〜アートなお正月〜

年始は大好きな場所、山梨県立美術館へ。

チケットを買ってさて展示室へと向かおうと振り向くと・・

「風景を眺め、聴く」(2017年 アクリル絵具 パステル 鉛筆 水性クレヨン)

10メートルほどもある巨大な絵画が出迎えてくれました。

ホールで上條暁隆展が開催され、そのテーマは、

「在ること 見ること 描くこと」。

なるほど、作者は河口湖畔の森の中に暮らして15年、毎日目にする風景を描き続けているといいます。生きている時間を画面に置き、連続する画面は時間の流れを感じさせています。

ここでまた思います。アーティストはいいなあ。

自分の生きた証を残していけるから。

そんなことを思いながら、美術館40周年記念企画展会場へ。

アンケートによって選ばれた所蔵品「私の愛する作品たち」をコメントと合わせて展示するという企画。

前回訪れた時はゴッホ展、今回は記念企画展とともに、コレクション展としてミレーと萩原英雄の作品も多く展示されていました。

まず目に入ったのは「手でみるミレー」。

ミレーの代表作《種をまく人》と《落穂拾い》の図版と点字解説、それにミレーの生涯の点字解説が展示されていました。

希望により、視覚障害者一人に対して解説協力ボランティアが一人付きそうというシステムです。

渋谷区松濤にあるギャラリーTOMは、視覚障害者が彫刻に触って鑑賞できる美術館で、こちらもお気に入りの場所ですが、県立の大きな美術館が同じような取り組みをしていることにワクワクします。

素晴らしいアートワークはもちろんのこと。

建築としての素晴らしさ、充実のミュージアムショップやオシャレなレストラン。

広大な敷地内にゆったりと展示された数々の彫刻。噴水や植栽の配置など、

今回も美術館の魅力に浸ることができました。

みることで、眺めることで、触れることで、そして感じることで心にたくさんの栄養を与えてくれました。

山梨県立美術館 開館40周年記念コレクション企画展

「山梨県立美術館物語」3月4日まで

右往左往する日々・・。

SHJに導いていくれた子どもたちの思い出や教えてくれたたくさんの大切なこと。

新年に振り返ってみてひとつひとつ噛みしめることができました。

先生、頑張れ!

って聞こえてきます。

はい! 今年も頑張るからね!

そんなわけで活動開始にこぎつけたのが5年半前。

その頃を綴ったブログも、我ながらなかなか面白い。

ボランティア団体をどうやって作ったらいいのか、右往左往する頃を、自虐ネタも取り入れながら表現しています。ブログを書くのがだんだん楽しくなってきた頃・・。

SHJヒストリー20 ~いよいよ設立⁉︎💦

海を越えてパッションでつながった2人。院内学級でたくさんのインスピレーションと学びをくれた生徒たちからのヒントを形にする種が蒔かれた瞬間を綴りました。

SHJヒストリー21 Why not? Let’s do it!

アーティスト第1号は陽気なコメディアン。しかし、病院の事務方を説得するのは並大抵のことではなかった!対立する「医療者の是非!」と管理側の「ちょっと待った!」

SHJヒストリー22 ~人との出会いが夢を叶えてくれる~

そもそもボランティア活動を始めるためには?ボランティア団体を作るには何から手をつけたら・・?模索中の素敵な出会いが実現に少しずつ近づけてくれました。

出会いは宝物、と感謝の気持ちでいっぱいです。

続く・・。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜今年の展望はあれこれを振り返ってから〜

SHJ設立に導いてくれた子どもたちとのエピソードをブログに綴ってきました。改めて振り返ることで彼らからのメッセージを今一度、心に留めてみたくなりました。

SHJヒストリー4  始めて担任したTくんは心の先生

1ヶ月弱の担任となった初めて受け持ったTくんは、ハンマーで頭を殴られるほどの衝撃と共に、無知さ、非力さ、そして大切なことに気づかせてくれました。

時間が過ぎ、Tくんに何もできなかったことの埋め合わせをするかのように、何か面白そうなことを探し求めた日々。Tくん、君だったら何がしたい?

SHJヒストリー5  導いてくれた素晴らしい子どもたち

3歳で発病し闘病し続けたRくんは年齢よりもはるかに成熟していて、私の未熟さが見透かされているような感覚を何度も味わいました。それでも彼との対話は心地よくて豊かなひと時でした。「命ある限り、精一杯自分を生きる」そんな決意を秘めた気高さが彼にありました。

SHJヒストリー8 心臓移植を待つFくんに教えてもらったこと

いたずら好きなところが気の合う理由。巨大な人工心臓に繋がれ、容易に病室から出られない。それでも辛いなんて文句の一つも言わない。そんな明るいFくんはみんなの人気者。何度慰められたことだろう。

SHJヒストリー9 Mくんとの再会

生まれてからほとんどを病院で過ごすMくん。

彼に与えられた特別な使命を、そしてその意味を見い出して、きっと世の中のために行動してくれるような気がする。入院しながら就職と言っていた。会いに行こう。

続く。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜新年によせて〜

「SHJ代表ブログ”子どもたちから学んだこと”」と題し綴り始めて半年が過ぎました。

読んでくださっている方々には心より感謝いたします。

初心に立ち返る新年。

改めて活動を始めた経緯をおさらいすることで、SHJの種が撒かれた2011年秋からの6年間を懐かしく振り返ることができました。

瀕死の事故から生還したのち就いた教職。奇しくも職場は難病と闘いながら壮絶な入院生活を送る子どもたちの通う院内学級。

意思を超えた運命、守られ生かされ、使命を与えられた・・・。

導いてくれる大きな力に感謝しながら、まっすぐに子どもたちと向き合ってきたつもりです。

非力さへの無念、悲しみ、もがきと苦悩と、そして喜びに満ちた6年間。

それは他ならぬ、周りで支えてくれた人たち、そしてたくさんの大切なことを教えてくれた子どもたちがいてくれたから。そしてSHJに共感して一緒に活動してくれる仲間たちがいるから。

そんなことを整理するために始めたブログ。

遡りながら軌跡を辿ってみます。

7/14投稿「SHJヒストリー1~小さな勇士たちとの出会いを生んだ”やっぱり学校で英語を教えたい!”~」では、

英語教員になりたくて40も近づいた頃に目指した教員免許。しかし挫折の日々あり、転んでも諦めないしぶとさあり。配属された病院で出会った子どもたちからのはっとさせられる毎日へと続きます。

彼らの打たれ強さや他人に対する深い思いやり、不条理を受け入れる潔さ、そのすべてに魅了され引き込まれていった日々を綴りました。

それに先駆けて、7/4投稿「入院中の子どもたちの気持ち」の中で、勇気を持って病気に立ち向かう小さな勇士たちの心の中を綴っています。

子どもたちをうんと楽しませ、笑顔をたくさんプレゼントしたい。しかし、ふと気づく。傍での母親たちの苦労に。いてもたってもいられなくなって密かに始めた雑用代行ボランティアについて綴ったのが、9/4投稿SHJヒストリー2 母親雑用代行

でもやっぱりSHJの原点となったのは、壮絶な入院生活を送りつつも最期まで自分の世界を生き抜いた生徒について綴ったのが、9/5投稿のSHJヒストリー3 SさんはSHJの原点」です。

そして設立までのストーリーが続きますが、その中でたくさんのインスピレーションをくれた、院内学級の子どもたちに教えてもらったことや気づかされたことを、様々なエピソードを交えながら綴りました。投稿とともに次回まとめてみようと思います。

今年も、子どもたちを取り巻く時代の変化を見据え、団体のこれからを見据えたビジョンをもとに、初心に立ち返りながら地道に歩んでいきたいと思います。

Smiling Hospital Japan Official Website