Every Child is an artist!

子どもは誰でも芸術家だ。

問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。  バブロ・ピカソ

東京芸大130周年記念事業 全国美術・教育リサーチプロジェクト

ー文化芸術基盤の拡大を目指してー

の一環で行われた大学美術館での展覧会を訪れました。

 

全国の園児や小・中学生、美大生、プロのアーティストまで各世代の絵画や立体造形など約200点が一堂に並んでいてどの作品も個性的。

一部不可を提示しているもの以外は写真撮影OKとのことで、あれもこれも欲張って撮ってきました。

幼児からプロへと順路になっていて、大人になるにつれ、完成度が上がっていくようでした。

しかし、やっぱり子どもの作品の方が面白い。まっすぐな感性をのびのび表現していて、突飛な発想をそのまま作品にしていたり、色の組み合わせにも意外性があって最後までワクワクしながら鑑賞しました。

子どもたちの成長過程に即した創造力の育成を行うべきであると主張する催し。

想像力に欠けると人間関係もぎこちなくなる。そういう意味でも相手の気持ちを推し量り(今でいう忖度ではありませんよ)、今自分がどうあるべきか、次にどう行動するべきかを考えるためには生きる力を喚起するための創造力が培われなければならない。美術教育がその一役を担う、うなずけます。

暗記などに力点を置く教育は、人工知能(AI)に置き換えられる能力を育てることになります。

高性能デジタルの登場でスキルを学ぶ機会とその必要がなくなりつつありますが、それを生かす感性とのバランスこそが課題となりそうです。

多くの体験の中で心が動くことで感性を伸ばし、ロボットにはない想像力と創造力を培っていくことが、現代そしてこれからの教育の柱になるに違いありません。

もはや机上での学びではありえない芸術活動こそが、全人教育に直結するものと確信します。

さて芸大の美術館。

建物の中の何気ない佇まいもすごいアートであることを発見。展示作品もさることながら究極のアート空間です。

「ここにいるよ。」

新宿駅西口にて、 子どもの貧困対策センター 公益財団法人あすのばの街頭募金に出会いました。

あすのば入学・新生活応援給付金の募金活動『ここにいるよプロジェクト(ここプロ)』のために全国各地からたくさんの高校生・大学生が集まり、街ゆく人に呼びかけていました。

「ここにいるよ」2017は、2018年4月に新生活を迎える子どもや若者を対象に、「あなたのことを想っている人々が『ここにいるよ。』」という多くのメッセージとともに3万円から5万円の給付金を届ける事業。若者が中心となって始めたプロジェクトです。

返済の必要がなく、成績も問わない、さらに使い道も自由だそう。多くの奨学金制度は使途が制限され、社会人になってからの返済に行き詰る場合もある中、対象者に限りなく寄り添った事業と言えます。

毎日の生活に精一杯、またはそれせもままならない家庭にとって、借金をせざるをえず将来の負担や学業に集中できないという現状があります。

さらに社会からの孤立も。

仮に必要なものがやっと手に入っても、「贅沢だ」と逆に周りから冷たい目で見られることもあるという。

理解者がいない環境に身を置くことの生きづらさは計り知れません。

「あすのば給付金」は、いくら集まったか、ではなく、何人の人が寄付してくれたか、を大切にしているといいます。

社会には見守ってくれている人が沢山いる、と実感できるようにするためです。

「一人で頑張らなくていいよ」

「あなたのことを思う人がここにいるよ」

という気持ちを全国から沢山集めてしんどい思いをしている子に届けたい、

そんなあすのばの力に少しでもなりたいと心から思いました。

実際に給付を受けてもう直ぐ社会人になるYさんは、

  「一人ぼっちで諦めることばかり続くと誰だって頑張るエネルギーを失う。

  でも今は、困っていることは変えていこうと思うし、相談できる人もいる。

  自分の経験から、子どもたちの困りごとに寄り添える大人になりたい。

  応援してくれる人や仲間に出会えたことを子どもたちにつないでいきたい」と。

あすのばの給付金に応募しようとしても、「生活保護を受けているのだから申し込む必要はない」と役所の担当者にはねつけられたという人の手記を読みました。

せっかく目の前の子どもに寄り添う事業なのに、たまたま窓口の無理解な大人のせいで利用できないこともある。

心ある人、困窮する人に寄り添おうとする人たちの思いに敬意を払い、きちんと生かすために、

個人レベルでの人権感覚の啓蒙も必要なんだ、ということ、ここでも改めて感じました。

「ここプロ」の活動を前に、若い力に改めて感動。

大人は若者が生きよう伸びようとする真摯さに向き合うこと。そして、

子ども、若者は未来の国を作っていってくれる人たちだという敬意を持って、そして宝物として接していかなくてはなりません。

あすのばの活動に賛同し協力する人、そして子どもたちを温かく見守る大人が一人でも増えますように!

 子どもの貧困対策センター公益財団法人あすのば  ホームページ

あすのばFacebook (募金活動の風景はこちらより使用許可いだだきました)

 〜闘病のシンガーソングライター〜

「命の道のりは永遠。今、荷物を持って生きることには必ず意味がある」

熊本市在住のシンガーソングライター、樋口了一さんが作成した同市立平成さくら支援学校の校歌の一節です。

子どもの頃にビートルズに憧れ、29歳で歌手デビュー。テレビ番組の主題歌などを歌い活躍するも、デビューわずか2年後にパーキンソン病を発病、ギターも弾きにくく、声もスムーズに出なくなってしまい、無念の引退を考えたといいます。

しかし、中島みゆき作詞作曲、吉田拓郎が歌う「永遠の嘘をついてくれ」の歌詞に勇気をもらって闘病しながら音楽活動を続ける決意をした樋口さん。

「一度は夢を見せてくれた君じゃないか」

無償でライブを続けるようになったのは、

「完璧なコンディションじゃなくても思いが届けばそれでいい」と考えるようになったから。

「障がいや病気、衰えによって伝えたいことが表現できなくても、その人の人生が損なわれることはない」

回り道をしたからこそ、子どもたちに伝えられることがある、と。

~「生きること 必ず意味がある」支援学校へ送る言葉~ 11/23東京新聞朝刊掲載記事より

 

苦労や挫折を重ね、困難を抱えながらの表現活動。

その姿こそが子どもたちや多くの不自由を抱える人たちに勇気と共感とプレゼントしてくれるのだと思います。

「荷物を持って生きる」

自分にとっての荷物・・それは外傷による後遺症。

忘れてしまうほどに回復していたのに、再び痛みが頭をもたげるようになった私の荷物。

戒めのようにも思える。初心を忘れるな、と。

「荷物を持って生きることには必ず意味がある」

不自由とともに生活する人の身になって考え、行動するためのプレゼントなのかもしれない。

こんなちっぽけな荷物くらいで・・。

そう思うと、自分の小ささが嫌になり、もっと頑張る勇気が湧いてくる。

障がいを持って生きる人たち、病気と闘う人たち、幼くして難病と闘う子どもたちやその家族・・・

そんな人たちへの尊敬の念が自然に湧いてくる。

SHJアーティスト個展~とりともり~

病棟でのクラフトワークショップが人気のアーティスト、三輪ゆうこさんの個展にお邪魔しました。

コンセプトは、

「手を動かして、手でかんがえる制作を続けています。酉年のお日さまのいちばん短い時期に明かりと陶器と絵の個展です。アートについて思索すること、制作することをこれからも続けていきたい」

下町情緒溢れる根津に佇むギャラリーKingyoは、住宅街にひっそりとありました。

ギャラリーKingyo

扉の無い一階のオープンなスペースでは、あかりのインスタレーション。

新聞紙で作った「とり」。そして「もり」はやはり新聞紙を細く長く丸めて棒状にしたものをからませ、組み合わせて制作したもの。

三輪さんが手でかんがえながら制作した「鳥と森」が広々としたギャラリーを埋め尽くすさまは、まるで宇宙の様相。

空間の中での質量と重さのなか、ライトアップを受け、「鳥と森」がそこに作られた影と遊んでいるようです。

二階は陶器と絵の、名付けてMIWA空間。すべての作品に遊び心がほどよく隠れていて、お茶目な演出を見つけ出すのも面白い。

この世界観がスマイリングホスピタルジャパンの活動で子どもたちが夢中になる所以かもしれません。

所狭しと展示された陶器の数々からお気に入りを発見。

手頃なサイズの花器は、草花の欠かせない生活にぴったり。美と実用を兼ね備えています。よく見るとここにもいろんな可愛いモチーフが隠れていて楽しい。

~三輪ゆうこ個展~とりともり ギャラリーKingyoにて12/3まで

三輪ゆうこ アトリエ蓮根庵ホームページ 

おまけ・・

根津の街、もう少し歩いてみたい。

~アートで生活にリズム!~

生まれてからずっと病院にいるというEちゃんはもうすぐ2歳。

ベッドの柵の中から満面の笑顔で迎えてくれるEちゃんには毎回励まされています。

そのベッド周りにはスマイリングホスピタルジャパンのアーティストによる似顔絵や一緒に作った作品、

そして2ヶ月に1度の「SHJ病棟の写真屋さん」で撮影、プレゼントした写真がたくさん飾られていて、Eちゃんご家族にも励みになっているのかな、と嬉しくなります。

患者さんも家族も、そして病棟スタッフも毎週月曜日はスマイリングの日と言って楽しみにしてくださっていること、久しぶりに2週連続アシストをして実感しました。

週替わりのアートプログラムがワクワクをもたらすことはもちろん、「定期活動」が、とかく単調になる入院生活にリズムをつけていると保育士さん。

「今日はスマイリングの日だから〇〇は~時からね」とスタッフ同士の打ち合わせにSHJが参加していること、そしてそれが医療者の緊張の連続の中にもリズムと癒しをもたらしていると。

Eちゃんのお母様がお子さんの成長をブログに綴っています。そして毎週月曜日のSHJの活動のことを紹介くださっています。

ご家族のEちゃんへの深い愛情を感じずにはいられないあったかいブログです。

短腸症候群の息子の記録~小児病棟に笑顔を~

 

今日のプログラムはギタリスト 平原謙吾&ボーカル 久末冴子(オトイロクレヨン)の音楽&お話会。

画家でもある冴子さん作、紙芝居形式の二人の自己紹介は好きな食べ物や乗り物などポップなイラストで。

オリジナルの紙芝居に、深く透る歌声とギターの音色をバックにしたワクワクのお話にみんな夢中。

紙芝居舞台の前でお話しながら歌いながら、自然に身体が揺れる二人を見ていると子どもたちも誘われて心地よく身体がリズムをとります。

オリジナル曲『しあわせ』は一転リラックスできる美しい調べ。

Eちゃんはベッドサイドでお母さんのお膝の上でニッコニコ。

「パパ、お月様とって」のお話を満喫していました。

お客さんが好きなのでしょうか。今日もEちゃん!といってベッドに近づくアーティストとアシスタントを見つけると溢れるほどの笑顔で歓迎してくれました。

個室、ベッドサイド訪問は家族だけのアート時間。

今日は深く柔らかな声で歌とお話。そして耳に優しいギターの音色と。

来週はクラフトワークです。どんな作品ができるかな。

久末冴子ブログ

平原謙吾 Official HP

Smiling Hospital Japan Official Website