こども未来会議👦👧👶

東京都が開催する

「こども未来会議」。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって生じた

子どもを取り巻く課題を話し合う会議だそう。

9月23日に初会合が開かれ、

都知事と5人の有識者らが

意見交換したと新聞が報じていました。

「子どもを取り巻く課題」について

どんな意見が出されたのか・・

ざっとこんな感じのことが書かれています。

休校の長期化により

・低学年ではノートに書く際の筆圧が落ちた

・書き写せる分量が減っている

・中学年で時計が読めない子がいる

デジタル化の加速により

・家庭間でもともとあった経済やデジタルへのアクセス格差が広がった

など。

そりゃ、休校が長引き学校がなければ

書字活動は激減し鉛筆を持つ機会がなくなる訳だから

書く量が減れば鉛筆を持つ時間が減るということ

おのずと筆圧も弱くなるでしょう。

学校という一日の相当の時間を集団で過ごす場が失われれば

生活のリズムがつかず、時計を読む必要も激減するというもの。

この春小学校に上がった可愛い孫は

散々のラン活を経てお気に入りのランドセルを手に入れ

入学を楽しみにしていたというのに

出鼻をくじかれ

訳のわからない感じでスタートした小学校生活。

そして分散登校だの預かり登校(?)だのと

混乱のうちに夏休みに入り、

猛暑続きという夏本番の最中に

夏休みが終わり

これまた

よくわからないうちに新学期開始。

いったい彼女の頭の中で時間や季節というものが

どのように整理されているのだろうか、と

気の毒に思えてきます。

普通に4月に入学式という儀式を済ませ

運動会やらプール開きやらを経て学校に(少し)慣れ

待ちに待った長~い夏休み。

このような時間の流れの中で身につけるべきもの

それは

筆圧だの

書く分量だの

時計が読めるだの読めないだの

ではなく

それ以前の概念形成

ではないでしょうか。

そしてこれまでと違った生活の中でのこころの変化や

困ったことなに、まっすぐに向き合って

ゆっくり耳を傾け理解することが

大人に求められ

その中でこそ気づくことができるのが

「新型コロナウイルス感染症の拡大によって生じた

子どもを取り巻く課題」

ではないでしょうか?

筆圧やら書く分量、時計とか計算とか・・・

それを

「子どもを取り巻く課題」

としてまず意見が出されることにこそ

課題があるような気がします。

子どもを取り巻く大人の認識

これぞ

「子どもを取り巻く課題」

なのでは?

会議は来年1月ごろまでに3回開き

意見や議論を都の政策に生かすそう。

「子どもたちが笑顔で生き生きと暮らせる東京を作りたい」

とは知事。

活発な意見な議論を期待するとのこと。

現場に足をうんと運んで

子どもが生き生きと暮らせるためには

社会がどうあるべき?

実態をきちんと把握して議論してもらいたいと感じました。

大人がワイワイと頭をつっつき合わせて机上の空論を述べるのではなく

「子どもたちが笑顔で生き生きと暮らせる東京」

は大人が

子どもが活動する場で

子どもから学ぶところから始めなくてはならないと考えます。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

〜学校行事を思う2〜

学校行事の見直しを!

とつい先日綴りました。

そして時を合わせるかのように

昨日

特別支援学校の行事のお手伝いをしました。

感染予防のため宿泊行事がなくなってしまった

新宿区の養護学校の

小学部6年のあるクラス。

宿泊行事の代わりだけど

それに負けないような

小学校最後の思い出となる

とびきり楽しい時間を作ってください!

との要望に

ミュージシャンと造形アーティストが

芸術ワンダーランドの約2時間をプレゼント。

学校の先生も、ご家族も、全員で参加しますが

主役は皆さんです。

やりにくいな、わからないな、

と思ったらすぐに教えてください。

とお伝えし開始となりましたが

さて、少々テンポが速かった印象。

一人ひとりのペースに合わせられたかな

一人ひとりの困難さに対応できたかな

というのが反省点。

もっともこれは今回に限ったことではない

毎回の課題なのですが。

🎶 🎶 🎶 🎶 🎶

まずは音楽。

ゆったりとしたジャズのスタンダードナンバーが続きます。

この日は十五夜。

”ムーンリバー”のピアノ演奏に

波の音を再現するオーシャンドラムで水の音を効果音として入れてくれた人

ツリーチャイムを要所要所で鳴らして雰囲気を作ってくれた人がいました。

みんなで作る演奏会の後は

一人ずつピアノ連弾です。

そして音楽コーナーのクライマックスは

全員参加のジャズのコールアンドレスポンス!

イェーエエ・・・イェーエエ

シャバデュバ・・・シャバデュバ

で盛り上がりそのまま創作活動へ。

即興絵描き歌で一人一人の似顔絵をスクリーンを映しながら

少しずつ描いていき

誰かな~という

クイズアトラクションで大にぎわい。

そのあとはハロウィンに向けたランタン作りに

お父さんもお母さんも

そして絵の得意な教員も夢中です。

最後はランタンを灯して

ピアノ演奏を聴きながら記念撮影。

さてお家の方がとても嬉しいコメントをくれました。

宿泊などではなく

こういう形の活動が

短時間だから集中できて

無理なく楽しめる、

子どもたちのためにはとてもいいと思う、

と。

行事=イベント。

イベントといえば非日常。

日常の中にイベントが挿入されることで

リズムができたりその日を楽しみに過ごすことができます。

日常の中のキラリとしたエッセンスになります。

でもその回数が多すぎたり

無理を伴う旅であったりすると

平穏な日常のはずが

そのための準備に疲れてしまう、

ということになりかねません。

スケジュールをこなすための

前例ありきの行事になっては全く意味がありません。

特に困難とともに毎日を過ごす子どもにとっては

行事のために準備に疲弊してしまったり

参加のための体調管理がかえってストレスになったり。

どんなに楽しみにしていても

当日の健康状態によっては参加を見送らなくてはならなくなることが

十分あり得ることは認識されるべき点です。

子どもの状態や心に最大限寄り添い、

その上で

行事を

”大切な日常のリズムの中のエッセンスとして取り入れる”

くらいのおさえで良いのかもしれません。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

〜学校行事を思う〜

秋といえば修学旅行や校外学習の時期ですが、

今年は

コロナ禍での宿泊行事が軒並み中止となっています。

学びの秋

食欲の秋

そして行楽の秋

子供達の安全と

非日常の体験や楽しみをどう両立させるか

教育現場は頭を抱えているようです。

しかし

ここでも

コロナ禍というピンチを

改善への機会と捉えることができそうです。

一回休み

として

宿泊行事、とりわけ

修学旅行が学びを修める一区切りの意味だとしたら

学習の機会であることを念頭に

内容の質を高めるための思索の時間が与えられた

意義や内容を見直す絶好のチャンス。

*****

修学旅行といえば

おきまりのコースだったり

学び?と首を傾げたくなるような

エンターテイメントを主眼とした

テーマパークが旅程のメインイベントとして入っていたりします。

現に、今年春に高校を卒業した息子の

修学旅行の行き先の一つが

ユニバーサルスタジオジャパンだった。

え?修学旅行、だ・よ・ね・?

と親子で首を傾げたのは去年の今頃だったかな。

ディズニーランドへ行く学校もあるとか。

テーマパークに学びの要素が0とは言わない。

しかし学校が決めたとしたら

あまりにも子どもをばかにしていないか。

息子は高校の方針に呆れ

修学旅行に参加しませんでした。

あっぱれ!

宿泊行事や運動会などの行事。

普段が決められた教科書やカリキュラムに沿った

子どもによっては退屈な変化のない時間(!)であるとしたら

その反面、

行事では子どもの主体性を重んじ

自発的な活動を作っていく良いチャンスではないのか、と思う。

しかし実際は

行事のために教員たちが疲弊し

子どもたちが通り一遍の行事のために

自由や主体性がさらに奪われるとしたら

本末転倒。

*****

ところで

スマイリングホスピタルジャパンでは

特別支援学校の行事のお手伝いをすることがあります。

感染予防のため宿泊行事がなくなってしまった

新宿区の養護学校の

小学部6年のあるクラス。

宿泊行事の代わりだけど

それに負けないような

小学校最後の思い出となる

とびきり楽しい時間を作ってください!

との要望がありました。

よしきた!

期待されてるぅ~😼

通り一遍の行事なんかじゃない。

めっちゃ楽しい芸術ワンダーランドにしてしまおう。

とアーティスト2名張り切っています。

もちろん、

子どもたちが主体的に活動するためのファシリテーターとして。

ジャズで身体ごと音楽を楽しんだ後

音楽と美術のコラボとして絵描き歌ライブペインティングを。

それも

その場で子どもとやりとりして即興で作品を仕上げるという

レベルの高さ!

そのあとはハロウィンに向けて

ランタン作り。

最後はランタンを灯して一人ひとり6年間を思う。

おしまいはやなせたかしさん作の

とびっきり元気が出る校歌を。

というプログラムを準備しました。

とネタをバラしてしまいました・・・。

楽しみ過ぎて。

訪問活動は本当に久しぶりです。

時間になったら

玄関までみんなでお迎えに来てくれるというから

ますます待ち遠しいです。

生徒たちも準備に余念がないはず。

これぞ、行事!

*****

ところで

学校行事、多過ぎませんか?

院内学級にいた頃も

ひと月に1度と言っていいくらい

頻繁に行事がありました。

春と秋には芸術鑑賞会(これは外せない!)と

校外学習(これも普段病院にいる子にとっては外せない!)

春に作品展

秋に学習発表会。

3学期始まってすぐに書き初め。

さすがに病院で運動会はなかったけど

節目節目には入学式や始業式、終業式や

卒業式がありました。

書くだけで疲れる・・・。

行事というのは準備にかける時間に制限があり

時期や場所に縛りがあるから

子どもの自由な発想など入る隙もありゃしない。

もうちょっと厳選して

子どもが主体的に取り組める時間を確保する方が

本来的ではないかと思うのです。

教師としても持ち帰りの準備が多かったのを覚えています。

その合間に

中間試験も

期末試験も

成績つけもあるんですから!

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

日本の子どもの幸福感 😃

先進・新興国38カ国に住む子どもの幸福度を

ユニセフが調査しました。

日本は精神的な幸福度が37位の最低レベルだと

新聞記事が伝えていました。

・生活満足度の低さ

・自殺率の高さ

からはじき出された悲しい現実です。

幸せでないと感じる理由は

・学校でのいじめ

・家庭内の不和

といったことが挙げられていました。

*****

日本の子どもの幸福度の低さは

ここ数十年の間に際立ってきたように感じます。

ゆとり教育が始まった頃と重なるでしょうか。

詰め込み学習が子どもの成長を阻み

いじめや競争により格差を作る

という傾向から

子どもの豊かな成長のために・・・

との趣旨での教育改革だったかと思います。

皮肉にも裏目に出てしまったのは

やはり学習内容や授業時間数など

数字での調整に奔走する付け焼き刃的な対応に

誠意や真心、子どもへの愛が欠けていたせいではないでしょうか。

子どもたちがなんだか実験台みたいで

とても気の毒に思ったのを覚えています。

*****

そもそも大人が幸せでなくては

子どもはのびのびと幸せに暮らせないはずだ、

という疑問から

日本の「大人の幸福度」

を調べてみました。

3月20日の国際幸福デーで国連関連機関が行なった

World Happiness Report2020による

世界156カ国を対象にした調査結果では、

2018年  54位

2019年  58位

2020年  62位

徐々に順位を下げています。

参考:東洋経済オンラインサイト

3月20日といえばコロナ感染拡大が深刻化した頃ですが

地球レベルでの事象だから環境条件にはほぼ影響はないかと思います。

順位の要因の中の

寛容さ 92位

自由度 64位

という結果から見えるように

✔︎ 社会全体に見える不寛容さや

✔︎ 見えない「何か」に縛られる不自由さ

が幸福度の低さに繋がっている感じです。

見えない何か・・・とは?

きっと誰にでも身に覚えがあり

あるある!となるのでは?

そこに向き合わず

そんなもんだろう・・・

仕方ない・・・

という諦めのようなものがあるとすれば

そこにも原因があるのかもしれません。

さらに要因の中に

健康寿命というのがありますが

日本は長寿国ということもあり2位。

この要因が大きく順位を上げる結果となっていることになるとしたら

健康寿命を抜かせば、幸福度はますます下がる結果となるでしょう。

大人も子どもも幸福感が高いのが

フィンランドやオランダなどの北欧である

というところ、見習うべき点が多々ありそう。

やはり大人の幸福度と子どもの幸福度は比例するようです。

これも当然といえば当然ですね。

*****

街を歩いていても電車に乗っていても

明るい表情をした人が少ないな

楽しそうではないな

ファミリーレストランでも

みんな一緒に笑っている家族が少ないな・・

という印象を強く持っていました。

コロナ前も今もそれは変わりません。

大人に笑顔がなければ子どもは大人の顔色を伺い

自分のせいかなと、なるべく大人の気を損ねないように振る舞うことになります。

これは自分の子どもの頃の経験からわかります。

大人が不機嫌だと子どもは幸せではありません。

😁🤗 😃☺️😙

さて「子どもの幸福度」に戻します。

学校では数字による評価や

競争加熱により

子どもひとりの価値がテストの点数や偏差値などで測られ

自分という存在が物のように数値化され

トータルに大切にされていないと感じているのでは?

よく言われる「自己肯定感」という言葉が

むなしく感じます。

幸福感が育たないのは当然のことかもしれません。

*****

日本の子どもの7人に1人が貧困だといいます。

しかし貧困率は38カ国の平均より低いといいますから

では

どこに幸福度の低さの大きな原因があるのか

大人はきちんと向き合っていかなくてはなりません。

今、教育関係者の間で

1クラス少人数化という教育改革を求める声が上がっていますが

具体的で比較的すぐに取りかかれる課題ではないでしょうか。

人員を増やすことでデメリットも当面はあるかもしれませんが

メリットの方が断然大きいと思います。

私もこのブログで提言!しています→7/27投稿〜実現させよう、少人数学級

子どもと一緒に解決していけたら素敵なことです。

ひとりひとりが大切にされている、

自分は自分のままでいいんだ、

と実感できる空気を作っていくこと。

特に有事の際に最も負の影響を受けるのが子ども。

早く手を打たないと長期化してしまう恐れも。

コロナ禍をチェンジのタイミングと捉え

本当の幸福とは・・・

原点に立ち返ってひとりひとりが自分と向き合い

互いに認め合う共生社会、共感社会を作っていくべきです。

幸福ってなんだ?

大人も子どもも共に追求できたら最高です。

もしかしたら

子どもの方が

本来的で

鋭い真理を

教えてくれるかもしれません。

大人が子どもに意見を求め

聞く耳を持てた時

本当の幸せな社会が出来上がるような気がします。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

 

教育改革~全国学力テストの全校調査化について考えた~

 前回、東京新聞社説で検証された

ここ8年間の教育改革について書いた。

2つ挙げられていたうち1つが

道徳の教科化。

→2020/9/14投稿〜道徳の教科化について考えた

そしてもう一つが

全国学力テストの全校調査化。

競争によって質の向上を図ろうというものだが

現場への圧力が強くなっている、

と書かれていた。

そもそも、

学力向上を競争で

というのがおかしいのだ。

本来は教員を増やして子ども全員に目が行き届くようにし

底上げを図ると同時に学ぶことの楽しさを伝えることが

学校のするべきこと。

学力向上はあとからついてくる。

いじめ解決にも繋がるだろう。

北風と太陽で例えれば

この競争原理は

子どもにとっては冷たい冷たい北風だ。

押し付けられれば押し付けられるほど

嫌いなものはますます嫌いになり

楽しく感じないものはますます楽しくない。

教師はといえば

学力テスト対策に時間や労力が費やされ疲弊する。

そして更にいうなら

教師の仕事が増え続けているというのに

財務省は少子化を理由に教師の数を減らそうとしている。

教育への予算を削る理由を少子化にこじつけて・・・。

OECD(経済協力開発機構)の調べでは

日本の政府総支出に占める教育支出の割合は

減少傾向で、

加盟国平均を下回っている。

潤沢な予算を充てて充実を

というのではなく

現場を疲弊させてまで予算を削り

競争原理で学力の向上を図ろうとしている。

前回のテーマ「こころ」を置き去りにして。

すでに今年2月に投稿した

公教育のビジネス化?

でも書いているように

公教育がビジネス化していることは

この学力テストにも言えることだ。

採点などのためにかかる費用は税金

そしてその税金が向かう先は民間の教育産業。

これは国の怠慢である。

全国学力テストで子どもの健全な成長は望めない。

全く逆である。

多様性をと謳いながら

またか、と再び思う。

国よ、

一斉の評価基準と多様性の矛盾をどう思う。

勉強嫌いな子はますます嫌いに。

成績の取れる子は競争の波に飲まれていく。

「こころ」を置き去りに。

一人ひとりの内面の世界を蔑ろにして。

一度道徳の授業で

全国学力テストの効用について

話し合ってみてはどうだろう。。。

子どもの素直な意見(=真理)がどこまで吸い上げられるかが甚だ疑問だが。

本当の教育改革。

それは少人数学級制

そして

学校へ登校しないで学習するという選択肢を作ること。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook