〜フィンランドの教育〜

東京新聞6/28日朝刊掲載の「フィンランドの教育」を読んで

チームで協力する姿勢を学んだり、失敗を決して恥ずかしいことと捉えずにそこから学んだり、何度でもやり直したりできる。全国統一テストもなく、あえて落ちこぼれを作るような無駄な競争はない。日本の教育とは随分違う、というのが強い印象。自分の好きなことを見つけて伸ばしたり、コミュニケーションの力をつける機会がふんだんにありそうだ。

学校の自由度の高さは、教師が社会的な信頼を得ているからだそう。国が地域や学校を信頼し、学校が教師を信頼して任せる体制があり、国が定めるコアカリキュラムの中で教師は自由にカリキュラムや授業をデザインできる。生徒も比較的自由に個人の学習計画を立てられる・・。なんだか、自分と向き合う時間が十分に確保されていそうです。子どもの幸福度2位というのもうなずけます。おっと、幸福度も競争じゃないよ!と言われてしまいそうです。就学前から高等学校まで教育は無償。教科書はもちろん、鉛筆やノートに至るまで全て支給される。教育が、子どもがなんと大切にされる社会だろう。しぜん、日本の子どもの貧困問題へと思いを馳せる。

さらに、教師の労働環境。午前8時に出勤、午後2時に授業が終わるので普通は3〜5時には帰るのが標準で、長時間労働とは無縁だ。そして1クラスの子どもの数も日本の平均31人に比べ平均18人と少ない。その上、生徒指導ではカウンセラーやソーシャルワーカーが関わるため、教師一人の責任や負担は日本よりぐっと軽くなっている。

何れにしても、福祉制度や生涯学習が充実したフィンランド、やる気になればいつでも伸びると信じ、それを実現できる風土がある。人権意識の高さや、互いを信頼し合う土壌、文化の高さを強く感じました。

〜ホスピタルアート〜

ホスピタルアート”を研究している東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科4年の学生(Wさん)がSHJの事務所に来てくれました。小児クリニックでの待ち時間に、子どもたちが直接触れて遊べるような、壁に貼るタイプの参加型アートの作成に取り組んでいる、とのこと。SHJのプログラムを自身のワークの参考にしたいと熱心に耳を傾けてくれました。こんなに若い人と病気の子どもたちや家族のこと、それぞれのライフワークについて熱く語り合えるなんて素敵なことです。とても心強く、フレッシュなパワーをもらいました。

さて、改めてホスピタルアートと一般的に言われている言葉の定義を調べてみました。

主に、ハード面、環境面を充実させるためのアートの設置、例えば窓、壁、扉、天井アートなど、「病院であることを忘れさせる視覚的な仕掛け」だということがわかりました。その意味では、Wさんの目指す、主体的参加型で玩具的要素を重視するアートの設置は画期的。SHJの趣旨と共鳴するところが大きく、ついついそれで?それで?と聞き入ってしまいました。

なるほど、今更ながら”病院のアート”の定義は絵画など目で楽しむものということがわかりました。待合ロビーなどで行われるコンサートなどは確かに”アート”とは呼ばないですね。ホスピタルアートが視覚的、受動的であるということは、病院を度々訪れるであろう視覚障がいの方たちへのアートに関するアメニティにはどんな取り組みがあるのかな、とふと疑問に思いました。

SHJの活動もホスピタルアートのつもりでいたのですが、実のところはSHJの活動の中にホスピタルアートが含まれる、というのが正確なようです(参加型ホスピタルアートと言った方がより正確)。美術の分野では絵画、版画、工作、コラージュ、貼り絵、陶芸、紙・年度工作、音楽ではクラシック、ジャズ、ラテン等あらゆるジャンル、そして語りや寄席、大道芸やバルーンアートなど。すべて参加型で、鑑賞するアートをはるかに超えて達成感や満足感を得ながら闘病生活をより前向きに捉えることを目的にしています。これもSHJが全国に広がっている理由の1つですね。近年、患者のアメニティ向上に努める病院が増えていますから、スマイリングアートがさらに大きく貢献できそうです。

それにしても、熱心に学び追究する若者って爽やかで素敵です。日本も捨てたものじゃない!今日も若者から学び、気づきがあり、幸せな気分になりました。ホスピタルアートの定義も変えてしまうほどのWさんのパッション、ずっと応援します!

〜今日は病棟の写真屋さんの日〜

入院している子どもの生き生きとした姿や、家族一緒の写真を撮る機会がなく、そんな気にもならない・・。そんなご家族も多い。そこでSHJが考えたのが「病棟の写真屋さん」。アーティストとカメラマンが一緒に病棟へ行き、音楽や創作活動の場面を撮影します。子どもとご家族が活動を楽しむ自然な様子を、CDとフォトブックにしてプレゼント。まずは日赤医療センターで許可をいただき昨年暮からスタートしました。日赤では毎週月曜日に活動していますが、2か月に一度この写真屋さんを行っています。個人情報の取り扱いなどデリケートな部分は病院と十分話し合いクリア。病院とSHJの信頼関係がなければできないことです。

SHJ登録フォトグラファーの戸取志織さんのにこやかで穏やかな話しかけが相乗効果となって、コミュニケーションがいつもに増して豊かになります。新しい感覚のボランティア活動となりました。親子のふれあう様子や治療を頑張るわが子の姿、成長の記録としてとっておいてくだされば嬉しいです。

今日はアナウンサーで絵本セラピストの近藤麻智子さんの活動。
近藤さんといえば、松本が2015年のクリスマスの日にMXテレビに出演した時にお世話になったアナウンサー。これがきっかけでSHJに登録してくださいました。近藤さんの素敵な笑顔が緊張する松本をリラックスさせてくれたのを覚えています。

今日はどんな写真のプレゼントができるか楽しみです!

戸取志織さんHP
東京MXテレビ「深堀り!入院している子どもたちをアートで笑顔に!

●活動の報告はHPにて近日中にアップされます。
SHJ関東活動紹介

SHJ Official Website

FIAT Birthday Festa2017

~毎年恒例Fiat500のバースディイベント 10th Anniversary!~

立ち上げ時から支援頂いているスポンサーFCAジャパンの人気車500のバースデイイベント、昨年同様千葉県市原市にあるオートキャンプ場 “一番星ヴィレッジ”にて開催されました。SHJからは大道芸人たっきゅうさんがパーフォマンス参加。ブースでは活動の紹介を。カントリーマネジャーのTiziana Alampreseさんは支援団体のブースを度々訪れてはCiao! 素敵な笑顔が猛暑に打ち勝つ私たちの元気の源。ゲストMCのハイキングウォーキングとも親交を深め?ました。

FCA Japanの取り組む社会貢献”Share With Fiat Project”に賛同するオーナーの皆さんのチャリティへの意識が高いのは、企業としてのビジネスとCSVのバランス、そして顧客も巻き込むほどの社会貢献への情熱がその原動力ではと思います。500オーナーの皆さん、たくさんの募金ありがとうございました。子どもたちのために大切に使わせていただきます!

SHJ京都地区コーディネータでもあるアーティストのたっきゅうさんは、新幹線で京都から大きな七つ道具を携えて駆けつけてくれました。大道芸って想定外のハプニングやツッコミも見事にかわし、いえいえそれどころかネタに変えてあっと驚くパーフォマンスや愉快なトークに変えてしまうところがすごい。だから病棟にいる子どもたちには思いもよらないワクワクドキドキがあるんですね。SHJにはたっきゅうさんを始め、たくさんのパーフォーマーが登録、子どもたち自身から笑いとユーモアを引き出してくれています。

閉会式で募金へのお礼とご挨拶をした後、カントリーマネジャーさんから直々に寄付を手渡されニッコリのSHJメンバーは、充実感も一緒に車に詰め込んで帰路につきました。

改めて、FCAジャパン、そして当日運営スタッフの皆さん、ハイキングウォーキングの皆さん、ありがとうございました!

〜モンテッソーリ教育とは?〜

藤井4段によって、モンテッソーリ教育の素晴らしさが脚光を浴び、一気に関心も高まったようです。我が子の幼稚園選択の時にモンテッソーリ教育に出会い、この魅力にとりつかれた者の一人として、これからも勉強しながら書いていきたいと思います。今回はその目的についてと、モンテッソーリがこの考えに至ったストーリーの一つと呼べるエピソードに触れます。

〜目的は「自立した子どもを育てること」〜

すなわち、よく整備された環境を用意することで、そこで子どもは自ら体験し学ぶのだと考えます。何故なら、子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくるからだ、と言っています。だから大人(親や教師)は自由を保障し、自発的な活動を助けることに徹しなければならないという考え方です。

〜偉大な教育者出現へのストーリー〜

日本ではモンテッソーリ教育といえばお受験用の早期教育と誤解している人も多いようですが、実は知的障害や貧困家庭の子供たちへの教育から発展させてきた全人教育です。

この考え方に至った一つのエピソードに、ローマ大学精神科病棟 に研究者として勤務していた時の知的障害の子どもたちとの出会いがあります。

刺激のない劣悪な部屋に入れられている子どもたちが、床に落ちたパンくずを集めて食べていました。その部屋には他に何もなく、そのパンくずが手や指を使える唯一の対象でした。パンくずを口に入れる障害児の本能的な動作を見て、この時に瞬時に「この子どもたちは何かをしたい、世界と接触したいという欲求を持っている。社会と遮断されている中で必死に自分自身の力で身体、頭脳、人格の発達を図ろうと努めている。これは医学の問題ではなく、教育の問題ではないか」と感じたといいます。この出会いがモンテッソーリの心を動かし、知的障害児の治療に専念するようになりました。

さらに知的・発達障害の子どもたちについての研究を通し、子供達の潜在能力の観点から、その研究が健常児に対する教育にも当てはまるものであることを発見したと、M・モンテッソーリ著「モンテッソーリの教育・0〜6歳まで」にあります。人の日常的な動きの中に深い意味を見出す研究者の視点での洞察力は素晴らしく、マリア・モンテッソーリが愛情ぶかい一人の人間であったことをここで改めて感じます。