子どもはみんな小さな哲学者!~2~

フランスドキュメンタリー映画「ちいさな哲学者たち」に思うこと「その2」

「自由って何?」

先生の問いかけに、

・・ひとりでいられること

・・呼吸をして優しくなれること

・・監獄から出ること

「死ぬのは怖い?」

という問いかけにも、一人ひとりが少し考えてから答えます。

・・人が死ぬのは、楽しくないな。

「なぜ、楽しくない?」

・・なぜって、一人になりたくないから。そうなったら迷子になっちゃうよ。

さらに先生はこんな質問も。

「魂ってなんだろう?」

・・目に見えなくて、青いもの

先生の持ち出すテーマそのものがスバリ本質に迫る「哲学」。

そんな問いに、子どもたちはひるむことなく思うことを口にします。

日本の学校では、タブーとでもされているのかと思うほど、話題にさえならないようです。

道徳がそれに近いけれど、心の奥深く「そもそも」の部分を議論するのには程遠い。

日本でも流行りの「哲学カフェ」。

高校生の息子が参加していることに、

背伸びしちゃって!

などと思ったこと反省しきり。

4歳、5歳の子どもが、

“昨日、砂場で友達と「愛」と「死」について考えたよ”

とごく自然に言葉にする場面があります。

さらに、

“恋人たちは「ごめんさい」を言えないとダメ。謝れないと愛はおしまい”

5歳にしてどれほどの人間の営みを観察し、物事を深く感じる経験をしているのだろう。

小さな子どもとして括られる生活ではなく、一人の人間として尊重される暮らしがあるからなのだろうな、という印象です。

どんな境遇の子どもにも、一人を楽しむ時間が確保され、一人でじっくりと考える喜びが必要です。

そうすれば洞察力や思慮深さが養われるのだと感じました。

ある子どもの言葉が印象的です。

「自由って、ひとりでいられること」

子どもはみんな小さな哲学者!~1~

フランスのドキュメンタリー映画「ちいさな哲学者たち」のロケーションは、

パリ郊外の「哲学の時間」を取り入れている幼稚園。

園庭で元気いっぱい遊んだ後、部屋に入り先生がろうそくを灯すと

「哲学」の時間が始まります。

フランス語は全くわからないけれど、子どもたちの会話の中で、

la philosophie

の音を見つけ、

こんなに小さな子どもの口から「哲学」という単語が自然に出てくる場面でまず、

少なくともここでは子どもが未熟な人、として存在していないことに気づきます。

このドキュメンタリーでは、この園のあるクラスで「哲学の時間」が始まった頃から卒園間近の最終回までを追っています。

最初ははまだ皆ポカンとしていますが、回を重ねるごとに「考えること」が好きになっていく。「哲学」の時間が待ち遠しくなるほど。

ファシリテートしていた先生の出る幕も少しずつ減っていき、ほとんど子どもたちだけでの意見のやり取りになっていきました。

考える機会を作ることで子どもは真剣に物事に向き合い、突き詰めていく立派な哲学者になることを確信。

むしろ、子どもの純粋さ素直さから、私たち大人は学ぶべきことが多いと感じました。

もちろん、子どもは経験が少ないですが、少ないなりのピュアな感覚は、古ぼけた大人の感性に目の覚めるような示唆をくれるに違いありません。

先生:先生が質問するとみんなの中で何が起こってる?

子ども:脳みそ・・を使ってる

先生:それって?

子ども:考えている

先生:そして?

子ども:・・・口から物を出すようなジェスチャーをしながら言葉にできないでいる・・・

先生はすかさず、

先生:口から出す?

子ども:話す!

まず頭にイメージすることを言葉にする練習が、胸を打ちました。その後は、

愛について、自由について、結婚について、なんと離婚についてまで・・。

大人顔負けの意見を活発に交わします。

さすが、子どもたちは周りで起こっていること、大人の振る舞い、すべてを観察していろんなことを感じ、考えているんですね。

幼い子に哲学・・。

「哲学」という響きが子どもには硬すぎるのかもしれない。

「考える練習」

とでも名付けましょうか。

我が家でさっそく始めたい6歳と4歳の孫への「哲学の時間」に。