在宅学習支援 学びサポート〜感覚教具”メダルはめ”〜 

数量を視覚的に捉えることが困難な場合、

繰り返し決まった数の感覚教具”メダルはめ”をするうち、

見てすぐにその数を言えるようになる場合があります。

スマイリングホスピタルジャパン

オリジナルユニバーサルさんすうセットの効果絶大です。

参考→2017/12/12投稿〜ユニバーサルさんすうセット

最初は3個直線に並んだはめ板の数を

指で数えてから3と答えていた生徒さんが、

このSHJオリジナル UDさんすうセットで様々な数のメダルはめに取り組む中、

途中で見ただけで3個と答えられる場面がありました。

感覚的な定着のために

引き続き根気よく取り組んでいます。

同じように

最初は指で数えてメダルはめの穴の数を答えていた他の生徒さんも

メダルをはめる課題を週1回3ヶ月ほど行っていたら

穴の数を数えることなく、

パッと見て穴の数が言えるようになりました。

さらにこの学習が文字の習得にも波及する効果があることがわかりました。

この生徒は単語をひと文字ひと文字の拾い読み、

つまり「ば・な・な」のように切り離して読んでいたのが

メダルはめを行い、

ものの数を指で数えずに言えるようになるに従い

文字も単語ごとにまとめて読めるようになりました。

*****

数を、紙や画面上で学習することより

・手を使い空間的なイメージを持つこと

・もので感覚をつかみ実感すること

が本当の学習につながることを教えてくれたエピソードです。

メダルはめは一見

複雑なパズルに挑戦する前段階のシンプルなかたはめ

としか見えないかもしれません。

私自身、25年も前になりますが

モンテッソーリ教育に出会うまではそう思っていました。

しかし

数などの概念を身につける大切な時期に

この教具は欠かせないものです。

それは数のしくみに限ったことではありません。

おのずとものごとの基本やなりたちを体得することにも繋がるのです。

言葉を読むことへの波及効果もその例と言えます。

周りの大人は

より早くより難しいことができるように

もっと高度なものに

と子どもを駆り立てます。

しかし焦ることなく

基本を身につける体験をじっくり味合わせたいものです。

学びサポートの生徒たちは

まさにこの学習法で

数量や文字を楽しく学んでいます。

学びサポート「目と手の協応/数量/文字」の学習より

学びサポート活動ブログ

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

現場を惹きつける参加型アート!

活動を開始するときは

看護師長さんやドクターから直接依頼のメールがあったり

こちらからボランティア申し込みをしたりと

病院によって様々です。

詳しく聞かせてください

という連絡をもらって

資料を揃えプレゼン、という形もあります。

お話を聞いてから

または1回活動いただいてから定期活動を決めます。

という病院も。

来月、訪問を開始する千葉大学医学部付属病院は

千葉県で2つ目の活動場所です。

そう、昨年秋に始まった

ドクターX ~外科医・大門未知子~第4シリーズ

のロケ地

だそうです。

トレンディドラマ初め、

テレビ番組はEテレ以外疎いので

とくだん、そうと知って胸が踊った・・

ということはないのですが

建物の立派さには圧倒されました。

話を戻します。

この千葉大学病院も

活動を導入するかしないかは別として

話を聞かせてほしい

といったスタンスで

訪問を待ってくださっていた・・・

と、勝手に思っていました。

ミーティングのメンバーは

小児科看護師長さんと病棟保育士さん2名

そしてSHJからは

千葉地区コーディネーターの北畠みゆきさんと私。

SHJの活動を取り入れる、

ということは前もって送った資料を見てすでに決定とのこと。

「最初は3ヶ月に1度くらい、

と思っていたけれど、

話を伺ううち、毎月お願いしたくなりました」

と看護師長さん。

決め手は

「参加型アート」

~プロによる芸術活動が劇場型ではなく

一緒に活動する参加型である~

というところに

師長さんも保育士さんも

「なかなかない活動ですよね。子どもたち、

喜ぶわ! お母さんたちもね。

プロって演奏して聴かせて帰っちゃうのが普通でしょ」

とニコニコ期待感いっぱい。

年度が変わったタイミングで・・

などといっていられない、

さっそく来月からお願いします!

ということになりました。

というのも

年度が変わると師長さんは他の病棟へ異動することが決まっているので

せめて1度だけでも体験したい!

というのも急ぐ理由のひとつ。

子どもたちに混じってはしゃぐ師長さんの姿が

一瞬で目に浮かびました。

プレイルームではもちろん

ベッドサイドにも足を運ぶボランティアはいないそう。

ベッド上で安静が必要な子どもも対象なんですね、

と目を輝かせていました。

ベッドサイドへとお願いしても

ボランティアさんたちは抵抗があるのか

遠慮して帰ってしまうんですよ。

とも話していました。

これほどまでに期待されていることがうれしく

私たちのこだわり

”参加型のプロフェッショナルアート”

が意義あるものだと改めて確認できました。

翌日保育士さんから頂いたメールです。

”参加型の活動にとても魅力を

感じました。

また、ベッドサイドでの活動もなかなかできないので

是非お願いします!”

プロの芸術でありながら

劇場型でなく

一緒に楽しむSHJのスタンスは

どの病院や施設でもSHJならでは!

と好評を得ています。

”参加型のプロフェッショナルアート”

決して譲れないこだわりです。

Smiling Hospital Japan Official Website

千葉地区活動ブログ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

 

 

〜表現の天才たち✨〜

SHJの音楽家たちが”音を楽しむ達人”なら

SHJの美術家たちは

”絵や形で自分を自在に表現する天才たち”。

画用紙、布、ひも、

数え切れないほどの色が揃った色鉛筆

紙コップ、紙皿、

色紙、千代紙、和紙、

パステル、粘土、毛糸、チョーク

リボン、ビーズ、マスキングテープ

・・・・。

見ているだけでワクワクしてくるような

ありとあらゆる素材がアートのはじまり。

アーティストの手にかかれば

材料一つひとつが生きていて

一つひとつに思いがけない

マジックが隠れているかのようです。

綺麗で

珍しくて

手触りが良くて・・・

そんな素材が

一つとして同じものがない

いろんなアートになっていく。

子どもたちは

アーティストの器用な手の動きにうっとりするのもつかの間

僕も 私も

描きたい!

塗りたい!

作りたい!

とときめき始め

素材を手に取ります。

アーティストは

最初に制作の例や

道具の使い方を提示した後は

自分の感性の赴くままに

制作活動をする子どもたちを見守り

時にアドバイスする

ファシリテーターという脇役に徹します。

病院や施設の子どもたちにアートを届ける

SHJアーティストたちは

その技の豊かさや質の高さを土台にして

主役になるのではなく

そっと寄り添いながら

安心できる空気と自由な雰囲気を作ります。

子どもたちが

自分の持つ創造性に気づき

磨いていくお手伝いをする

という立ち位置に徹します。

病院にいることを忘れて

のびのびとしたアーティストになれるように。

SHJの美術家たちは

絵や形で自分を自在に表現する天才たち。

そして

目の前の子どもをアーティストにしてしまう魔術師。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

在宅学習支援「学びサポート」音楽♫

音を楽しむ達人であり

音の楽しみ方を教えてくれる

SHJアーティスト&在宅学習支援ボランティア

石橋和子さんは、

スマイリングホスピタルジャパンがまだ

任意団体だった駆け出しの頃から

熱心に活動してくれている

シンガーソングライターです。

石橋さんは

ライブ活動に加えピアノ&歌唱の教師をしていますが

そのコンセプトは

音楽=音を楽しむこと。

だから生徒のフィーリングに任せて

自由に音を出し

歌ってもらうそうです。

生徒がリードする音にコードを乗せて

メロディーを作っていくなど、

生徒は気持ちよく音を楽しむ

そして一人一人のペースで

一人一人の創造力に合わせて

理論も読譜もすっとばして

とにかく音楽を楽しんじゃおう!

というのが石橋さんのやり方。

在宅学びサポートの音楽の時間は

学校の音楽の時間やピアノ教室が

こんなだったらよかったな・・

こんな先生だったらピアノ続けてただろうな・・

と思うほど

ワクワクの時間です。

在宅を余儀無くされる子どもたちへの学習ですから

様々な困難に対応するアプリやスイッチ

ICTをふんだんに取り入れます。

以前「在宅学びサポート」でお邪魔したお家のリビングルームで

右手の人差し指一本でパソコンを自在に操作するHさんの活動を

レポートしました。

彼はiPadのドラムアプリでパーカッション担当。

「楽しい!自分で演奏しているんだ」

進行性の病により

できていたことができなくなってしまうことがあります。

しかし、方法と環境を工夫すれば

好きなことを実現し、

自分の世界を広げていける・・・。

SHJの理念をHさんが目の前で証明してくれた

その模様はこちらに書きました。

→2017/12/18投稿〜ブルースセッション@ホーム〜。

ITは身体の不自由な方にとって自己実現のためのツール。

仮に身体のわずかな部分しか動かすことができなくても、

方法次第で思い描いた世界に漕ぎ出し活動することができます。

こんなことしたい!作りたい!自分を表現したい!

まず気持ちが前向きになります。

さらにITにはかなわない

想像力や創造性という感性の部分に限りなく寄り添い、

その場で即実現させてしまうところは

やはりプロのアーティストの技ならでは。

音楽=音を楽しむこと!

その方法はさまざま。

もちろん、理論からじっくりもあり。

フィーリングやエモーション主体もあり。

そしてICTとの融合も!

音楽って素晴らしい!

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

モンテッソーリと「環境設定」🧱

人間が自然の法則に従って成長していくのが乳幼児期。

しかし子どもを取り巻く環境は

都市化、機械化、さらにIT化によって

どんどん人工的になりました。

ですから子どもたちは

本来経験しなければならない

必要不可欠の経験さえできない環境に置かれています。

時間を戻すことはできないし

当然機械化やIT化による恩恵は計り知れないものです。

そんな時代にあって

人間の子どもが乳幼児期に経験しなければならないことは

意図的に経験させてやらなければならない。

その方法を生理学的根拠に基づいて教えてくれているのが

モンテッソーリ教育です。

こどもの生命を観察することから始め

子どもがよりよく生きるための支え

と言っていい教育法です。

例えば

✔︎ゲーム機の進化などにより

室内で電子画面を見、電子音を聞くばかりの時間

✔︎核家族化により小さい子の面倒を見る

おばあちゃんおじいちゃんの知恵をもらったり

手伝ったりと言った人間的交流の減少

✔︎利便性の発達によりボタン一つで操作簡単になった故

蛇口さえひねる事ができなくなった

✔︎遊びが変わり指先で細かな作業をしなくなったとか

✔︎外遊びが減り重たいものを運ぶための知恵や

バランスをとって歩くことなど必要がなくなってきている

このような環境のもと

生涯にわたる心身の健康の土台になる

基本が経験ができにくくなった今、

今から100年ほど前に

障害児教育から発した

モンテッソーリの教育方法は

まさに現代にこそ必要なのです。

何かのやり方を親や周りの大人が教える時

「子どもがやりやすい環境を整えること」

「ゆっくり見せること(提示)」

これがまずモンテッソーリ教育の基本です。

自分でするんだ!

という気持ちを大切に

最大限活かせすための環境設定。

そして

その気持ちに最大限応えるために

「してみせること」が有効なのです。

決して大人のペースでなく。

まるで自然の法則を人工的に作っているようですが

それが現代の子どもを取り巻く環境においては

必要不可欠ということです。

それは健常と呼ばれる子も

障がい児と呼ばれる子も同じです。

自分のベストを尽くして

「自分一人でできるようになった!!」

という至上の喜びを通し

子どもたちには

生きる喜びをたくさんもってほしいものです。

🧱 🧱 🧱 🧱 🧱

スマイリングホスピタルジャパンの

重心児在宅学びサポートでは

モンテッソーリ教育の専門家が学習支援ボランティアに加わりました。

例えば、感覚により数の概念や文字を学ぶという

モンテッソーリの理念をかたちにした

感覚教具は

特別支援教育が専門の学習支援ボランティア手作りの

S HJオリジナルユニバーサルさんすうセット。

感覚教具は先に述べた

「子どもがやりやすい環境」作りに当てはまります。

そして

「ゆっくり見せること」

により概念やしくみを集中して体得

できるようにしています。

大好きなモンテッソーリ教育の理念

「子どもがやりたい!と思う環境設定」と

「子供のペースで・・」は、

スマイリングホスピタルジャパンの理念にぴしゃりと重なります。

それは

在宅障がい児へのアプローチ

そして

プロがファシリテーターに徹する小児病棟での芸術活動も然りです。

公益財団法人モンテッソーリ教育綜合研究所

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook