“ウィズコロナ”の怪 ʅ(◞‿◟)ʃ

”ウィズコロナ”

という言葉のおかしさを指摘したのは

同志社大学教授の浜矩子(はまのりこ)氏。

浜矩子さんといえば

経済学者として

時事問題に対して経済学的な視点で

歯に衣着せぬストレートな物言いをされる魅力的な方です。

その話ぶりは

一刀両断!

という感じでスカッとします。

いつか講演を聴きに行ったことがありますが

ナマで見る浜さんはイメージ通りでした。

眉間にしわを寄せて

はっきり言わせてもらうわよ!

といった佇まいです。

私ごとですが学生の頃に履修した「国際金融論」

だけがなぜか面白くて

卒後は外資系銀行員になったという経緯がありますが

浜さんの専門も国際金融論ですから

同志社大学に潜り込んで

講義を聴いてみたくなります(かなりハードル上がりました^^;)。

さて、経済学者の浜さんは

言葉の意味を深く吟味し

言葉それぞれの本質にブレない使い方をしなければならないことに

ある意味、こだわりを持っておられるな、

と感じるところが

とても共感できる点でもあります。

何度か綴った

2020/6/12投稿~言葉がかわいそうだよ1

2020/6/17投稿~言葉がかわいそうだよ2~

に、私の言葉の使い方への”こだわり”満載です。

もっとも、言葉の専門家ではないので

私見の範囲ですが。

さて浜さん、

経済学者、と言われつつご本人はエコノミストだと言う。

エコノミストにぴったりくる日本語はない、とはっきり。

エコノミストの意味を調べてみました。

エコノミストとは・・・

経済学者や経済研究者など、経済の動きや諸問題に関する調査・分析・予測などの仕事をする専門家のこと(Elite-networkビジネス用語集より)

なるほど、調査分析予測・・となれば

対象に対してかなりツッ込んでいく仕事です。

そんなところから、

目下、世間で連呼される

”ウイズコロナ”

ちょっと、おかしくない?

となるのでしょう。

頷ける!しかし私、

頭脳が追いつかないから共感するだけで終わってますが^^;。

さらに浜さん、

若者がのびのびと生き生きと

そして目一杯、創造性を花開かせるのが

教育に与えられた使命であって

我々は生産性を高めるために教育を受けるのではない

と最近読んだ浜さんの著書

「小さき者の幸せが守られる経済へ」(2019年8月15日 新日本出版社)

の中で述べています。

つまり、ブラック校則で生徒を意味なく威圧し

数字で評価し競争へと駆り立てるのが

本当の教育ではない、とはっきり述べてい流のです。

そしてエコノミストの立場から

人に優しく人を尊び、人を幸せにする経済であるべき

と伝えています。

経済学っていうと敷居の高いイメージを持つ人が多いと思うけど

経済の理想形は血の通った温かい愛が根底にあるべきだとの

浜さんの主張は

ドキュメンタリー映画「幸せの経済学」の監督

ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ氏の考えにもつながると感じました。

→2018/7/10投稿~幸せの経済学

経済とは生産性を追い求めるものではなく

互いに支えあって助け合って幸せに生きていくためのサイクル

と読み解けるでしょうか。

さて、浜さんから経済へといささか話がそれましたが、

浜さんが指摘した

”ウィズコロナ”のおかしさに

そうだ、そうだ、とうなずいた私です。

ウイルス蔓延の中で

いかに ”ウィズコロナ” にならないように

賢くあらなければならない。

という浜さん。

コロナとお友達になる必要は全くなく

コロナは対峙すべき敵のはずです。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

〜学校行事を思う〜

秋といえば修学旅行や校外学習の時期ですが、

今年は

コロナ禍での宿泊行事が軒並み中止となっています。

学びの秋

食欲の秋

そして行楽の秋

子供達の安全と

非日常の体験や楽しみをどう両立させるか

教育現場は頭を抱えているようです。

しかし

ここでも

コロナ禍というピンチを

改善への機会と捉えることができそうです。

一回休み

として

宿泊行事、とりわけ

修学旅行が学びを修める一区切りの意味だとしたら

学習の機会であることを念頭に

内容の質を高めるための思索の時間が与えられた

意義や内容を見直す絶好のチャンス。

*****

修学旅行といえば

おきまりのコースだったり

学び?と首を傾げたくなるような

エンターテイメントを主眼とした

テーマパークが旅程のメインイベントとして入っていたりします。

現に、今年春に高校を卒業した息子の

修学旅行の行き先の一つが

ユニバーサルスタジオジャパンだった。

え?修学旅行、だ・よ・ね・?

と親子で首を傾げたのは去年の今頃だったかな。

ディズニーランドへ行く学校もあるとか。

テーマパークに学びの要素が0とは言わない。

しかし学校が決めたとしたら

あまりにも子どもをばかにしていないか。

息子は高校の方針に呆れ

修学旅行に参加しませんでした。

あっぱれ!

宿泊行事や運動会などの行事。

普段が決められた教科書やカリキュラムに沿った

子どもによっては退屈な変化のない時間(!)であるとしたら

その反面、

行事では子どもの主体性を重んじ

自発的な活動を作っていく良いチャンスではないのか、と思う。

しかし実際は

行事のために教員たちが疲弊し

子どもたちが通り一遍の行事のために

自由や主体性がさらに奪われるとしたら

本末転倒。

*****

ところで

スマイリングホスピタルジャパンでは

特別支援学校の行事のお手伝いをすることがあります。

感染予防のため宿泊行事がなくなってしまった

新宿区の養護学校の

小学部6年のあるクラス。

宿泊行事の代わりだけど

それに負けないような

小学校最後の思い出となる

とびきり楽しい時間を作ってください!

との要望がありました。

よしきた!

期待されてるぅ~😼

通り一遍の行事なんかじゃない。

めっちゃ楽しい芸術ワンダーランドにしてしまおう。

とアーティスト2名張り切っています。

もちろん、

子どもたちが主体的に活動するためのファシリテーターとして。

ジャズで身体ごと音楽を楽しんだ後

音楽と美術のコラボとして絵描き歌ライブペインティングを。

それも

その場で子どもとやりとりして即興で作品を仕上げるという

レベルの高さ!

そのあとはハロウィンに向けて

ランタン作り。

最後はランタンを灯して一人ひとり6年間を思う。

おしまいはやなせたかしさん作の

とびっきり元気が出る校歌を。

というプログラムを準備しました。

とネタをバラしてしまいました・・・。

楽しみ過ぎて。

訪問活動は本当に久しぶりです。

時間になったら

玄関までみんなでお迎えに来てくれるというから

ますます待ち遠しいです。

生徒たちも準備に余念がないはず。

これぞ、行事!

*****

ところで

学校行事、多過ぎませんか?

院内学級にいた頃も

ひと月に1度と言っていいくらい

頻繁に行事がありました。

春と秋には芸術鑑賞会(これは外せない!)と

校外学習(これも普段病院にいる子にとっては外せない!)

春に作品展

秋に学習発表会。

3学期始まってすぐに書き初め。

さすがに病院で運動会はなかったけど

節目節目には入学式や始業式、終業式や

卒業式がありました。

書くだけで疲れる・・・。

行事というのは準備にかける時間に制限があり

時期や場所に縛りがあるから

子どもの自由な発想など入る隙もありゃしない。

もうちょっと厳選して

子どもが主体的に取り組める時間を確保する方が

本来的ではないかと思うのです。

教師としても持ち帰りの準備が多かったのを覚えています。

その合間に

中間試験も

期末試験も

成績つけもあるんですから!

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

日本の子どもの幸福感 😃

先進・新興国38カ国に住む子どもの幸福度を

ユニセフが調査しました。

日本は精神的な幸福度が37位の最低レベルだと

新聞記事が伝えていました。

・生活満足度の低さ

・自殺率の高さ

からはじき出された悲しい現実です。

幸せでないと感じる理由は

・学校でのいじめ

・家庭内の不和

といったことが挙げられていました。

*****

日本の子どもの幸福度の低さは

ここ数十年の間に際立ってきたように感じます。

ゆとり教育が始まった頃と重なるでしょうか。

詰め込み学習が子どもの成長を阻み

いじめや競争により格差を作る

という傾向から

子どもの豊かな成長のために・・・

との趣旨での教育改革だったかと思います。

皮肉にも裏目に出てしまったのは

やはり学習内容や授業時間数など

数字での調整に奔走する付け焼き刃的な対応に

誠意や真心、子どもへの愛が欠けていたせいではないでしょうか。

子どもたちがなんだか実験台みたいで

とても気の毒に思ったのを覚えています。

*****

そもそも大人が幸せでなくては

子どもはのびのびと幸せに暮らせないはずだ、

という疑問から

日本の「大人の幸福度」

を調べてみました。

3月20日の国際幸福デーで国連関連機関が行なった

World Happiness Report2020による

世界156カ国を対象にした調査結果では、

2018年  54位

2019年  58位

2020年  62位

徐々に順位を下げています。

参考:東洋経済オンラインサイト

3月20日といえばコロナ感染拡大が深刻化した頃ですが

地球レベルでの事象だから環境条件にはほぼ影響はないかと思います。

順位の要因の中の

寛容さ 92位

自由度 64位

という結果から見えるように

✔︎ 社会全体に見える不寛容さや

✔︎ 見えない「何か」に縛られる不自由さ

が幸福度の低さに繋がっている感じです。

見えない何か・・・とは?

きっと誰にでも身に覚えがあり

あるある!となるのでは?

そこに向き合わず

そんなもんだろう・・・

仕方ない・・・

という諦めのようなものがあるとすれば

そこにも原因があるのかもしれません。

さらに要因の中に

健康寿命というのがありますが

日本は長寿国ということもあり2位。

この要因が大きく順位を上げる結果となっていることになるとしたら

健康寿命を抜かせば、幸福度はますます下がる結果となるでしょう。

大人も子どもも幸福感が高いのが

フィンランドやオランダなどの北欧である

というところ、見習うべき点が多々ありそう。

やはり大人の幸福度と子どもの幸福度は比例するようです。

これも当然といえば当然ですね。

*****

街を歩いていても電車に乗っていても

明るい表情をした人が少ないな

楽しそうではないな

ファミリーレストランでも

みんな一緒に笑っている家族が少ないな・・

という印象を強く持っていました。

コロナ前も今もそれは変わりません。

大人に笑顔がなければ子どもは大人の顔色を伺い

自分のせいかなと、なるべく大人の気を損ねないように振る舞うことになります。

これは自分の子どもの頃の経験からわかります。

大人が不機嫌だと子どもは幸せではありません。

😁🤗 😃☺️😙

さて「子どもの幸福度」に戻します。

学校では数字による評価や

競争加熱により

子どもひとりの価値がテストの点数や偏差値などで測られ

自分という存在が物のように数値化され

トータルに大切にされていないと感じているのでは?

よく言われる「自己肯定感」という言葉が

むなしく感じます。

幸福感が育たないのは当然のことかもしれません。

*****

日本の子どもの7人に1人が貧困だといいます。

しかし貧困率は38カ国の平均より低いといいますから

では

どこに幸福度の低さの大きな原因があるのか

大人はきちんと向き合っていかなくてはなりません。

今、教育関係者の間で

1クラス少人数化という教育改革を求める声が上がっていますが

具体的で比較的すぐに取りかかれる課題ではないでしょうか。

人員を増やすことでデメリットも当面はあるかもしれませんが

メリットの方が断然大きいと思います。

私もこのブログで提言!しています→7/27投稿〜実現させよう、少人数学級

子どもと一緒に解決していけたら素敵なことです。

ひとりひとりが大切にされている、

自分は自分のままでいいんだ、

と実感できる空気を作っていくこと。

特に有事の際に最も負の影響を受けるのが子ども。

早く手を打たないと長期化してしまう恐れも。

コロナ禍をチェンジのタイミングと捉え

本当の幸福とは・・・

原点に立ち返ってひとりひとりが自分と向き合い

互いに認め合う共生社会、共感社会を作っていくべきです。

幸福ってなんだ?

大人も子どもも共に追求できたら最高です。

もしかしたら

子どもの方が

本来的で

鋭い真理を

教えてくれるかもしれません。

大人が子どもに意見を求め

聞く耳を持てた時

本当の幸せな社会が出来上がるような気がします。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

 

ブログを書く、ということ✏️

ブログを始めて3年3ヶ月。

信じられないことに

振り返れば600以上も投稿しているから

我ながらあっぱれです。

文章力が上がっていればなお良しなのですが・・・

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

作文が超苦手だった子ども時代を思うと

生涯学習という言葉が浮かびます。

いくつになっても未熟

いくつになっても伸びしろがあるってこと。

毎回楽しみに読んでますと言ってくださる方

文章が軽快で読みやすいとか🤙

愛があるとか😍

松本独自の世界観が見えるとか😉

いっぽう

ちょっと極端だねという辛口意見をくださる方もいたりして😆。

どれくらいの人が読んでくださってるのか気になり始め

カウントを開始してそろそろ3年ですが

閲覧数は11万PVを超えました。

励みになります。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

さてブログを始めた理由。

立ち上げたNPO、スマイリングホスピタルジャパンの

さらなる発展のために何ができるか。

それは設立した経緯と趣旨

そして

ブレない世界観のもと

何を目指すのかを

広く知ってもらうこと。

そのためには設立した人が

著書にまとめ、

活動を紹介し、

その意義を世に問うのが一番

という内外からの期待を受けました。

しかしいきなり本を書くなどは現実的ではない。

そこで

さまざまな挫折や

教員として病院に身を置く中で感じてきた疑問や気づきを通して

得た発想とその原点からこれまでを

文章にし公開していったらどう?という

周りからの励ましに背中を押されて始めたのがこのブログです。

芸術や教育、子どもをテーマに時事ネタも必須、

ということで毎日が勉強でした。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

文章を書くことに苦手意識を持ちつつも

活動を始めた理由に大きな意味があること

だからこそ全国に広がったこと

伝えなければ

伝えることで

もっと理解や賛同が集まり

もっと広がっていくという期待に駆り立てられるように綴り続けています。

長期入院を余儀なくされる子ども

重い障がいのために学習や活動とその内容までが極端に制限される子ども

そのような子どもたちのために

教員として身を置いた特別支援学校でのあれこれから

ヒントを得て始めた

入院・入所中の子どもにプロによる本格的な芸術を参加型で!

在宅を強いられる子どもに温もりのある本物の学びを!。

このような活動の意義を広く知ってもらい

やがては

子どもがどんな状態にあっても

学びや生きる喜びを感じられるような

トータルな成長の環境を保障していくことが

大人の使命であることが

当たり前の社会になっていくことを願って。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

かっこよくまとめることもできず

拡散の仕方も未熟。

わからないづくしのまま

ひたすら毎日書く、書く、書く。

原点である長期入院と院内学級勤務。

そして軌道に乗ったところまでを書いたところで

さてそろそろ、という直感から

出版社に企画書を出し

熱心にやりましょう!と言ってくださったのが

英治出版

決まってからはブログは徐々にペースダウン。

毎日書いていたのを

週に2~3に減らしました。

新たに書くことを減らし

出版企画のために

書き溜めたものの選別や

書き直しにシフトしました。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

出版が決まって随分と時間が経ちました。

1年半もかけて

私の夢やSHJの使命を応援するために

じっくりと時間をかけて本づくりに取り組んでくれている

この出版社には感謝しきれないほどです。

月末にはゲラが届く予定。

楽しみで仕方がありません。

この自分が本を出すなんて夢のよう。

しかしそうは言いつつ

頭の片隅では

次なるテーマがぐるぐる回っているから

自分でも呆れてしまいます。

✏️ ✏️ ✏️ ✏️ ✏️

ブログ・・・。

活動のことはもちろん

子どもをめぐる様々なテーマや

現在の教育システムへの異議

さらに日常感じたことをエッセーにしたり

気に入った本の紹介をしたり・・

内容は多岐にわたっていますが

これからさらに

好きな料理もテーマの一つに入れたいな

と思っているところです。

気持ちは元気ながら

寄る年波には勝てず

がむしゃらを卒業し

これからは

等身大、自然体で文章が書けたらいいな、

と思います。

年齢を重ねたゆえの渋みとか

熟成された旨味!なんかが

加わったら最高です。

英治出版

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

〜コロナ禍での感謝〜

コロナ禍。

もともと事務所が自宅ということもあり

さらに諸々の会議もオンラインになり

外出の機会がますます減りました。

食材ももともとパルシステムの宅配だし

日用品などの買い出しも

急ぎささっと済ませます。

公共交通機関に乗って衣料等を買いに行く

ということは全くと言っていいほどなくなりました。

あるものを工夫して着こなす

と言えばかっこいいですが

あるものをなんとか着回す

という方がアタリ。

おしゃれもしなくなったなぁと。

もっとも

おしゃれして出かけるチャンスも皆無となりました。

たまに電車やバスを使う時は

マスク着用はもちろん

3密を意識して身の置き場を考える

なるべく手すりやつり革を触らない

揺れる中でものに捕まらない、というのは

体幹の鍛練になかなかいいかも

と思ったり。

しかしそれで済む身の上ならば問題ないのです。

先日、車の中で

色々なものをなるべく触らないように意識するようになったね

外で何かに触れるとすぐに消毒したくなるような

こんなこといつまで続くんだろう・・・。

そんな風に夫と話していたら、

目の前でゴミ収集車が止まり

降りてきた作業員の方たちが

ゴミ集積所から家庭ゴミの袋を

手際よく収集車に積んでいる様子の一部始終を

目の当たりにすることに。

きちんと結ばれていない袋からは

使用済みのマスクやティッシュなどが

こぼれ落ち、

躊躇なく拾い上げ収集車に投げ込みます。

手袋はしているにしても

この感染症拡大の中

それを怖がっている場合ではない方達がいる。

その様子を見た私は

なるべくものに触らない

などと言っていた自分が恥ずかしくなりました。

そして待たせている私たちに

丁寧に頭を下げる・・・

という律儀ぶりです。

穴があったら入りたい、

この表現がぴったりでした。

*****

エッセンシャルワーカーの方たち

は感染の蔓延するなか

もの、ひとに触れることなしには

仕事が成り立ちません。

こういった方たちで

世の中は回っている

と言っても過言ではありません。

このことを

私たちは肝に銘じるべきだし

感謝を忘れてはならないと

心の奥深くに刻んだ出来事でした。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook