〜夏休み、給食も一休み〜

子どもたちが待ちに待った夏休みに突入、親としては裏腹に、さて長い休みを子どもとどう過ごそうかと非日常の忙しさに追われる家庭も多いのではないでしょうか。毎年変わらないこの時期の家庭の風景ですが、ここ数年別の現象が固定化の兆し。こちらは深刻です。「学校が休みに入る=栄養不足の子どもの増加」という、給食がなくなるために起こる図式です。子どもの7人に1人が貧困、という実態をこのまま放っておけない、と個人や民間の団体が運営する子ども食堂が増えていて、本当に頭が下がる思いです。給食が一休みとなった今、私も立ち止まって学校給食のことを考えてみました。

主食、おかず、牛乳のすべてを提供する方法を完全給食と言いますが、文部科学省の2015年度の調査では、全国の公立中学校での実施率は88.8%で、公立小学校の99.6%に比べて低いことがわかります。

実施していない理由は、財政的余裕がない、弁当が定着している、などだそうです。持参の弁当か、民間業者などが配送する給食かを選ぶ「選択制」を採用する市もあり、その中で給食を選ぶ生徒の割合は、堺(約7%)、和歌山(約20%)、盛岡(約31%)。選択率が低いのは、費用の前払いや予約の手間、「周囲が弁当なのに給食を選びにくい」といったことなどだそうです。

学校給食法は、義務教育では「給食が実施されるように努めなければならない」と定めています。中学校の給食費は月額全国平均4900円前後。生活保護世帯には保護費の教育扶助として支給されますが、就学援助の対象にしていない自治体もあり生活保護に準じる困窮世帯に対しては支えになっていない現状があります。ただ、低所得の子だけ支援すると差別を生み出すかもしれません。行政は全員を対象とした完全給食、給食無償化を目指すべきです。子どもの成長を支えるという国の務めとして当然のことだと思うのです。

家庭環境による栄養格差を縮めるセーフティネットの観点から、そして、栄養を補うことに加え、同じメニューをみんなで楽しく食べるという食育の役割も持っています。食べる、という子どもたちが大好きな、そして生きるための基本的活動の中に、差別や引け目など心の格差があってはなりません。心豊かに、生きることを楽しむ大人に成長するための基本が、みんなで楽しく食べる、という行為に凝縮されているように思います。

〜祝!認定!〜

昨年11月に申請した認定NPO法人制度。書類の修正やヒアリングを何度も重ねて結果が出るのに半年以上かかりました。その分、達成感と重みのある決定です。7月27日に承認書を受けます。「認定」の名に恥じないよう「ブレない事業運営」「確かな運営組織」「透明性のある情報公開」など、さらに気持ちを引き締めなくてはと、代表としてさらなる責任を感じています。

🔳制度の目的は、

「NPO法人への寄付を促すことにより、NPO法人の活動を支援すること」にあります。

🔳団体が取得する目的は、

「団体に寄付した個人又は法人が税制上の優遇措置(所得税及び住民税、または法人税が一定額戻ってくる)が受けられるので、認定ではないNPO法人よりも寄付を集めやすい状況になる」ということです。

🔳NPO法人のなかでも認定NPO法人とはどんなものでしょうか。

① 広く一般から支持を受けている
② 活動や組織運営が適正に行われている
③ より多くの情報が公開されている
といった点から、より公益性が高いと所轄庁長官が認めるものです。平成28年5月の時点でNPO全体の2%に満たない、ということですから高いハードルをまずはクリアした、ということになります。

企業が上場を目指すことをイメージすると分かりやすいかもしれません。NPOも認定基準を満たそうとすることで団体の体制が整備され、メンバー全員が一丸となって頑張ろうという意識も高まりました。また、実態に即した正確な書類を多数そろえなければならず、認定基準をクリアした、ということで対外的な評価は高まると期待しています。

あえて認定を申請しないNPOももちろんたくさんあります。認定取得後の情報公開書類が増えるため事務負担が増加する、認定を維持していくことが大変、セキュリティ面の管理作業が増加するなど。本来業務に支障が出ることになれば本末転倒ですからもっともな選択です。

SHJも、法人設立の時点で認定申請を目指し、適切に運営していたつもりでしたが、抜けていたところがたくさん。それを修正していくのに3年の年月がかかりました。それにかけた労力は大きかったですが、全てはNPOとして活動していくための適切な形を学ぶ良い学習の機会になり、法人の存在意義と方向を、全体で改めて確認する作業にもなりました。なんのために?誰のために?・・それをいつも中心に据えて運営することで、どうするべきか?を追究してこれたような気がします。5年後に更新申請がありますが、5年も10年も・・ずっと認定NPOとして子どもたちのために活動していけるよう一丸となって取り組んでいきます。

🔳認定取得を考えている法人の方へ、参考になるサイトをいくつか紹介します。

寄附金控除については次回の投稿で!

Smiling Hospital Japan Official Website

 

~Smiling With Music~

昨日の福岡立ち上げと明日の九大病院初日のために連泊したなか日の今日、「ライブやるよ」というSHJ福岡のメンバーの誘いに、Gallery & Live Spaceもも庵♪へ。

ライブのタイトルは”Smiling With Music”。SHJ立ち上げの記念祝賀イベントを企画してくれたという嬉しいサプライズです。大好きなスタンダードナンバー”On The Sunny Side of The Street” “ When You’re Smiling”を、ドラム=地区コーディネータ藤原隆幸、ヴォーカル=SHJアーティストますみん、ピアノ=SHJこれから登録アーティスト深町善久、サックス、ギター、ベースのセッションでオープニング演奏。この2曲は、SHJのために選曲した、というMCますみん。嬉しくて嬉しくて感激冷めやまぬうちに、代表挨拶をと促され、SHJの紹介をさせていただきました。

会場にはアーティストとして興味を持ってくれた方もいて、早くも次の病院は・・、などと発展的な話に広がりました。おいおい、まだ九大だって明日がやっと初回だぞ!と思いかけたのもつかの間、福岡の人たちの超前向き姿勢にどんどん背中を押されていい気分、というのが正直なところでした。

しばらく演奏が続くと今度は5本のロウソクが立てられた大きなケーキが運ばれてきました。”Happy Birthday”を演奏、会場皆で歌ってくれるという演出に、涙せずにはいられませんでした。まさか57本のロウソクを立てるわけにはいかないからSHJ誕生5周年にちなんで5本というのも泣かせます。なんと素敵なはからいでしょうか。アートの街福岡にはお洒落な感性が溢れていること、今回の福岡滞在でも浴びるように感じました。

ヴォーカルの智美さん。ハスキーボイスで”It Don’t Mean Nothing”
ヴォーカル古川ゆかりさんのパンチある声は”It’s Ony a Paper Moon”
津軽三味線の飛び入り参加 ドラムとのセッションも

 

 

 

 

アート三昧の一日!

福岡地区開始につき、昨日より滞福中。きのうは福岡市久山にある久山療育園重症児者医療療育センターでスタート。大勢の方たちが広いプレイルームで待っていてくれました。シンガーのますみんこと平川真澄さん&創作フラダンサーの北﨑美和さんのコラボに地区コーディネーター/ドラマーの藤原隆幸さんのカホンが加わり、それはそれは盛大に!ますみんさんの透き通る声に合わせて美和さんのゆったりしたフラの踊り。職員の方も一緒にフラの振り付けの基本を練習したりして楽しい時間もあっという間に過ぎました。たくさんの明るい笑顔が、これからの福岡地区の発展を予感させました。

夜はSHJアーティスト&登録を検討中のミュージシャンたちによるライブへ。スタンダードジャズやボサノバを堪能しました。

このライブハウスがおしゃれ! アーティストの後方にはたくさんの絵画やポスターが施され、よりアーティスティックな雰囲気に。そして天井のさりげないアートがステージに広がる視界を演出しています。入口付近の壁は地中海を思わせる塗り壁の飾り窓が並び・・。音楽とワインが一層美味しく感じられました。

さて明日は九大病院でスタート。またたくさんの子どもたちの笑顔に出会えそう。贅沢な福岡出張です。

〜みんなが幸せになるNPO〜

たった5年でどうしてここまで成長したの?とよく聞かれます。

NPO団体の共通の悩みはボランティアスタッフの定着がなかなか図れないところにあるようですが、SHJの強みはwin win winの運営スタイルにあると思っています。

社会のために活動したい、という気持ちに「自分しかできない技を活かして人に喜びを!」というパッションが現場で活動するアーティストにあります。子どもたちの笑顔を見たらもう止められないといいます。そんな経験を、まわりのアーティストに伝えることによってアーティストボランティアの輪がどんどん広がり、団体の成長に繋がっています。

活動場所の病院・施設職員にとっても緊張の連続のなか、気分転換になるし、痛いことばかりして泣かせている子どもたちが心の底から笑っている様子にホッとするといいます。

Win1  子ども・家族・・・子どもの笑いが家族の笑顔や安堵を誘う→家族の笑顔が子どもを安心させる

Win2  アーティスト・・・独自の技術、アートが人に勇気をもたらす喜び、子どもたちからの学びがある

Win3  医療者・・・その様子に医療スタッフもホッとする、気分転換できる

さらに、

受け入れる病院にとっては、患者のアメニティー向上に金銭的負担がかからないのは大きなメリットです。また、会員、寄付者、スポンサーが季刊のニュースレターによるマメな報告を受けることで支援の行方が見えると大変喜ばれています。(2017年7月現在 個人会員183名、退会率:数パーセント)余談ですが、小児病棟へ入ることは基本的に両親、検査等経て登録した人以外できず、支援者の現場見学が困難なため、ニュースレターでできるだけ頻回に報告をしています。

これら全てが事務局のやりがいにつながっていることは言うまでもありません。関わるスタッフ全てが嬉しい、楽しい、気持ちいい、さらにやりがいがあって学びがある。

SHJに関わることで大きな喜びと学びがあるからみんなが幸せ

 誰も辞めない 周りを巻き込む 仲間がどんどん増える

具体的な日々の運営やアシストは、病院窓口となりアーティストをまとめる核となるコーディネータがそれぞれの地区に配置され、クリエイティブなマネジメントを行っています。全国11カ所に個性的で情熱的なコーディネータが、アーティストと共に活躍しています。病院・施設数の多い地域ではアシスタント制をとっており、各アシスタントが担当の病院での活動をアシストし、付き添いから活動報告書の最終作成提出までを行っています。やっと形になってきたスタイルですが、子どもたちのワクワクがもっともっと増えるように、スタッフがよりハッピーに活動しやすいように柔軟に取り組んでいきます。