待機児童減、保育士さんの負担は?🧢

住宅街にポツリポツリとある小さな公園で

フラップ付きの帽子をかぶった園児たちが

小さな身体を思いっきり動かして遊ぶ姿

隅っこの土を掘り起こしてダンゴムシ?を探したり

砂場に丸っこくうずくまって夢中になっている姿。

かたや、保育士さんにぴったりとくっついて離れない子。

よく見かけます。

公園の行き帰りは

大きい子は歩いて

小さな子はベビーカートに乗って。

狭い道路、

子どもたちを車の往来から守ろうという

保育士さんたちの眼差しは厳しくも

その表情には子どもたちへの愛情がたっぷり。

そんな保育士さんの言うことを一生懸命に聞こうと

道路のなるべく隅をお行儀よく1列になって

または白線をはみ出さないように仲良く手を繋いで・・

子どもの健気な様子に思わず頬が緩みます。

園児や学童の列に車が突っ込む事故が

引きも切らないなか

保育士さんたちの緊張の度はどれほどだろうと

その大変さは想像を絶するものがあります。

*****

待機児童の問題がとりざたされて久しく

需要が高まる中、

18、19年の東京都の認可保育所の増加はその数250箇所ずつだとか。

いきおい、待機児童は大幅に減りました。

しかしそこに弊害あり。

「保育の質」

に新たな問題を引き起こしています。

待機児童を減らすための

急激な施設の増設は

園庭のない保育所を増やし

さらに保育士不足を加速させていると聞きます。

園庭のない小さな保育園では

子どもの心身の健康のため

そして集団での外遊びのために

お散歩の時間を決めて近くの公園へ。

保育士にとって

子どもたちを公園まで連れて行き、

他園の子がいる中で安全に遊ばせるのは

大きな負担になります。

さらに場所の取り合いになることもあるといいます。

こうして急激な増設の必要性から

園庭のない保育所をあちらこちらに見つけるようになりました。

事務所近くの商店街にも気づけば1つ2つと増えています。

敷地内に遊ばせる場所があれば

保育士の負担も軽減され

余裕ができ

子どもに向ける笑顔も増えるだろうと思います。

保育士の負担が増えたにも関わらず

保育士の人数が足りない状況。

余裕のない労働条件下では

無事に安全に、という姿勢がまず求められるでしょう。

さらに目下、コロナ禍にあって

三密を避けなければならない気遣いと疲労、

手洗いや消毒の業務も増えました。

のびのびと成長すべき子どもたちが

危険から守る、騒音のクレームを予防する、

さらに保育へ予算を十分に充てない等

大人の都合で

萎縮してしまっては元も子もありません。

👦 👧 👶 👦 👧 👶

保育士の仕事はもっと重要視されていい。

保育士の仕事は聖職と言っていいとさえ思います。

給与を上げ

人数を増やし、

労働条件や処遇を改善するべき。

子どもは社会の宝物

そして

夢や希望や未来の象徴と捉え

子どもを大切にする国は

おのずと

保育士の社会的立場は高いだろうと想像しています。

保育士さんの苦労に寄り添い

保育士さんをもっと大切にして!

世の中がどれほど保育士さんに助けられているか、

思いを巡らせてみればわかること。

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

生かそう!休校中の学習保障方策の多様性🎒

インフルエンザ流行により

しばらく学校が休みになると

なんだかホッとしたり

流行が収まり再び登校が始まると

憂鬱になったのを覚えている。

中学生の頃か、高校生だったか・・。

いつのことかははっきりと覚えていないが

そんな感覚を抱いたこと自体はなぜか

鮮明に覚えている。

*****

さて学校が始まった。

不要不急の外出は避けて!

という空気の中

いち早く導入されたのが一斉休校。

その頃、

え?

子どもたちにとって学校へ行くことは

不要不急なの?

と政府の対応に疑問を持ったものだ。

大人と違って

毎日が大切な成長の時間なのに

専門家による裏付けも

決定がなされた経緯の議事録もないなか

とりあえず?

何かしなくちゃ?

思いつきと思えるような唐突な対応だという

疑心暗鬼はつきまとった。

今に至ってもなお

あの一斉休校の効果の裏付けは立証されないのだろう

と残念な思いだ。

結果的に

一番守らなくてはならない存在が

世の中の都合に真っ先に矢面に立たされた感は否めない。

そして今、

学習の遅れを取り戻す!

という一点張りの

休校の弊害対策に追われる教育現場。

これまた

守られるべき存在が

世の中の動きに振り回される。

コロナ禍のなか

在宅勤務が広がり、

コロナ禍を通して

在宅勤務の利点に気づき

リモートワークが定着した業界もあると聞く。

それなら!

6/5投稿~この際、いっそ学校改革

で綴ったように、

せっかく

感染の状況に合わせて

三密を避けるための

多様な方法を生み出した教育現場。

三密予防を目的に生まれた多様性への取り組みを

子どもそれぞれの持つ多様性に寄り添い

個々のニーズに合わせた

教育環境や枠組みの改革にまで

いっそのこと広げることはできないものだろうか。

と提案してみた。

その中で我ながら画期的と思った発想は

学校行く、行かないの選択制。

一斉休校の流れのまま

登校しないで学ぶ

ということを個々に選べれば

学校という制度に苦しまなくて済む子どもが

一気に増えるのではないだろうか。

自分に合う学び育ちのかたちを当たり前に選ぶようにするのだ。

冒頭で綴った自分の経験から

自分もこの流れの中にいたら

行かない選択をしたかもしれない。

もっとも、

あの頃は「登校拒否」という言葉さえもなかったほど

社会問題になっていなかった、または

人知れず我慢する生徒が多かったのかもしれないが。

・・・・・

実際、熊本市や東京の世田谷区などでは

休校風のオンライン授業に

不登校の子どもも参加し、そのまま継続して

学校再開後も授業のライブ配信をするという。

子どもを個別にサポートする体制構築を課題とし

実行しているところも現にあると知り、希望が持てる。

・・・・・

現代教育行政研究会代表の前川喜平氏も

新聞のコラムでこう書いている。

「休校中に行われた『あの手この手』の学習保障の方策は、そのまま不登校児童生徒の学習保障の方策になり得る。毎日学校に通う以外にも様々な学び方がある。そうした様々な学び方を、学校再開で止めるのではなく、これからの教育に生かすなら、一斉休校という災いを転じて福となすことになるだろう」

と。

私が抱いた

「一斉休校で生まれた様々な工夫や多様性を

学校が普遍的に抱える問題に照準を合わせ

これからの学校改革に生かせないだろうか」

という発想にとても近い考え方を

教育の専門家がメディアで提言しているのを発見し

自分の考え方にお墨付きを頂いた気分。

こうしてブログで細々と綴っていることへの大きな励みになる。

休校中に生まれた学習保障の方策の多様性が

これからの学校のあるべき姿に向かって生かされますように。

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

子どもの元気な声は騒音なのか👦👧👶

~保育園騒音 賠償認めず

練馬 東京地裁「我慢の範囲内」~

6/19東京新聞より

えっ、騒音⁉️ 我慢⁉️

隣にできた保育園の園児の声がうるさく

平穏な生活の権利が侵害されたとして

ある一家が運営会社に騒音差し止めと損害賠償を求めた訴訟があった。

この訴訟は2007年4月に日本保育サービス(名古屋市)

都内の住宅地に建設した認可保育園の騒音に対して

2012年に隣の一家が提訴したもの。

これについて今月18日、

東京地裁が

「騒音は我慢の範囲内」

として請求を棄却したという。

裁判って時間がかかるんだな~・・・

いやいやそこじゃない。

まずこの記事に対し、

一目で違和感を持つ人は少なくないのではと思う。

それは

まずタイトルにある。

「保育園騒音」

「騒音」⁉️

訴訟名の「騒音差し止め」

を受けた見出しだから

記者を責めるつもりはないが。

それにしても

大好きな小さな子どもたちの発する黄色い可愛い声が

「騒音」と定義されている!

残念で仕方がない。

さらに

「我慢の範囲内」⁉️

これは裁判官の請求棄却理由。

~子どもの声は我慢の対象である~

という定義が暗に込められていると感じてしまうのだ。

そして記事の本文にある提訴の理由。

・・・平穏な生活の権利が侵害された・・・

ええええ!

子どもの元気に遊ぶ姿や声は平和の証

そしてそれこそ心に平安を与えてくれ

平穏な生活の象徴のような気がするのだが。

私の感覚がおかしいのか。

さらに記事は、

「近隣住民の苦情を踏まえて(どれほどの苦情があったのだろう。

この一家だけじゃないのかい?と思いたい)

園庭の使用を控えるなど試行錯誤を重ね、

騒音!レベルが抑制されるようになった」(裁判長)

とか、

「保育園には今後も騒音!を

発生させない姿勢を求めたい」(住民側弁護士)

などと言っている。

✔︎園庭の使用を控える?

→未来や希望のある子どもがのびのび育つのはむしろ保障されなければならないこと!

✔︎園児に引き続き騒音⁉️を出さないようにさせる?

→自分もかつてはやかましい子どもだったことを棚に上げ

子どもの存在そのものが迷惑という前提でことが進んでいる

この異様な大人たち、どうした!!

😠 😠 😠

さらっと書かれた記事にとても違和感を感じて

今こうしている間も

はらわたがグツグツしている。

🌊 🌊 🌊 🌊

こんな大人が「近隣に保育園建設反対!」

とか言うんだろうな、

夕方6時に台所に立ち「きゅうりのたたき」作り時に発した

トントンと言う騒音⁉︎に対するお隣からのクレームを引き合いに

不寛容な世の中になったもんだ❗️

と嘆いたばかり。

→2020/6/3投稿〜買い占め騒動

新聞も事実を述べるのは当然だが

このような不寛容さは、

子どもだけではない

子どもの幸せを願いながらのびのびと保育したいと取り組む

保育士さんたちが子どもと住民の間で板挟みになり苦しむという

問題も引き起こす。

別の角度から孕む問題点もぜひ伝えてほしい。

子どもの成長からの切り口

そして園や保育士の立場の代弁者としての寄り添い

そんな記事は書けないものかと。

弱者目線での切り込みも

読者に問題点を提示する意味で

必要なのではないかと思う。

訴訟自体に対する怒りと

のぺっとした上から目線の記事への違和感を

綴ってみた。

不寛容さは事実あるとして

それを

不寛容な時代になりました・・

で済ませず

そこをさらに問題点として取り上げてもらいたいな、と思う。

「世論形成する立場として

読者を敬い、責任のある表現を

注意深く選んでほしいな、と思います」

とは

先週書いた

言葉がかわいそうだよ2

で記事について綴った

メディアという表現者への注文。

今回も再び同じことを言いたい。

野菜もいろいろ。人間もいろいろ。

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

👦マインドフルネスと子ども👧

3ヶ月にも及んだ休校により、

  だらだら過ごすようになった・・・

  運動不足のため体力が落ちた・・・

  ゲームの時間が長くなった・・・

  生活習慣が不規則になってしまった・・・

そんな親の心配があちこちから聞こえてきそうです。

しかし

子どもは大人が思うよりずっと

適応力

回復力

があるんじゃなかな、と思っています。

成長への伸びしろがうんとある子どもは

成長が終わった⁉︎大人とは違います。

比べ物にならないほど。

大人は

  ああしなきゃ

  こうしなきゃ

  ダレた分これから取り戻さなきゃ、

と焦るだけで空回り。

反対に

子どもは

その日いちにちを精一杯過ごして

色々思い悩む暇があったら回復どころか

成長していくのです。

過度な心配は無用なのではないかな、と思っています。

🌻 🌻 🌻 🌻 🌻

マインドフルネスという言葉があります。

心を今に向けた状態のこと。

今現在において起こっている経験に注意を向ける

心理的な過程です。

大人は済んでしまったことを後悔したり

あれこれ邪念が仕事の邪魔をしたり

疑心暗鬼になってあれこれ心配したり・・。

心配事や不安や

マイナスのこともプラスのことも含めて

”今”から気持ちが外れていることが多かったりします。

そんな心理状態がストレスを生み、

集中力を削ぎます。

仕事の効率をあげようと、

ストレス軽減や集中力の強化に役立つ

マインドフルネス瞑想を

社員研修の一環として導入する企業も多いと聞きます。

大人にとって

研修とかイベントで講義を受け、練習しないと

なかなか習慣づけることが難しいマインドフルネス。

これを子どもたちは難なく

あらゆる瞬間行なっているのです。

なんと効率的⁉︎な。

いえ、なんと素直なのでしょうか。

今、この時を夢中で生きています。

だから私は子どもを見ていると

心が洗われる気持ちになるのだと思います。

いわばマインドフルネス瞑想は

大人が子どもに戻る練習だと言えそう。

だから

子どもの回復力、適応力

伸びる力を敬い

もっと信じていいんじゃないかなと。

🌻 🌻 🌻 🌻 🌻

さて

3ヶ月もの休校に伴い大人が心配しているのは

休校が長引いてしまい大幅に学習が遅れてしまったこと

失われた授業日数45日をなんとかして取り戻さなければならないこと

カリキュラムをキャッチアップさせること

そのためにどうしたらいいかということ。

しかし心配はそこではありません。

3ヶ月も非日常を逞しく生きた子ども

相当のストレスを溜めているはずだということ。

まずは”今”の彼らの心理をちゃんと理解して

学習の遅れは横において

→2020/5/28投稿〜学校再開・学習の遅れは横に置いて

→2020/5/30投稿〜続・学校再開・学習の遅れは横に置いて

ゆったりと回復させてあげることが大事です。

ゲームだって少しぐらい時間が伸びたって大目に見てあげて。

家でのだらだら中に

もしかしたら新しい発見があったかもしれません。

学校が始まれば生活習慣も

衰えたかもしれない体力も

元に戻ります。

日常生活が何よりのリハビリ。

これは自分が交通事故による負傷で身体が動かなくなったとき

生活そのものが身体のリハビリに役立っただったことで実感しています。

40にして

回復したのですもの

子どもの力を信じましょうよ。

決して取り戻そうと

ぎゅうぎゅうづめにしないで欲しい。

夏休みを短縮するのであれば

本来は子どたちが休むべき長期休暇なのだということを

常に念頭において

無理なカリキュラムはやめて欲しい。

「こなす」ことばかりに気を取られないで欲しい。

さらに願うことは、

大人の心配と行動が

かえって子どもたちを

勉強嫌い

学校嫌いに

してしまわないように。

家庭で取り組む課題が増えることで

お母さんの負担を増やし

親子関係が悪くならないように。

主体的であるべき「学び」が

単なる押し付けられた作業にならないように。

学習の遅ればかりに近視眼的にならず

広い視野で子どもを

子どもを取り巻く状況を

見つめて

大人もゆったりした心でいて欲しい。

そのために

大人は子どもから

マインドフルネスを

教えてもらおう。

3ヶ月も休校なんて初めてのこと。

それが実際にどう影響するのかはまだ誰も知りません。

確実でないことや未知のことに気を配られて

今を無駄にしないように。

今のこの状況に注意を向ければ

これから起こるだろうと言われている大災害に備える練習という視点もありかと。

もちろんここで言う「今のこの状況」というのは

学習が遅れていること

ではなく

コロナで子どもも大人も疲れている、ということ。

そしてその原因が、いつでも起こりうる災害や感染などの禍であるということ。

今こそ

私たち大人にとって

マインドフルネスが大切な時です。

一度疲れた心をリセットし

本当に大切なことを見つめるために。

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

この際、いっそ学校改革!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校は

感染拡大予防のための対策として

いの一番に実施された措置だった。

感染状況に合わせて

都道府県や自治体ごとに徐々に学校が再開になり

分散登校

時差登校

グループ編成登校

などなど多様な形でスタートした現場。

今朝も真逆の方向に向かう

ランドセルを背負った子どもたちを見かけた。

登校する子、下校する子がすれ違っている様子は

なんとも見慣れない光景だ。

時刻は10:20。

ピカピカの1年生からランドセルが気の毒な大きな子まで

縦一列になって同じ向きに歩いているところを見ると

○▲小学校は

縦割りグループごとの

細かく時間を区切ったスタイルを採用しているようだ。

彼らは健気にも

一人一人間隔を空けて

おしゃべりもせず

お行儀よく前進している。

そりゃそうだ、

一人で歩いているのに

ニコニコする理由もない。

中には

まるでアタッシュケースを抱えた通勤途中のおじさんが

今日1日のTODOを頭の中で反芻しているみたいに

心なしか眉間にしわを寄せた子もいたりして。

子どもたちの顔にキラキラした表情がないのは

本当につまらない。

楽しそうな黄色い声に元気をもらう私は

賑やかな朝の登校風景も一変してしまったな、と

寂しく思う。

子どもたちを見守るようにさくタチアオイの花。子どもたちのけなげで凛とした美しい姿と重なります。

さて、

コロナ禍を通して

学校ごとにも色々な工夫がされ

校内での新しい生活様式の確立を目指すべく

教員たちも大忙しだろうな。

感染の状況に合わせて

三密を避けるための

多様な方法を生み出した教育現場。

授業日数の確保や学習の遅れという課題に

どこまで対応できるのかは

実験段階といったところか。

形の変わってしまった学校。

校内はどんな様子なんだろう、と想像してみる。

ふと、

三密予防を目的に生まれた多様性への取り組みを

子どもそれぞれの持つ多様性に寄り添い

個々のニーズに合わせた

教育環境や枠組みの改革にまで

いっそのこと広げることはできないものだろうか。

まずクラスの少人数制

現在三密を避けるために

少人数制で授業を行うところが多い。

これをこのまま当たり前にしてしまう。

現在小学校で1クラス35人が定員

これを半分にして担任の負担を減らし

教師と生徒一人一人との時間を増やす。

または複数担任制を導入とか。

教室を倍に増やすなんて無理だぞ!

と怒られそうである。

しかし廃校になっている小学校が関東だけでも52もあることを発見したんです。

なんとか利用できないかな。

文部科学省HP「みんなの廃校」プロジェクト 現在活用用途を募集している廃校施設の一覧

しかし

東京には活用用途を募集している廃校は1つもないから別途対応、

なんと、無責任な提案。悪しからず。

東京は狭いのに人口多すぎ!

そうだ、シンガポールのように

午前クラスと午後クラスというのも閃いた。

行事などはなるべく減らすようにすればいけるんじゃないかな。

さて次なる提案は、

学校行く、行かないの選択制。

学校はどうも・・・という子どものためには

このまま在宅学習を選択できるようにする。

平成28年に成立した

「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」では

学校以外でも学びの機会を保障する

としているから

「家で学習」も選択肢の一つとして当たり前にするのだ。

学校で、家で、どちらか選べたら

登校人数も減って三密防止の効果も望める、

という論理はいささか乱暴か。

さてさらなる提案は

教員事務局の開設。

以前綴った「教師付事務員配置」を実現させ

衛生面や感染予防のための対応にもあたってもらう。

教師の膨大な事務仕事により生徒理解の時間が全然足りない!

という予てからの課題も同時に解決。

→2018/1/26投稿~学校に教員事務局を!

→2019/12/9投稿~現場無視!教員の「働き方改革」

→2019/10/16投稿~教師にこそ働き方改革を!

事務仕事といえば、

経営企画室(昔の事務室)の仕事で可能なものは

このままリモートワークで引き続き密を減らす。

というのもどうだろう。

なんだか止まらなくなってきたのでアイデアはここまで。

授業数とか登校日数とか

はたまたテストの点数とか数字の話じゃなくて

学校の主役である子どもとそして教員たちの

本当の学びの場にしようって

勢いに結びついたらいいなあ。

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook