〜美しい心〜

朗読家、川島昭恵さんの活動をアシスト。日赤医療センターは初めてなので緊張するなぁ、と茶目っ気たっぷりに話す昭恵さんは幼い頃に感染症が原因で視力を失ったアーティスト。見えないどころか、こころの目で周りを深く感じ見る、見るという次元を超えてすべてを洞察しているという感じ。

子どもの前に座る。名前を聞く。ゆっくり待ってから名前を呼ぶ。自己紹介。ゆっくりゆっくり。

私ね、目が見えないんだ。だから字を読むのではなく点字を読むね。 点字って知ってる? 点字本のブツブツを触ってもらう。

言葉の出ない子どもにも、ゆったりと話しかけながら何かしらの反応を待つ。空気の動きを感じとると、そうか、じゃ読むね。1ページごとに「めくるよ」と声かけ。優しく優しく・・。

小さな子どもには点字付き絵本。文章の上に透き通った点字が並ぶ。指で読んだら絵のページを横になっている子どもの高さや角度に合わせてゆっくり見せる。見せながらお話のイメージを対話を通して子どもと作っていく。

小学中学年以上の子どもにはイメージだけの世界。

真っ白なツルツルの紙に点字の凸凹が並んでいる。色なんかない。あるのは登場人物さながらの声の調子と行間の広がり。そして指先でなぞりながら子どもに向いて語る美しい笑顔だけ。

どんな力があるんだろう。昭恵さんは朗読する、というより、読みながら目の前の人と魂の交流をしているみたい。

フリースクール、ハンセン病療養施設等の傾聴ボランティアをしていたこともあるという。どんな立場の人にも”寄り添う”懐の深さや深い愛情があふれている。”共感”という言葉が浮かぶ。

確かに物語が進んでいるのに、そこに聞く人とのやりとりが確かに、確かに存在している。

病室は魔法にかけられたみたいに穏やかな心地よい風が渡り、そこにいる者の心を洗っていく。

昭恵さんの読む顔をじいっと見つめてその表情から目を話さない子どもたち。

ひとつお話が終わるともうひとつ・・。もっと読んでほしくなる。素直な子どものリクエストに、昭恵さんも子どもに戻ったみたい。

美しい心に人の心は洗われる。

昨日の嫌な出来事も、さっきの小さないざこざもすっかり洗い流してくれる。

美しい心に出会えた日は心が軽やかになってスキップさえしたくなる。こだわりはどこかへ消え、うつむいた顔は空を見上げる。

美しい子どもたちと、子どものように美しい心の持ち主と。

圧倒され、ほんの少し私の心も綺麗になったみたい。

 

 

夏の終わり〜幼少期の思い出 その1〜

夏の終わりはなぜか感傷的になるのが常です。

今年はスマイリングの活動で出会う子どもたちに加え、1歳、3歳、5歳の孫の成長ぶりに心動かされ、また母の老いに自分の軌跡を重ね、幼少期に思いを馳せることが多くなりました。そんな原風景をつれづれと。

幼い頃から空き地や森へ行って自然の中に抱かれるのが好きでした。ともだちと連れ立って探検したり、秘密基地を作ったりするのも好きでしたが、一人きりで絵を描いたりものを作ったり、庭のアリやだんごむしをつついて遊んだり、原っぱの草花を摘んだり木登りしてはしばらく木の上でぼんやり周囲を眺めたりして暗くなるまでアウトドア・・という方が好きで心地よかったものです。

母がまだ元気だった頃まで語り草になっていたことがあります。3歳の頃のこと。当時はまだ1年~2年保育が一般的で、2つ上の姉が幼稚園に行っているのを羨ましがって、行きたい、行きたいという私に、母は幼稚園バックを買い与えてなんとかなだめていました。ディズニーのバンビの絵がポケットいっぱいに描かれた黄色いバック、今でも懐かしく覚えています。そのうち幼稚園ごっこに飽き足らず、ついにお気に入りのバックを抱えて家を飛び出し、姉の通う幼稚園へ。ふと娘の姿が見えないことに「もしかしたら?」と勘を働かせた母が園に行ってみると、がっしりと閉ざされた鉄の門扉の前で「入れてくださーい!入れてくださーい!」と声の限りに叫んでいる私を見つけました。母の姿を見るとわあっと泣き出し「私がまだちびっちゃいから入れてくれないの」としばらく泣きじゃくっていたそうです。

待ちに待った幼稚園に入ると、鉄棒やうんていに目覚めた私は誰よりも早く園に行き、鉄棒を独り占めし、先生に呼ばれるまでいつまでもぐるぐる回っていました。逆上がりに始まり、味をしめると片足かけまわり、両足かけ回り・・・、足が痛くならないように、夏でも鉄棒に巻くためのセーターを持っていくほどの熱の入れようで、このこともうっすらと覚えています。

真っ黒に日焼けしたショートカットの女の子。木の上にいる私を見た人は「おおっ、都会の空き地にも猿がいる!」と驚いたに違いありません(笑)。

胸がキュンと切なくなる夏の終わり、幼かった頃の自分をなぜか愛おしく思い出します。

続く・・・。

〜アートのホームデリバリー!〜

去年暮れに在宅訪問を始めました。重い障がいや難病のために医療ケアを常時必要とし、外出できない方たちのもとへ、こちらから押しかけてしまおうという活動です。100%の個別対応だからアートに加えて趣味の話や最近の出来事などまで、話に花が咲きます。ご家族も一緒のプライベートコンサート(しかもリクエスト付き)は少しずつですが広がっています。

今日は東京都練馬区のHさん宅にお邪魔しました。担当はフォークジャズ&シンガーソングライターの石橋和子さんでピアノ弾き語りミニライブです。

季節感を込めて「夏の思い出」でスタート、ジャズスタンダートの ”Summer Time” ”Smile”と続けた後は、リクエストに応えてカーペンターズの”Super Star” ”Song For You” 、石橋さんが歌詞もアレンジした”ケセラセラ”・・・最後はブルースぞうさん。

ブルースぞうさん? ジャズのスタンダードナンバー”Good Times”のコードが童謡「ぞうさん」とマッチすることに気づいた石橋さんが、SHJの活動を始めるにあたり考えついた人気の曲、私も大好きな曲です。まずは三拍子で童謡「ぞうさん」が始まるとちょっと退屈そうな空気が流れるも構わず、♪そうよ、かあさんが好きなのよ~♪までゆったりと歌います。ここからがポイント。この章節が終わるといきなりずんずんちゃちゃのビートに変わり”Everybody, yeah!”とパンチの効いた低音でjazzy mood! さっと子どもたちの瞳が輝き、自然と体がリズムをとります。この落差を石橋さん自身も楽しんでたりして・・。

Hさんもさすがになぜ最後にぞうさん?・・と拍子抜けしてたけど、なあんだ、そういう計らいかぁとホッとしたような心から楽しんでいるような表情、頰が心なしかピンク色に染まっていて、こちらもホッとしました。こんな盛り上がりの中、次回の宿題をもらって終了。

Hさんはベッドサイドに置いたパソコンに機器をつけて指先で操作、好きなバンドや音楽のサイトにさっとアクセスして紹介してくれました。写真のパソコン台はお祖父様が作ってくださったとのこと。角度や高さが変えられるよう使いやすく作られています。木のぬくもりもあったかい。

そもそも在宅訪問を始めたのは、退院して自宅で過ごすことになった子どもとご家族は入院中以上に孤独感や閉塞感に苛まれる、ということが理由です。団体を立ち上げてしばらくは病棟のプレイルームでの活動と病室のベッドサイドでの活動でした。特にベッドから出られない子どもたちは、入院児の中でも特に安静が必要なために不自由な変化のない生活をベッド上一人で送っています。楽しい!ワクワク!する時間を誰よりも必要としていると考え、個別活動を特に大切に活動しているうち、これって在宅医療を受ける子どもにも必要なんじゃないの?ということになったわけです。私自身、長期入院を経て退院した時は孤独感で胸が押しつぶされそうでした。入院前に暮らしていた場所に戻ったというのに、まるで知らない土地にぽーんと放り出されたような、そして社会の誰からも忘れられてしまったかのような疎外感。病棟で退院する子どもを「おめでとう!」と言って見送ったことは何度かありますが、子どもも家族もきっと嬉しさと同じくらい不安があると思います。院内学級で退院、転出する子どもとお別れした時も同じように感じたのを覚えています。看護師さんも地域医療連携室のスタッフもやはり「退院後どうしているかが心配なんです」と。病院での活動実績を経て在宅も、ということになりました。

小児を対象にした訪問看護ステーションや患者家族会を訪問してニーズの調査をしたり、都内の特別支援学校の進路部にチラシを置かせてもらったりしたことが功を奏して少しずつ広がりました。現在は千葉県、東京都、広島市で行っています。

「家にいながら自分たちだけのコンサートが聴けるなんて」と大変喜ばれています。年齢や興味、状態に合わせて朗読や工作なども工夫しながら届けていきたいと思います。

=病院内ボランティアハンドブック作りました=

3月に開催したSHJ全国研修会での同題の講演をもとに、病院内ボランティアハンドブック「重症心身障がい児への支援」を作りました。

3/25 日赤医療センターで開催した全国研修&交流会でのスタッフ学習風景

芸術に関してはプロでも、障がい児への関わり方については戸惑いを抱きながら活動するアーティストたち。目からウロコの講演内容を熱心に聴講、質問していたことから冊子として配布する必要を感じての発行です。

〜研修会での様子〜

熱心に聴講、活発な質問や意見がたくさん出ました。
講師持参の支援機器を、活動のヒントにしようと試すアーティストたち

 

「重心児の置かれた状況」を踏まえ、「子どもたちの困難さに寄り添い、支援をスタートするためのヒント」を紹介しています。どのようにしたら重心の子どもたちに楽しんでもらえるか悩むアーティストとアシスタント、子どもと関わる病院ボランティア向けに作りました。

主な内容

重症心身障がい児の置かれた状況から考えられる困難さ

  • 見た目の重度さからくる誤解
  • 状況把握の難しさ
  • 伝わりにくさからくる弊害 

子どもたちの困難さに寄り添い支援をスタートするためのヒント 

  • 子どもたちが状況を把握し、見通しを持つためのヒント
  • 子どもの無力感や諦めを防ぐヒント 

各病院のボランティア室にも置かせていただき、SHJ以外のボランティアさんたちにも活用していただく予定です。重心の子どもと関わる他の現場にも配布いたします。ご希望の方は事務局へご連絡ください。

 

~若きメッセンジャー現る!~

アートに加え、若いメッセンジャーの出現が嬉しい夏の学生ボランティア体験。東京ボランテイア・市民活動センター主催の学生夏ボラ体験キャンペーンに参加し、SHJとしても夏休み中のボランティア参加者を募集しました。SHJの活動を体験してもらうことで、障がいや病いと闘う子どもたちの存在と支援の現場を知り、周りの人に伝えるミッションを持ち帰ってもらいたかったからです。

今年から夏祭りとクリスマス会でコラボすることになった筑波大学附属病院患者家族会「おしゃべり会」の夏祭りは8月19日、筑波大学病院けやき棟展望ラウンジにて。夏休みを利用したボランティア体験に中1の女の子が2名参加してくれました。

学生にボランティアとして参加してもらうのは初めてでしたが、こちらの緊張をよそにSHJスタッフとして頑張ってくれました。受付のお手伝いが終わるとうちわ作りのコーナーのお手伝い。大学生のボランティアに混ざってだんだんと場に打ち解け、幼児さんや同年代の患者さんたちと笑顔で交流していました。「普段触れ合うことのない、障がいのある子どもたちと触れ合うことができ、たくさんのことを学べた」「自分が体験したことを周りの人に伝えたい」など、頼もしい感想をもらいました。「今回のことを学校で発表することになりました!」という嬉しい報告も!自分と同じ世代の人たちが障がいを持ちながら頑張っていること、そしてそれを支えるおしゃべり会やSHJのことを伝えてくれる若きメッセンジャーが生まれました。若者自ら、社会が障がいを持つ子どもにもっと支援の手を広げていかなければならないことを訴えてくれそうです。今後につながる、新たな収穫のあるイベントでした。