コロナ禍、小児病棟では・・・👶👦👧

ちょうど昨年の今頃

新型のウイルスが発生し

感染拡大の傾向にあるため

各病院、施設から

「病棟での活動はしばらくお休み」

との連絡を受けました。

3月に入るとピタリと活動がなくなり

その時はこれほど事態が長引くとは思っておらず

入院中の子どもたち、しばらく待っていてね、

というくらいの気持ちでいました。

現場の医師からその頃からの状況を伺う機会がありました。

正体のわからない敵をめぐり

目まぐるしく変化する状況の中で

子どもを不安にさせないようにとの思いを軸に

日々の業務に奔走し続けた1年だったと。

面会や付き添いは親御さんのみ

そしてその時間も大きく制限され、

当然私たちのようなボランティアは入棟禁止。

普段から入院生活の寂しさや不安というストレスにさらされている子どもたちが

今回の事態を受けて

さらなる我慢や辛さを強いられています。

長い間親にも会えない寂しさが追い討ちをかけることに。

幼い子どもは泣いて悲しさをあらわにしたり

暴力的になったりと

母子分離不安や反応性愛着症候群

のような症状が見られたそうです。

年長の子どもも、表では

仕方ない、と納得しているように振る舞うけれど

夜になると寂しさが押し寄せ

涙しながら親に電話をしたり

食欲がなくなるなどの抑うつ症状になる子どももいたそうです。

普段の入院のストレスが何倍にも膨れ上がる中

私たちSHJの活動もなくなり

子どもたちにとっての楽しみも奪われてしまいました。

唯一面会が許される親御さんとの時間も1日15分、

事態によってはオンライン面会1日10分のみ。

そのような状況を聞いていた私は

子どもたちの

辛く寂しそうな様子を想像しては

もどかしさと折り合いをつけるしかなく・・・。

しかし子どもはたくましいもの。

今まであまり話をしなかった同室の子どもとの

交流が活発になったり、

プレイルームが使用禁止となり

集まることができない代わりに

オンライン通信で仲間とゲームしたり、

限られた中で工夫し始めたそうです。

「自由の制限された環境でめげることなく

限られた中での自由や楽しみを見つけて

道を切り拓こうとしていることに気づかされた」

とこの医師は言います。

「こどもはたくましい。

大人がめげている場合じゃない。

逆にこどもたちから元気をもらう」

とも。

辛い治療と長い闘病生活を宣告された当時から

なんど心が折れそうになっても

時間をかけて

病気を治さなくてはいけないという事実と

それに伴う長期入院を受け入れてきた。

不安や恐怖と折り合いをつけながら生活することで

様々な知恵や工夫、

自分自身と向き合う時間が生まれたのだと思います。

経験をもとに生きる力を培っている印象です。

転んだってタダじゃ起きないよ!

というほどの芯の強さを感じます。

しかし、みんながみんなそういうわけじゃない。

元気な子の陰で

手のかからない大人しい子は

どこにでもいるもの。

そんな子が人知れず泣いている状況にも

この医師はきっと寄り添って

手を握って

一人じゃないよ、と伝えているはずです。

余談ですが、この医師とは

子どもを楽しませたい

子どもと一緒に楽しみたいトークで

よく盛り上がるのですが、

仕事が終わったら年長男子と一緒にゲームをしたり、

年長女子と女子トークで盛り上がったり

するそうです。

まるで院内学級にいた頃

放課後、職員室に戻らずに

いつまでも病棟で子どもたちと遊んでいた自分と重なります。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

あしなが育英会〜学生の学びをストップさせないために〜

「あしなが育英会」は

病気や災害、自死などで親を亡くした子どもたちや、

障害などで親が働けない家庭の子どもたちを

奨学金、教育支援、心のケアで支える民間非営利団体です。

あしなが育英会HP

昨夜、ニュース番組でこの会の窮状が伝えられていました。

幼少時に父親を亡くしたある大学生。

アルバイト収入と育英会からの支援を受けながら

学業に励んでいますが

コロナ禍で母親の仕事が減り

自分のアルバイトのシフトも半減し

家族が頑張っているのに自分だけ勉強していていいのか

と母親のため息を見るごとに思う、

と話していました。

コロナが憎い!

みんな困っている!

特に有事の際、真っ先に犠牲になるのはいつも子ども、そして女性。

子育て中の母親の悲痛な叫びは多くの現場から聞こえてきます。

母子家庭の貧困問題はますます拍車がかかるし

難病や障がいを持つ子どもに降りかかる医療の逼迫も。

昨年の急な一斉休校でもろに影響を受けたのも子どもと母親でした。

さて、このあしなが育英会の代表が

番組のインタビューで語ったところによると

全国規模で大掛かりに行われる街頭募金で

1回に数億円の収入があるといい

さらに1回に10倍もの効果があるといいます。

1年に数回行っていて

これまで支援した遺児学生の数は11万人(あしなが育英会HPより)

といいますが、一人にかかる学費を思うと

まだまだ十分ではないのです。

そんなところに襲い掛かったウイルスの蔓延。

街頭募金は中止され大きな支援金獲得の道が閉ざされました。

コロナが憎い❗️

みんなが困っている❗️

そんな中

これから希望を持って歩んでいくべき若者のために

少しでも募金しませんか。

→あしなが育英会募金「寄付する

👦 🧒 👧 👦 🧒

ところで

憲法第14条には、

すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分

又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない

とあるし、

第25条には、

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する

とあります。

さらに

第26条には、

すべて国民は、法律の定めるところにより、ひとしく教育を受ける権利を有する

とも。

子どもの権利条約を見れば

子どもには、教育の機会が平等に与えられ、学ぶ権利が保障されている

としっかりと謳われているのです。

国民は

「生存権」「教育を受ける権利」「勤労の権利」「労働基本権」

という社会権を

国家によるほどこしではなく

当然のこととして主張できる正当な権利を持っていて

国は、

すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び

公衆衛生の向上及び増進に努めなければならならない(憲法25条)はずです。

憲法・・・守られているでしょうか。

あしなが育英会を例に

人権を守り窮状にある人を支えようという民間団体は数多くあります。

しかし、市井の人の善意に甘んじることなく

全ての人が人間らしく生活し

幸せを追求できるように財政を回していくのが

ほんらいの国の仕事ではないでしょうか。

コロナ禍にあって親の収入が減った

アルバイトを解雇された

それゆえ学費が払えず

学びたい人が学べない現状、

「休学、退学を考えています」

という若者をメディアで見るたび

胸が痛みます。

👦 🧒 👧 👦 🧒

 

大人のコンデイションは子どもにとって天気🌞

今話題の漫画

「リエゾン こどものこころ診療所」(竹村優作原作、ヨンチャン漫画)(講談社モーニング連載中)

が先日東京新聞で紹介されていました。

監修医のインタビューへの回答に共感し、

ここに綴りたくなりました。

「子どもにとっては大人のコンディションが天気。

毎日雨なら影響は甚大」

と。

子どもの診療とはいえ、大人が心を穏やかに保つことが大事だと。

子どもの考えていることはわからない、

とよく大人は言います。しかし

わからないことを認め受け入れることが第一歩。

わからないことに説明がつき、子どもを理解する枠組みは手に入れられる。

それが子どもに対する大人の心の持ちようを穏やかにすると。

さて、コロナ禍において

心が不安定になりがちな大人。

そんな大人たちの陰でさらに顔色を伺うように

不安や寂しさに耐えている子どもはたくさんいるように思います。

子どもを守り育てなければならない大人が

先の見えない現実のなかで

心を穏やかに保てずにいたら

親子の間にも溝のようなものが現れ

不安が増すほどにその溝も深くなっていくように思います。

まさに

「子どもにとっては大人のコンディションが天気。

毎日雨なら影響は甚大」です。

はて?

特に今のコロナ禍に置いて

大人は子どもにとって信頼できる

守ってもらえる、という安全基地になっているのだろうか

と不安になります。

感染拡大防止のために実施された

昨年3月から6月にかけての一斉休校。

無茶だ!

とっさにそう思いました。

子どもにとっても大人にとっても

突然の事故のような感覚だったでしょう。

ウイルスを真剣に封じ込めるために

政府は思い切った方策に出たのだなと

期待しかけるも

実際は見通しも計画性もないものでした。

多種の専門家の意見や

科学的な根拠をもとにしたものでもない。

現場に寄り添い

多様な個々への心配りもない。

実行可能な施策を考え抜いた、

というのには程遠いものでした。

さらに休校中の家庭での学習を成績評価の対象に

などという通知を文科省が出したものだから

その子らしさを大切にするどころか、

他に遅れを取らないようにと成績というものが価値観の中心になる。

そのために親子関係がおかしくなり

家庭という密室の中で閉塞感が募り虐待も増えました。

家庭環境の格差により教育の不平等が深刻化しました。

一斉休校という鶴の一声に振り回され

家庭学習も成績の対象という通知にあたふた・・・

そんな大人たちの様子にこそ

子どもたちは不安を募らせているのだと思います。

その挙句に信頼関係までも失うことになったら

本当に悲しいことです。

子どもたちのためにもいつも笑っていたいな、と思います#。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

35人学級、やりました!👦👧

昨日、少人数学級化に向けた予算案の折衝が行われると

綴ったが、その結果

目標の30人学級は叶わなかったが

まずは小学校35人学級で決定した、と報じられた。

2021年度から5年かけて段階的に実施するという。

40年ぶりの1学級上限人数の引き下げは画期的。

正直なところ、30人でも多い、と感じていたので

35人と知った時は少々動揺したが、

いきなり30人というのはさすがに無理があるのだろう。

まずは35人。

やりました!

そして次の10年後に向けてぜひ30人以下への

継続課題としてほしい。中学校も忘れずに!

👦👧 👦👧 👦👧

1学級の人数ばかりが話題になるが

その分、当然学級数が増えるのだから

教員数を増やす、ということになる。

教員一人が見る児童の数が減り、目がゆき届き

コミュニケーションも豊かになるという効果と合わせ、

教員の待遇改善や事務量を減らすという課題にも

目を向けてほしい。

そうすれば

減少している教員志望の学生の数も

盛りかえすはずだと思う。

意欲ある学生が増えれば教育の質も上がっていくだろう。

ところで、ふと心配になるのは教室の数。

ここにもしっかり予算をかけて

安全で過ごしやすい学校を作ってほしいな、と思う。

👦👧 👦👧 👦👧

少人数化については

色々な知識人がメディアで見解を発信してきた。

その多くが少人数化を大いに進めるべき、というもの。

読むたび耳にするたび、そうだ、そうだ!

と共感していたものだが、

ある憲法学者が新聞に寄せていた「がっかり意見」にも

触れておきたい。

少人数化すれば教室内の多様性が減るという。

その分仲良しが減る、というのだ(仲良しでない子も減ります)。

学習の遅れや外国籍の子どもに

言語的なフォローをするために教員を増やすのは賛成だと。

しかし

紙面を読む限り

目が主に「学習の到達度」に向いていることがひっかかった。

大人数の中で自分を表現できずに埋もれてしまう子は多様性がかえって辛いかもしれない。

友達のことで悩みがある子

家庭に問題がある子

集団が苦手な子

・・・・・

そういった気になる子の存在を把握して

個別に対応することも教師の大事な仕事。

子ども一人ひとりに目が行き届く方法として

少人数化はとても効果があると思うのだが。

このかたは

学校にも家庭にも特に問題のない恵まれた環境で育ち、

友達もたくさんいて

自分の目標に向かって学業に邁進されたのかな、と

想像する。

批判するつもりはない。

しかし、日頃ニュース番組などでコメントされるときの

理路整然としてわかりやすい話し方や

弱者に寄り添わない政策には一刀両断に斬る物言いが

とても好きなだけに、

今回この方に共感力を見出せないのが残念。

いろんな意見があっていい。

いずれにしても、

今回多くの人が学校現場に思いを馳せ

子どもたちや学校の現状を改善したいという共感が

国を動かしたことになる。

とても嬉しいこと。

・・・
と胸をなでおろし綴った直後
財政出動にほとんど影響ない範囲の決定ということを知り
教育へのケチケチ態勢に、もういちどがっかり💢
後味が悪い、というのはこのことかな・・・。 (12/19)

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

少人数学級を実現させたい・再び

一斉休校、分散登校により

少人数での対応のメリットを実感した教育現場。

感染予防のためにも

少人数学級を実現させる良い流れだということで

9月に自民党の教育再生実行本部が30人学級を求める決議をし

文科省が来年度予算にそのための経費を要求している。

17日の今日、その予算編成の折衝が行われ、

予算は21日に閣議決定する予定だそうだ。

これまで財務省が頑として教育への予算増を認めなかった中で

来年度こそ、少人数学級を実現させてほしいものだ。

財務省は学力の向上が見られるかどうかばかりにとらわれる。

「効果はないか、あっても少ない

(→12/3投稿「実現させよう少人数学級 Part Ⅱ」)」と。

その根拠がよくかわからないが、

論点としては

学力だけではなく教員と子どものコミュニケーション

というところに意義があることを認識するべきなのだ。

もちろん、学力についても

家庭環境などで格差がある場合

少人数学級なら

より子どもに目が届き効果が上がるだろう。

さらに

「発達が気になる児童」への対応も手厚くするべきだ。

その割合は約6.5%で

通常学級に1-2名は常時存在することになるといわれる。

疫学研究では発達障害の有病率が上昇している

という報告もある。

さて、

少人数学級の必要性を叫ぶのは

教員数を増やして欲しい、ということとイコール。

その主な理由として

上に挙げたような児童生徒へは手厚い対応が必要

ということと、

一人の教員の事務仕事の負担が大きく疲弊し病に倒れる教員が多発している、

さらに

担任が子どもたちに向き合う時間が足りないことで

子供の思いを受け止められず子ども自身が孤立してしまう。

という内容も「実現させよう少人数学級 Part Ⅱ」でも書いた。

そのためには教員一人が担当する児童生徒の人数を

まずは30人にというのが文科省の案だ。

(現在上限40名(小一は35名)

それを実現するための策が少人数学級でもある。

教職員の数は基礎定数というのがあり

クラスの数で決まる。

少人数学級化してクラスを増やさないと

先生の数が増えない仕組みだからだ。

なるほど、教員をしていた頃を思い出した。

「加配」

という教員の追加措置が行われただけで

児童生徒数が増えてもクラスを増やす

という措置はなかった。

自治体の努力に任せられてしまうのか、

予算のない中なんとか教員を増やすために

1年任期の非正規教員や非常勤を雇用して

少人数制を実施するが

非正規の場合、任期は1年だ。

せっかく児童生徒や親と築いた信頼関係も

そこで途切れてしまう。

今更だが

数字で一目瞭然の「学力向上」という価値観から

「一人ひとりが豊かに生きる」という数字には現れないところに

大きな価値があることに国はきちんと向き合って欲しいと思う。

「生産性」重視の価値観を貫く中ではかなり難しい意識変革だとは思うが。

さて、少人数学級を実現させるためには

教室を増やすことが必須。

空き教室や廃校を利用、というのにも限界があるかもしれないが

関東だけでも廃校になっている小学校が52もあるらしい

(→6/5投稿「この際、いっそ学校改革!」)

から利用できるかもしれない。

それにしても

40人学級を30人学級にするとして

単純に計算すれば1.3 ~2倍の教室が必要ということになる。

空き教室で足りないところは徐々に学校を改築するしかない。

運動場が狭くなってしまうことに対しては

近隣のグラウンドを使ったり

フィールドワークを増やして

外での活動を増やす。

そして

運動会は廃止。

どうだろう・・・。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook