結局罰するのね・・・👎

「感染者個人に責任を負わせることは、倫理的に受け入れがたい」

日本医学会連合の緊急声明に大きく頷いたものだ。

政府の感染症改正法案で

感染者への刑事罰が盛り込まれた際のこと。

患者が入院先から無断で外出し温泉に行ったり

宿泊療養中に出歩いたりした例をあげ

行動の制約を罰則をもって強めようという考え方だ。

確かに病院を抜け出して温泉へ!

というニュースを耳にした時はたまげたものだが

しかしこれらの患者が感染を広げたという

科学的な根拠はないという。

また類似の事例が他にあったのかも

調査・集計していないという。

そもそも感染してしまったこと自体が

本人にとっては災難である。

感染者が入院できなくなっているほど

医療の逼迫がある中での発想だから

ちょっと、何を言っているのかわからない域だ。

感染者は

上から目線で罰したい人たちのターゲットなのか。

注意がたりない、自己責任だ!

といういじめにしか見えない。

「罰されることを恐れて検査を受けなかったり

結果を言わなかったりする恐れがあり

感染抑止がかえって困難になる」

という医学会の指摘にも同感だ。

・・・・・

と、昨日1月28日、

入院措置を拒んだ患者への刑事罰を

懲役刑、罰金刑含め全面的に撤回し

前科がつかない行政罰の過料に見直すことに

与野党が合意したそうだ。

今日、審議入りして来月初めに成立するという。

懲役刑なんてあり得ない!

と怒りを感じていたところ協議をしっかりと重ねた結果が出て

ほんの少しホッとした。

しかし、結局罰するのね・・・

としっくりはいかない。

強制隔離政策が

ハンセン病患者に対するいわれのない差別や偏見を引き起こした

という過去の反省を忘れてはならない。

感染した個人へ責任を負わせるということは

当事者への差別や偏見を生み

過ちを繰り返すことになりそうで怖い。

・・・・・

感染症患者へ罰を!

短絡的で幼稚な発想ではないか?

うっかり忘れ物をした児童に

「罰として廊下で立っていなさい」

というのに近いと感じる。

政府には科学的根拠を示し

わかりやすく説明すること

誠実に理解を求めることに神経を使って欲しい。

しっかりとしたリーダーシップとそれに対する安心感や

確固たる信頼関係があればさらに良い。

専門家の見解をもとにした説得力のある

心のこもった強いメッセージがあれば

一人ひとりが自覚を持って

周りのために自分のために

適切な行動をとるだろうと

そう思う。

罰則など不要だ。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

あしなが育英会〜学生の学びをストップさせないために〜

「あしなが育英会」は

病気や災害、自死などで親を亡くした子どもたちや、

障害などで親が働けない家庭の子どもたちを

奨学金、教育支援、心のケアで支える民間非営利団体です。

あしなが育英会HP

昨夜、ニュース番組でこの会の窮状が伝えられていました。

幼少時に父親を亡くしたある大学生。

アルバイト収入と育英会からの支援を受けながら

学業に励んでいますが

コロナ禍で母親の仕事が減り

自分のアルバイトのシフトも半減し

家族が頑張っているのに自分だけ勉強していていいのか

と母親のため息を見るごとに思う、

と話していました。

コロナが憎い!

みんな困っている!

特に有事の際、真っ先に犠牲になるのはいつも子ども、そして女性。

子育て中の母親の悲痛な叫びは多くの現場から聞こえてきます。

母子家庭の貧困問題はますます拍車がかかるし

難病や障がいを持つ子どもに降りかかる医療の逼迫も。

昨年の急な一斉休校でもろに影響を受けたのも子どもと母親でした。

さて、このあしなが育英会の代表が

番組のインタビューで語ったところによると

全国規模で大掛かりに行われる街頭募金で

1回に数億円の収入があるといい

さらに1回に10倍もの効果があるといいます。

1年に数回行っていて

これまで支援した遺児学生の数は11万人(あしなが育英会HPより)

といいますが、一人にかかる学費を思うと

まだまだ十分ではないのです。

そんなところに襲い掛かったウイルスの蔓延。

街頭募金は中止され大きな支援金獲得の道が閉ざされました。

コロナが憎い❗️

みんなが困っている❗️

そんな中

これから希望を持って歩んでいくべき若者のために

少しでも募金しませんか。

→あしなが育英会募金「寄付する

👦 🧒 👧 👦 🧒

ところで

憲法第14条には、

すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分

又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない

とあるし、

第25条には、

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する

とあります。

さらに

第26条には、

すべて国民は、法律の定めるところにより、ひとしく教育を受ける権利を有する

とも。

子どもの権利条約を見れば

子どもには、教育の機会が平等に与えられ、学ぶ権利が保障されている

としっかりと謳われているのです。

国民は

「生存権」「教育を受ける権利」「勤労の権利」「労働基本権」

という社会権を

国家によるほどこしではなく

当然のこととして主張できる正当な権利を持っていて

国は、

すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び

公衆衛生の向上及び増進に努めなければならならない(憲法25条)はずです。

憲法・・・守られているでしょうか。

あしなが育英会を例に

人権を守り窮状にある人を支えようという民間団体は数多くあります。

しかし、市井の人の善意に甘んじることなく

全ての人が人間らしく生活し

幸せを追求できるように財政を回していくのが

ほんらいの国の仕事ではないでしょうか。

コロナ禍にあって親の収入が減った

アルバイトを解雇された

それゆえ学費が払えず

学びたい人が学べない現状、

「休学、退学を考えています」

という若者をメディアで見るたび

胸が痛みます。

👦 🧒 👧 👦 🧒

 

アーティスト分科会👩‍🎨

スマイリングホスピタルジャパンの活動には

様々なジャンルのプロアーティストが有志で活動に参加しています。

音楽系のアートでは

クラシック

ポップス

ジャズ

ボサノバ

アニメソング

童謡

と様々ですが

楽器で並べてみると

ピアノ

キーボード

ギター

バイオリン

パーカッション

フルート

サックス

三線

そしてもちろんヴォーカル。

一人で弾き語りする人もいれば

2~3名でセッションをする人もいます。

そしてどの活動も参加型。

子どもたちや病棟スタッフとのセッションです。

美術系であれば

水彩画

版画

貼り絵

立体制作

塗り絵

ステッカーアート

パステルアート

粘土

編み物

バルーンアート

など

改めて並べてみると

これほど多様なアートがあり

そして同じものであってもアーティストによって

全く違う世界観が出来上がります。

紙芝居に引き込まれダンスで身体をかっこよく動かし

大道芸や化学マジックに至ってはワクワク楽しい自己表現

に加えて不思議が加わり

入院してたからできた活動だね~という感想もたくさんいただくほど。

組み合わせも色々となればさらに多様でクリエイティブなアートが出現。

それらが子どもたちの豊かな感性とコラボしたら

どんなに多彩で奥深いアートの世界が病棟に広がるのか

考えただけで

いますぐここで紹介したくてうずうずします。

日頃から宝石のような一つひとつの場面を

たくさんの人に見てもらいたい衝動に駆られることはしばしばですが

残念ながら病棟という場所でそう簡単にできることではありません。

裏を返せば、

参加する子どもとアーティストの

特別な時間。

それに参加できる医療者や保育士さん、親御さんにとっては

特権、

と言っていいかもしれません。

もっとも、長期入院が必要になるような病いにかかってしまったわけですから

これくらいの特別なこと、特権は当然の権利です!

しかし今はコロナ禍。

訪問に替えて、

塗り絵などのアクティビティをプレゼントすることと合わせ

アーティストから提供してもらった動画を

各病棟や施設にポスターを貼って子どもたちに見てもらっています。

見ながら一緒にできる動画もたくさんあります。

YouTubeスマイリングちゃんねる

しかしさらに見通しが悪くなる中

今後の活動についてもっともっと工夫が必要ということになり

各地区コーディネーターがミーティングを行いました。

オンライン交流会

活発な意見交換があり

そこででたアイデアが、

アーティスト同士、オンラインでどんどんアイデアを出し合って

できることを考えようと、

ジャンル別分科会を開催することになりました。

1 音楽・お話・ダンス班

2 制作班

3 大道芸・マジック・バルーン班

ジャンルを超えて、15の地区を超えて

そして複数に出席もあり。

分科会で出たアイデアを組み合わせて新たな発想も生まれるかもしれません。

これぞアート!

アーティストにとっても新しい気づきや

自身のアートへのヒントが得られるかもしれません。

参加型アート・・・

オンラインを活用してどのように実施できるか

地区を越えたアーティスト同士の交流の場での

アイディアに期待いっぱいです。

病院・施設によって、子どもたち個々人によって、それぞれ置かれている環境が

異なるので、オンラインによる活動には多くの課題や限界があるのは確かです。

多忙な病棟スタッフに対応いただくことは極力少なくしながら

参加型アートを実現させる・・・

どんな知恵が飛び出すか

楽しみです。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

ゴールが見えない🏁

学校現場で節目節目に行うこと

”目標設定”。

しかし目標を設定することで

かえってそれに縛られ

のびのびと試行錯誤ができなくなる

と綴ったことがある。

→2018年5月31日投稿「〜「目標」ってなんだろう?〜」

目標を設定しても

もしかしたら

目的地に向かううちに

思わぬ発見や出会いがあって

やっぱりこれも魅力、

などと横道それることは意味のあることだと思うけど

達成期日が決まっていると

先生に

  見失うな

  ブレずにね

  初志貫徹だ

  間に合うのか?

などと指摘され

おっといけない、と軌道修正を迫られる場合が多いもの。

  あったかもしれない出会い

  経験できたかもしれない事象

  芽生えたかもしれないアイデア

それらとの縁は遠くなってしまう。

そんなアバウトな生き方でいいのか!

などと、どこかの先生に怒られてしまいそう。

しかし日頃の「ゴール設定の弊害」という考え方を、

安心や安全が揺らぐ今は一旦棚上げ。

目標地点があり

先を見通すことが

どれほど心理的な安定をもたらすのか

ということを痛いほど思い知らされる日々が延々と続くから。

特に医療現場。

いつまで続くのか

どこまで頑張ればいいのか

と涙ぐむ医師の姿をテレビの画面越しに見た。

大学病院に不要不急の患者などいないのに

コロナ患者のために術後療養のための病棟を空けざるを得なくなる。

いつまで、どれくらいコロナ患者用のスペースを確保していくのか

もうギリギリだと逼迫状況が叫ばれる。

医療者は当然万全の感染対策を講じているが防ぎきれずに

患者から感染してしまうケースも。

疲労がたまりギリギリすれすれの体力頼みだという現場。

「ゴールが見えない。皆、『自分の代わりはいない』という使命感で動いている」

という新聞で紹介されていた医師の言葉が現場の限界を伝えている。

「ゴールが決まっていればモチベーションが保てるのに」

もちろん、医療現場だけではない。

休業要請、営業時間の短縮、移動やイベントの自粛・・・

いつまで?

変異種が現れ、さらに状況は見通せなくなった。

「ゴールが見えない」今

見通しが持てることの安心感を

再確認する。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

大人のコンデイションは子どもにとって天気🌞

今話題の漫画

「リエゾン こどものこころ診療所」(竹村優作原作、ヨンチャン漫画)(講談社モーニング連載中)

が先日東京新聞で紹介されていました。

監修医のインタビューへの回答に共感し、

ここに綴りたくなりました。

「子どもにとっては大人のコンディションが天気。

毎日雨なら影響は甚大」

と。

子どもの診療とはいえ、大人が心を穏やかに保つことが大事だと。

子どもの考えていることはわからない、

とよく大人は言います。しかし

わからないことを認め受け入れることが第一歩。

わからないことに説明がつき、子どもを理解する枠組みは手に入れられる。

それが子どもに対する大人の心の持ちようを穏やかにすると。

さて、コロナ禍において

心が不安定になりがちな大人。

そんな大人たちの陰でさらに顔色を伺うように

不安や寂しさに耐えている子どもはたくさんいるように思います。

子どもを守り育てなければならない大人が

先の見えない現実のなかで

心を穏やかに保てずにいたら

親子の間にも溝のようなものが現れ

不安が増すほどにその溝も深くなっていくように思います。

まさに

「子どもにとっては大人のコンディションが天気。

毎日雨なら影響は甚大」です。

はて?

特に今のコロナ禍に置いて

大人は子どもにとって信頼できる

守ってもらえる、という安全基地になっているのだろうか

と不安になります。

感染拡大防止のために実施された

昨年3月から6月にかけての一斉休校。

無茶だ!

とっさにそう思いました。

子どもにとっても大人にとっても

突然の事故のような感覚だったでしょう。

ウイルスを真剣に封じ込めるために

政府は思い切った方策に出たのだなと

期待しかけるも

実際は見通しも計画性もないものでした。

多種の専門家の意見や

科学的な根拠をもとにしたものでもない。

現場に寄り添い

多様な個々への心配りもない。

実行可能な施策を考え抜いた、

というのには程遠いものでした。

さらに休校中の家庭での学習を成績評価の対象に

などという通知を文科省が出したものだから

その子らしさを大切にするどころか、

他に遅れを取らないようにと成績というものが価値観の中心になる。

そのために親子関係がおかしくなり

家庭という密室の中で閉塞感が募り虐待も増えました。

家庭環境の格差により教育の不平等が深刻化しました。

一斉休校という鶴の一声に振り回され

家庭学習も成績の対象という通知にあたふた・・・

そんな大人たちの様子にこそ

子どもたちは不安を募らせているのだと思います。

その挙句に信頼関係までも失うことになったら

本当に悲しいことです。

子どもたちのためにもいつも笑っていたいな、と思います#。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook