「自粛」と「自己責任」🤔

あるスポーツ選手がコロナウイルスに感染して

「反省している」

という声明を出していました。

あれ?

某大学病院の研修医たちの

この期に及び

しかも立場もわきまえない行動による感染は

もはや反省の域すら超えています。

昨今言う所の

「自己責任」

で片付く範囲でもない。

参加していない職場の同僚にも

感染者が出たというから何をか言わんや。

今後、医師として働くのは

「自粛」してください!

と言いたいところです。

話を戻して、このスポーツ選手

責任を感じるべきなのか・・・・・????

感染や被災は本来、事故あるいは被害であって、

その人の行動に原因を求めるものではなく、

過失とはいえないはずです。

私は今まで

今回の研修医たちのような行動に出た人に当てはまる言葉が

「自粛」

だと思っていました。

私にとってのこの言葉のイメージは

”過ちを犯した後に

反省の気持ちを込めた

「もう同じような過ちはいたしません」

という誓いのようなもの”

だったのです。

英語で言えばself‐discipline(自主性と言う意味で使われる時もあります)

ですから。

しかし、ここのところ

コロナウイルス感染拡大を受けて

不要不急の外出は自粛してください

夜の街に繰り出すことを自粛してください

若者はカラオケ自粛せよ

・・・・

自粛しろ、自粛しましょう

と指示されることに対し

違和感を感じていました。

慎重に行動!

不要不急な外出は極力避けよう!

でいいのではないかと。

街ゆく人のインタビューでも

「自粛してもらうことにしました」

「自粛要請があれば従います」

ってなんか変だな~と。

言葉って

状況によって本来の意味から逸れた使い方をしたり(忖度とか・・)

時代とともにその持つ意味が変わったりするから、

もしかしたら

自分の思い込みはひと昔前に使われていた意味かもしれないなと思い、

「自粛」の意味を調べてみました。

自粛=

自分から進んで行いや態度を慎むこと。他からの強制によらず、自らその言動を抑えること(大辞林 第三版より)

とあります。

私が勝手に持っていた言葉のイメージ

”反省の気持ちを込めた

「もう同じような過ちはいたしません」

という誓いのようなもの”

というのもそうずれていない感触です。

「自粛(自分から進んで行いや態度を慎む)」

とは

状況を判断して行いを自重すること

または、

過ちを犯したならば自らその言動を慎む

そんな時に使えそうだな、と思います。

今回のコロナ拡大に際しても

状況を判断して行動を慎む必要があるのだから

意味合いとしてはOK。

では私が抱く違和感の理由はどこに?

それはその意味より

その使い方にある、ということになります。

「自粛」はあくまでも自分から進んで態度を慎んだり抑えたりすることで

他から強制されることではありません。

自粛せよ、と言われる筋合いではない。

自粛要請とか、一斉自粛とか

主体性というものを元から否定しているところが

なんかおかしい!と感じていた理由です。

また、その使い方に危険さえ感じるのです。

「自粛しろ!」という言葉に非常な圧力を感じます。

自主性を無くさせるような。

押し付けあうような。

フレーズそのものが

万人にとってのおまじないのようになり

右に倣えという心理を生む。

「自粛しろと言っているだろう?

自分で判断して勝手に行動し、何か起こってしまったなら自己責任だぞ」

という

排除的な全体主義を作ってしまいそうで

本当に怖い。

そしてネットサーフしてみると見つけた、見つけた。

犯人はここに。

言葉の手帳というのに載っていた意味は、

ほかの人からの評価を気にすることによって、自ら自分の行動や態度を控えること(言葉の手帳「自粛」の使い方や意味を徹底解剖!」より)

!!!

他からの強制によらず自分から進んで行いや態度を慎むこと(大辞林)。

という意味に加え、

他人にどう思われるかに想像力を働かせ身の振り方を決めること。

という意味もある。

没主体性?

みんなに合わせる?

ほらほら、やっぱり全体主義に誘導してる。

こっちの意味で使っていたのね~

などと斜に構える私。

それにしても

正反対とも言える2つの意味があるのは本当に不思議です。

自粛もそんたくする時代?

一人ひとりが自信を持って判断し

自分から進んで行いや態度を決めるという

当たり前のことが

当たり前にできる社会が

どんどん遠のいていってしまってはいけない。

「自粛」の使い方にその危うさが見え隠れして仕方がない。

塗り絵は自律神経を整える!🖍

コロナウイルス感染拡大の中、

不要不急の外出は避けなければ・・。

しかし家の中にこもっていると運動不足になって

体力が低下し

免疫力が下がってしまう・・。

それに加えて

活動の制限によりストレスが溜まり

自律神経を乱してしまうそうです。

自律神経とは・・

呼吸や代謝、鼓動、体温調節等に加え、悲しい時の涙、驚いた時の鼓動、紅潮等など自分の意思とは無関係に自動的に体の機能を調節する神経のこと。

「交感神経」と「副交感神経」の2つに分類され、必要に応じて相互に切りかわって働きます。

自律神経が乱れると

体質や性格など様々な要因が複雑に関係し合って不快な症状や苦痛、不安感を生みだします。

自律神経失調症と呼ばれるものです。

→ネットサーフを通して勉強しました💪。

このような事態を避けるためには

適度な運動はもちろんのこと、

他にも様々な予防法があることを

テレビ朝日「大下容子ワイドスクランブル」で

順天堂大学病院の小林弘幸石が紹介していました。

その中に

「塗り絵」がまず最初に挙げられていました。

集中して塗るという行為が効果に繋がるそうです。

Only Too Mari(眞鍋麻里さん)のオリジナル塗り絵 病棟活動風景

これは!

我が意を得たり!

とニンマリ。

もちろん

「自律神経を整えてください!」

という趣旨では全くないのですが

各病院・施設の子どもたちに塗り絵のプレゼントを始めていたからです。

病棟閉鎖が続き

閉塞状況にある入院・入所中の子どもたちが

さらなる生活制限を強いられている現状に対し

スマイリングホスピタルジャパンとしてできることは何かないだろうかと考えていたところ

そうだ!塗り絵だ

病室で一人でもできることと言えば

塗り絵が適当だ、いつもの活動の時も大人気の塗り絵・・とひらめき

イラストレータの眞鍋麻里さんに協力を求めたところ

二つ返事をもらい

よっしゃ!

と張り切りました。

各地のコーデイネータを通して病院に希望をとってもらい

事務所で大量の印刷して順次郵送。

こうして

関東だけでなく

全国の病院施設に塗り絵プレゼントは

順調に実施中です。

3月28日に最初の病院に送り始めてから

4月3日時点で12の病院と施設に送ることができました。

そんな折にたまたまテレビで塗り絵の効果が紹介されていて

今回の取り組み

~訪問できないならアクティビティを送ってしまおう~

という半ば強引な提案には

”活動不足を補うため”

という控えめな目的を超え

「自律神経を整える」という

医学的な効果が期待できることを知り

お墨付きを頂いた気分になりました。

まだリクエストの来ていない病院には

言い出しっぺの代表自らが

提案しようと思っています。

自律神経云々・・という

棚ぼた式の自信が下支えする”やる気スイッチ”点灯中‼️

現場からは

✔︎食事も各病室で、プレイルームでの集合遊びもできない状況なので塗り絵の差し入れは本当にありがたいです。

✔︎この不安な時期に、きっとみんな喜んでくれるんではないかなと思っています。

✔︎気持ちがホッと暖かくなる素敵なプレゼントをありがとうございました!

✔︎ありがとうございます。活動がしばらくお休みになって子どもたちは退屈していたところ、嬉しいです。1日も早い活動再開が楽しみです。

という声をいただき

塗り絵お届けプロジェクト

大成功のうちに進行中です。

塗り絵は

単なる暇つぶしではない

色を選んで独自のアートを作ること。

そして

自律神経を整える!んです。

ちなみに

紹介されていた自律神経を整える活動とは、

1 塗り絵

2 計算ドリル

3 朝起きて水を一杯飲む

4 朝起きてすぐ日光を浴びる

5 ストレッチ体操

など。

この中で楽しく自律神経を整えるのはやっぱり

塗り絵!

 

コロナ撲滅、本気なら・・・✊

ニュースウィーク3/30付記事に釘付けになりました。

”ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援”

ドイツの救済パッケージでとくに注目を集めているのが、

フリーランサーや芸術家、個人業者への支援。

文化相は

「アーティストは今、生命維持に必要不可欠な存在」

と断言し大幅なサポートを約束しました。

記事によると、

ドイツには約300万人もの個人または自営の小規模起業家がいて、

その半分近くが文化セクターで働いているといいます。

このところ続くイベントのキャンセルは8万件以上にのぼり、

それによる損害は12.5億ユーロと推定されていて、

これに対する財政パッケージには個人・自営業者向けの支援として

最大500億ユーロが含まれていると。

同様の措置が取られている国も。

イングランドではフリーランサーや芸術家、個人業者へ

1億6千万ポンドの支援がなされているし、

ニューヨークのメトロポリタン美術館は

米国の美術館への40億ドルの救済措置を

政府に求めているところだといいます。

ドイツの3部構成のパッケージは助成金やローンの形で提供されますが、

その中で個人のアーティスト、および最大5人の従業員を持つ中小企業は

3か月間、最大9,000ユーロの一括払いを受け取ることができるそうです。

「助成金は一度取得すれば返済する必要はない」

ということも強調されています。

連邦政府の援助パッケージにより、

音楽家も画家も作家も、映画・音楽関係者や書店・ギャラリー・出版社も、

誰もが生き残ることができる仕組み。

*****

一方、日本はどうだろう。

素晴らしいアーティストがたくさんいて

しかしイベントは軒並み中止に追い込まれることで

活躍の場、生活の糧が奪われる

不条理を一昨日綴りました。

ドイツ政府や他国の取り組みを参考に

是非‼️日本でも‼️

と願います。

コロナ対策、

本気の政策に向けてもっと言うなら・・・。

国や都は

夜の街に繰り出す人たちに

想像力を働かせ、

若者はカラオケやライブハウスには行かないで!

中高年はバーやナイトクラブなど接待に使う飲食店に行くのは控えて!

と言います。

同時に

生活のために営業せざるを得ない立場を守ってほしいと切に願います。

外出の自粛という国民への要請とセットで

全ての飲食店、商店、大規模商業施設などを

営業停止にし

従業員への給与を国が全額支払う。

ここまで徹底しないと

目に見えない脅威と

自分の行動と

どう折り合いをつけたらいいのかわからない、

というのが

人間の本音ではないでしょうか。

人間関係のしがらみや

義理人情そして

同調心理に縛られ

意のままに行動できないのが

日本のある意味、文化。

そんななか、想像力をフル回転させて!

と口で言うだけでは

もはや

本気の撲滅は不可能だと思うのです。

*****

コロナ対策、本気なら

感染以前に

人々の生活と命を守るために

大規模な財政出動はもはや必須。

早く決断を!

すでに職を失い明日もわからない人がいることを

きちんと直視して!

👧子どもの共感性に救われるとき👦

コロナウイルス感染拡大を受け、

活動病院から4月も引き続き活動中止という連絡が相次いで入ってきています。

2ヶ月連続の休止となります。

こんなに休みが続くと子どもたちはどんな風に過ごしているんだろう、

とそればかりが頭をぐるぐるしています。

治療と極めて限定的な活動で日々を過ごしている様子が想像され

駆り立てられたのは「塗り絵のプレゼント」。

アーティストに協力をもらい、

病棟へオリジナル塗り絵のプレゼントをという申し出をすると、

リクエストが相次ぎ、

順次印刷、郵送を行なっているところです。

子どもたちへのメッセージを添えて。

🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

ふと、活動を開始して少し経った頃に起こったハプニング

~病棟立ち入り禁止命令~

を思い出しました。

ある病院で、月4回の活動が2ヶ月全く不可能になったのです。

その日のアーティストが活動中に立ちくらみを起こして倒れてしまい、

少しの間意識がなくなってしまった、

ということがありました。

もちろん、抗体検査、健康診断の結果を提出し、

病棟での活動許可は得ていました。

たまたまだったのです。

貧血気味、という程度の持病があるだけで

その日は当然体調に問題はなく

躊躇するような少しの兆しもありませんでした。

この頃はまだスタッフが少なく

全活動に私がアシストしていました。

現場をしっかりと理解するということは立場上不可欠なので

しばらくは当然のように通っていたのです。

ところがこの日に限って外せない用事ができ

やむなくアーティスト一人での訪問となりました。

こういう時にトラブルは起こるものです。

よりによって・・

ということはよくあること。

私がアシストしていれば

アーティストの事前の異変に気づいたかもしれないし

すぐに活動を中止しアーテイストに休んでもらうこともできたはず。

しかし意識のない本人を現場はどうすることもできず・・。

「子どもたちを怖がらせた」

「ボランティアの健康管理に問題がある」

ということになり

”スマイリングホスピタルジャパンは

当分無期限立ち入り禁止!”

の宣告を受けました。

病棟へは団体からの詫び文を送りました。

しかしここからが大事なこと。

スマイリングのアーティストたちはどうしたの?

来なくなっちゃったの?

〇〇さん、その後大丈夫?

また来て欲しいのに・・。

活動は復活する?

・・・・・

そんな声が子どもたちからあがっている

と同じ病棟を訪問する他の活動ボランティアが教えてくれたのです。

そんな声は当然現場のスタッフの耳に入りました。

その月が終わらないうちに、子どもたちの声を受けて

「再開をお願いします!」

という知らせが入りました。

すぐに手配ができず翌月から活動は再開となりました。

怖がらせた、というのは大人の忖度に過ぎず、

子どもたちはSHJはもう来ないのか、

と活動ができなくなることを心配するばかりか

大好きなアーティストの体調を心配してくれたのです。

さすが、自分の体調と折り合いをつけながら生活する

子どもたちは

エンパシー(共感、感情移入)に溢れる愛の人たちです。

彼らの反応に大人たちはどんな気持ちを抱いたでしょう。

私は子どもの素直な優しさ

人の気持ちになってみる共感性に感動し、

その健気さを愛おしく思うのです。

このエピソードを通して

子どもという存在そのものへの敬意を

改めて深くしたものです。

こんなに美しい心を持った子どもたちが

ますます閉塞状態に置かれていることに

心が痛みます。

関連ブログ→2020/3/19投稿こんな時こそ、新しい発想を!

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

〜こんな時こそ、新しい発想を!💡〜

コロナウイルス感染拡大の懸念から

2月末に

各病院、施設より

「3月いっぱいはとりあえず活動を中止」

との連絡を受け、活動すべてお休み中です。

”念の為のひと月” のこころづもりで

3月は我慢

という認識でいたものの

いざ3月も中旬を過ぎると

この2週間がとても長く感じたし

これからさらに2週間と思うと気が遠くなります。

子どたちはどうしているだろう・・と。

4月以降については各病院から再開のめどを知らされることになっているけれど、その知らせを待つ時間すらとても長く感じます。

居ても立ってもいられなくなり

つい活動病院の医師に様子を聞いてみるも

「再開の見通しはまだ立っておらず

外泊も原則禁止となっており、

子どもたちは病棟でじっと過ごす時間が多くなり

退屈そう」

とのこと。

終息と活動再開を祈り待つ間にも

終息どころか

パンデミックの段階に入ったということが知らされ

4月どころか

5月も?

6月も?

それどころかオリンピックも延期という可能性が聞かれるようになり

夏までも・・・?

****

ただでさえ閉塞状態にある入院中の子どもたちに

追い討ちをかけるような我慢を強いることになっている現状。

先の読めない不安。

平時は感染予防に対する病院のガイドラインを通過し

アーティストと子どもたちがのびのびと活動できていたというのに

「入院中の子どもたちの日常を豊かにしたい」という私たちの思いは

今回ばかりは目に見えない怪物の前にひれ伏すしかないのか、と

やり場のない怒りと非力さを感じるしかありません。

そんな中、ネットを利用したパーフォマンスの配信

という画期的なアイデアを実現させている団体もあるようです。

しかし私たちの活動は

受け身になりがちな入院生活において

参加型活動によるふれあいを通し

子どもたちの主体性や創造力を引き出して

自ら湧き上がる高揚感と達成感を味わってもらい

うんと楽しんでほしい

というのが趣旨。

そうだ、アーティストが訪問できないのであれば

アーティストによるアクティビティをプレゼントして

病室で楽しんでもらったらどうか、

とひらめきました。

考えるのと同時に身体が動きました。

ウォールアートでも全面的に協力してくれた

イラストレーターの真鍋麻里さんに打診すると

それいいね!ということになり

二つ返事で快諾してくれました。

すぐに取り掛かってくれ

今塗り絵セットを待っているところです。

真鍋さんの塗り絵は市販のものとは全く違うワクワクするもの。

仕掛けがあったり絵にストーリーがあったり。

見ているだけでもおもわず笑ってしまうような

愉快なモチーフがあったり。

ああ、子どもたち、どんなに喜んでくれるかな、

と届けるのが待ち遠しいくらいです。

他にアーティストが訪問できなくても

主体的にできる活動を届けられたら・・・。

全国のアーティストたちにアイデアを募っているところです。

Smiling Hospital Japan Official Website