実現させよう、少人数学級 Part Ⅱ 👦👧

一斉休校後、分散登校になったことで

少人数対応のメリットを実感した学校現場について

2020/7/27投稿~実現させよう、少人数学級

で綴った。

普段上限35人の子どもを担任していたなかで

感染予防のために分散、時差登校になったことで

一人ひとりをよく見ることができた教員にとっては

何より実現させたい少人数学級。

コロナ禍において、不登校や家庭環境による格差など

これまでもあった課題がさらに深刻化している中で

より個別に向き合う必要性が教育現場には必要だ。

change.orgでの少人数学級化を求めるキャンペーンに

私も署名した。

11/29付東京新聞朝刊の

「少人数学級巡り予算攻防」

という記事をもとに

なぜ少人数学級が実現しないのか、まとめてみたい。

少人数学級は

1958年に義務教育標準法が成立した後

公立小中学校の1学級上限人数は50人だった。

64年度に上限45人

80年度には40人

2011年になってやっと小1のみ上限35人となった。

今年の新型コロナウイルス感染拡大を受けた

一斉休校、分散投稿を通して

感染予防のためにも

少人数学級をそのまま実現させる良いタイミングだという

動きが活発化し

9月に自民党の教育再生実行本部が30人学級を求める決議をし

文科省が来年度予算にそのための経費を要求している。

なぜここまで必要性が高まっているのに

すーっと行かないのか。

それは財務省が頑として教育への出費を認めないから。

これを文科省と財務省の攻防だとして記事が伝えている。

その対立の構図はざっとこのようになる。

→以下は私の意見。

✔︎文科省が平均64㎡の教室に40人では感染防止に必要な距離を保てない

と言えば、

財務省は40人と30人で感染リスクに差が出るかは疑問だと。

→疑問、というのはだたの感想。科学的な理由が欲しい。

普段どうやって予算編成をしているのか、そもそもの部分で首をかしげてしまうではないか。

✔︎文科省が1人1台端末が配備され、よりきめ細かな指導が必要、

と言えば、

財務省は学級規模縮小の効果はあっても少ない、と。

→説明になっていない。現場に足を運んで言っていることなのか、これこそ疑問。

✔︎文科省が1クラスの人数が主要国より多い(小学校27.2人、中学校32.1人)

と言えば

財務省は少子化で小学校の9割、中学校の7割がすでに35人以下だ、と。

→これは地域などでばらつきがあるから個別の対応が必要だが

全てのクラスが30人以下という目標には程遠いことには変わりない。

詭弁?なんくせ?説明になってませんよ。

✔︎特別な支援の必要な子のためや専科指導のために担任外教員が必要

と言えば

財務省は担任外教員が多く、教員一人当たりの子供の数は主要国なみ

(小学校16.2人、中学校13人)だと。

→この数字には「?」がつく。しかもここの判断は数字だけでは測れないと思う。

人への信頼だったり子供を地域で育てようという空気が薄い日本。

隣に住んでいる人すら知らない、といった他者への無関心が様々な問題を生むような社会。

地域で子供を見守るような国々とは比較できないだろう。

特に欧米の小学校などでは母親が学校活動に参加したり

協力したりすることは一般的だが

日本では授業や子どもたちの様子を見ることができるのは

基本的に授業参観や行事、PTA活動の時だけ。

親が学校活動にボランティア参加するなどという空気はない。

・子育て等における母親の孤立化

・事務仕事に追われ残業が多く疲弊し病に倒れる教員多発

・担任が子どもたちに向き合う時間が足りないことで

子供の思いを受け止められず子ども自身が孤立してしまう学校現場

これらはいま現在の学校の姿だ。

現場に寄り添うことなく数字あわせばかりするのが

財務省の仕事ではないはず。

「生産性」という考え方が根底にあれば

費用対効果の計算に走るのだろう。

人々の生活向上が数字として弾き出されるなど

一朝一夕にできるものではない。

財務省にしていただきたいこと。

まずは人間のナマの生活を見ること。

今、学校で、家庭で何が起こっているのかを知ること。

少なくとも少人数化は現在抱える様々な課題を解決するための手段として

大きな部分を占めるように思うがどうだろう。

「日本の学校は終わってる」

などと言われて平気でいる(聞こえていない?)、

改善の必要性を認めない、経費を出さない。

ここ、大いに変えていかなければならない

日本の恥部だ。

松本恵里Facebook

打楽器万歳! Part Ⅱ

コミュニケーションの道具でもある音楽を通して

シンプルに

「同調する」「共鳴する」

という方法で

互いに理解が深まる

そんなことを綴った前回。

このことを改めて意識した「学びサポート」音楽の時間では

さらに発展したことがありました。

アーティスト石橋和子さんの発案 ”指ダンス!”

アーティストピアノ弾き語りと

Cちゃんと家族によるパーカッションでセッション。

この音楽に合わせて

両手の人差し指と小指を脚に見立てて

踊りを披露するのはアーティスト。

両手両指がぶつからないように

リズムに合わせて軽快に・・

やってみたけどどうしても指と指がもつれてしまう。

何度か練習しないと無理。

これは指先の柔軟なピアニストだからできること?

曲は

5匹のこぶたとチャールストン

1961年に発表された原曲は

“Shimmy Shake” 

シミーとは、肩・腰を激しく振るダンスの一つだそう。

64年には

みんなのうた

お母さんといっしょ

でも歌われるようになったノリの良い

いつかどこかで聞いたことのありそうな曲です。

まず、ピアノ、歌、パーカッションのセッションを録音。

映像にはCちゃんの家の犬2匹もちょろちょろと出演します。

そして録音した

”5匹のこぶたとチャールストン”

に合わせて

アーティストの4本の指を2匹の子ぶたの脚にして

指ダンス。

より華やかに爪には色をつけて。

ティッシュとマスキングテープででささっとチュチュを作って

手の甲に貼ればスカートを履いたこぶたの出来上がり!

バックにはもちろん3匹の子ぶたの脚が。

2匹+3匹=5匹!

まるで一列に並んで一斉に足を振り上げる

フレンチカンカンのよう。

そしてダンスの舞台は

真っ赤なカーテンとキラキラの看板がついて豪華絢爛。

Cちゃんご家族の手作りです。

ここまでの録画素材を

学びサポートコーディネーターが編集して

1つの作品に仕上げました。

その名も

「フィンガーダンス

5匹の子ぶたとチャールストン

by Kazuko & Cちゃんファミリー楽団」

実はこれ、Cちゃんの音楽の時間に

ノリの良い家族が温めていたアイデアでした。

「いっそ

YouTubeスマイリングちゃんねるにアップして

病室でも子どもたちに楽しんでもらおう。

病室でのアクティビティとして提案してみよう」

と。

医療用手袋を看護師さんに分けてもらって豚の足を作り

チュチュはベッド脇に必ずあるティッシュを破って形作り、

貼り付けるためのマスキングテープも

看護師さんにもらって。。

手が思うように動かせない子は

保育士さんに手伝ってもらって・・・」

そんな風に

Cちゃん宅では医療スタッフの忙しさをよそに

子どもたちが楽しめるようなアイデアが

尽きることがありません。

さて今回アップした動画には

退院してお家で闘病するCちゃんも参加しています。

打楽器を叩きながら

入院しているみんなに応援を送っているかのよう。

離れていても伝えられる

オンラインの活動。

病院という環境で

スタッフの手を煩わせない範囲でできることを

可能な限り行なっていきたいと思います。

感染が収まり活動が再開しても

アーティストによる動画の配信は

活動の一つとして続けていくつもりです。

コロナが産んだ

新しい活動。

今回はさらに子どもも参加する

という画期的なものです。

入院していても自分のベッド上から広く発信できるようになったらいいな、

そんなきっかけづくりになれたら嬉しいです。

石橋和子Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

スマイリングストア

打楽器万歳!

胸がときめくような活動報告書を

在宅訪問学習支援ボランティアとして音楽を担当する

SHJアーティストで

シンガーソングライターの石橋和子さんから届きました。

コミュニケーションの道具でもある音楽を通して

シンプルに

「同調する」「共鳴する」

という方法で

互いに理解が深まるということを改めて知った

貴重な学びサポートだったと。

学びサポート活動報告

確かに、SHJにはドラムサークルファシリテーター

をしているアーティストがたくさんいます。

音楽はノンバーバルコミュニケーションだと

彼らの熱い語りに引き込まれたものです。

なかでも彼らの専門

太鼓や様々なパーカッションを通した

打楽器でのやり取りは

メロディーが進んでいって

それにあわせて聴き入ったり

身体を動かしたり楽器を鳴らしたりする、

どちらかというと

合わせる

ついていく

といったような受け身の活動ではなく

次に音を出す人に進行が委ねられる

参加者の誰もがファシリテーターになれる音楽

と言っていいと思います。

ドラムサークルの手法が浮かんだのは

外でもない

今回の学びサポートの音楽の時間が

まさに打楽器が合図となって

セッションが成立するものだったからです。

杉並区のCさんは前回の音楽の時間に

膝立ちしてジャンベを。

今回も

まるでパーカッショニストのように

ぐるりにキーボードやその他色々な楽器をセット。

しかし周りからあれこれ提案されたり

なんとか音を出すようにと

あの手この手を工夫してワイワイされるよりも

え?いま?

と言ったタイミングでいとも簡単そうに

ひょいと突然太鼓を叩いたりキーボードを鳴らしたり

自分で奏で始めたりします。

大人達は自分を低く見積もっているな、

というのを見透かしているかのよう。

その後はCさんの首を振る動きを合図に

アーティストがキーボードを引く、

Cさんが止まるとキーボードもストップ。

そのうち、音を変えたりCさんの表情にあわせて

話しかけたり

共鳴が生まれました。

次第に楽器に気持ちが向き、

タンバリンに手を伸ばします。

トントントンと軽く叩くと

今度はアーティストがエイサー太鼓を

トントントンと叩きかえす。

「1拍目と2拍目の首振りと首振りの間に、ギュッと思いが詰まっていて、

空白の間にも細かいリズムが規則的に刻まれているのが伝わってきました」

とアーティスト。

その細かいリズムは、まるで伝えたくても

伝えられなかったCさんの思いのように聞こえたと。

「そういえば、小さい頃はいつもしゃべっているか歌っている

ような子でした」とお母さん。

感受性と知性による言葉が頭の中に

いっぱい詰まっているエネルギーを感じ

Cさんを少しずつ理解し近づけた気がする

と石橋さん。

Cさんをわかろうとしていることが

Cさんに伝わったらいいな、とも。

しまってあるたくさんの言葉や思い

感じていることをCさん自身が音色やリズムで具体的に

表現できればと思うものの

すでに表現していたのに

読み取れていなかったのかな、

と振り返ってみたり。

もっと読み取っていきたい、

そんな風に活動報告書に思いを綴る

学習支援員がいること

幸せだなあ、としみじみ噛み締めた

そんな報告書でした。

ノンバーバルコミュニケーション・・・

打楽器で思いを伝える

伝え合う

言葉ができるずっと前からコミュニケーションの道具として存在した

打楽器。

太鼓然

としているものでなくていい。

その辺にあるものを叩けばそれが打楽器。

伝えたいときに伝えられる。

打楽器万歳!

そういえばCさんのお母さん

前々回に犬のクッキーが入ったタッパーを

太鼓がわりに叩いていて

なんだかいい音を出していたのを思い出しました。

石橋和子Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

スマイリングストア

親バカは続く・・・🌟🌟🌟🌟🌟

生みの親?

育ての親?

いずれにしても

かつて生活を共にし苦楽を分かち合った

子どもたちへの愛おしさは

生きる力になっていると

改めて思うこの頃です。

感慨深さを前回綴っています。

さて、子は子でも

今回は親である私の落書きが誕生の瞬間という

風変わりな出生のひみつをもつ

SHJマスコットキャラクター”スマホジ”について

話題が戻ります。

というのも

販売を開始してから

たくさんお買い上げいただき

嬉しいレビューと共に

星5つ!!!

という光栄な評価をいただき

親として誇りに思うこの頃だからです。

SMILING STOREに寄せられた

レビューをこちらでまとめて紹介します。

🌟🌟🌟🌟🌟

包を開けると自然と笑顔になりました。

ほんわり優しい雰囲気なのに、存在感抜群です!

柔らかい笑顔で見守ってくれている様です❣

🌟🌟🌟🌟🌟

一目惚れして、1度に2つ購入。

なんとも言えない表情が、ほんと可愛いくて、

肌触りもほんわかしてて、大人の私が毎日癒されてます。

きっと不思議な力を持っているスマホジちゃんだと思います。

たくさんの方々の元に届くといいなぁ。

🌟🌟🌟🌟🌟

スマホジちゃんのとびっきりのスマイルに癒されます。

ポシェットにお手紙を入れて、

字を覚えようと頑張っている息子に届けてくれる

郵便屋さんになりました!

🌟🌟🌟🌟🌟

初めて購入させて頂きました。

長期入院している3歳の娘にこのスマホジちゃんを見せたところ、

かわいい~♡と満面の笑みを浮かべて嬉しそうにしていたので購入を決意。 

届いてから早速娘に持っていくと、

ギューッと抱きしめてかわいい!!とお母さん気分でお世話を始めたり、

検査の時に一緒に連れて行ったりと本当に気に入っています。 

それを機に上のお姉ちゃん達にも購入をすることになり

我が家にはスマホジちゃんは2体一緒に暮らしています。

今後また増えるかもしれませんが。◕‿◕。 

手作りとは思えないほどの完成度でコロンとしていて

とーっても愛着が湧くスマホジちゃんです。 

ありがとうございました♡

🌟🌟🌟🌟🌟

中には家でのスマホジの様子を写真に撮って

送ってくださる方もいて、

嬉しさひとしお、

スマホジを産んだ甲斐があります。

この場で改めてお買い上げに感謝いたします。

スマホジは引き続き

販売サイトにてお待ちしています。

こちらからどうぞ!

SMILING STORE

ストアでは

定番のバリアフリーみんなの教材図鑑

ボランティアハンドブック

そして

教材図鑑から飛び出した教材が次々に追加されています。

合わせてご覧ください。

スマホジや図鑑、そして教材に込められた

スマイリングホスピタルジャパンの理念を

手に取ってくださったら嬉しいです。

⭐️   ⭐️   ⭐️   ⭐️   ⭐️

スマイリングストア

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

〜息子たちにエールを!〜

核兵器禁止条約、

最後の批准国であるホンジュラス

唯一の被爆国でありながら参加しない日本

この2つの祖国の間で

アイデンティティのはざまで苦しむ

というのではない。

彼はむしろそれを超越して

豊かな国と言われる日本と

貧しく治安の悪い国といわれるホンジュラス

を冷静に眺めている。

どっちが本当の幸せを知っているのかを

知っている。

そんなことを息子がnoteに綴った内容(核兵器とおバカさん

東京新聞の記者の目にとまり

読者欄への投稿を促してくれ

息子は早速字数制限に従い短くまとめて応募したところ

今日11月16日付の朝刊に掲載された

ホンジュラスの人、いや

貧しい国と言われる国の人々は

経済的な豊かさだけが幸福ではないと言葉にせずとも

身体でわかっている、

ということを

体験から我が身にしみているから

とても説得力がある。

4年生の時に慣れない国で生活し

カルチャーショックどころではない

怖い思いや寂しさを募らせ日本に帰ることを待ち望んでいたというが

日常で味わう

市井の人々の暮らしの中に

本来の人間らしい幸福があった

と成長してから振り返るようになった。

記事にもあるように

お祝いの席では音楽と食事と笑いを大切にしていた、と。

さらに聞くところによると

そこには自然に身体を動かし踊って喜怒哀楽を分かち合うという

極めてプリミティブな人間らしさが

そこここにあったと。

⛰ 🗻 ⛰ 🗻

以前長男がインド北部の山あいにある

ラダックという場所に滞在したことがある。

ここもとても貧しい地域だが

子どもたちの瞳はキラキラと輝いてた、と

話してくれたことがある。

村人みんなで助け合い

みんなで子どもを大切に育てる。

もっとも、

グローバリズムが台頭し、

情報化の波が及ぶようになり、

人間的豊かさにあふれていたはずの農村が価値観を揺るがせ

徐々に変わってしまったようだが。

そのことについては

2018年7月10日にブログ幸せの経済学

で綴っている。

長男は結局

グローバル化や資本主義に奪われそうになる

肌で感じられる幸福を求めて

長崎の五島に移住し

自給自足中心の小さな経済を地で行く生活を楽しんでいる。

卒後の数年を企業戦士として暮らしながらのモヤモヤを

一気に吹き飛ばし自分らしく自由な日々を送っているようだ。

🐠 🐟 🐠 🐟

血の繋がっていない兄弟だが

同じ感覚で

人々の暮らしにある本当の幸福とは?

を問い続けるところ、

最初からどこかで繋がっていたのではないかと

思わせる縁を感じ

鳥肌がたつほどの感動を覚え

思わず彼らのことを綴ってみたくなったのが今回のブログ。

*****

人それぞれ幸せの基準も価値観も違う。

けれど

それでいいじゃない?

では分断や格差を生むだけのような気がする。

息子たちのような

本当の幸せを問い続け、

自分らしくいようとする生き方は

時に苦しいこともあるかもしれないが

ぐるりへの幸せの波及効果とともに

格差など薄まっていくような気がする。

それぞれ離れた場所で頑張っている息子たちにエールを送りたい。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook