〜感染症〜

小児病棟に入るためには事前に感染症の抗体検査をして

抗体が基準値以下の場合はワクチン接種をします。

感染症といっても病原になるウイルスや細菌は無数にありますが、

抗体確認が必須なのは、

おたふく風邪

風疹

はしか

水疱瘡

です。

しかし冬はそのほかたくさんの感染症が流行る季節。

特に今インフルエンザやノロウイルスが大流行しています。

すでにあちこちの病院では病棟閉鎖となり、

ボランティアの活動が中止になるところも増えています。

院内感染は各病棟での一番の脅威です。

季節にかかわらず

病棟によっては入り口にある体温計で体温を測って7.1度以上あれば活動禁止になるところもあります。

また、咳が少しでも出ていたらNoです。

子どもたちのところに行く前に手洗い、うがいをすることを徹底します。

特に12月~3月は

完全に病棟への見舞いや訪問が禁止されるところもあります。

子どもたちはさぞ退屈だろうなあと想像しますが、

きっと病棟保育士さんや看護師さんが工夫しているのだろうと察します。

😷 😷 😷 😷 😷

感染の経路は3つあります。

咳やくしゃみの飛沫に含まれる病原体を吸い込んでしまうのが「飛沫感染」

病原体を吸い込むことで感染する「空気感染」

直接病原体に触れた手を介して口や鼻から侵入する「接触感染」

ウイルスや細菌は低温と低湿度が大好き。

特に今年は空気が極端に乾燥しています。

乾燥は大敵と言いますが、その理由は

✔︎咳やくしゃみの飛沫が小さくなり、飛沫に含まれたウイルスがより遠くまで飛ぶようになる

✔︎そのため感染範囲が拡大し、感染スピードもあがる

ということ。

また、ウイルスや細菌は低温を好むことに加え、人間の方も冬に感染しやすい身体の環境を自ら作ってしまっています。

✔︎寒さのため体温が下がり、ウイルスや細菌へ対抗する免疫力が落ちる

✔︎夏に比べて水分摂取量が少ないため、体内の水分量も減り、喉や気管支の粘膜が乾燥しウイルスに感染しやすくなる

闘病中だったり障がいがあったりすると特に

用心に用心を重ねて大事にしなくてはならない冬。

それでも心だけは自由です。

いつでもどこにいても豊かな子どもらしい感性をのびのびと発揮してほしい。

春よ来い

早く来い

「i+padタッチャー」でセッションをリード!

〈学びサポート通信〉

学びサポート、音楽の授業にお邪魔しました。

映画の影響で時空を超えて大ヒットしている

クイーンの音楽が今回の話題の中心。

3世代以上も年齢が離れているHくんと、私の音楽の趣味が一致するのも不思議ですが、

とにかく時代を超え、ジャンルを網羅した音楽の造詣深い彼が

クイーンが好き!

というのはとても嬉しくて、

やっぱりフレディはすごいアーテイストなんだと納得してしまいます。

そこでまずは

“We Will Rock You!”

両足両手でのボディパーカッションだけのリズムで

ズンズンチャ ズンズンチャ

とそこにいる全員で作り上げる音楽。

指先だけでPCを自在に操る

そんなHくんの

前からの希望はドラムを叩くこと。

ここでもITの発達が、障がいのある方にとって

自分の世界を広げる可能性を大きくしています。

タブレット画面に「i+padタッチャー」を装着することで

その部位でスイッチ入力することができますが、これを利用して演奏します。

ガレージバンドのアコースティックドラムセットを立ち上げ、

画面上の好きなドラムに「i+padタッチャー」を装着して手元のスイッチを押すと

ドラムを叩くことができます。

今日は2スイッチで手と足を使って2種のドラムを。

この

ズンズンチャ ズンズンチャ

をHくんにリードしてもらい

それに合わせて

シンガーソングライターの石橋和子さんがヴォーカルを。

“We Will Rock You!”

を超がつくくらいカッコ良くセッションすることができました。

「これをやってみたかったんだ!」

そんなHくんの言葉に

「やったね!」

と全員が大喜び。

SHJのこだわる「参加型」。

個別学習で参加型は当たり前と言えば当たり前。

しかしだたの参加型じゃない。

徹底的な参加型

参加というより主体的にリードしてもらってボランティアがそれについていく

という表現の方がぴったりです。

ライブエイドでの演奏を聴いていると

クイーンの曲はほとんどが

参加型!

巻き込むことで生まれる

音楽の芸術性を超えた一体感は

得意、不得意、または音痴、歌うのは照れちゃう

という人も全く気後れすることなく

合わせるのが楽しい!

ついつい参加しちゃう!

主体的に

ごく自然に

いつの間にか

身体ごと楽しんでいる

そんな空気を生みます。

フレディの音楽づくりの意図がSHJの趣旨と重なります。

どんな人も一緒に作り上げるのが音楽の醍醐味だと教えてくれるからです。

クイーンの音楽の、そこに惹かれるのかもしれません。

ほら、

歌うのは苦手・・

楽器はできません・・

という人も

音楽が聞こえてくれば自然に身体が動きますよね。

恥ずかしがり屋さんでも

他の人が踊ってたらなんだか踊りたくなっちゃう。

そんな空気が音楽だけではなく

SHJの活動の全てに流れているように思います。

今回の学びサポートでは

Hくんのリードが生きました。

歌は下手だからと言って

普段、絶対に歌わない学習支援員も

楽しそうに歌い出すほど。

リビングルームに集うみんなで

楽しくノリのいいセッションを成功させました。

Smiling Hospital Japan Official Website

病棟の白い壁をポップに変えようプロジェクト進行中!

ワークショップ2回目のモチーフは

病棟の天井に貼る「飛ぶもの」

飛行機

UFO

 ・

 ・

 ・

今回クラウドファンディング達成により実現した

小児病棟の白い壁をポップで明るくしよう!プロジェクトを行う病院には

小児がんで入院する子どもが少なくありません。

スタッフのたっての希望は

無菌室へ向かう廊下の天井を明るく楽しくすること。

治療を受けながら病室で過ごし、

骨髄移植が決まったら無菌室へ移動します。

ストレッチャーに乗って無菌室へ運ばれる、

そんなときの子どもの気持ちを痛いほどわかっている

病棟医長さんはじめ、看護師さんそして保育士さん

みんなの一致した希望です。

無菌室では、いつも以上に身体的自由を制限され療養します。

小児がんの子どもたちにとって、とても長く孤独に感じられる時間です。

白くて所々しみついたような天井を眺めながら

これからのさらに制限された生活に向かう気持ちを察しての

子どもたち、お母さん、病棟スタッフ、SHJアーティストの

コラボレーション進行中です。

🔵骨髄移植とは

小児がん、特に白血病やリンパ腫などの血液のがんで、強い治療を必要とする患者さんに用いられる治療法の一つ。

 移植をする時には、骨髄に、新しい血液の種が生着するまでのあいだ、自分の血液の細胞、特に白血球数が非常に少なくなる時期が2~3週間続きます。この間は、感染症にかかりやすい状態にあり、ちょっとした風邪でも、重症化してしまうことがあります。

🔵無菌室とは

移植した細胞が生着するまでは感染症を防がなくてはならないため、特殊なフィルターを通した綺麗な空気の中で過ごせる「無菌室」が必要となります。無菌室とは、部屋の外からの菌の流入感染を予防するために常にきれいな空気が部屋内を循環している部屋のこと。免疫力が低下した状態にある闘病中の子どもたちを、危険な感染症から守ることができます。

移植を待っている子ども、

移植を必要としない子どもも、

一緒になって

無菌室に入ってからの数週間を

頑張れ!という気持ちを込めて

ステッカーを作っています。

無菌室へ向かう廊下の天井・・

どんな風に生まれ変わるか、

こちらで報告するのが楽しみです。

Smiling Hospital Japan Official Website

内側からわかること 外側からわかること

当事者にとって何より有益な情報は経験談。

ということを前回書きました(1/31投稿「〜手をつなごう。」)

必要は発明の母、

同じ経験をした人が集まれるサイトが生まれ、

そこで経験したことを書き込んだり

助言したり

希少な病であればあるほど社会からの断絶感や

疎外感を抱いてしまうものですが

ここに来れば仲間がいる

そんな場所は

ネット社会が望む理想の形です。

私には家族に小児がん経験者いるわけではない

でも関心を強く持つのは

かつて勤めていた院内学級で出会った

子どもや家族の日常に衝撃を受け

非力さに悔しさを覚えたから。

「子どもにがんがあるの?」

とその存在を知らない人も多いことに愕然としたこともありました。

という自分も、小児がんの存在は知っていても

これほどまでの苦労

我慢ばかりで子どもらしい活動がない状況

へ思いを馳せるどころか

想像を膨らます機会さえありませんでした。

しかし、自分の長期入院、機能回復期を経たあと

与えられた居場所で、自分の中で何かが動き出した・・。

そんな感覚の中で

何かできないか、とまず始めたのが

「雑用代行ボランティア」(2017/9 4投稿「SHJヒストリー母親向け雑用代行ボランティア」)

社会にこの病気のことを知ってもらいたいという強い気持ちはあったものの

広く訴えるという手段も、そのための知識も持ち合わせておらず

自ずと目の前の子ども、お母さんの少しでも力になりたい

と駆り立てられた結果でした。

そして行き着いたのが

「難病や障がいと闘う子どもたちと家族へ

芸術活動を通して日常を豊かにする活動」

最近はAYA世代とよぼれる思春期・若年成人のがんが増えてきました。

また治癒率が格段に上がった反面、小児がん経験者の半数が

晩期障害(晩期合併症とも呼ばれる後遺症)である

成長発達の異常、神経系の異常などを抱えて生きるという問題も多く

これに対応する制度も必要です。

そんな中、様々な形で子供達を支援する団体が活動しています。

サバイバー(小児がん経験者)の就労支援

小児がん啓発活動として写真展などの開催

小児がん経験者への給付型奨学金制度

医療用カツラを作るため自ら毛髪を伸ばして寄付する団体

専門医のいる遠方の病院への通院交通費支給

まだまだ他にたくさんの取り組みがあります。

思いは同じ。

当事者がともに情報交換する場所が「手をつなごう。」ならば

お手伝いする側も手を携えれば、さらに大きな力になれるだろう。

そんな呼びかけもしていけたらと思う。