〜くどいけど私にはこれしか・・😐〜

最近同じようなことばかり書いているけれど

私には

病棟に閉じ込められて闘病を頑張る子どもたちのこと、

障がいという困難とともに生きる子どものことしか頭にないから

結局はここに行き着きます。

新型コロナウイルス感染が拡大し

世界中で猛威を振るい

非常事態宣言は全国に広がりました。

入院・・ただでさえ閉塞状態の中、

院内学級は休校

さらに面会も激減し

当然ボランティアの訪問も中止となってしまった。

自宅で過ごす重い障がいのある子どもにとっては

訪問者や活動が激減し

訪問医療や訪問看護にも支障をきたしているに違いない。

毎日が成長過程にある子どもたちの日常には

楽しいと感じたりワクワク感動したりする活動はなくなり

全く覇気のないものになっているだろうという想像が

頭の中をぐるぐる回っています。

子どもたちはどうしているだろう・・。

世の中がどんな風に変わっても

何が起こっても

自分個人の身に起こってしまったこと

ー 長期入院を必要とする病 ー

ー 障がいという不自由 ー

と、日々向き合って克服していこうとする子どもたちのひたむきさや現実を受け入れようとする潔さのようなものには

ただただ圧倒され敬服するのみです。

彼らに会いに行って一緒に活動することが叶わない今、

この状況にある子どもたちを思うだけで

ただただ手をこまねいているのが気持ち悪くなり

アーティストに協力を求め実現したのが

「塗り絵のプレゼント」。

そして音楽や大道芸などの

「Youtubeチャンネルの配信」。

仕事としての芸術活動もほとんど中止になっているなか、

子どもたちのところに行けない歯がゆさを持て余し

今この瞬間も子どもたちのために・・

と心を尽くすSHJアーティストに

感謝の気持ちを込めて思いを馳せます。

SHJ活動の4つの柱は

  ✔︎定期訪問

  ✔︎参加型活動

  ✔︎個別活動

  ✔︎本物のアート

✔︎定期訪問も✔︎参加型も✔︎個別活動も叶えられないけれど

SHJには✔︎「本物のアート」があります。

活動方針として一番大切にする参加型は今は無理。

だけど

アーテイストたちのパーフォマンスを観て

少しでも元気になってほしいというのが

全員の願いです。

何より、いち日も早く日常に戻り

4つの柱が叶う日が

子どもたちと一緒に笑いあえる日が

再び来ることを願う毎日です。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

👧子どもの共感性に救われるとき👦

コロナウイルス感染拡大を受け、

活動病院から4月も引き続き活動中止という連絡が相次いで入ってきています。

2ヶ月連続の休止となります。

こんなに休みが続くと子どもたちはどんな風に過ごしているんだろう、

とそればかりが頭をぐるぐるしています。

治療と極めて限定的な活動で日々を過ごしている様子が想像され

駆り立てられたのは「塗り絵のプレゼント」。

アーティストに協力をもらい、

病棟へオリジナル塗り絵のプレゼントをという申し出をすると、

リクエストが相次ぎ、

順次印刷、郵送を行なっているところです。

子どもたちへのメッセージを添えて。

🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

ふと、活動を開始して少し経った頃に起こったハプニング

~病棟立ち入り禁止命令~

を思い出しました。

ある病院で、月4回の活動が2ヶ月全く不可能になったのです。

その日のアーティストが活動中に立ちくらみを起こして倒れてしまい、

少しの間意識がなくなってしまった、

ということがありました。

もちろん、抗体検査、健康診断の結果を提出し、

病棟での活動許可は得ていました。

たまたまだったのです。

貧血気味、という程度の持病があるだけで

その日は当然体調に問題はなく

躊躇するような少しの兆しもありませんでした。

この頃はまだスタッフが少なく

全活動に私がアシストしていました。

現場をしっかりと理解するということは立場上不可欠なので

しばらくは当然のように通っていたのです。

ところがこの日に限って外せない用事ができ

やむなくアーティスト一人での訪問となりました。

こういう時にトラブルは起こるものです。

よりによって・・

ということはよくあること。

私がアシストしていれば

アーティストの事前の異変に気づいたかもしれないし

すぐに活動を中止しアーテイストに休んでもらうこともできたはず。

しかし意識のない本人を現場はどうすることもできず・・。

「子どもたちを怖がらせた」

「ボランティアの健康管理に問題がある」

ということになり

”スマイリングホスピタルジャパンは

当分無期限立ち入り禁止!”

の宣告を受けました。

病棟へは団体からの詫び文を送りました。

しかしここからが大事なこと。

スマイリングのアーティストたちはどうしたの?

来なくなっちゃったの?

〇〇さん、その後大丈夫?

また来て欲しいのに・・。

活動は復活する?

・・・・・

そんな声が子どもたちからあがっている

と同じ病棟を訪問する他の活動ボランティアが教えてくれたのです。

そんな声は当然現場のスタッフの耳に入りました。

その月が終わらないうちに、子どもたちの声を受けて

「再開をお願いします!」

という知らせが入りました。

すぐに手配ができず翌月から活動は再開となりました。

怖がらせた、というのは大人の忖度に過ぎず、

子どもたちはSHJはもう来ないのか、

と活動ができなくなることを心配するばかりか

大好きなアーティストの体調を心配してくれたのです。

さすが、自分の体調と折り合いをつけながら生活する

子どもたちは

エンパシー(共感、感情移入)に溢れる愛の人たちです。

彼らの反応に大人たちはどんな気持ちを抱いたでしょう。

私は子どもの素直な優しさ

人の気持ちになってみる共感性に感動し、

その健気さを愛おしく思うのです。

このエピソードを通して

子どもという存在そのものへの敬意を

改めて深くしたものです。

こんなに美しい心を持った子どもたちが

ますます閉塞状態に置かれていることに

心が痛みます。

関連ブログ→2020/3/19投稿こんな時こそ、新しい発想を!

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

〜こんな時こそ、新しい発想を!💡〜

コロナウイルス感染拡大の懸念から

2月末に

各病院、施設より

「3月いっぱいはとりあえず活動を中止」

との連絡を受け、活動すべてお休み中です。

”念の為のひと月” のこころづもりで

3月は我慢

という認識でいたものの

いざ3月も中旬を過ぎると

この2週間がとても長く感じたし

これからさらに2週間と思うと気が遠くなります。

子どたちはどうしているだろう・・と。

4月以降については各病院から再開のめどを知らされることになっているけれど、その知らせを待つ時間すらとても長く感じます。

居ても立ってもいられなくなり

つい活動病院の医師に様子を聞いてみるも

「再開の見通しはまだ立っておらず

外泊も原則禁止となっており、

子どもたちは病棟でじっと過ごす時間が多くなり

退屈そう」

とのこと。

終息と活動再開を祈り待つ間にも

終息どころか

パンデミックの段階に入ったということが知らされ

4月どころか

5月も?

6月も?

それどころかオリンピックも延期という可能性が聞かれるようになり

夏までも・・・?

****

ただでさえ閉塞状態にある入院中の子どもたちに

追い討ちをかけるような我慢を強いることになっている現状。

先の読めない不安。

平時は感染予防に対する病院のガイドラインを通過し

アーティストと子どもたちがのびのびと活動できていたというのに

「入院中の子どもたちの日常を豊かにしたい」という私たちの思いは

今回ばかりは目に見えない怪物の前にひれ伏すしかないのか、と

やり場のない怒りと非力さを感じるしかありません。

そんな中、ネットを利用したパーフォマンスの配信

という画期的なアイデアを実現させている団体もあるようです。

しかし私たちの活動は

受け身になりがちな入院生活において

参加型活動によるふれあいを通し

子どもたちの主体性や創造力を引き出して

自ら湧き上がる高揚感と達成感を味わってもらい

うんと楽しんでほしい

というのが趣旨。

そうだ、アーティストが訪問できないのであれば

アーティストによるアクティビティをプレゼントして

病室で楽しんでもらったらどうか、

とひらめきました。

考えるのと同時に身体が動きました。

ウォールアートでも全面的に協力してくれた

イラストレーターの真鍋麻里さんに打診すると

それいいね!ということになり

二つ返事で快諾してくれました。

すぐに取り掛かってくれ

今塗り絵セットを待っているところです。

真鍋さんの塗り絵は市販のものとは全く違うワクワクするもの。

仕掛けがあったり絵にストーリーがあったり。

見ているだけでもおもわず笑ってしまうような

愉快なモチーフがあったり。

ああ、子どもたち、どんなに喜んでくれるかな、

と届けるのが待ち遠しいくらいです。

他にアーティストが訪問できなくても

主体的にできる活動を届けられたら・・・。

全国のアーティストたちにアイデアを募っているところです。

Smiling Hospital Japan Official Website

コロナウイルス感染拡大を受け病棟閉鎖相次ぐも🏥

目下の社会課題はコロナウイルス拡大を阻止すること。

世界的にはエピデミックからパンデミックへの状態悪化を懸念する声も多い中、

とうぜん個々の社会生活に大きな影響を与えています。

それは病棟という安全安心への管理が極めて重要な現場なら

なおのこと。

昨日都内の病院から

外部からの病棟への訪問を中止という連絡が相次ぎました。

「SHJの訪問は、子供達ばかりでなく、親御さんや保育士さんにとっても楽しみな時間だったので残念です」

とはある病棟スタッフのコメント。

病院としては苦渋の決断だったそうです。

それに伴う対応に追われる中、

現場の声は大きな励ましになります。

子どもの安全が第一、

けれども

闘病を頑張る子どもたちにとっての楽しみを奪ってしまうことは

病棟スタッフにとって大変悩ましいものだったと。

そんな中、

「ポスターを見た子どもたちが楽しみにしているので」

という看護科長さんのご厚意で

閉鎖を決定した次の日も

いつも通りの活動をすることができました。

医療上の安全管理とSHJの活動を少しでも

天秤にかけてくれる余地があったこと

とても嬉しく思います。

子どもたちの生活を第一に、大切に思う医療現場なんだなあと。

この日は小学校3~4年生の男の子が多く、

読み聞かせの間じゅう、ツッコミ満載で

この日この病院が初めてのアーティスト、

目食らったけど次に活かしたい、

といじられ役もなかなか嬉しかったようです。

「また来てね」

という素直な子どもの言葉がご褒美です。

紙芝居のどらさん

いっぽう、毎日子どもたちをみている保育士さんは

細かいところまで見たり、聞いたりして、子どもたちがとても活発だった!

と喜んでいました。

プレイルームの後ベッドサイドへ。その後再びプレイルームへ。

引っ張りだこのアーティスト。

雛祭りをテーマにした絵本や紙芝居は少しでも季節感を、

というアーティストのはからい。

巷はコロナウイルス拡大で大混乱の中

大人の心配そうな顔を、愉快な活動がかき消します。

病院によってはこれからしばらく活動停止が続きます。

院内感染が危惧される中での

危機管理は徹底しなくてはならず

SHJとしては早い収束と

再び病棟で子どもたちと笑い合う日を心待ちにするばかりです。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

〜バルーンアートの魅力🎈〜

バルーンは見るだけけで笑顔にさせてくれます。

ワクワクして思わず触りたくなります。

そして触ればそのぷくぷく感がさらに笑顔を増します。

 

動物ならだっこして癒されますし

お花ならいつまでも持って眺めていたい。

ベッド枠で揺れるハートも

明るい気持ちにさせてくれます。

パーン!

と割れる音を連想して怖がる子どももいますが、

それはアーティストが膨らませているときに

大人が耳を塞いで

割れるよ、割れるよ。

とあえて怖がらせているから。

だから大人は先入観を振り払って我慢我慢。

と言ったアーテイストもいました。

プロのアーティストだからまず作っているときに割れる

ということはほとんどないのです。

風船は割れるものという固定観念を持たせては楽しさ半減です。

ただし、病棟プレイルームが南向きだったり

西向きだったりすると

時間によっては温度が上がって風船は割れやすくなるもの。

だから部屋が暑く感じる場合のみ

少し注意が必要です。

🎈 🎈 🎈 🎈 🎈 🎈

スマイリングホスピタルジャパンでは

たくさんのバルーンアーティストが活動しています。

バルーンアーティスト瞳さんがアースディでSHJのロゴとスマホジくんをバルーンで飾ってくれました。

同じバルーンといってもそれぞれとても個性的です。

うさぎ、くま、お花、剣、犬などは一般的に見えても

アーティストや

バルーン教室で作る子どもたちなど

作る人によって全く違います。

SHJは見るだけ、もらうだけ・・

じゃないから子どもたちも

ときにはお母さんたちもアーティストになって

作品を仕上げることができます。

色を選ぶ

膨らませる

結ぶ

ねじる

組み合わせる

形を整える

一つひとつの工程に

違った楽しさやドキドキがあります。

風船? 可愛いね。 作ってもらって飾りたいな・・。

だけではその醍醐味は伝わりません。

一瞬の表面的なイメージで終わらせたらもったいない。

SHJは必ず参加型の活動です。

🌀膨らませるときはポンプの力の入れ具合

🌀結ぶ時のコツ

🌀ねじる時の勇気の大きさ

🌀動物を作るなら足の長さや数を見越してねじる位置を決める

回数を重ねるうち、どのように分割したら

バランスのとれた形ができるか工夫することで

考えることや概念学習にもつながります。

ダックスフンドなら

足はこれくらい短くていいかな

とか想像して楽しみながら製作活動に没頭できます。

さあ、できたらみんなで見せ合って

一匹いっぴきの違いは豊かな多様性に気づかせてくれるかも。

アートは人を幸せにする!

実感です。

*ラテックスアレルギーの子どももいるのでその点もSHJは細心の注意を払っています。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook