病棟に届けよう 色ぬり紙芝居🎨

やっと活動が再開になったとはいえ

1か所のみ。

そうしている間も再び感染者が増えたりして

先が読めない状態は長く続いています。

活動が停止になった3月には

訪問して参加型芸術活動をする代わりに

アーティストによる塗り絵のプレゼントを。

4月に入って、これは長引きそうだ

という判断から

アーティストによる動画を順次YouTubeチャンネルにして公開

してきました。

スマイリングちゃんねる

退屈した時にリマインドできるように

病棟や施設にポスターを貼っていただいています。

そして6月、

新しアクティビティとして

絵本作家 保科琢音さんが

「色ぬり紙芝居」を作ってくれました。

A5サイズ(210X148mm)で 全10枚セット。

お話、紙芝居の作り方説明および

保科さんのメッセージ付きです。

幼児さんならお母さんか保育士さんと一緒に

小学生以上ならお話を読み進めながら

塗り絵を楽しんでどんどん作っていきそうです。

10枚あるので分担して作ったらコミュニケーションも生まれて

プラスαの活動が生まれるかもしれません。

さらに

パターンの繰り返しのお話なので

自分で考えて新しい場面を挿入してもいいし

作り方を覚えたら

全くオリジナルの作品を作ることもできます。

塗って作って周りの人に読んで聞かせて・・

とたくさんの主体的な活動につながりそうです。

紙芝居制作という1つのワークの中に

多様な作業、多様な遊び方、

そして作ることを通して

周りと交流する機会が生まれます。

手を動かすことで世界が大きく広がります。

「色ぬり紙芝居」

全国の病院に発送中です。

音楽も制作活動も

主体的な活動になればアートの果たす役割や価値が

倍増すると考えます。

私たちの推進する「参加型芸術活動」は

その場の鑑賞で終わってしまう劇場型ではなく

アートを媒体として主体的に作り出すこと。

新しい日常になった今

私たちの活動を必要としている現場へ

万全の感染対策のもと

変わらない価値を届けたい

以前のように当たり前に

「参加型芸術活動」が

どこの現場にも届けられる日が

早くきますように。

それまでは月単位で

新しいワクワクのアクティビティを届けられるよう

アイデアを絞っていきます。

保科琢音 ホームページ

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook