「立体コピー凸文字」という教材 ʅ(◞‿◟)ʃ

Sちゃん、立体凸文字で学習したよ 

先日センターを家族と訪れたSちゃん、

文字にもとても興味があって

SHJ教材の

「立体コピー凸文字」

を書見台に載せて

ゆっくりなぞる練習をしていました。

凸文字とは           

なぞりながら文字のイメージを作る教具です。

紙に書かれた文字を見ながら

ドリルで何度も書いて覚える、

という一般的な文字学習ではなく

指先でなぞって

形を身体で覚えるというもの。

B5ほどの厚紙に一文字が大きく書かれていて

その文字が立体になっています。

それをなぞりながら形を覚えるのです。

日本語のひらがなで言えば

正しい書き順が

流れるような綴り方へと導き

その動きは指と身体を連動させ

感覚的に文字の形を体得させる、

個人的にそんなイメージを持っています。

書家が文字の形に合わせて

身体を大きく動かしながら筆を運ばせる姿

が思わず浮かびました。

SHJの学びサポートで大切にしている

「形、数、量、空間の概念を

手先や身体の感覚を使って実感しながら学ぶ」

という手法は

モンテッソーリ教育法から

多大な影響を受けています。

なぜなら、それは本当に自然なことなのですが

モンテッソーリ教育法は

障がい児教育が発端であり

障がい児教育は全ての教育の基礎だからです。

モンテッソーリこどもの家で使う教具は

手や目や体全体の感覚を動員します。

まさにSHJが大切にする

物事の概念を感覚的に実感を持って学ぶこと

そのものです。

モンテッソーリ教育について書いたブログの中から〜

2020/1/15投稿〜モンテッソーリと「環境設定」

2020/2/14 投稿〜在宅学習支援学びサポート 感覚教具メダルはめ

2019/2/27 投稿〜学びに導く教具・教材・支援機器

2017/7/7投稿〜モンテッソーリ教育とは?

2017/8/17投稿〜モンテッソーリの発見

2017/9/7投稿〜モンテッソーリの子どもたちと1〜

2019/3/29投稿〜モンテッソーリ珠玉の講義

2018/2/18投稿~モンテッソーリ集中現象!藤井聡太六段!

2017/7/3投稿~ 藤井4段~モンテッソーリ教育

2018/2/10投稿〜モンテッソーリ教育と子供の情景

2018/8/28 投稿〜モンテッソーリ集中現象藤井聡太六段

2018/12/25投稿〜在宅学びサポートでの工夫

凸文字と砂文字                   

凸文字といえば

息子が就学前に

モンテッソーリこどもの家で取り組んでいた

感覚教具「砂文字」と同じ原理です。

文字だけがザラザラとしていて

その感触を頼りになぞり

文字の形を覚えるというものでした。

自宅でも作れると聞き

紙やすりをひらがなの形に切り取り

厚紙に貼る、と言う作業をし

なんとか

あ、い、う、え、お

か、き、く

までは作れた記憶があります。

カッターで正確に切り取る作業は

思ったより大変で

そのうち力尽き

自宅での使用は諦め

もっぱらこどもの家にいる時間に

本人の気持ち次第で、

となりました。

SHJ立体コピー凸文字            

この立体をなぞって身体でイメージを作ることの

有効性をSHJ学びサポートでも取り入れたくて

助成金を申請して

立体コピー機と専用の用紙を購入しました。

ひらがなと基本の漢字セットを作り

学習に活用しています。

余談ですが、このコピー機、

日本ではコニカミノルタが販売しているのですが

あまりに高価なのでポーランド製のものを

助成金申請して購入することに。

購入してから日本に渡ってくるまでかかった時間、なんと数ヶ月。

さて、この立体の教材は

体の動きで字形のイメージを作るため

視覚に困難がある場合も有効です。

目で見て捉えにくい場合、手を使ってイメージを作るのです。

この教材が掲載されている

バリアフリーみんなの教材

より、あるエピソードを紹介します。

肢体不自由の特別支援学校のある生徒さんは

凸文字をなぞる練習をしたところ

5ヶ月で未習得漢字の9割近くを

書けるようになりました。

諦めていたことが方法を工夫することで

「できた!」

という自信につながり

他の苦手な分野にも積極的に取り組むように

なったそうです。

さらに一旦イメージを作ることを覚えると

目で見て、量や形を捉えることも上手になったと書かれています(P.41)。

環境を工夫する           

既成のものを使うことで

できない!

と、そこに立ち止まり

次第に諦めてしまうというのは

よくあることです。

それならどんな困難があるのかに着目して

環境をそれに合わせるという発想の転換

これがまさにSHJが行っていること。

凸文字一つとってもそれは同じです。

SHJみんなの教材は

そんなみんなのための教材なのです。

その他、いろんな教材をセンターで

ぜひ体験してみてください!

事務所/SHJアート&学びサポートセンター東京都杉並区永福4-1-9 1-B

オープン 月 火 木 金 10:30~17:00    土日 不定期

⬛️SHJを応援しませんか? 

例えば月1〜2杯のコーヒーを子どもの笑顔に変えませんか?月500円からのマンスリーサポーターを募集しています。いただいたご支援は、アーティスト謝金、交通費、抗体検査、そしてアート&学びサポートセンター運営費に有効に活用させていただきます!マンスリーサポーター申し込み

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

=SHJオリジナル書見台のひみつ〜

車椅子ごとすっぽり入る

カットアウトテーブルを前回紹介しました。

これは業者とSHJ支援員が共同開発した

高さ調節自在の優れものです。

そして今回紹介したいのが

SHJオリジナル書見台

カットアウトテーブルとセットで使うと

その効果が倍増します。

特に体幹が安定せず座位保持が難しい方にとって

ストレスなく

今やりたいことにスムーズにアクセスできます。

書見台とは?             

読書用に本を置く台

読みやすいように傾斜しているもの。

読み物を持つ時は

平らではなく自然に角度をつけて

姿勢に負担がないようにしますよね。

机の上に書見台を置くことで

手や目はもちろん

背中も疲れない仕組みです。

この原理は

プロフェッショナルな現場や絵を描くときに

活用されていますね。

設計士や漫画家が使う製図台

画家ならイーゼル

目から上、下の距離を

作業しやすく調整できます。

上下の位置関係をストレスなく

より正確にスムーズに認識して作業に集中できる・・・

そんな印象です。

SHJオリジナル書見台って?      

まるで机そのものが傾斜するかのように

大きな台の角度調整ができるものです。

普段使っている、床に平行な机は

奥が上、手前が下と、

何の疑問もなく

位置関係を認識しながら

描画をしたり書字したりします。

これは知らず知らずに脳に

「位置の読み替え」

というストレスを与えていると

いいます。

このひと手間が

障がいのある方にとっては特にバリアになります。

オリジナル書見台は

見やすさや操作のしやすさを狙った優れものです。

SHJオリジナル書見台の特徴      

ゲージつき ゲージの高さが変えられる

・90度以上の角度にも調整でき、寝た姿勢でも使用できる

・机とボードの隙間がない

・浅い角度でも専用つっかえ板でしっかり固定できる

マグネットがつけられる

ボードの大きさが変えられる

・底板に滑り止めがついている

だからこんなに重宝!         

手もとが見やすい!

操作しやすい!

・背景が黒いので対象がとらえやすい!

・奥が上、手前が下という位置の置き換え負担を軽減

・広い上、ゲージがついているので

 2つ以上のものを載せることができ高さも調整できる

学びサポートの生徒、もはや手放せず! 

写真の生徒は車椅子に取り付けられる

カットアウトテーブルの上に載せて

大好きなゲームを楽しんでいます。

ゲージの高さを調整したり

ボードの角度を変えたりして

使う人の操作のしやすさに

とことん寄り添う優しい書見台です。

体験してみませんか?         

SHJアート&学びサポートセンターでは

カットアウトテーブルに書見台を載せて

展示しています。

角度やゲージのさなど色々変えて

いろんな場合に寄り添える機能を

ぜひ味わってみてください!

事務所/SHJアート&学びサポートセンター東京都杉並区永福4-1-9 1-B

オープン 月 火 木 金 10:30~17:00    土日 不定期

⬛️SHJを応援しませんか? 

例えば月1〜2杯のコーヒーを子どもの笑顔に変えませんか?月500円からのマンスリーサポーターを募集しています。いただいたご支援は、アーティスト謝金、交通費、抗体検査、そしてアート&学びサポートセンター運営費に有効に活用させていただきます!マンスリーサポーター申し込み

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

SHJ教材「ボコボコチェーン」ってなに?

◾️自然に教材に手が伸びる、これが大事!

先日Sちゃんが来てくれた時に

「お土産に買って帰ろう!」

とお母さんが手を伸ばしたのが

ボコボコチェーンミニ。

それもそのはず

Sちゃんはとても気に入った様子で

なんどもなんども

ボコボコ、ボコボコボコ・・・

とやっていましたから。

で、このボコボコにどんなねらいがあるの?

と大人は疑問を持つわけですが

もっと大事なのが

まずはSちゃん自身が

えっと、ねらいは◯◯◯だから・・・

などと考えるわけでもなく自然に手を伸ばして

ボコボコやってしまう

というところ。

子どもが主体的に教材に手を伸ばし

なんども繰り返す。

この教材の魅力を物語る風景です。

与えられたものを嫌々やるのではなく

教材に手が伸びる

なんどもやりたくなる

っていうのが教材が持つべき要素。

このボコボコチェーンはその意味で100点満点。

◾️で、ボコボコチェーンって?

さて教材図鑑でこの教材について調べてみます。

まず姉妹品として

・ボコボコ棒

・ボコボコ蛇腹ホース

そして

・ボコボコチェーンミニ

というのがあります。

ボコボコという手に伝わる振動を利用した教材なのですね。

使い方はチェーンを振動が感じられる方向に引っ張り抜ききる、というもの。

この一見単純な作業は

私たちが日常当たり前に無意識に行なっている動作です。

しかし

思い通りに身体を動かすことができなかったり

運動の幅に制限があったりといった場合に

ある目的のために身体を動かすための環境

つまり教材がその動きを促すことになるのです。

ボコボコチェーンの場合、

方向性のある手の動きを引き出したり

連続性・持続性のある操作を引き出したり

また

引いた手を離してまた持って引っ張っての

繰り返しによる

片手でのたぐり寄せや

引いた手を離して別の手で持って引いての

繰り返しによる

両手の協応、

さらに

目と手の協応を促します。

ボコボコという振動が、

手の動きの連続的なフィードバックとなり、

自分の身体の動きを実感できるのです。

ボコボコ、

という手応えの心地よさに

なんどもなんども繰り返してしまう

というわけです。

◾️肢体不自由の困難さを想像してみる

ボコボコシリーズ含む

全てのSHJオリジナル教材は

身体の不自由さを自分ごととして想像させてくれます。

私たちが

当たり前に無意識に行なっている動作には

いかに科学的な意味があるのかを

障がい児教育は教えてくれます。

子どもたちが身をもって

科学の不思議さ、面白さを

日常生活の中で伝えてくれている

といっても過言ではないと思います。

バリアフリー化、合理的配慮を、と言いますが

車椅子が通れるように通路をフラットにすれば良い、

広くすれば良い

といったようなことだけでなく

空間の広がりや奥行きなどの概念形成を

体得できるような主体的な活動こそを

当たり前にしていくことで

困難さのために諦めることなく

自分の世界を広げることができるのだと、

伝えていきたいです。

◾️子どもは教材の共同開発者!

さて、Sちゃんが選んだ

このボコボコチェーンミニは

ご紹介の通り、ボコボコチェーンの応用編と言っていいかもしれません。

握る方と引っ張る方のそれぞれの手に固定が可能で、

麻痺があるからと諦めていた人も

両手の協応を体験できます。

Sちゃんはたいそう気に入って、

おうちでもボコボコ、ボコボコボコ・・・

とやっているとお母様からさっそく

報告がありました。

「テーブルのサイドに引っ掛けて引っ張ったり、

自分なりの遊び方を発見して楽しんでいます」

と。

作成した支援員の意図を超えた使い方を生み出し、

新たなねらいを設定してくれる子どもは

これまでもいました。

→2021/1/15投稿~子どもは教材の共同開発者

で紹介しています。

Sちゃんも同じように

支援員の思惑を超えて

自分なりの楽しみ方を発見しているそうです。

やっぱり子どもは天才!!

♡   ♡   ♡   ♡   ♡   ♡

⬛️ボコボコチェーンミニ 

お買い求めはこちらまたはSHJアート&学びサポートセンターに

⬛️団体を応援しませんか? 

例えば月1〜2杯のコーヒーを子どもの笑顔に変えませんか?月500円からのマンスリーサポーターを募集しています。いただいたご支援は、アーティスト謝金、交通費、抗体検査、そしてアート&学びサポートセンター運営費に有効に活用させていただきます!マンスリーサポーター申し込み

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

事務所/SHJアート&学びサポートセンター: 東京都杉並区永福4-1-9 1-B

〜新学年スタート!〜

▪️遊びも学びも!

近隣の特別支援学校の生徒さんとご両親が

SHJアート&学びサポートセンターを訪問。

今日から小学3年生になる笑顔のキラキラした

女の子、Sちゃん家族です。

「学校の授業はあそびの要素を大切にしているので

学習はこちらの教材を活用したくて・・・」

とお母様。

▪️カットアウトテーブルは学習の大きな味方

さっそく向かう机はカットアウトテーブル。

姿勢保持が難しい方にとって

丸くカットされた部分に

車椅子ごと胴がすっぽりと入ることで

安定して作業ができます。

学習支援員が業者と共同開発した

高さ調整のできる優れものです。

教材図鑑P. 10に紹介されています。

▪️スライディングブロック

まず支援員がSちゃんの様子を見ながら

豊富なラインナップの中から

これ!

という教材をいくつか選びます。

その一つが『スライディングブロック」。

基本になる台は幅30cmほど、奥行きは12cm。

厚さ1cmの木製です。

長い溝の両端には丸く浅い穴が開けてあり

その穴に円盤や半球円盤を溝をスライドさせて

入れる、というもの。

上下、左右という方向性のある動きを促し

真ん中、端、などの位置や

上下、左右という方向をつかむことができます。

操作する円盤に真鍮を使っていることにより

重さで穴に入った手ごたえや

重力により吸い込まれるように手の動きが促され

より実感が持てるようになっています。

半球円盤は操作しやすく

円盤ははまったと同時に穴と一体化するから

入った瞬間に面が平らになる気持ち良さが味わえます。

▪️スベらない!大事です^^;

台の底面に滑り止めがついているところは

細かな配慮のひとつ。

学習しやすい環境調整です。

片手で押さえて、もう一方の手で操作

という当たり前に思える動作が困難な生徒さんにとって

”滑らない”

というのはとても重要な要素なのです。

そう言えば

この教材を作ったちょくちょくスベる⁉︎ 支援員にも

”スベり止め”が必要かもしれません・・・^^

▪️教材が意欲を引き出す!

さてSちゃんはこの教材にぐーっと手が伸びて

どんどん課題をこなします。

左へ右へ。上へ下へ。

なんども繰り返している様子から

学習したい!

もっとやりたい!

というSちゃんの意欲が強く伝わってきて嬉しくなりました。

教材が意欲を引き出している、

と言っていい風景でした。

熱心に見ているご両親も

教材の意図をSちゃんの動きを見ながら

読み解いているという感じ。

ここでも大人が子どもに教えられていますね!

これからの学習にSHJ教材を

大いに活用くださる予感です。

学校も近いですから

お母さんお一人で・・

ママ友と一緒に・・

ぜひまたあそびにきてくださいね!

教材をたくさん体験してほしいと思います。

1時間半ほどの間でしたが、

Sちゃんの学習を楽しむ場面が満載でした。

他の教材を使うSちゃんの様子を

次回また綴りたいと思います。

予告・・・

ボコボコチェーンミニ

立体凸文字

オリジナル書見台

♡   ♡   ♡   ♡   ♡   ♡

団体を応援しませんか?  

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

事務所 SHJアート&学びサポートセンター: 東京都杉並区永福4-1-9 1-B

〜事務所の人気者😆〜

🌀SHJオリジナル教材に惹きつけられる人たち

日曜日、水曜日を定休にオープンしている新しい事務所。

毎日のように近所の方がしばらくショーケースを眺めたり

中に入ってくださったりしています。

時々小さい子どもを連れた若いお母さんが

足を止めているのを見かけます。

あ、あの子にここにある教材を使って欲しいな・・・と思い

声をかけるタイミングを伺っているうちに去られてしまう、

ということもしばしば。

店の中にいる店員と目があって

嬉しそうに入店するお客さんって

あまりいないものです。

逆の立場に立ったら

やっぱり店員がついてくるような店は嫌い。

自由に見せて欲しいですもの。

外へ出て声をかけるタイミング

そして、自然な笑顔で

大歓迎している気持ちを秘めつつ

押し付けがましくならないように~~

興味を持ってもらい、迎え入れる・・・。

そんな練習が目下、

新しい私の仕事になっています。

そんななか

店内から誰か出てくる・・

と気づいてもそのまま見入ってくださる方も結構います。

相当興味を持ってくださっている方たちだと確信します。

教材の話、

そしてここまでに至った経緯

〜アートを長期入院する子どもの病棟に届けるNPOを

立ち上げたこと〜

などにまで熱心に耳を傾けてくださる女性の多さに

救われる思いがします。

「今度孫と一緒に来るわ」

とか、

「これ、息子がモンテッソーリ幼稚園で気に入っていた教具にそっくりだわ!

懐かしい!」

とか。

自分たちの子育ての頃の話で意気投合して

「あら?世代が一緒だわね」

などと、親しくなったり。

 

🌀アーティストの訪問も嬉し!

昨日はアーティストの訪問がありました。

「オープニングの小さなライブやりましょう」

という話になり盛り上がったものの

コロナ禍において

訪れる人たちやスタッフの安全を第一に

対応するべきなのは自明のこと。

練りに練った

「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」

にしっかり則って運営していかなくてはなりません。

人数制限しても

狭いこの事務所は数人で密になりそうで、

オンラインオープニングライブの可能性を残しつつ

リアルライブは今回断念。

さて、一緒に来てくれた彼女の友人が

場所をとても気に入り

細部まで見学してくれました。

これ!いいアイデアだね。

と外に向けたモニターに映る子どもの活動の様子に目を細めたり。

木工コーナーにうっとりしたり。

壁の青がいいね!

と手作りの空間を絶賛してくれたり。

手伝うことがあったらなんでも言って!

応援するよ。

と今後の協力を約束しつつ、そろそろ帰ろうと

身支度しながらふと改めて教材棚を見上げると、

そこにちんまりと座っている丸っこい物体が!

「おお!これ可愛い!

買ってくよ」

 

🌀事務所の人気者

今回登場した女性たちや

アーティストの友人の男性、

教材はゆっくり体験してから・・・

孫と一緒に来てから選ぶとして・・・

とりあえずお求めになるのが

我らがSHJ Official Character

スマホジちゃん。

在庫を切らしていて・・と私。

実は前日、前々日に予約された方たちのために2体作成中。

「じゃ、見本のこの子は置いてくから

『売約済み』って書いておいて!

でき上がったら連絡ちょうだい」

「1つ予約して帰りますね。少ししたら取りに来ます」

使い方もめあても何もないスマホジちゃん。

このシンプルな顔にみんなが惹かれるのです。

誰もが口を揃えるのは

「なんとも言えない可愛さだね!」

スマホジ

さて、このブログを書き終えたら在庫作りに勤しみます。

とりあえず3体は必要。

嬉しい悲鳴とはこのことですね!

事務所の人気者、スマホジちゃん

お求めはSHJアート&学びサポートセンターのある事務所で!

または

オンラインショップ”SMILING STORE“にてお待ちしています!

♡   ♡   ♡   ♡   ♡   ♡

団体を応援しませんか?  

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

事務所 SHJアート&学びサポートセンター: 東京都杉並区永福4-1-9 1-B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♡団体を応援しませんか?  https://smilinghpj.org/donate/

 

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook