= デジタル化のなかのアナログ =

漫画やファンタジーの世界だけの

単なる憧れで、

それはそれで空想の中で楽しめれば良くて

現実に起こるはずなどあり得ないと思っていたことが

デジタル化のなかで

ほんの十数年で当たり前になったものの代表が携帯電話。

このデジタル化の流れは

当然のことのようにコロナ禍で

行われるズームをはじめとしたオンライン上のやり取りを普及させました。

難しそう、と抵抗を感じていた人たちの多くも

今ではこれまた当たり前に使うようになりました。

密を避けるために仕方ないとしても

どこか、実感のないペラっとした印象が

いまだに拭えません。

互いの顔が見えても、

その場を共有しているという感覚がなく

一人ひとりが別々の箱に入っていて

平面上で繋がっている感じ。

輪になって語り合うというのとは全く違う。

さらに

ひとりが話している間

話が終わるのをしっかり確かめてから別の人が話す、

といったやりとりになり

声がかぶることなく

単なる伝達のし合いになるような気もしています。

議論が深まらないと感じるのはこの

順番に話す、というスタイルと

目の前の画面に大勢映った中のどの人が話した?

などとまごまごしていると

入り込む隙間すら感じられなくなったり。

だからズーム会議の後味はどこか寂しく

余韻も虚しく感じます。

*****

今大学ではほとんどがオンライン授業となっていますが、

  ”集中できない”

  ”緊張感が持てず身が入らない”

という声を多く聞きます。

また、ある音楽家は

ライブハウスには思わぬお客さんや

知り合いが連れてきた人など

新鮮な出会いや人間関係ができ

新しい企画に繋がったりすることがある。

動画配信やオンラインライブでは

得られないイベントの奥行きがあると。

*****

体温という温もりを持つ互いの身体で

同じ空間で同じ空気を吸い同じ温度を感じ

空気を震わせ共鳴し合う

といったスキンシップのような触れ合いが

対話の醍醐味。

決められた時間内で退出となる画面上では

今ある目の前の課題を解決するためだけ

で終わってしまい、

遊びの空間が不在となり効率的のように見えて

そこには

空気を読んだり行間を感じたり、終了後の雑談もほとんどなく

リアルな関わりややりとりが生む

クリエイティブさはかけらもないような

気がします。

*****

危機にある時にこそその力が発揮されるIT。

しかし

そこに期待しすぎることで

人間にとって真に大切なものが

失われてしまうように感じます。

ネットワーク上の関わり合いは

連続のやり取りというより

単発の会話が線状にぽつんぽつんと乗っかっているイメージ。

この関係性はまさにデジタルという言葉の意味どおりです。

数値によって表現される飛び飛びの値がデジタル。

用さえ済めば

さっと完了することの連続は

持続可能な発展には大きな弊害になるとさえ

感じます。

これに対して

時間や距離、音の大きさや光の明るさなどの連続的な量がアナログ

古いなあ、と思われるかもしれませんが

アナログへの回帰とまでは言わなくても

アナログの部分も大切にすることが

人間の温もりや深みある

ほんらいの人と人との繋がりや

互いにリアルな顔の見えるコミュニティの形成に

欠かせないような気がします。

せっかくのITの進歩を活かすためにも

双方を引き立たせるためにも

バランスが大切です。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

生かそう!休校中の学習保障方策の多様性🎒

インフルエンザ流行により

しばらく学校が休みになると

なんだかホッとしたり

流行が収まり再び登校が始まると

憂鬱になったのを覚えている。

中学生の頃か、高校生だったか・・。

いつのことかははっきりと覚えていないが

そんな感覚を抱いたこと自体はなぜか

鮮明に覚えている。

*****

さて学校が始まった。

不要不急の外出は避けて!

という空気の中

いち早く導入されたのが一斉休校。

その頃、

え?

子どもたちにとって学校へ行くことは

不要不急なの?

と政府の対応に疑問を持ったものだ。

大人と違って

毎日が大切な成長の時間なのに

専門家による裏付けも

決定がなされた経緯の議事録もないなか

とりあえず?

何かしなくちゃ?

思いつきと思えるような唐突な対応だという

疑心暗鬼はつきまとった。

今に至ってもなお

あの一斉休校の効果の裏付けは立証されないのだろう

と残念な思いだ。

結果的に

一番守らなくてはならない存在が

世の中の都合に真っ先に矢面に立たされた感は否めない。

そして今、

学習の遅れを取り戻す!

という一点張りの

休校の弊害対策に追われる教育現場。

これまた

守られるべき存在が

世の中の動きに振り回される。

コロナ禍のなか

在宅勤務が広がり、

コロナ禍を通して

在宅勤務の利点に気づき

リモートワークが定着した業界もあると聞く。

それなら!

6/5投稿~この際、いっそ学校改革

で綴ったように、

せっかく

感染の状況に合わせて

三密を避けるための

多様な方法を生み出した教育現場。

三密予防を目的に生まれた多様性への取り組みを

子どもそれぞれの持つ多様性に寄り添い

個々のニーズに合わせた

教育環境や枠組みの改革にまで

いっそのこと広げることはできないものだろうか。

と提案してみた。

その中で我ながら画期的と思った発想は

学校行く、行かないの選択制。

一斉休校の流れのまま

登校しないで学ぶ

ということを個々に選べれば

学校という制度に苦しまなくて済む子どもが

一気に増えるのではないだろうか。

自分に合う学び育ちのかたちを当たり前に選ぶようにするのだ。

冒頭で綴った自分の経験から

自分もこの流れの中にいたら

行かない選択をしたかもしれない。

もっとも、

あの頃は「登校拒否」という言葉さえもなかったほど

社会問題になっていなかった、または

人知れず我慢する生徒が多かったのかもしれないが。

・・・・・

実際、熊本市や東京の世田谷区などでは

休校風のオンライン授業に

不登校の子どもも参加し、そのまま継続して

学校再開後も授業のライブ配信をするという。

子どもを個別にサポートする体制構築を課題とし

実行しているところも現にあると知り、希望が持てる。

・・・・・

現代教育行政研究会代表の前川喜平氏も

新聞のコラムでこう書いている。

「休校中に行われた『あの手この手』の学習保障の方策は、そのまま不登校児童生徒の学習保障の方策になり得る。毎日学校に通う以外にも様々な学び方がある。そうした様々な学び方を、学校再開で止めるのではなく、これからの教育に生かすなら、一斉休校という災いを転じて福となすことになるだろう」

と。

私が抱いた

「一斉休校で生まれた様々な工夫や多様性を

学校が普遍的に抱える問題に照準を合わせ

これからの学校改革に生かせないだろうか」

という発想にとても近い考え方を

教育の専門家がメディアで提言しているのを発見し

自分の考え方にお墨付きを頂いた気分。

こうしてブログで細々と綴っていることへの大きな励みになる。

休校中に生まれた学習保障の方策の多様性が

これからの学校のあるべき姿に向かって生かされますように。

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook