ノーベル平和賞の行方🍀

世の中には数えきれないほどの課題が

ひしめいています。

環境問題

紛争

貧困

教育

差別

保健・医療

根っこにあるのは

経済至上主義

巨大企業によるグローバル化。

ここから環境変動が起き

様々な問題を引き起こしている

という論理がありますが

私も迷わず納得しているところ。

しかし

グローバリゼーションに

価値を置く時代から

ローカルな経済へ。

一人ひとりが希望を追求できる社会へ

変わり始めているような気がしています。

度を越した経済活動が

環境変動を起こし

様々な問題にまで波及していることに

たくさんの人たちが気づき始めたからです。

だから

国連加盟193か国が

2016年から2030年の15年間で

達成するために掲げた17の目標として

SDGsを採択したのだと思います。

その目標とは

貧困 人権

教育 衛生

格差 エネルギー

そして

気候変動までに及んでいて

その発端が

根っこでつながっていて

最終的な目標は

世界平和

という一つのゴールに向かっている

という趣旨であることは

大きな希望を与えてくれます。

目の前の問題をかたっぱなしから片付けようとしたら

イタチの追いかけっこ。

何が気候変動を引き起こしているか

行き着く先はどうなるかと危惧する

トゥーンベリさんの主張は

もっと大局を見ようよ、

自分たちの生きる地球を守り

持続可能な発展を実現していこうよ

と根本を見据えています。

まさにSDGsの趣旨に合致しています。

「大人たちは経済発展の名の下に

未来ある若者を裏切ってきた」

という彼女の主張は

手厳しくもあり

言い得て妙。

しかし

大国のリーダーたちは

彼女を見下し、

偏った考えの人たちは

誹謗中傷を繰り返し

世界中の若者たちのムーブメントを

潰そうとする。

だいの大人の方が大人気ない。

トゥーンベリさんは

ノーベル平和賞候補に

一旦は名が挙がったけれど

気候変動と紛争解決は

必ずしも結びつかない、

という理由で

除外されたと知りました。

SDGs の趣旨が

ストンと腑に落ちた直後

なんとも裏切られたような気持ちです。

ノーベル委員会が

巨大企業に忖度しているなどとは

決して考えたくないことですが。

子どもが変わる!家族が変わる!現場が変わる!

〜アートが引き出す子どもの内なる力〜

とでも副題をつけましょうか。

病室のベッドに横になる子どもに

生き生きとした表情が生まれるとき

それは何よりの家族の喜びです。

音楽の力、そしてファシリテーターとしてのアーティストの力を

強く感じるエピソードが愛知地区から届きました。

♫   🎶  ♩  🎶  ♪  🎶  ♬  🎶

音楽家のアーティスト2名

スーハーハーこと

箕浦恭代さんと千葉昌代さん。

プレイルームでの活動が終わり

各個室を訪問した時のこと。

大きな瞳を見開いて虚空を見つめている、

ピンク色の肌をした可愛らしい赤ちゃんのベッドサイドで。

「見えているのか分からないです」

「この子に音楽が分かるのかどうか・・・」

と付き添いのお祖父さんは、

いきなり現れたアーティストの受け入れに、

最初は消極的な様子でした。

「聞こえているのかも・・・とにかく反応がないので」

そこでアーティストは

赤ちゃんから少し離れたところで、

赤いシェーカーを振ってみました。

向かって右。そして左側。

すると眼では追わないものの、

かすかに「はっ!」と表情を変えたかに見えました。

確かに音に反応しているように見えたのです。

歌い始めると、

赤ちゃんはしきりに声をあげはじめました。

しかもちゃんと歌の音階にあわせて。

とても積極的に

声だけでなく、

腕を動かしたり、顔の表情を変えたり。

ふとお祖父さんを見ると

涙をしきりに拭っていました。

「この子のこんな様子を初めて見ました。

こんなに反応するなんて」

そこに居合わせた

チャイルドライフスペシャリストや

保育士さんらもみな

涙を落としていました。

さらにアーティストは、

その子が

「もっと歌って!私わかるから!私も歌えるから!」

と言ってくれているようにしか見えなかった

といいます。

「人の声のぬくもり」

「機械再生ではない、生の歌声」に

どれだけ力があるのか、

小さな命に教えてもらっていると。

♫   🎶  ♩  🎶  ♪  🎶  ♬  🎶

子どもの見える、聞こえるにさえにも

諦めと悲嘆を隠さなかったお祖父さん。

でも心の中では

誰がなんと言おうと

絶対に聞こえている、

見えている

と家族は確信しているのです。

私もそうです。

反応が感じられないなど

見た目で決めつけることはしたくない。

そもそも誰が決めることではないんです。

医療者に聞いたとしましょう。

「明るさぐらいはわかると思います」

「耳はわずかに聞こえているようです」

ぐらいの返答しか、経験上ありませんでした。

授業を組み立てるために

生徒の情報が欲しくて主治医を捕まえて聞くことは

しょっちゅうでしたが。

そして家族はといえば

とかく身内を低く見積もってしまいがち。

障がいが重いため

「見えているのかわかりません」

「聞こえていないと思う・・」

そんな一瞬のやりとりで

私たちが活動をストップしてしまったら

そこでおしまい。

たくさんの可能性を秘めているのが子ども。

そこを敬って大切にして

感性に触れるアートのシャワーを浴びせたいのです。

子どもの少しの変容も見逃さず

確かに参加しているのを感じとった時

家族はこどもの可能性に気づき

諦めや悲嘆など拭い去り

どんな状態だって子どもは成長することを確信するでしょう。

私たちもそこを信じて家族も巻き込んでいけたらと思っています。

わずかな反応しかないように見える子どもも

周りの働きかけ次第で変わります。

そしてそれを見た家族も変わります。

現場の保育士や医療スタッフも

目の前の子どもの変容から

これまで見ることのなかった内なる力に感動します。

そして

私たちアーティストとスタッフは

その場の空気の変化の中で

子どもたちから学びのプレゼントを

いただいています。

Smiling Hospital Japan Official Website

 ”ママは身長100cm”

友人の伊是名夏子さんが

本を出しました。

・・抱っこもできないママだけど・・

と副題がついています。

伊是名さんらしいユーモアに

ほっこりします。

伊是名さんは骨形成不全症で

電動車椅子ユーザーです。

右耳にも障がいがあり

しかし重複障がいをものともせず

バイタリティに溢れています。

2児のママとして子育て奮闘中です。

この本には

生い立ちや家族

障がいのこと

恋愛、性教育など

多岐にわたるエッセーが散りばめられています。

中でも一番印象に残り

そうだそうだと頷きながら読んだところ

そして

なるほど!

とインスピレーションをくれたテーマは

”子育て”と

”性教育”。

まず

子育ては

褒めて育てるのが良い、

とよく言われます。

一人でできると

「偉い!」

と褒められると

子どもも嬉しいでしょう。

私は以前

同じように「褒める」ことについて綴りました。

→2018/2/15投稿~褒めること、共感すること

褒めることには罠がある

と言ったような内容でした。

・・挨拶したり

・・お年寄りに席を譲ったり

褒められたいがために良いことをするようになってしまう。

まるでしてはいけないことを

なぜしてはいけないのかを考えさせる前に

「怒られるからやめなさい」

と制止するのと同じです。

考える習慣と主体性が育ちません。

伊是名さんはここで

一人でできると「偉い!」と褒めることの弊害を書いています。

一人でできることがいいこと

になると助け合うことができなくなってしまうと。

一人でできることを大切にするのではなく

一人でできなかったらどうやったらいいか考え

人と助け合うことの方が大事。

子供は手伝ってもらえるからこそ

自然に相手に手を貸すようになり

お手伝いが大好きになる、

といいます。

大人になっても

「一緒にやろう!」と人に寄り添うことができる人になるために

子供が望んだらできるかぎり手を貸す子育てをされています。

なるほど

伊是名さんの

並大抵の苦労ではない日々が培った

懐深さ、そして

愛情は人一倍です。

もう一つ我が意を得たり!

という内容がありました。

ズバリ!性教育。

→2018/11/1投稿~性教育って何?

→2019/2/21投稿~性教育って何?2

に思うところを綴っています。

日本の性教育には

行為についてにばかり目が行き

赤面しながら行うという幼稚さ

を常々感じていますが、

まず根底にあるのは

愛。

相手を愛すること。

そして

性教育=自分を大切にし相手を大切にすること

と述べました。

→2018/8/9投稿~小学校の科目に「からだ科」なんてどう?

そして伊是名さんは著書の中で

性教育=セックス

ではなく

性教育=自分を大切にすること

とはっきり書いています。

おお!

全く同じ意見

共感に心踊りました。

今日は

笹川保健財団による公開講座

を聴きに行きます。

講演は伊是名さんと

やはり友人の本間りえさん。

重度障害の人たちの暮らしに焦点を当て

より良い未来を切り開くため、

当事者、家族、支援者

がそれぞれ講演した後

パネルディスカッション

となります。

書籍販売コーナーにて

お手伝いを申し遣わされました。

”ママは身長100cm”

壮絶なはずの生い立ちが

爽やかに

愛情深く

そしてユーモアたっぷりに

書かれていてオススメです。

楽しみながら

当事者の生活や視点を知り

改めて

重度障害の方達の素晴らしさを

確認し

尊敬の気持ちが再燃しました。

コラムニスト伊是名夏子ブログ