コロナ撲滅、本気なら・・・✊

ニュースウィーク3/30付記事に釘付けになりました。

”ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援”

ドイツの救済パッケージでとくに注目を集めているのが、

フリーランサーや芸術家、個人業者への支援。

文化相は

「アーティストは今、生命維持に必要不可欠な存在」

と断言し大幅なサポートを約束しました。

記事によると、

ドイツには約300万人もの個人または自営の小規模起業家がいて、

その半分近くが文化セクターで働いているといいます。

このところ続くイベントのキャンセルは8万件以上にのぼり、

それによる損害は12.5億ユーロと推定されていて、

これに対する財政パッケージには個人・自営業者向けの支援として

最大500億ユーロが含まれていると。

同様の措置が取られている国も。

イングランドではフリーランサーや芸術家、個人業者へ

1億6千万ポンドの支援がなされているし、

ニューヨークのメトロポリタン美術館は

米国の美術館への40億ドルの救済措置を

政府に求めているところだといいます。

ドイツの3部構成のパッケージは助成金やローンの形で提供されますが、

その中で個人のアーティスト、および最大5人の従業員を持つ中小企業は

3か月間、最大9,000ユーロの一括払いを受け取ることができるそうです。

「助成金は一度取得すれば返済する必要はない」

ということも強調されています。

連邦政府の援助パッケージにより、

音楽家も画家も作家も、映画・音楽関係者や書店・ギャラリー・出版社も、

誰もが生き残ることができる仕組み。

*****

一方、日本はどうだろう。

素晴らしいアーティストがたくさんいて

しかしイベントは軒並み中止に追い込まれることで

活躍の場、生活の糧が奪われる

不条理を一昨日綴りました。

ドイツ政府や他国の取り組みを参考に

是非‼️日本でも‼️

と願います。

コロナ対策、

本気の政策に向けてもっと言うなら・・・。

国や都は

夜の街に繰り出す人たちに

想像力を働かせ、

若者はカラオケやライブハウスには行かないで!

中高年はバーやナイトクラブなど接待に使う飲食店に行くのは控えて!

と言います。

同時に

生活のために営業せざるを得ない立場を守ってほしいと切に願います。

外出の自粛という国民への要請とセットで

全ての飲食店、商店、大規模商業施設などを

営業停止にし

従業員への給与を国が全額支払う。

ここまで徹底しないと

目に見えない脅威と

自分の行動と

どう折り合いをつけたらいいのかわからない、

というのが

人間の本音ではないでしょうか。

人間関係のしがらみや

義理人情そして

同調心理に縛られ

意のままに行動できないのが

日本のある意味、文化。

そんななか、想像力をフル回転させて!

と口で言うだけでは

もはや

本気の撲滅は不可能だと思うのです。

*****

コロナ対策、本気なら

感染以前に

人々の生活と命を守るために

大規模な財政出動はもはや必須。

早く決断を!

すでに職を失い明日もわからない人がいることを

きちんと直視して!