〜新学年スタート!〜

▪️遊びも学びも!

近隣の特別支援学校の生徒さんとご両親が

SHJアート&学びサポートセンターを訪問。

今日から小学3年生になる笑顔のキラキラした

女の子、Sちゃん家族です。

「学校の授業はあそびの要素を大切にしているので

学習はこちらの教材を活用したくて・・・」

とお母様。

▪️カットアウトテーブルは学習の大きな味方

さっそく向かう机はカットアウトテーブル。

姿勢保持が難しい方にとって

丸くカットされた部分に

車椅子ごと胴がすっぽりと入ることで

安定して作業ができます。

学習支援員が業者と共同開発した

高さ調整のできる優れものです。

教材図鑑P. 10に紹介されています。

▪️スライディングブロック

まず支援員がSちゃんの様子を見ながら

豊富なラインナップの中から

これ!

という教材をいくつか選びます。

その一つが『スライディングブロック」。

基本になる台は幅30cmほど、奥行きは12cm。

厚さ1cmの木製です。

長い溝の両端には丸く浅い穴が開けてあり

その穴に円盤や半球円盤を溝をスライドさせて

入れる、というもの。

上下、左右という方向性のある動きを促し

真ん中、端、などの位置や

上下、左右という方向をつかむことができます。

操作する円盤に真鍮を使っていることにより

重さで穴に入った手ごたえや

重力により吸い込まれるように手の動きが促され

より実感が持てるようになっています。

半球円盤は操作しやすく

円盤ははまったと同時に穴と一体化するから

入った瞬間に面が平らになる気持ち良さが味わえます。

▪️スベらない!大事です^^;

台の底面に滑り止めがついているところは

細かな配慮のひとつ。

学習しやすい環境調整です。

片手で押さえて、もう一方の手で操作

という当たり前に思える動作が困難な生徒さんにとって

”滑らない”

というのはとても重要な要素なのです。

そう言えば

この教材を作ったちょくちょくスベる⁉︎ 支援員にも

”スベり止め”が必要かもしれません・・・^^

▪️教材が意欲を引き出す!

さてSちゃんはこの教材にぐーっと手が伸びて

どんどん課題をこなします。

左へ右へ。上へ下へ。

なんども繰り返している様子から

学習したい!

もっとやりたい!

というSちゃんの意欲が強く伝わってきて嬉しくなりました。

教材が意欲を引き出している、

と言っていい風景でした。

熱心に見ているご両親も

教材の意図をSちゃんの動きを見ながら

読み解いているという感じ。

ここでも大人が子どもに教えられていますね!

これからの学習にSHJ教材を

大いに活用くださる予感です。

学校も近いですから

お母さんお一人で・・

ママ友と一緒に・・

ぜひまたあそびにきてくださいね!

教材をたくさん体験してほしいと思います。

1時間半ほどの間でしたが、

Sちゃんの学習を楽しむ場面が満載でした。

他の教材を使うSちゃんの様子を

次回また綴りたいと思います。

予告・・・

ボコボコチェーンミニ

立体凸文字

オリジナル書見台

♡   ♡   ♡   ♡   ♡   ♡

団体を応援しませんか?  

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

事務所 SHJアート&学びサポートセンター: 東京都杉並区永福4-1-9 1-B