一人で過ごせる場所👦

4月に4年生に進級する孫の

お気に入りの場所は「学校の図書室」。

だけど振り返れば入学が近づいたころ

保育園の友達が一人も一緒でない学校に

なぜ行かなくてはいけないのか!

と卒園が近づくとシクシク泣いていたものだ。

学校なんか行かないよ!

と息巻いていた。

案の定、入学式当日、

教室になかなか入らず

母親や先生をてこずらせた挙句

式開始が数分遅れてしまったという始末。

なかなかやるな、

初心を貫く根性のある子だ、

などと、綴ってからもうまる3年も経つ。

→2018/4/12投稿「ああ、孫の入学式Part1〜友達100人できるかな?〜」

そんな彼、

あんなに行き渋った学校が

今では大好きだし

新しいお友達も大好き。

ところが反面

一人でいるのを好むところがある。

学校では友達と校庭で遊ぶより

図書室で過ごす時間の方が

どうやら多いと聞く。

本を読んでいたり、

一人でぼーっとしていたり・・・。

きっと、落ち着くのだろう。

子どもが溢れる教室や校庭もいいけど

一人でいる時間も大切にしている彼を

誇らしく思う。

*****

以前、あるドキュメンタリーを見た。

孫がいつもひとりぼっちでいることが心配で

「なぜみんなと遊ばないの?」

と、詰め寄ってしまったおばあちゃん。

孫が敏感っ子(HSC)であり集団が苦手なことを知り、

孫の気持ちに寄り添っていなかったことを後悔し、

意識改革を経て

一緒に成長していく

といった内容だった。

ブログでもその感想を綴っている。

→2020/投稿〜敏感っ子と多様性👧👦👶

「みんなといること」=「楽しい」

という定義づけは必ずしも合っていないし

たくさんの友達に囲まれていてほしい、

と願うのは周りのエゴ。

🎶友達100人できるかな?

とは、1年生になる前後で必ず歌うことになる歌の有名なくだりだが、

これほど、この時期の子どもにとって

プレッシャーとなるフレーズはないと思う(作者様、すみません)。

友達の話をよくする孫も

集団行動があまり得意でない。

だから時に一人になりたくて

休み時間を図書室で過ごすのだろう。

「一人でいること」イコール「孤独」なのではない。

複数の人と一緒にいても

孤独を感じることは誰にでもある。

「誰かと一緒にいる」イコール「孤独でない」

とは違うし

寂しいからひとりぼっちはいや

人に囲まれているから安心

というのは

別の意味で寂しい。

一人でいるということ。

自分と向きあう貴重な時間を作ることができる

とても実のある過ごし方。

一人でいることが苦にならない、むしろ好き

という性分は、ある意味財産だと思う。

そんな孫のニーズに応えてくれる

学校の図書室は

彼にとって

一人で過ごせるパラダイスなのかもしれない。

集団でいることが当たり前の

学校生活は彼にとっては息苦しいのかもしれない。

そんな環境に「図書室」という

自分と対話できる場所があってよかった。

一人で過ごせるお気に入りの場所があるから

学校が好きなのかもしれない。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook