の安曇野の自然、そして物産センターでの買い出し・・次回はどんな発見があるかな。

~最高の反面教師~

 私がかつて勤務していた都立光明特別支援学校に数十年前に通っていた実方裕二さん。

年齢は私と同じくらいだけど光明にいたのは私より随分前だから、先輩とも言えるかな。

三軒茶屋で障がい者と健常者がつながれる憩いの場「カフェゆうじ屋」を経営していて、美味しいコーヒーとカレーを出してくれる。時々、有志のミュージシャンを募ってのライブを開催、もちろん裕二さんも熱唱する。

「ゆうじ屋」では美味しいケーキもメニューの中に。電動車椅子を乗りこなし、ケーキやキッシュを作業所はじめ、あちこちで売り歩いている。その行動力は誰にも負けない。

我が家では夫の勤務する特別支援学校に裕二さんが売りにくるキッシュが晩のおかずとして人気だ。

SHJ活動場所の新宿養護学校ではケーキを一つおまけしてもらったことも。

新宿区立新宿養護学校のロビーで、ゆうじ屋のケーキ販売中の実方裕二さんと

そんな裕二さん、脳性マヒで言語障がいがある。

「わからなくも決して先回りして決めつけないで。わかるまで聞いてほしい」という。

先回りされるのが悔しいのと、違う解釈をされては困るから。

当然だ。

ところが、津久井やまゆり園事件の犯人の動機「重複障がい者は、周りに不幸をもたらすだけで生きる資格がない」には言葉に尽くせない憤りがある、としながらも、事件をきっかけに、重複障がい者や知的障がい者に対して、コミュニケーションが取れないのだろうと決めつけている自分に気づいたといいます。

先回りして勝手な解釈はしないでほしいといいながら、実は「スムーズな会話」を望むあまり、見当違いの先読みをして重度障がいのある知り合いに失礼を繰り返した。しかしやはり事件をきっかけに、自分との会話も周囲はまどろっこしく感じているだろうことを認識した、といいます。

自ら疎外感や屈辱を感じながらも、感覚が違うと感じると、理解しようともせずに自ら他者を差別し偏見を持った。

裕二さんが発見した自分の中の矛盾、そして二面性。それはまるで異質なものを排除する社会の縮図のようにも見える。

「輪の外に追いやられる側」と「輪の外に追いやってしまう側」両者が自分の中に存在する、という。

追いやられる側の辛さや悲しさ、追いやる側の虚しさを伝えていく使命を感じるようになったといいます。

11/7投稿で、国のいじめ対策についての問題点に触れましたが、裕二さんが使命として見いだした「両側の当事者としての発信」は、教育庁がかたちばかりの策をいじくっているより、100倍の効果があるに違いない。

小学校、中学校、高校、そしてあらゆる場所で大いに語ってほしい。

裕二さんは現在、「生活お見合い」という語り合う会を開催している。趣旨は、

「保護や療育といった障がい者と健常者を分けていくウサンクサイ口実を、障がい者も健常者もなく、『ざっくばらん』に話せる場所をつくることによって、解消していけるのではないか」

というもの。

そんなcafeゆうじ屋の、昨日の晩に食べたきのこのキッシュは最高でした!

やまゆり園事件から、自分を再確認しました〜反面教師

実方裕二 Facebook

 cafe ゆうじ屋 Facebook

〜私がアーティストだったなら・・〜

高校時代の友人の作陶展へ行ってきました。

同じクラスなのに一度も喋ったことがなかった、望月集さん。

今でこそ立派な売れっ子作家になって・・。

あの頃は地味なところが共通点くらいで接点はなく。。

私はデッサンが好きで、美術教師に「美大目指す?」なんて言葉をかけてもらったのが、高校時代の唯一と言っていい華やかな思い出。

私は望月さんのように芸大なんかとても無理だけど、アーティストになったとして。

油絵?デッサン?

プロダクトデザインなんかも面白そう。

日用品や家具のデザイン。

インテリアが好きだからインテリアコーディネーター。

建築もいいな・・。

あれれ、妄想が止まらない。

さて、望月さんとの再会のきっかけは、女子医大で陶芸ワークショップをしてくださった作家さんが実は望月さんの陶芸家仲間だったという縁。

昨年から個展にお邪魔していますが、望月さんの赤は、濃い夕焼けのようでもあり、秋たわわに実る柿のようでもあり、どんなシーンでも差し色にしたくなるような深みのある赤です。

なるほど、赤の発色にこだわり、独自の「赤」の華やかさを表現しているそう。

その赤、どちらかというと朱に近い。エネルギーの湧く色。

使っている釉薬によって赤に少し白っぽい膜がかかったような、独特の鮮やかさが眩しい。

椿をモチーフにした作品が多いが、その中に秋を意識したのかな、紅葉が幾重にも重なる艶やかな作品を見つけ、惹きつけられました。

これほどの作品を作るまでにどれだけの努力と苦労があったんだろう。

そういえば、コツコツと頑張るタイプだったような気がする。

悩み多き高校時代。

望月さんはあの頃から目標をちゃんと持って芸大を目指していたんだなぁ。

私はといえば、目指すものもなく、漫然と生きていたような気がする。さてこれからの人生どう生きるか、なんてモラトリアムを決め込んでいたわけでもなかった。

そして紆余曲折の40年を経て・・・。

これだ!

人生をかけるライフワークを見つけた。

そしてその活動をきっかけとして、きちんと生きてきた旧友に再会し、不思議にホッとする。

それぞれのかたちで時間をかけて自分の世界を確立できた者同士だからこその、爽やかな共感があります。

今年は老舗三越本店、昨年は銀座和光で。

来年はどこかな。

一心にものづくりに打ち込む姿を見に、陶房へ遊びに行こうかな。

紅梅の豆皿、一つひとつに温もりと可愛らしさが。選ぶのに苦労しました。オフィスの飾り棚がひときわ明るく・・。元気が湧きます。

陶芸作家 望月集の仕事紹介&陶芸教室の案内 陶芸工房一閑ホームページ