教育改革~全国学力テストの全校調査化について考えた~

 前回、東京新聞社説で検証された

ここ8年間の教育改革について書いた。

2つ挙げられていたうち1つが

道徳の教科化。

→2020/9/14投稿〜道徳の教科化について考えた

そしてもう一つが

全国学力テストの全校調査化。

競争によって質の向上を図ろうというものだが

現場への圧力が強くなっている、

と書かれていた。

そもそも、

学力向上を競争で

というのがおかしいのだ。

本来は教員を増やして子ども全員に目が行き届くようにし

底上げを図ると同時に学ぶことの楽しさを伝えることが

学校のするべきこと。

学力向上はあとからついてくる。

いじめ解決にも繋がるだろう。

北風と太陽で例えれば

この競争原理は

子どもにとっては冷たい冷たい北風だ。

押し付けられれば押し付けられるほど

嫌いなものはますます嫌いになり

楽しく感じないものはますます楽しくない。

教師はといえば

学力テスト対策に時間や労力が費やされ疲弊する。

そして更にいうなら

教師の仕事が増え続けているというのに

財務省は少子化を理由に教師の数を減らそうとしている。

教育への予算を削る理由を少子化にこじつけて・・・。

OECD(経済協力開発機構)の調べでは

日本の政府総支出に占める教育支出の割合は

減少傾向で、

加盟国平均を下回っている。

潤沢な予算を充てて充実を

というのではなく

現場を疲弊させてまで予算を削り

競争原理で学力の向上を図ろうとしている。

前回のテーマ「こころ」を置き去りにして。

すでに今年2月に投稿した

公教育のビジネス化?

でも書いているように

公教育がビジネス化していることは

この学力テストにも言えることだ。

採点などのためにかかる費用は税金

そしてその税金が向かう先は民間の教育産業。

これは国の怠慢である。

全国学力テストで子どもの健全な成長は望めない。

全く逆である。

多様性をと謳いながら

またか、と再び思う。

国よ、

一斉の評価基準と多様性の矛盾をどう思う。

勉強嫌いな子はますます嫌いに。

成績の取れる子は競争の波に飲まれていく。

「こころ」を置き去りに。

一人ひとりの内面の世界を蔑ろにして。

一度道徳の授業で

全国学力テストの効用について

話し合ってみてはどうだろう。。。

子どもの素直な意見(=真理)がどこまで吸い上げられるかが甚だ疑問だが。

本当の教育改革。

それは少人数学級制

そして

学校へ登校しないで学習するという選択肢を作ること。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

 

〜道徳の教科化について考えた〜

9月8日付の東京新聞社説

検証「安部政治」

テーマは「教育改革」。

2つの検証のうち

1つは教育再生という名の下に

道徳を教科にしたこと。

確かいじめ対策が第一の目的だった。

軍国主義教育の反省から

「こころ」を評価する教科はNGのはずだったと

記事にあることからちょっと調べてみた。

2011年に起こった

凄惨ないじめに対する現場の対応の悪さのために

中学生が自殺してしまった事件をきっかけに

学校と教育委員会は信用できないということになり

道徳の教科化に繋がったという。

ここからは私の意見。

学びに教材は不可欠だが

教材は必ずしも

前もって作られた教科書である必要はない。

道徳がその最たるものではないだろうか。

心を育むためには

日々の生活の中で

人権意識に関わるもの

また人間関係での悩みや

友達とのこと・・・

おかしいんじゃない?

って思うこと。

そんな実感をテーマにみんなで話し合ったらどうだろう。

ナマの体験に基づくあれこれって

きっとみんなの興味をそそる。

あるある!って盛り上がる。

聞いて、聞いてと対話が弾む。

自ずと人の話をじっくり聞き

自分の意見を述べる

という根本的な学習にもつなげられるんじゃないかな。

いろんな意見が出て聴き合って

人の気持ちを知る。

いろんな考え方に出会う。

共感性を養う。

これぞ生きた授業!

「こころ」に大きく関わるテーマを

教科にして数値ではないにしても評価することは

通知表に何らかの「こころ」についての評価を記されるということ。

評価される立場としては

自分の本当の気持ちに蓋をして教科書が求める回答を

してしまわないだろうか。

純粋な子どもたちは

正直に語らず評価を気にして模範解答をする自分に

嫌気がさしたりしないだろうか。

そうさせる学校に不信感を抱かないだろうか。

正直に生きてはいけないことを教えるような道徳の時間。

百害あって一利無し。

そんな時間ならない方がいい。

*****

道徳の教科書の内容は、物語中心。

先人が遺したストーリーには

示唆の富んだ素晴らしい作品が多く

時間が経って読み直してみて

自分の人生経験に照らしてみると新たな発見や

共感がある。

その意味で、

NHK「100分de名著」は大好きな番組だ。

いっぽう、こういう意見もある。

物語を読むその前に、

たとえば

「なぜ人を殺してはいけないのか」

「なぜ人をいじめてはいけないのか」

さらに

「なぜ法律を守らなければいけないのか」など、

人として守らなければならないルール

をまずは教えなければならないはずだと。

しかし、その前のその前に

「こころ」って?

自分が幸せな時って?

嬉しい時って?

悲しい時って?

・・・・・

ナマの「こころ」について語る時

かっこいい言葉より

喜怒哀楽を表すことばや

オノマトペでもいい。

気持ちを表現することから入ってもいいんじゃないかと思う。

そうなると必ずと言っていいほど

相手が登場し

つまるところ

人間関係が話題となる。

そこで

現実に起こったいじめの事件を教材に取り上げるでもいいし

最近気になったことを子どもたちが出してみるのもいいだろう。

教育再生のための道徳教科化・・・。

子供達の大きな悩み、いじめ問題を利用するかのような強引さ。

何か一つの思想に引っ張られていくようで怖い。

多様性を謳いつつ

またか、と思う。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

 

  HSC(敏感っ子)と多様性👦👧👶

人一倍敏感で

感受性が鋭いために

傷つきやすいHSC(=Highly Sensitive Child)。

最近、新型コロナの影響による

生活の変化の中で

HSCの子は

一層生きづらくなってしまっていないだろうかと考えます。

先日、HSCをテーマにしたテレビ番組を見ました。

再放送でしたが

番組に登場する子のまっすぐさと健気さがとても魅力的だから、

というのがまず2度目の視聴の理由です。

HSCの通称は「敏感っ子」

とても感受性が鋭いので

集団の中にいると神経が疲れてしまい

学校の教室のようにガヤガヤしたところが苦手なため

学校は休みがち。

人の辛い気持ちにすぐに気づき感情移入して疲れてしまう。

もともと5人に1人いる

と言われている敏感っ子は

匂いや味の変化を敏感に察知したり

人の気持ちを察したり

考えすぎたりして傷ついたり疲れやすかったり

また

環境の変化に対応できずに苦しむことが多いのです。

気質的なもので診断名があるわけではないこともあり

周りからはなかなか理解してもらえません。

*****

番組に出てきた敏感っ子少年に

日頃からおばあちゃんは

「お友達と仲良く遊んだら楽しいのに」

「なんでみんなで遊ばないの?」

などと声をかけることがしばしばでしたが

運動会で

他の子どもたちの輪に入れずに

教員と二人で競技を見学している姿を見た

おばあちゃんは

こんなに苦しんでいたんだ、ということを知り

心無い言葉をかけていた自分を振り返り

反省したと涙ながらに話していました。

この子を理解したい、仲良くしたい

そう願い、色々なところへ二人で出かけるようになり

だんだんと孫を理解し、しまいには

学校へ行きたくなかったら

高校や大学は今では通信という手もあるじゃない?

と話すようになりました。

みんなと同じでなくていいのよ、と。

最初はなぜこの子はこうなんだろう、

なぜみんなと同じようにできないんだろう、

と泣きながら悩むおばあちゃんでしたが

しまいには

孫に寄り添い理解し良さを見つけては

そういうところがすごいね、

おばあちゃんにはできないことだな。

などと声をかけられるようになりました。

このおばあちゃんは孫に育てられ

孫とともに成長したのだなあ、と

微笑ましく思うと同時に

子どもが等身大でいることで

大人の価値観を覆すこともできるという

素敵なエピソードとして

私の中に印象強く残りました。

この少年は理解されない人の前で

自分らしくいることを怠けない勇気を

堂々と見せつけてくれたなあと、

そんなところにも深く感動しました。

*****

おばあちゃんという存在は

こんな時、大きな存在なのだろうと思います。

お母さんなど身近な家族が困難を抱える子どもと向きあう場合

煮詰まってしまって出口が見つからなくなることが多いもの。

だから子育ては、家族の中でも他のメンバー含め

なるべく別の角度から子どもをみる人が

ともに成長を支えることができたらいいなあ、と感じます。

*****

そもそも、このHSCの特徴として

身の回りのいろいろを

人一倍敏感に感じ取り感情移入しすぎて

疲れてしまう。そして理解されない。

この特徴は人の立場に立って思いやることのできる

共感性が豊かだということ。

それゆえにとても優しく穏やか。

こんな人間性あふれる素晴らしい特徴が

理解されない、または環境が合わないという理由で

いっぱいいっぱいになってしまい

集団に馴染めなかったり

泣いたり癇癪を起こしてしまったり

それによってさらに疲労が溜まってしまい

ますます活動が減ってしまう・・・

というのはとても残念なことだと思います。

環境さえ合っていれば

敏感っ子の良さが発揮されて

自己肯定感も高まるのでは、と。

*****

ここで考えました。

多様性というものが叫ばれながら

実は

「ちょっと違う人」

「普通⁉︎ではないこと」

を排除しようとする空気が一番蔓延るのは

実は学校なのかもしれないと。

学びの場所やスタイル

つまり環境こそが多様で

その子にあった環境に身を置くことができれば

敏感っ子と呼ばれる子だって

発達障害と呼ばれる子だって

ちょっと変わってる子と言われる子だって

傷つくことはないのに。

学びや経験の機会を確保することができるのに。

   同じようにできるように・・・

   枠からはみ出さないように・・・

そんな風に

「矯正」するところが学校ではないはずです。

それができない社会、

異質なものを排除しようとする包容力のない社会は

社会そのものの成長を止めてしまうとさえ思います。

人間の本質が中心に成り立っていないな、

と感じるのです。

多様な人がいて

多様な価値が合って

それぞれに素晴らしいところがあって

ともに認め合いながら暮らしていけたら

これほど素敵なことはありません。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

 

教材図鑑~SHJアーティストの気づき~

自分からは動けない

という運動能力の不在。

好き、嫌いという感情の不在。

やりたい、やりたくない、

これならできる、この素材は気持ち悪いといった意思の不在。

これらは困難さと生きる子どもたちと関わる立場が

絶対に持ってはいけない決めつけです。

教材図鑑を手にとってくれたSHJアーティストは

「感覚過敏」の存在を知り、

はっ!と思ったと話していました。

手のひらに絵の具を塗って手形を押す

ワークショップの時に

泣き叫ぶ子が1人いたことが印象に残っていたと。

手のひらの冷たくニチャッとした絵具の感触に

何が行われているか分からないまま

半ば強制的に手に絵の具を塗られ、

台紙に押し付けられる子達を前に

このワークは必要なことだったのか?

終了後もしばらく非常に落ち込んだ、と。

今回、教材図鑑を読み、知らなかったことに気づき

関わるものとして大いに反省しなければいけない点だ、とも。

しかし

実は

肢体不自由教育の現場でも

たびたびこのような風景を目にしていました。

自分自身にも身に覚えがあります。

とても苦い経験です。

冬休み明けの最初の総合の時間、

「書き初め会」を開いたときのことです。

担当が小学6年生の

インフルエンザ脳炎のために最重度の障がいを負ってしまった男の子、Tくんでした。

Tくんは常にストレッチャーに横になっていて

褥瘡予防のために数時間ごとに体位変換をします。

この時もストレッチャーに乗って院内学級にお母さんと一緒に登校しました。

伸ばせる方の(機能的に)腕を

ストレッチャーの柵の隙間から引っ張り出し

筆を無理やり⁉︎

握らせ!

筆を固定するために

包むようにして

Tくんの手を握り、半紙の上をすべらせました。

小学校1年生から高校生まで

病気も障がいもそれぞれ。

50分という短い時間に一斉に行われる

イベント!では

とにかくその子の作品を仕上げなくてはならないのです。

いや~な思いを抱きながら

なんとか1枚書き上げました。

でも作品はTくん自身のものではない!

私が無理やり動かした末出来上がったものに過ぎない。

書き初めやりました!という事実を残すため?

意味があるのかな・・・

という思いを内心に秘めたまま

身体だけ、とにかく動いていた

そんな中で

何を書いたのかも覚えていません。

かたわらのお母さんは何を思っていたでしょうか。

それぞれが自分の作品を見入ったり

見せ合ったりしながらの

賑やかな休み時間も

自分はそこにいるけどいない

実態のないような感覚のまま、

次の授業の準備に取り掛かりました。

何かとんでもなく悪いことをしてしまったような

ざらざらとした気持ちのままその日を終えました。

彼の人格を踏みにじるようなことをしてしまった

そんなことが普通に行われている教育現場

おかしいんじゃないか・・・

Tくん、本当にごめん。

その釈然としない思いと罪悪感が

在宅訪問学習支援事業をはじめたきっかけでした。

そして支援員の

「子どもから気づき、子どもから学ぶこと

工夫さえすればその子らしくその子の世界を広げることができる」

という障がいの子とのやり取りの中での指針を

日を追うごとに私も確信していくことになりました。

一人一人全く違う障がいに寄り添って個別に応えていく

そんなことが一斉授業ばかりの学校で

実現できるとは思えません。

あの日の経験はそんな現場の土壌を物語ります。

事務仕事も含めて子どもとふれあう時間が確保されない実態から

教員たちも工夫したいけど

どうしたらいいか研究する時間すらない。

そんな中で作られた

「バリアフリーみんなの教材図鑑」

その子の人格に寄り添った環境づくり

つまり教材の工夫が手に取るようにわかるのです。

多くの関係者の胸をときめかせたのはある意味自然なことです。

そして今回、

アーティストの気づきこそが私をはっ!とさせました。

障がいの重い子どもたちとの時間の過ごし方については

研修会や

SHJボランティアハンドブック「重症心身障がい児への支援」

~子どもたちの困難さに寄り添い、

やり取りを豊かにするヒント~

を通してアーティストも関わり手として学んできました。

教員や学生、支援員、発達センター職員、作業療法士、

言語聴覚士、ヘルパーなどに

活用いただいている図鑑ですが、

SHJのアーティストたちにも

ぜひ読んでもらいたい、と今回強く感じました。

いえ、誰が読んでも

生きるという意味で大きな示唆を与えてくれる書物です。

教材図鑑専用問い合わせ先 

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

「学びサポート」学習支援員note.com

教材図鑑感想投稿フォーム

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

子どもの命か、大人の都合か👧

先日早朝に長野市で水害があり

当日の児童の登校について判断が分かれた、

ということがありました。

学校活動の実施を悩むほどの自然災害のなか

通常通りの登校を決めた学校がかなりの数を占めていたのには

正直、驚きました。

インタビューを受けた学校の校長によれば

「突然休校にすると、働く親は仕事を急遽休まなくてはならない。

それを避けるために、そして一人で留守番をすることになる子どもの

安全のために学校に来てもらうのが適切な判断だ」

といったようなことを言っていました。

そんなつもりはないと反論されようとも

やはり

これには、命より経済活動優先の考えが根底にあるのは

否めません(しかも子どもの!)。

なにはさておき、

子どもの命や安全は第一に考えるべきことは

言うまでもありません。

親の仕事についてどうする?は

その次に考えることではないでしょうか。

必要に応じて仕事を休む

リモートワークに切り替える

それが不可の場合は

留守番中の諸々の約束をしたり

食事を用意をしておくなど

親にはいろんな選択肢があっていいと思います。

非正規労働など食べていくのに1日も仕事を休めないため

選択肢すらない親がいるのも事実。

これも経済が子どもの命を脅かしている現状の一つです。

市長の見解によれば

地域によって災害の及ぼす影響に差があるため

現場校長の判断に委ねた、と。

しかし

学校現場の判断は

すなわち校長個人の考え方に大きく左右されるもの。

今回、ことなきを得ましたが

現場の判断というものに対する危機感を

市長が考え直したのでしょうか、

今後はこういった災害の場合は

一斉に休校とする、という決断をしたと知りました。

まず命優先、の判断をしたことに安堵。

しかし、最初からそうするべきだったし

そうする頭はなかったのかな、と思うと

悲しいかな

経済活動と子どもの命を天秤にかけてしまう大人の都合と

子どもを守る!

という教育現場のあるべき当然の姿の薄れ

が垣間見られ残念で仕方がありません。

新型コロナ感染拡大を受けて

経済に影響のない学校が

休校という形で真っ先にその対策の矛先になった、

ということがありました。経済活動はそのままに。

満員電車やオフィスでの感染拡大についてはどうなんだ?

という疑問を残して。

その後感染が爆発的に広がってしまい

リモートワークが定着することで

家庭に大きな影響が出たり

また、

非正規労働者が職を失ったり・・。

ステイホームなどというキャッチフレーズで

飲食店の休業やイベント中止などが強いられ

結局は個人の生活や

経済に大きな打撃を与えてしまいました。

全ての判断の真ん中に”命”があれば

経済は一時的に下降しても

たくさんの命は救えたかもしれないし

命を真っ先に考える社会として

互いの信頼関係も築けたように思います。

自粛警察や感染者差別などとは無縁の。

今回の件でも

「え~子どもが学校休むの?どうしよう」

などと迷惑がる親がいるでしょうか。

安全が守られることで安心するのではないでしょうか。

もっと言えば

親の仕事のために危険ななか学校に来させる学校より

純粋に子どもの命を最優先する学校に

親は信頼を置くのだと思います。

何を優先するのか

これを左右するのが

共感性

つまり

他人の立場に立って気持ちを共有しようとすること

ができるかできないか

するかしないか

だと思います。

自分には関係ない、

と他人事と考える立ち位置を決め込むような包容力のなさは

恐ろしいと感じます。

飛躍しますが

他人の生活や命に共感できる人ばかりなら

戦争だって起こらないでしょう。

路上で倒れゆく人もいないはずだと思います。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook