~モンテッソーリの子どもたちと1~

モンテッソーリ富坂子どもの家を訪問しました。 

子どもたちは自分でやりたい!気持ちを最大限尊重してくれる雰囲気の中で、生き生きと活動していました。

人間がひとまわりずつ成熟していくのは「活動の周期」を完了しながらである

モンテッソーリによる子どもの観察を通した発見です。

「活動の周期」とは・・

  1. 自由に活動を選ぶ
  2. 継続して主体的に関わる
  3. 没頭し集中する
  4. 自分からやめる やめた後に良い変化が現れる

まず子どもが自由に活動を選ぶためには、環境を整える必要があります。

子どもの背丈に合わせた戸のない棚に、教具をそれぞれお盆に乗せて並べます。そうすることによって自分の目で確かめ、自然に手を伸ばして選び、お盆ごと自分の好きな場所に持って行き、活動を開始できます。活動するテーブルと椅子ももちろん、子どもの背丈に合わせます。

富坂子どもの家は障がいのある子どもたちが通っていますので、環境には特に気を配っているようでした。例えば、体幹の弱い子どものために既製の椅子にすっぽりお尻が収まるような工夫がしてあり、子どもはグラグラせず安心して好きなことに集中できます。

また子どもの家では、自分で選んだ活動を、何度も何度も繰り返し、満足いくまで没頭できる自由な時間が確保されています。子どもたちが主体的に動き、自立し、互いを尊重しているかのようです。同じ教具を使いたい子がいて取り合ったりしても、先生の声かけで「待つ」ことがきちんとできます。

他の子が満足そうに活動するのを見て、それを大切にしてあげる風景には、気品さえ感じられました。

ある男の子は登園するなり、3色のキューブパズルをウキウキと始めました。

蓋を開けて一つ一つ色のついた四角の上に同じ色の積み木を乗せ、終わると蓋をして終わったーと嬉しそう。

そしてまた蓋を開けて同じことを・・。満足そうなニコニコ顔で棚にしまいに行きました。

モンテッソーリ法は教具の使い方をまず動きだけで提示します。

子どもたちは教師の美しく丁寧な動作をじっと見て、やり方をのみ込みます。

数字の練習をしたい子は教師の砂文字のなぞり方を真剣に見てから、僕がやる!とばかりになぞり、鉛筆で書くことを繰り返していました。

自ら選んだ活動に没頭し、満足した時の顔は自信に満ちているようでした。

モンテッソーリの教具には完成が必ずあって、その道筋を提示されると見通しを持って活動ができます。そのため、安心感と満足感があり、もう一度やってみよう、という気持ちになります。

何度も何度もやって満ち足りた気分になると、心なしか背筋までピン!

もとどおりの場所にきちんと戻します。他の子がすぐに使えるようにという他者への思いやりが育ちます。

続く・・。

 

〜SHJヒストリー4 始めて担任したTくんは心の先生〜

そんな東大病院での生活の中で特に印象に残っているのが、教員になって初めて担任として受け持ったTくんとの出会いです。

難病を発症して既に数ヶ月の入院生活。化学療法中で白血球値が下がっていて、ベッド上を無菌状態にする透明ビニールのカーテン、クリーンウォールを通しての始業式となりました。

手指の消毒をし、無菌室用のガウン、帽子、マスクを着用して校長先生と入室。形式的なやり取りを済ませ、午後ゆっくりと病室訪問。

お母さんが、「ほら、先生が来てくれたよ」と声をかけると、「先生?来てくれてありがとう」と。なんと礼儀正しいのだろうと感心していると、次に耳にしたのは、

「先生、ごめんね。僕もう目が見えなくなって、せっかく来てくれたのに先生のことが見えないんだ」

この時の気持ちを表現する言葉は見つかりません。

クリーンウォールに入って一緒に活動することはできるのか、消毒すれば物を持ち込んでいいのか、音楽は?どのくらいの時間ならそばにいていいのか・・・主治医に質問攻めにした覚えがあります。怒りこそ込もっていたかもしれません。先生、なんとかしてください!と言わんばかりの。

とにかく残された時間を楽しいことでいっぱいにしようとあれこれ考える。

だけど新米教員は、自分の運命を受け入れ静かに病と闘っている少年を前に、非力さを思い知らされ唇を噛むばかり。

時間は過ぎる。そして3週間後。悲しい日が訪れました。

何もできなかった。

何も。

時間が過ぎ、Tくんに何もできなかったことの埋め合わせをするかのように、何か面白そうなことを週末のたびに探し求めました。Tくん、君だったら何がしたい?

Tくんは私がするべきことを教えてくれました。

小学生の間ではその頃「怖い話」が流行っていて、短編集を買っては小学生男子の部屋へ。お話の世界にぐーっと入り込んで、なぜか恐怖感に心が躍りました。病院で?と賛否両論あり。でも確かにNくんとJくんと3人、はしゃいだ思い出は宝もの。

フエルトやビーズetc.を買い込んでは中学生女子の部屋へ。手と一緒に口も忙しく動く・・。やっぱり作るって楽しいね。おしゃべりもなぜかはかどります。

流行りの洋楽をCDにコピーしてはRくんのところへ。部屋で一緒に聞きながらリズムをとったなぁ。

そのうち、英語の授業を通してカーペンターズの”Top Of The World”が大流行(するように仕向けた?!)。

英語教員になってよかった✌︎。堂々と自分の好みの洋楽を教材にできる。

余談ですが、学校で採択する教科書は生徒に配布しますが、実際は元の学校に戻るために一人ひとり自分の持っている教科書を使います。ですから実質個別授業。でも見事に全ての教科書にこの”Top Of The World”が載っていたんです。

タイムスリップしてすっかり中学生気分。ダイアトーンポップスベスト10を一人懐かしむ。

みんな一生懸命歌詞を覚えて、中学生全員合唱を披露するまでになりました。ゴズペル調にからだごと。

Such a feeling’s coming over me….There’s wonder in most everything I see….

こんなことが続き、中学2年のSさんとの日々も重なり、いつの日かお母さんの雑用代行はどこかへ飛んでしまいました。

夢はひとつにまとまった!本格アートを子どもたちに!

続く・・。

Smiling Hospital Japan Official Website

 

〜SHJヒストリー3 SさんはSHJの原点〜

東大病院の院内学級1年目の冬、脳腫瘍予後の重い後遺症と闘っていた中学2年生のSさんの容態が悪化。かねてからSさんは憧れの声優・田中真弓さん(ワンピースのルフィー役)に会いたいという夢を持っていました。

難病の子どもの夢を叶える団体Make A Wishを通して時を置かず、田中さんが病室に。

視力を失っていること、言葉が発せなくなっていることを伝えられていた田中さんは、ルフィーの声を録音した目覚まし時計をプレゼント。そしてしばらくルフィーと、いえ田中さんとSさんの心の交流が続きました。

Sさんとお父さんの喜んでいる様子は脳裏に焼きつきました。

その後、さらに悪化すると、Sさんの好きなことをたくさんしよう、ということになり、教員が代わる代わる愉快な活動を持って病室へ。

私の担当は、手先が器用で作ることが大好きなSさんと手芸を。

ネイルアートにも憧れているとお父さんから聞くと、私のいとこのネイルアーティストに通ってもらうことが実現。手や足のマッサージの後に丁寧に好きなモチーフで施術。見えなくても温かい手のぬくもりやマッサージの心地よさを感じ、爪に描かれていくさまを想像しながら、大満足の様子でした。仕上がっていく過程で、数人の教員が解説者よろしくコメントを投げるのもまた笑いを誘いました。

訪問者がいる間くらい息抜きを、などと考えるのは当事者意識に欠けるというもの。子どもの楽しむ姿が何よりの家族の励みなんだ、ということにだんだんと気づいていきました。

お母さんの大変さが身にしみていた頃、別の角度からの自問自答が始まりました。お母さんは、自分が忙しいのは我慢できる、でも子どもが当たり前に子どもらしい生活ができないのが一番辛いと。子どもには今しかない、という思いも。

だからこそ、今を大切に、今を充実させたい・・・。

そうだ、子どもがたくさん笑う、たくさんワクワクする、そしてたくさん夢中になる。そんな活動を繰り返しプレゼントできたら・・。ここがSHJの原点となりました。

お母さんの雑用の代行は対症療法、子どもたちをワクワクさせることは体質改善。親子の闘病生活を根っこから変えられるんじゃないかと。

代行は細々と続けつつも、本格的な創造的活動を子どもたちに届けるプランは膨らみました。いてもたってもいられないくらい。

これがいつの日か私自身の夢 Wishとなりました。

続く・・。

Smiling Hospital Japan Official Website

〜SHJヒストリー2 母親向け雑用代行ボランティア〜

交通事故による多発性外傷とリハビリのための長期入院を経て必死でとった教員免許。配属された学校は、図らずも難病や障がいで長期入院をしている子ども達のための病院内学級。

「運命」ってこのことでしょうか。

この数年間の苦しみが生徒たちに重なりました。

知らないこと、分からないことずくめの毎日、子どもたち、先輩教員から学びつつ、彼らとの生活に次第にのめり込みました。

目の前の子どもたちの打たれ強さや他人に対する思いやり、不条理を受け入れる潔さ、そのすべてに魅了され引き込まれていきました。命の尊さを教えられ、彼らから学び続けたい、一緒にいたいと心から願うようになりました。

結果がSHJ立ち上げとなったわけですが、そこに至るまでの子どもたち、お母さんたちとの日常を振り返ってみます。

院内学級に慣れる間もなく、子どもたちの付き添いをするお母さんたちの苦労を日々目の当たりにするようになりました。

ランドリーでの洗濯やベッドまわりの整理整頓、そして生活用品の買い出し、各種振込のために郵便局へ、合間に治療や検査の結果について医師から説明を受け、時間を見て兄弟のために一時帰宅、再び病室へ、簡易ベッドで添い寝etc・・。

院内学級に子どもが行っている間に諸々を忙しく済ませるお母さん。

かたや、安静が必要な子どもは基本週6時間のベッドサイド授業、欠席の場合はつきっきりとなり、用事を済ませることができず、それもストレスの素になったりします。

お母さんたちのそんな日常を見、悩みを聞くうち、いつか母親向け雑用代行ボランティアグループを作ろう!と考えました。加えて、子どもの安静時間に、または子どもを保育士さんに預けてお母さんたちのほっとする時間を作る。趣味やお茶の会を組み合わせて・・。とプランは膨らみました。

思い立ったら吉日。

放課後、職員室での書類作りを一気に済ませるとお母さんたちのもとへ。

まずは新しい服を買いに行く暇もないお母さんたちの不自由な生活に少しでもうるおいを、と考え、通販のカタログを回覧して注文を取り、商品が届いたら病室へ届ける(当時はネット通販が今ほど一般的ではありませんでした)、教員の業務の合間に代わりに買い物に行く、帰宅途中でオムツを買って帰り、次の日届ける・・オムツを持って職員室に出勤するわけにはいかないので、そんな時はいつもより早く家を出てまず病室へ。細々とですが職員室には内緒で思いを実行に移していました。

こっそりお母さんたちと飲みに行ったこともありました。子どもたちが寝るまで私は職員室で教材作り。頃合いを見て玄関外で待ち合わせ。それぞれの子どもたちの生の毎日、治療の経過を聞かせてくれたお母さんたち。時には夫婦関係の悩みまで。

病室を離れたお母さんたちはちょっと心が解放されたようです。 

涙はいつも一緒でした。

続く・・。

Smiling Hospital Japan Official Website

アートないち日〜ガチャポンのある小児病棟〜

日大板橋病院で活動を開始しました。

入院児の約半数が長期にわたり血液腫瘍と闘っている子どもたちでです。

プレイルームに入るなり、まず目に飛び込んだのはピンクのガチャポン

検査や治療など痛いことを頑張ったご褒美にカードをもらい、コインと引き換え。勇気を讃える勲章だ。

カードの「ありがとう」は、嫌なことも引き受けてくれた子どもたちへのスタッフからの感謝の気持ち。

子どもの気持ちをまず中心に、そして寄り添うスタッフたちの温かさに涙が溢れました。

このガチャポンは今年春に着任した医長さんのはからい。子どものためならどんどん改革し続ける、愛を実行力で示す女医さん。

病棟スタッフからの信頼が厚い医長を中心に、使命を一致団結して遂行している、そんな感動の医療現場です。

しばらくすると、可愛らしい女の子の声が病棟全館スピーカーから流れてきました。

”1時から3時まで安静時間です。ベッドに入って横になりましょう・・”

諸々注意事項が続きました。録音ではない生のアナウンスは滑らかで、あきらかに棒読みではない。それもそのはず、まだ字が読めない幼児さんなのだ。このお仕事が大好きで覚えてしまったというからさらに驚きです。

いろいろ係があって順番制とのこと。どの子も嬉々として任務に就く。

子どもたちの日常を豊かにしたいというSHJの趣旨とぴったりです。

子どもはほんらい、お仕事が大好きで、使命感や達成感が自己有用感が育てます。後ろ向きになりやすい入院生活に、自信を取り戻すための素敵なエッセンス。全ての小児病棟で採用してほしいアイデアです。

おのずと病棟は生き生きしていて、スタッフも明るい。理想の現場をまた見つけました。

 

今日のアートは眞理さんのピアノ弾き語り。大好きな歌のシャワーで大賑わい。

いつもはおとなしい男の子も大きな声でポケモンの歌を堂々と。この変容に付き添いの看護師さんは涙を浮かべていました。

一緒に踊り出す親子、リクエストを子どもと一緒に考える保育士さん、笑顔いっぱいの看護学生さんたち、医療機器がところ狭しと置かれているICUへも子どもを支える者同士として自然に受け入れてくれるスタッフ・・。

私たちを歓迎してくれ期待してくれている喜びをいっぱい感じ、子どもたちの笑顔に勇気をもらった、愛溢れる小児病棟でのアートないち日でした。

Smiling Hospital Japan Official Website

プレイルームは保育士さんのアイデアいっぱい!