教育改革~全国学力テストの全校調査化について考えた~

 前回、東京新聞社説で検証された

ここ8年間の教育改革について書いた。

2つ挙げられていたうち1つが

道徳の教科化。

→2020/9/14投稿〜道徳の教科化について考えた

そしてもう一つが

全国学力テストの全校調査化。

競争によって質の向上を図ろうというものだが

現場への圧力が強くなっている、

と書かれていた。

そもそも、

学力向上を競争で

というのがおかしいのだ。

本来は教員を増やして子ども全員に目が行き届くようにし

底上げを図ると同時に学ぶことの楽しさを伝えることが

学校のするべきこと。

学力向上はあとからついてくる。

いじめ解決にも繋がるだろう。

北風と太陽で例えれば

この競争原理は

子どもにとっては冷たい冷たい北風だ。

押し付けられれば押し付けられるほど

嫌いなものはますます嫌いになり

楽しく感じないものはますます楽しくない。

教師はといえば

学力テスト対策に時間や労力が費やされ疲弊する。

そして更にいうなら

教師の仕事が増え続けているというのに

財務省は少子化を理由に教師の数を減らそうとしている。

教育への予算を削る理由を少子化にこじつけて・・・。

OECD(経済協力開発機構)の調べでは

日本の政府総支出に占める教育支出の割合は

減少傾向で、

加盟国平均を下回っている。

潤沢な予算を充てて充実を

というのではなく

現場を疲弊させてまで予算を削り

競争原理で学力の向上を図ろうとしている。

前回のテーマ「こころ」を置き去りにして。

すでに今年2月に投稿した

公教育のビジネス化?

でも書いているように

公教育がビジネス化していることは

この学力テストにも言えることだ。

採点などのためにかかる費用は税金

そしてその税金が向かう先は民間の教育産業。

これは国の怠慢である。

全国学力テストで子どもの健全な成長は望めない。

全く逆である。

多様性をと謳いながら

またか、と再び思う。

国よ、

一斉の評価基準と多様性の矛盾をどう思う。

勉強嫌いな子はますます嫌いに。

成績の取れる子は競争の波に飲まれていく。

「こころ」を置き去りに。

一人ひとりの内面の世界を蔑ろにして。

一度道徳の授業で

全国学力テストの効用について

話し合ってみてはどうだろう。。。

子どもの素直な意見(=真理)がどこまで吸い上げられるかが甚だ疑問だが。

本当の教育改革。

それは少人数学級制

そして

学校へ登校しないで学習するという選択肢を作ること。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」ホームページ

「学びサポート」Facebook

 

〜公教育のビジネス化?〜

教育をテーマにしてみると

以前はなかったなあ、と思われる現象を感じることが多い。

まずテレビをつけると

進学塾の宣伝に児童文学の世界を巻き込むコマーシャルが結構な頻度で流れる。

ほとんどテレビを観ないのにそう感じるほど。

児童文学は成長期の子どもに生きる上で

大きな示唆を与えてくれる。大人になってから読んでも

また別の気づきがあるほど、深い洞察力を与えてくれるものだ。

人生のテキストともいうべきものを

かなしいかな、意図しているかしていないかに関わらず

企業の宣伝と、数値による競争扇動に利用されてしまってる。

怖い。

それから

全国学力テストが抽出式だったのが全員参加に変わった。

2007年から小学校6年生と中学校3年生を対象に行われている

学力テストは、民間企業に莫大な税金を投じてのこと。

癒着?

さらに

小中学校で子ども一人に一台のパソコンを配布?の動きとも耳にする。

お金をかけるところ違うんじゃない?

癒着?

あ、またこの言葉が浮かんでしまった。

これって全部

教育の市場化ってこと。

そんな議論は専門家を中心に起こって久しいが、

もう私達一般にとっても目に見える形でジワリジワリと・・。

教育とは一体なんだろう。

本当の教育とは?

数で勝負、競争、競争。競争させることが学力を高める。

???

どんどんぶれてしまう(と私は思う)世の動きに

押し流されてしまうのは悲しすぎる。

現に学力テストは

学校間の点数競争を引き起こし

結果、子ども達を

殺伐とした競争社会に陥れ

勝ち組とか負け組といった言葉で人を評価する風潮を作る。

教員は点数を上げる対策に追われ

子ども理解や生きた触れ合いの時間が圧迫される。

そんなことが本当の教育だと思って先生をしている教師は

ほとんどいないはず。

流されずに先生たち頑張って、と言いたい。しかし

子どものためを第一に考える先生たちは

理想を求めて疲弊してしまう。

そんなことあっていいのか!

と怒り心頭である。

「教育を数値化しテストで子どもや教員を競わせれば教育は良くなる、という考えは間違っている」という教育研究者のコメントが

新聞に載っていたがもっともだと思う。

しかし、

もはや教育を良くしようとしてやっている施策ではなく

教育を市場化し子どもたちを市場活動に利用していると

「そんなつもりはありません」

と言われようが、私はどうしても

そう思ってしまう。

経済とは本来人を幸せにするためのもの。

しかしこんなかたちで経済産業省が教育への参与を強めていることを考えると

経済の定義自体がなんだか汚いものに思えてくる。

教育にビジネス理論を持ち込むのは

やめてほしい。

子どもたちの本当の幸せを求めるために。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook