3冊のクリスマスプレゼント📚

毎年孫たちへのクリスマスプレゼントは絵本と決めています。

ばあばとしては

ゲームもいいけど

本もたくさん読んでほしいな、と思っているから。

娘である彼らのママに読んでもらう風景を思うと

なんだかくすぐったいような

こころがほんわか温かくなるような小さな幸せを感じます。

一人で読めるようになったら

いつもママに読んでもらう本に

そっと手を伸ばして開いてみる、そんな彼らの姿を

思い浮かべても胸がキュンとしてきます。

さて今年の選書は

3年生の男の子に

「びりっかすの神さま」 岡田淳著 偕成社 (1998年)

1年生の女の子に

「魔女のむすめワンナ・ビー」 竹下文子著 偕成社 (2019年)

そして

虫が大好きな年中さんの男の子には

「写真絵本 虫のしわざ探偵団」 新開 孝著 少年写真新聞社 (2018年)

です。

小学校は不登校だったりいじめだったりと

何かと心配が多い毎日です。

保育園で朝から夕方遅くまでのびのび遊んでいた5年間を経た後の

小学校は楽しいかな?

幼いながらも生きにくさを感じていないかな?

無理に頑張っていないかな?

と心配しては

電話の向こうから元気な声を聞いてはホッとしています。

そんな彼らにぜひ読んでもらいたい、

と今年は特に念入りに選びました。

まずは

「びりっかすの神さま」。

テストでビリの点数を取る生徒にだけ見える

神様がいる4年1組が舞台。

クラスのみんなは神様を見るために、

みんなで助け合いながら(?)

悪い点数を取ろうと一致団結します。

ビリを取るという競争だけどそこには力を合わせる

という要素が!

次に

「魔女のむすめワンナビー」。

魔法使いのお父さんと魔女のお母さんの娘、ワンナ・ビー。

6歳で魔女の学校にはいるも勉強がとても苦手。

両親は先生に呼ばれ、

「お嬢さんは魔女にむいていない」と言われてしまうけれど

ワンナ・ビーは、ぜんぜん気にせず

勉強なんてできなくても

お父さんとお母さんに可愛がられ、

みんなのために思いやりを持って力を使うことのできるステキな女の子です。

📚 📚 📚 📚 📚

順位って、勝ち負けって一体なんでしょう。

勉強ができるって?

本気で頑張るとは、自分一人で結果を出すこと?

・・・・

”本当に大切なこと”に気づいてくれそうで

この2冊を選びましたが

ミイラ取りがミイラに⁉︎

私は途中まで読んで夢中になり

急いで送らないとクリスマスに間に合わない!

と我にかえり

ラッピングに取り掛かりました。

”読み終わったら貸してね!”

というメッセージを添えて。

🐛 🐞 🐝 🦗 🐜

虫が大好きな年中さんはと言えば

今頃は

虫の世界に入り込んで

虫になりきり、探偵に夢中になっていることでしょう。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

子ども食堂みたいに・・・

 今や全国に広がる子ども食堂。

東京の八百屋の店主が

貧困や親の多忙から

ご飯を満足に食べていない子どもが増加している

ということを知り、

自らが経営している八百屋の一角に子どもたちが

食事できるスペースを設置したことがきっかけだとか。

gooddoウェブマガジンより)

2012年に始まったこのスペースが

「子ども食堂」になって

今では全国に5816箇所以上もあるそうだ。

(1/24東京新聞紙面より)

広がりの理由はひとり親家庭の厳しい状況。

コロナ禍で休止したケース、

お弁当の配布に切り替え支援を続ける食堂もあります。

この食堂、食事だけが目的ではなく

宿題をしたり親が仕事から帰ってくるまで

遊んだりできるような「居場所」という大きな側面も。

地域で子どもを見守ろう、という

愛溢れるムーブメントだと思います。

さて、「居場所」と言えば

認定NPO法人3keysも同様な取り組みを目指しているといいます。

この団体は10年前から

虐待や貧困などのために

塾や家庭教師などを利用できない15歳以上の子どもの

学習支援事業と、

子どもの権利保障推進事業を行っていますが(3 keys ホームページ

家に居たくない子どもたちのワンステップユースセンター

を作る計画をしているそう(団体紹介冊子より)。

相談したいことがあっても親や学校に知られたくない

など、悩みを抱える子どもが

安心して過ごせる「逃げ場」を作るのだとか。

このような「居場所」が必要になるところ、

いかに子どもにとって生きづらい社会なんだろうと

感じると同時に

子どもに愛情を注ぎ大切に思い

実行する人がたくさんいることを思うと

明るく嬉しい気持ちになります。

*****

さてさて、本題はここから。

タイトルは

「子ども食堂みたいに・・・」。

スマイリングホスピタルジャパンが実施する事業

在宅医療を受ける障がいの重い子どもの自宅を訪問して

学習支援を行う「学びサポート」は

開始してからもうすぐ3年になりますが

ここのところ必要性を感じ始めたのが

障がいがいくら重くても

自宅に閉じこもっていなくてすむ環境を作れないか、

ということ。

地域には子ども食堂を始め、子どもの居場所が次々と開設されているなか、

障がいの重い子どものための「居場所」もあっていい。

重い障がいのある子どもやお母さんは自宅に籠りがちになり、

居場所は医療機器が所狭しと置かれた自宅だけという場合が多いもの。

しかし、いくら障がいが重くても、

体調の安定しているときは外出し

外の空気や街の様子に触れ

自宅以外で学習したり活動したりしながら

生活に変化を持たせる機会は可能な限り必要だと思うのです。

今まで各ご自宅での個別学習でしたが

「居場所」ができれば

数名で音楽のセッションだってできる。

医療的ケアがある子どもは

親などケアをする人の付き添いのもと外出するから

ケアする人にも外出の機会ができて

子どもが学習している間はお茶を飲んだり

休憩したり、情報交換したり

そんな親にとっての「居場所」にもなるスペースにしたい。

さらに、SHJオリジナルの「バリアフリーみんなの教材」

を展示して

教員や学生など特別支援教育の関係者に体験してもらったり

ノウハウを交換しあったりする機能も持たせたい。

退院した子どもがふらっと立ち寄って話をしたり、

SHJの活動を手伝ってもらったり、

アーティストが打ち合わせをしたりするスペースとしても、

と多様性のある場所作りは

短期中期的ビジョンとして

スタッフと共有しています。

子どもを含め、家族が孤立しないような集いの場所であり

支援する側される側が集う

「みんなの居場所」を作るのが夢。

このような場所の存在が、

障がい者自らの発信基地となり、

地域に障がいへの理解や共感、

社会に多様性と心のバリアフリーを生むことに繋がり、

互いに支え合う空気が作られ

行政などへの物理的なバリアフリー化への動機付け

という波及効果も

期待できるのではないかな。

さらにモデルケースとなり

このような「居場所」が

まるで子ども食堂の広がりのように

全国に広めることができたら・・・

と考えています。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

バルーン バルーン バルーン!久々の病院訪問🎈

2月下旬から活動がお休みとなり

7月には広島で一部再開を喜んだものの

再度感染が広がり

再び全国のすべての病院・施設への訪問が休止となりました。

両親以外は面会が禁止、それもほんの短い間、です。

廊下に出るのもトイレに行く時だけ。

子どもたちはどんな毎日を送っているのだろうと思うと

胸が締め付けられます。

そのようななか

さらに第3波が来て

変異種が見つかり欧州を中心に広がり

活動再開はまだまだ先・・・・・・

果てしない追いかけっこをしているような気持ちになります。

そこへ、SHJクラウン、ぴのこさんから

「バルーンを病棟の外で作ってプレゼントしたい」

という申し出がありました。

🎈  🎈  🎈  🎈  🎈

塗り絵、手作り紙芝居、ステッカー作り、動画配信

絵本やCDの寄付・・・

これまでたくさんのアーティストから

「訪問して一緒に活動するにはかなわないけど、

子どもたちのためにできることをしたい」

と色々なアクティビティのプレゼントがありました。

そして今回新たなアーティストからの提案は

子どもが大好きなバルーンの贈り物。

病院に提案すると

「とても素敵なアイデアですね!嬉しい!」

と大変喜んでくれました。

・マスク、手指消毒をして作成すること

・病棟の外での受け渡し

ということで

昨日、ぴのこさんと一緒に病棟入り口でピンポーン!

久しぶりに会う保育士さんは廊下の奥の方から

手を振り笑顔でかけてきてくれました。

「本当に子どもたち、可哀想で・・」

両親との面会も1日1時間以内。

ベッド上でのひとりぼっちの生活。

精神的に不安定になる子も多く

保育士さんや心理士さん、そして医師総出で

心のてあてを工夫しているとか。

特にゆっくりと話をする、ということを大切にしているそうです。

大人だって長い間狭い空間に閉じ込められ

会いたい人にも会えなかったら参ってしまいます。

まして小さな子どもです。

辛くて寂しい時間と健気に闘っているのです。

そんな中届いたバルーンはきっと子どもたちを

明るい気持ちにし、喜ばせてくれる、と

保育士さん、医師、喜びはしゃいでくれました。

それもそのはず

ぴのこさんが作ったバルーンは

緑と赤のリースの中に

笑顔いっぱいのサンタクロースがちょこんと座っている

というもの。

病棟の白い壁に映え

横になるうち、ふと笑顔をくれそうです。

この病院でもよく

保育士、医師とチームで活動を考えます。

今回もひとしきり

これからの活動のかたちについて話し合いをしました。

バルーンは引き続き、

季節に合わせたものを作ってプレゼントしようという

ことで、休止後初の

定期プログラム、決定です。

バルーン バルーン バルーン🎈

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

35人学級、やりました!👦👧

昨日、少人数学級化に向けた予算案の折衝が行われると

綴ったが、その結果

目標の30人学級は叶わなかったが

まずは小学校35人学級で決定した、と報じられた。

2021年度から5年かけて段階的に実施するという。

40年ぶりの1学級上限人数の引き下げは画期的。

正直なところ、30人でも多い、と感じていたので

35人と知った時は少々動揺したが、

いきなり30人というのはさすがに無理があるのだろう。

まずは35人。

やりました!

そして次の10年後に向けてぜひ30人以下への

継続課題としてほしい。中学校も忘れずに!

👦👧 👦👧 👦👧

1学級の人数ばかりが話題になるが

その分、当然学級数が増えるのだから

教員数を増やす、ということになる。

教員一人が見る児童の数が減り、目がゆき届き

コミュニケーションも豊かになるという効果と合わせ、

教員の待遇改善や事務量を減らすという課題にも

目を向けてほしい。

そうすれば

減少している教員志望の学生の数も

盛りかえすはずだと思う。

意欲ある学生が増えれば教育の質も上がっていくだろう。

ところで、ふと心配になるのは教室の数。

ここにもしっかり予算をかけて

安全で過ごしやすい学校を作ってほしいな、と思う。

👦👧 👦👧 👦👧

少人数化については

色々な知識人がメディアで見解を発信してきた。

その多くが少人数化を大いに進めるべき、というもの。

読むたび耳にするたび、そうだ、そうだ!

と共感していたものだが、

ある憲法学者が新聞に寄せていた「がっかり意見」にも

触れておきたい。

少人数化すれば教室内の多様性が減るという。

その分仲良しが減る、というのだ(仲良しでない子も減ります)。

学習の遅れや外国籍の子どもに

言語的なフォローをするために教員を増やすのは賛成だと。

しかし

紙面を読む限り

目が主に「学習の到達度」に向いていることがひっかかった。

大人数の中で自分を表現できずに埋もれてしまう子は多様性がかえって辛いかもしれない。

友達のことで悩みがある子

家庭に問題がある子

集団が苦手な子

・・・・・

そういった気になる子の存在を把握して

個別に対応することも教師の大事な仕事。

子ども一人ひとりに目が行き届く方法として

少人数化はとても効果があると思うのだが。

このかたは

学校にも家庭にも特に問題のない恵まれた環境で育ち、

友達もたくさんいて

自分の目標に向かって学業に邁進されたのかな、と

想像する。

批判するつもりはない。

しかし、日頃ニュース番組などでコメントされるときの

理路整然としてわかりやすい話し方や

弱者に寄り添わない政策には一刀両断に斬る物言いが

とても好きなだけに、

今回この方に共感力を見出せないのが残念。

いろんな意見があっていい。

いずれにしても、

今回多くの人が学校現場に思いを馳せ

子どもたちや学校の現状を改善したいという共感が

国を動かしたことになる。

とても嬉しいこと。

・・・
と胸をなでおろし綴った直後
財政出動にほとんど影響ない範囲の決定ということを知り
教育へのケチケチ態勢に、もういちどがっかり💢
後味が悪い、というのはこのことかな・・・。 (12/19)

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

少人数学級を実現させたい・再び

一斉休校、分散登校により

少人数での対応のメリットを実感した教育現場。

感染予防のためにも

少人数学級を実現させる良い流れだということで

9月に自民党の教育再生実行本部が30人学級を求める決議をし

文科省が来年度予算にそのための経費を要求している。

17日の今日、その予算編成の折衝が行われ、

予算は21日に閣議決定する予定だそうだ。

これまで財務省が頑として教育への予算増を認めなかった中で

来年度こそ、少人数学級を実現させてほしいものだ。

財務省は学力の向上が見られるかどうかばかりにとらわれる。

「効果はないか、あっても少ない

(→12/3投稿「実現させよう少人数学級 Part Ⅱ」)」と。

その根拠がよくかわからないが、

論点としては

学力だけではなく教員と子どものコミュニケーション

というところに意義があることを認識するべきなのだ。

もちろん、学力についても

家庭環境などで格差がある場合

少人数学級なら

より子どもに目が届き効果が上がるだろう。

さらに

「発達が気になる児童」への対応も手厚くするべきだ。

その割合は約6.5%で

通常学級に1-2名は常時存在することになるといわれる。

疫学研究では発達障害の有病率が上昇している

という報告もある。

さて、

少人数学級の必要性を叫ぶのは

教員数を増やして欲しい、ということとイコール。

その主な理由として

上に挙げたような児童生徒へは手厚い対応が必要

ということと、

一人の教員の事務仕事の負担が大きく疲弊し病に倒れる教員が多発している、

さらに

担任が子どもたちに向き合う時間が足りないことで

子供の思いを受け止められず子ども自身が孤立してしまう。

という内容も「実現させよう少人数学級 Part Ⅱ」でも書いた。

そのためには教員一人が担当する児童生徒の人数を

まずは30人にというのが文科省の案だ。

(現在上限40名(小一は35名)

それを実現するための策が少人数学級でもある。

教職員の数は基礎定数というのがあり

クラスの数で決まる。

少人数学級化してクラスを増やさないと

先生の数が増えない仕組みだからだ。

なるほど、教員をしていた頃を思い出した。

「加配」

という教員の追加措置が行われただけで

児童生徒数が増えてもクラスを増やす

という措置はなかった。

自治体の努力に任せられてしまうのか、

予算のない中なんとか教員を増やすために

1年任期の非正規教員や非常勤を雇用して

少人数制を実施するが

非正規の場合、任期は1年だ。

せっかく児童生徒や親と築いた信頼関係も

そこで途切れてしまう。

今更だが

数字で一目瞭然の「学力向上」という価値観から

「一人ひとりが豊かに生きる」という数字には現れないところに

大きな価値があることに国はきちんと向き合って欲しいと思う。

「生産性」重視の価値観を貫く中ではかなり難しい意識変革だとは思うが。

さて、少人数学級を実現させるためには

教室を増やすことが必須。

空き教室や廃校を利用、というのにも限界があるかもしれないが

関東だけでも廃校になっている小学校が52もあるらしい

(→6/5投稿「この際、いっそ学校改革!」)

から利用できるかもしれない。

それにしても

40人学級を30人学級にするとして

単純に計算すれば1.3 ~2倍の教室が必要ということになる。

空き教室で足りないところは徐々に学校を改築するしかない。

運動場が狭くなってしまうことに対しては

近隣のグラウンドを使ったり

フィールドワークを増やして

外での活動を増やす。

そして

運動会は廃止。

どうだろう・・・。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook