ソーシャルデイスタンスはいらない!

「ソーシャルディスタンス」

という言葉が流行語のように闊歩しています。

新型コロナウイルス感染拡大を防止するための3密のひとつ、

人と人との物理的な距離を保って、

濃厚接触を避けようという呼びかけに使われます。

隣にいる人と2メートルも距離を置くなんて

社会のいろんな場面を浮かべると

難しいことが多々あります。

電車内ではほぼ不可能。

道で誰かとすれ違う時は互いの距離を意識して

端と端に寄りどことなく視線までもそらしたりして。

物理的な距離より、まさに社会的な人間と人間との距離を

あえて作らなくてはならないようで嫌な気持ちになります。

狭い通りでの傘かしげなど

かつての公共マナー江戸しぐさ⁉︎は偽りの伝統である 

などという議論も

このご時世ではさらに遥か遠くへ。

さらに、例えばスーパーでレジ待ちのとき

2メートル間隔に線が引かれてあり

そのさきで買い物中の人がいたりして

誰が最後なのかもわかりにくく

「並んでますか?」

「ここ、列の最後ですか?」

などとディスタンスを保ちながら聞く羽目に。

大きな声出しちゃいけないのにね。

おまけに

列の長さが陳列棚を塞ぐような感じになっていたり

そうかと思うと肉や野菜のコーナーでは

ディスタンスなんてとんでもない。

結構皆さん、くっついて品物を選んでいます。

なんとなく矛盾を感じながらも

まあまあ、そこはできる限り、ディスタンス、ディスタンス。

品定めなどせずに

ささっと商品を手にとることが大事。

あ、あっちの方が良かった!

と思うも

時すでに遅しということありませんか。

一度手に取ったものは戻しちゃいけないので

そうなると、遠くから見定める時間はある程度必要。

遠くがよく見える私にとっては特に不自由はありません。

近視の方や老眼はまだよ、という方にとっては

それは大変だろうと思います。

ちなみにこの「ソーシャルディスタンス」

国によって実際の距離にばらつきがあるようです。

例えば

フランス、イタリアは1メートル。

ハグするのが挨拶となっている愛の国では頷けます。

ドイツやホンジュラスでは1.5メートル、

そして

アメリカは1.8メートルだそう。

さらにもっと警戒レベルが高いのが

スイス、スペイン、韓国、日本で

その距離2メートルとなっています。

情熱の国スペインは爆発的な拡大を経ての

泣く泣くの対策でしょうか。

ところで本題

ソーシャルディスタンスはいらない!

と反抗的なことを主張するのには訳があります。

それはその意味にあります。

ソーシャルって物理的な距離じゃなくて

人と人との関係性のこと。

このソーシャルディスタンスは

まさに人と人との心の距離までも遠ざけようと言っているようなものだなあと

釈然としないままかれこれ半年も過ぎました。

あんまり当たり前に使われるようになったので

心の内をカミングアウトしたくなったのです。

本来の意味を

あまり気にせず

使われる言葉って結構ありますよね。

かねてから疑問に思っていた

「時に乱暴またはいい加減とも言える言葉の使い方」

がコロナ禍という緊急な事態においてなされ、

合言葉のようになっているのが

感染同様に怖いな、という印象を持ちます。

一つの価値観に安易に流れていく全体主義につながるようで・・・。

そこで遅ればせながらこの”social distance”

の意味をテーマに書こうと思った次第。

“social”

というのは「社会的な」という意味。

社会的というのは

物理的とはある意味、正反対ですね。

社会性とか反社会的などと表現する時

それは距離ではなく人との関係性や

対人間という観点からの生活の場といった意味で使われるように思います。

ですから

“social distance”とは

人を固体という物質としての距離の意味ではないのです。

実はこの言葉

「特定の個人やグループを排除する」

という社会学用語だということが判明

しました。(dictionary.com)

そして

身体的なという意味の

”physical”

を使わないのであれば

“social distancing”

を使えばOKだと知りました。

“social distancing”とは、

公衆衛生戦略を表す用語で、

疾病の感染拡大を防ぐため、

意図的に人と人との物理的距離を保つこと

となります。(dictionary.com)

しかし

身体的、物理的距離を保つという意味で使うのでしたら

やはり

”physical distance”

フィジカル・ディスタンス

とするべきことは

世界保健機関(WHO)によって推奨されているようです!!!

このことを知って

納得、そして

なんか変だぞ!

という気持ちが落ち着きました。

なんか変だぞ、おかしいな、

と思ったら

個人的見解を裏付けるために

調べてちゃんと自分を納得させること

大事ですね。

ソーシャルディスタンスじゃなくて

フィジカルディスタンスですよ。

あー、スッキリした!

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

= デジタル化のなかのアナログ =

漫画やファンタジーの世界だけの

単なる憧れで、

それはそれで空想の中で楽しめれば良くて

現実に起こるはずなどあり得ないと思っていたことが

デジタル化のなかで

ほんの十数年で当たり前になったものの代表が携帯電話。

このデジタル化の流れは

当然のことのようにコロナ禍で

行われるズームをはじめとしたオンライン上のやり取りを普及させました。

難しそう、と抵抗を感じていた人たちの多くも

今ではこれまた当たり前に使うようになりました。

密を避けるために仕方ないとしても

どこか、実感のないペラっとした印象が

いまだに拭えません。

互いの顔が見えても、

その場を共有しているという感覚がなく

一人ひとりが別々の箱に入っていて

平面上で繋がっている感じ。

輪になって語り合うというのとは全く違う。

さらに

ひとりが話している間

話が終わるのをしっかり確かめてから別の人が話す、

といったやりとりになり

声がかぶることなく

単なる伝達のし合いになるような気もしています。

議論が深まらないと感じるのはこの

順番に話す、というスタイルと

目の前の画面に大勢映った中のどの人が話した?

などとまごまごしていると

入り込む隙間すら感じられなくなったり。

だからズーム会議の後味はどこか寂しく

余韻も虚しく感じます。

*****

今大学ではほとんどがオンライン授業となっていますが、

  ”集中できない”

  ”緊張感が持てず身が入らない”

という声を多く聞きます。

また、ある音楽家は

ライブハウスには思わぬお客さんや

知り合いが連れてきた人など

新鮮な出会いや人間関係ができ

新しい企画に繋がったりすることがある。

動画配信やオンラインライブでは

得られないイベントの奥行きがあると。

*****

体温という温もりを持つ互いの身体で

同じ空間で同じ空気を吸い同じ温度を感じ

空気を震わせ共鳴し合う

といったスキンシップのような触れ合いが

対話の醍醐味。

決められた時間内で退出となる画面上では

今ある目の前の課題を解決するためだけ

で終わってしまい、

遊びの空間が不在となり効率的のように見えて

そこには

空気を読んだり行間を感じたり、終了後の雑談もほとんどなく

リアルな関わりややりとりが生む

クリエイティブさはかけらもないような

気がします。

*****

危機にある時にこそその力が発揮されるIT。

しかし

そこに期待しすぎることで

人間にとって真に大切なものが

失われてしまうように感じます。

ネットワーク上の関わり合いは

連続のやり取りというより

単発の会話が線状にぽつんぽつんと乗っかっているイメージ。

この関係性はまさにデジタルという言葉の意味どおりです。

数値によって表現される飛び飛びの値がデジタル。

用さえ済めば

さっと完了することの連続は

持続可能な発展には大きな弊害になるとさえ

感じます。

これに対して

時間や距離、音の大きさや光の明るさなどの連続的な量がアナログ

古いなあ、と思われるかもしれませんが

アナログへの回帰とまでは言わなくても

アナログの部分も大切にすることが

人間の温もりや深みある

ほんらいの人と人との繋がりや

互いにリアルな顔の見えるコミュニティの形成に

欠かせないような気がします。

せっかくのITの進歩を活かすためにも

双方を引き立たせるためにも

バランスが大切です。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

「ゆっくり育て子どもたち」👦👧👶

淀川キリスト教病院 (通称:淀キリ[大阪市東淀川区] )

副院長・小児科長の鍋谷まこと氏の著書

「ゆっくり育て子どもたち」

を夢中で読みました。

ページをめくるほどに

氏の大きな愛を感じ共感の連続です。

淀川キリスト教病院こどもホスピスは2012年に設立された

アジアで最初のこどもホスピスです。

日本の小児がんを含む難病の治療は世界でも最高レベル。

しかし緩和医療に関しては

欧米諸国からおおきく遅れをとっていました。

そんななか

全人医療を行う淀キリに白羽の矢がたち

まず淀川キリスト教病院にこどもホスピスが作られました。

それをきっかけに

大阪の鶴見こどもホスピスや東京のもみじの家

また、横浜こどもホスピスも来年開所の予定ですし

そのほか北海道や福岡などにも広がりつつあり

こどもホスピスの必要性は大きく取り上げられるようになり

拡大の動きは全国に広がっています。

淀キリで活動を始めたのは2015年3月18日。

説明に伺ってすぐに活動開始の日程が決まり

今では月に3度訪問しています。

(現在はコロナウイルス感染予防のために活動休止中)

淀キリのこどもホスピス病棟では

小児がんや難病のこどもたちが、

こどもを中心とした家族のサポートのもと

家庭的な環境で安心して医療を

受けることができるよう

総合的な小児緩和を行っています。

家族や大切な人と、楽しさと癒しを共有しながら

支援する体制をとっていて、そこにSHJが関わり

お手伝いをさせていただいています。

病棟のそこここにスヌーズレンが施されています

こどもホスピスのもう一つの役割として

医療短期入所(レスパイト)があります。

経管栄養や気管切開、人工呼吸器を使用中の子どもを含め

医療的ケアの必要な重症心身障がいの子どもが短期間過ごし、

集団生活の中で様々な活動に参加し、

家族はケアを一休みしたい時や

きょうだいの行事の時などに利用します。

また、淀キリは日本における病院ボランティアと

医療ソーシャルワーカーの発祥の地だということも

本書を読んで知りました。

そんな淀キリで小児科医として日々子どもとご家族に

寄り添う鍋谷医師が

大学院での研究の後

総合福祉通園センターに勤務されていた頃のエピソードとして

障がいのある子どものご両親から学んだことについて

綴った箇所があります。

抜粋させていただきます。

「我が子の成長がゆっくりで

望みを失いかけそうな状態にあっても

指や手がわずかに握れるようになったことを喜び

子どもの言葉にならない声を喜び

子どもの一瞬の笑顔を喜ばれます。

その笑顔と子どもへの眼差しの

なんと美しく、力強いことでしょう」

というくだりがあります。

そして

「このようなご両親たちの姿が

小児科医として未熟だった私を

ゆっくりと育ててくれた」と。

結局のところ

支援する側とされる側、

同じ人間がどちらの立場も行き来し

その境目はないのだと

SHJ活動を通して常々感じていることにつながっている、と

氏の経験に基づく生き方への共感となりました。

まさに、SHJが行なっている

障がいの重い子ども

在宅医療を受ける子どもへの

在宅訪問学習支援「学びサポート」をする際に

起こっていること

すなわち

支援員が学ぶのは本人からであり

ご家族からだということ。

病院も家庭も

支援という言葉を超えた学び合いの場なのだということが

はっきりと言えます。

「ゆっくり育て子どもたち」

鍋谷まこと 淀川キリスト教病院副院長・小児科部長 著

つまるところ、

人と人との間に分断も上下も

そして支援する側される側の線引きもない

フラットな関係で学び合うのだということを

再確認できる本です。

たくさんの方に読んでいただきたいです。

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

「学びサポート」学習支援員note.com

教材図鑑専用問い合わせ先 

教材図鑑感想投稿フォーム

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

みんなの道具!✂︎

「みんなの教材図鑑」の次は

「みんなの道具図鑑」を作ろう!

というのが学びスタッフの共通の思い。

私自身左利きで、カッターなど向きのあるものは使いにくい。

運動に困難のある人にとって

✔︎作りたいものが作れる道具

✔︎力がなくても使える道具

✔︎捻ったりつまんだりなど細かな作業が不要な道具

そんな道具を集めてみたいです。

そんな道具を使って

障がいの重い子どもと創作活動ができたら

とイメージを膨らませています。

そんな折、

支援員が勤務先の学校で使っているユニバーサルなはさみを

学びサポートの美術学習のために購入しました。

商品名は「みんなのはさみ」。

ユニバーサルデザイン

はその佇まいがまず素敵です。

「mimi “scissors for all”」

という表記もかなりお茶目。

そしてそのネーミングから

「みんなの教材図鑑」と共通のコンセプトだとわかります。

目の前の「はさみ」に共感して愛おしい気持ちになりました。

これは

日本利器工業株式会社の商品です。

日本利器工業ホームページ

この企業は岐阜県子育て支援企業に認定されていて

結婚休暇、産休制度、育児休業制度、

配偶者出産休暇制度などの制度が充実し

働く女性を応援しています。

制度に沿った対応をするだけでなく、

個人個人のケースにあわせて柔軟な対応をしていて、

社内一丸となって子育てを応援しています。

決まりありきではなく

社員にも個別に向き合う企業理念が

個別に寄り添う商品開発につながるのですね。

良いサービスや

真心のこもった活動を目指すとき

まず社員、団体スタッフ、ボランティア仲間が

気持ち良く活動できて

個々の事情に合わせたやりがいの実現ができれば

おのずと良いものが生み出せるのだということ。

みんなの教材

みんなの道具

みんなに区別も分断もない!

それを作る人も使う人もみんなにとっての

「みんなのはさみ」

ノーマライゼーションを象徴する

すぐれものです。

みんなの道具、もっともっと探してみようと思います。

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

「学びサポート」学習支援員note.com

教材図鑑専用問い合わせ先 

教材図鑑感想投稿フォーム

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

アーティストの素敵な暑中お見舞い

 

あまりにも梅雨明けが遅かった今年の夏。

1週間もしないうちに

暦の上で秋となりました。

夏本番!の時期が1週間とは

気候変動の影響でしょうか。

それにしてもこの暑さ

地球温暖化がすごい勢いで進んでいるのを実感します。

残暑と呼んでしまうのは

勿体無いほどの

そしてなぜか

申し分けなくなるほどの暑さ

ミンミンゼミのかしましい蝉時雨は

夏本番を思わせるほどです。

今年は3月から活動がストップしてしまい

活動病院へ

新年度のご挨拶

そして暑中お見舞い

立秋を過ぎてからは残暑お見舞いを兼ねた

メールをしたりしています。

その度に

「警戒レベルが2から4に上がり

状況はますます厳しくなりました」

「当分活動は再開できそうにありません」

「今年度いっぱいは

ボランティア活動を休止いたします」

などというお手紙が病院から届いたりしていて焦りはするものの

どの病院も情勢が整い安全が確保できたときに

活動再開するのを心待ちにしている

と言ってくださり、

「このまま活動ができなくなってしまう」

という危惧は薄れ、

心なしか焦りが消えました。

再開に向け、今できる事のアイデアを練り

模索実行する事が希望につながり

楽しさを感じるようにさえなりました。

そんな中、アーティストたちにも

今はじっと我慢の時だけれど

これからも一緒に子供達を応援していこうという

メッセージを日頃の感謝を添えて

暑中見舞いにしたためました。

メールでお返事をくれたり

お手紙をくれたり

封書に手作りマスクなどのプレゼント

を同封してくれたり、

とても励みになり

さらに気持ちの負担が取れて

ただただたくさんの仲間と一緒に作っていく団体の成長が

楽しみになりました。

そんな中でぜひ紹介したい暑中見舞いは

イラストレーターの作品のポストカードです。

大阪地区で活動くださっている

羽根佐智子さんは透明水彩画の専門家。

HPにたくさんの作品が紹介されています。

ぜひご覧ください!

sachiko Hane – watercolor illustrations –

日常の何気ない風景画や静物画には

独特のガラスの透明感があります。

骨董品を描くのが好きだという羽根さん。

風景画や人物画なども幅広く描いていきたいと話していました。

コロナ禍において、

日常を水彩画で描くという手仕事を通して

これまで以上に

“身近にある小さな幸せ”を感じたり大切にしたりする

気持ちが強くなったという羽根さんの言葉に

とても共感します。

“日常の風景”に美や面白さを見出す羽根さんは

自宅に芽吹いたもみじの小さな苗を土ごと小鉢に植え、

自室で育てているそうです。

土の香りを自室で感じる幸せ…。

心豊かだなあと感じました。

アートについて私は

🎨 アートの豊かさや多様性は、日常の中に反映させることができるもの

🎶 アートの価値は心のままに表現すること。だからアートに取り組んでいるとき、精神は自由でいられる

と、こんな風に捉えています。

どんな環境にいてもアートの多様性を持ってすれば日常を豊かにできると。

だからとても自由で開放的で個別的な価値を持ちます。

だから何気ない日常を描く

羽根さんのアートに対する考え方に

とても共感するのです。

羽根佐知子さんHP sachiko Hane – watercolor illustrations –

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook