またか!UDタクシー拒否🚗

感染症対策のために

車椅子で乗車できるスロープ付きの

UD(ユニバーサルデザイン)タクシーが

配車を拒否したという記事を見て愕然!

利用者の苦情が

紙面に載っていました。

路上での拒否については以前に書きましたが

→2019/12/30投稿〜UDタクシー誰のため?何のため?

今度は配車すら拒否⁉︎

またか!

と頭から湯気♨️が出ています。

拒否の理由は

・運転席と客席の間の感染防止フィルムが外せない

・コロナで車両台数を減らしているため予約はできない

さらに当該タクシー会社は

「説明が足りず誤解を与えた」

と釈明したそうだが、

これは誤解なのか

それとも差別?

意地悪?

タイマン?

苦情を申し立てたYさんは

説明不足でも誤解でもない

コロナといえばなんでもアリなのか

と憤りを見せています。

🚗 🚙 🚌

常々思うことですが、

災害時など有事の際は障害者や高齢者など

不自由さを抱える方や

社会的弱者が

サービスを受けにくかったり

窓口抑制されたりする社会は

変わらなければ。

今回のUDタクシー配車拒否についても当然です。

怪我をしている

荷物をたくさん持っている

赤ちゃんを抱っこしている

体調が悪い

など

誰にとってもタクシーはとても助かる存在。

タクシー会社には

「みんなの頼りになるタクシー」

という誇りを持って営業し

モチベーションの高まるような

社員教育を徹底してほしいと強く思います。

✔︎車椅子のままの乗車や配車を拒否すること

✔︎スロープを載せないまま(これではどうやって車椅子を載せる?)運用すること

これらは道路運送法に違反するそうです。

確認された場合は厳正に対処するとのことですが、

そもそも

懲罰を受けないため

ではなく

当事者の困難さに心を寄せ

本当に頼りになるタクシーでいられるために

ぜひ、

タクシー会社の方達には

みんなの味方

スーパーヒーロー・タクシーマン🙋‍♂️🙋‍♀️

になってほしいなと思います。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

子どもだって公園将棋👦👧

昨日の新聞をいち日遅れで見ていたら

「あ、こんな風景、見たことある」

という記事を見つけました(東京新聞朝刊)。

・・公園将棋 ・・

またの名を青空将棋。

アメリカ映画「ボビー・フィッシャーを探して」で

主人公の少年が

公園でチェスをする大人たちに参戦し

見事に勝ち続ける場面がありますが

それに重なりました。

「ボビー・フィッシャーを探して」

→主人公の少年は7歳という年齢ながら、チェスに関して天才的才能を持っていた。父は息子の秀でた才能を、かつてチェスで世界に名を馳せたアメリカ人天才プレーヤー、ボビー・フィッシャーに重ね合わせ、本格的な英才教育を試みる。(1993年公開 Yahoo映画サイトより)

公園・・・公の場ですから

誰でも参戦できて

誰でも観戦できる

知らない同士が交流できる社交の場。

主人公が父親に促されて参戦する場面では

「え?子ども?」

なんて顔は誰もせず

「よし!やろうじゃないか」

といったフレンドリーぶりです。

こんな風景が

池袋周辺の公園や路上で繰り広げられているのを知り

この映画の場面を重ねてなぜか懐かしく感じました。

昭和の香りがただよう将棋おじさんたちが作る一場面。

って感じかな。

一時は大会を開いて観戦者も含めると

30人から60人が夢中になったこともあるそうです。

特に高齢者にとって将棋は身近な交流のツール。

おじいちゃんの家に行けば

いつも将棋盤と囲碁盤がちゃぶ台の横にちんまり置かれていたっけ(そう言えばおじいちゃんの家も池袋だった)。

ってこれ、古すぎるエピソードでした(^^;;

しかし、

「繰り広げられている・・・」

というほどの賑わいは薄れ始めて久しいといいます。

環境浄化の名目で

また公園整備の工事のために

公園将棋の場は追いやられ転々とし

ゆっくりと将棋を楽しむ人が激減したそうです。

勝負の場で

飲酒や賭け事はご法度。

しかも公園などで野宿する人たちが将棋盤を管理、

清掃もしていたというのに。

・・・・・

公園のあるべき姿ってなんだろう。

年金暮らしの高齢者

路上生活者

会社員

子ども

お母さん

・・・

みんなの井戸端会議の場

みんなの交流の場

みんなの居場所

じゃないかな。

公園を管理する自治体の担当者曰く、

「大勢が占有し、

『怖くて歩けない』という苦情があり

適正な管理ができない」と。

しかし将棋おじさん

「金がなくても、いつでも遊べるのは公共空間のあるべき姿。

用途を限定すると街はつまらなくなる」と。

街の中の多様性を受け入れる包容力を発揮する場が

公園ではないでしょうか。

再開発のもと、外しのない

綺麗で画一的な風景が東京にはどんどん増えているような気がします。

管理しにくい多様性を排除する空気が増えているようで寂しくなります。

いいじゃないですか。

将棋おじさんと仲良しの少年がいたって。

勤め帰りにちょっと一戦、と立ち寄るサラリーマンがいたって。

互いに世代や境遇や立場が違う

いろんな人が公園で交流しているシーンが当たり前にあれば

もしかしたら一番身近ないじめ対策かもしれません。

いろんな人がいて世の中成り立ってる身近な社会の縮図がそこここにあって

ちょっと違ってる

ちょっと変わってる

そんな子がいるのが普通。面白い!

ってみんなが思ったら最高だな。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

こども未来会議👦👧👶

東京都が開催する

「こども未来会議」。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって生じた

子どもを取り巻く課題を話し合う会議だそう。

9月23日に初会合が開かれ、

都知事と5人の有識者らが

意見交換したと新聞が報じていました。

「子どもを取り巻く課題」について

どんな意見が出されたのか・・

ざっとこんな感じのことが書かれています。

休校の長期化により

・低学年ではノートに書く際の筆圧が落ちた

・書き写せる分量が減っている

・中学年で時計が読めない子がいる

デジタル化の加速により

・家庭間でもともとあった経済やデジタルへのアクセス格差が広がった

など。

そりゃ、休校が長引き学校がなければ

書字活動は激減し鉛筆を持つ機会がなくなる訳だから

書く量が減れば鉛筆を持つ時間が減るということ

おのずと筆圧も弱くなるでしょう。

学校という一日の相当の時間を集団で過ごす場が失われれば

生活のリズムがつかず、時計を読む必要も激減するというもの。

この春小学校に上がった可愛い孫は

散々のラン活を経てお気に入りのランドセルを手に入れ

入学を楽しみにしていたというのに

出鼻をくじかれ

訳のわからない感じでスタートした小学校生活。

そして分散登校だの預かり登校(?)だのと

混乱のうちに夏休みに入り、

猛暑続きという夏本番の最中に

夏休みが終わり

これまた

よくわからないうちに新学期開始。

いったい彼女の頭の中で時間や季節というものが

どのように整理されているのだろうか、と

気の毒に思えてきます。

普通に4月に入学式という儀式を済ませ

運動会やらプール開きやらを経て学校に(少し)慣れ

待ちに待った長~い夏休み。

このような時間の流れの中で身につけるべきもの

それは

筆圧だの

書く分量だの

時計が読めるだの読めないだの

ではなく

それ以前の概念形成

ではないでしょうか。

そしてこれまでと違った生活の中でのこころの変化や

困ったことなに、まっすぐに向き合って

ゆっくり耳を傾け理解することが

大人に求められ

その中でこそ気づくことができるのが

「新型コロナウイルス感染症の拡大によって生じた

子どもを取り巻く課題」

ではないでしょうか?

筆圧やら書く分量、時計とか計算とか・・・

それを

「子どもを取り巻く課題」

としてまず意見が出されることにこそ

課題があるような気がします。

子どもを取り巻く大人の認識

これぞ

「子どもを取り巻く課題」

なのでは?

会議は来年1月ごろまでに3回開き

意見や議論を都の政策に生かすそう。

「子どもたちが笑顔で生き生きと暮らせる東京を作りたい」

とは知事。

活発な意見な議論を期待するとのこと。

現場に足をうんと運んで

子どもが生き生きと暮らせるためには

社会がどうあるべき?

実態をきちんと把握して議論してもらいたいと感じました。

大人がワイワイと頭をつっつき合わせて机上の空論を述べるのではなく

「子どもたちが笑顔で生き生きと暮らせる東京」

は大人が

子どもが活動する場で

子どもから学ぶところから始めなくてはならないと考えます。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

〜学校行事を思う2〜

学校行事の見直しを!

とつい先日綴りました。

そして時を合わせるかのように

昨日

特別支援学校の行事のお手伝いをしました。

感染予防のため宿泊行事がなくなってしまった

新宿区の養護学校の

小学部6年のあるクラス。

宿泊行事の代わりだけど

それに負けないような

小学校最後の思い出となる

とびきり楽しい時間を作ってください!

との要望に

ミュージシャンと造形アーティストが

芸術ワンダーランドの約2時間をプレゼント。

学校の先生も、ご家族も、全員で参加しますが

主役は皆さんです。

やりにくいな、わからないな、

と思ったらすぐに教えてください。

とお伝えし開始となりましたが

さて、少々テンポが速かった印象。

一人ひとりのペースに合わせられたかな

一人ひとりの困難さに対応できたかな

というのが反省点。

もっともこれは今回に限ったことではない

毎回の課題なのですが。

🎶 🎶 🎶 🎶 🎶

まずは音楽。

ゆったりとしたジャズのスタンダードナンバーが続きます。

この日は十五夜。

”ムーンリバー”のピアノ演奏に

波の音を再現するオーシャンドラムで水の音を効果音として入れてくれた人

ツリーチャイムを要所要所で鳴らして雰囲気を作ってくれた人がいました。

みんなで作る演奏会の後は

一人ずつピアノ連弾です。

そして音楽コーナーのクライマックスは

全員参加のジャズのコールアンドレスポンス!

イェーエエ・・・イェーエエ

シャバデュバ・・・シャバデュバ

で盛り上がりそのまま創作活動へ。

即興絵描き歌で一人一人の似顔絵をスクリーンを映しながら

少しずつ描いていき

誰かな~という

クイズアトラクションで大にぎわい。

そのあとはハロウィンに向けたランタン作りに

お父さんもお母さんも

そして絵の得意な教員も夢中です。

最後はランタンを灯して

ピアノ演奏を聴きながら記念撮影。

さてお家の方がとても嬉しいコメントをくれました。

宿泊などではなく

こういう形の活動が

短時間だから集中できて

無理なく楽しめる、

子どもたちのためにはとてもいいと思う、

と。

行事=イベント。

イベントといえば非日常。

日常の中にイベントが挿入されることで

リズムができたりその日を楽しみに過ごすことができます。

日常の中のキラリとしたエッセンスになります。

でもその回数が多すぎたり

無理を伴う旅であったりすると

平穏な日常のはずが

そのための準備に疲れてしまう、

ということになりかねません。

スケジュールをこなすための

前例ありきの行事になっては全く意味がありません。

特に困難とともに毎日を過ごす子どもにとっては

行事のために準備に疲弊してしまったり

参加のための体調管理がかえってストレスになったり。

どんなに楽しみにしていても

当日の健康状態によっては参加を見送らなくてはならなくなることが

十分あり得ることは認識されるべき点です。

子どもの状態や心に最大限寄り添い、

その上で

行事を

”大切な日常のリズムの中のエッセンスとして取り入れる”

くらいのおさえで良いのかもしれません。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

 “ウィズコロナ”の怪 ʅ(◞‿◟)ʃ

”ウィズコロナ”

という言葉のおかしさを指摘したのは

同志社大学教授の浜矩子(はまのりこ)氏。

浜矩子さんといえば

経済学者として

時事問題に対して経済学的な視点で

歯に衣着せぬストレートな物言いをされる魅力的な方です。

その話ぶりは

一刀両断!

という感じでスカッとします。

いつか講演を聴きに行ったことがありますが

ナマで見る浜さんはイメージ通りでした。

眉間にしわを寄せて

はっきり言わせてもらうわよ!

といった佇まいです。

私ごとですが学生の頃に履修した「国際金融論」

だけがなぜか面白くて

卒後は外資系銀行員になったという経緯がありますが

浜さんの専門も国際金融論ですから

同志社大学に潜り込んで

講義を聴いてみたくなります(かなりハードル上がりました^^;)。

さて、経済学者の浜さんは

言葉の意味を深く吟味し

言葉それぞれの本質にブレない使い方をしなければならないことに

ある意味、こだわりを持っておられるな、

と感じるところが

とても共感できる点でもあります。

何度か綴った

2020/6/12投稿~言葉がかわいそうだよ1

2020/6/17投稿~言葉がかわいそうだよ2~

に、私の言葉の使い方への”こだわり”満載です。

もっとも、言葉の専門家ではないので

私見の範囲ですが。

さて浜さん、

経済学者、と言われつつご本人はエコノミストだと言う。

エコノミストにぴったりくる日本語はない、とはっきり。

エコノミストの意味を調べてみました。

エコノミストとは・・・

経済学者や経済研究者など、経済の動きや諸問題に関する調査・分析・予測などの仕事をする専門家のこと(Elite-networkビジネス用語集より)

なるほど、調査分析予測・・となれば

対象に対してかなりツッ込んでいく仕事です。

そんなところから、

目下、世間で連呼される

”ウイズコロナ”

ちょっと、おかしくない?

となるのでしょう。

頷ける!しかし私、

頭脳が追いつかないから共感するだけで終わってますが^^;。

さらに浜さん、

若者がのびのびと生き生きと

そして目一杯、創造性を花開かせるのが

教育に与えられた使命であって

我々は生産性を高めるために教育を受けるのではない

と最近読んだ浜さんの著書

「小さき者の幸せが守られる経済へ」(2019年8月15日 新日本出版社)

の中で述べています。

つまり、ブラック校則で生徒を意味なく威圧し

数字で評価し競争へと駆り立てるのが

本当の教育ではない、とはっきり述べてい流のです。

そしてエコノミストの立場から

人に優しく人を尊び、人を幸せにする経済であるべき

と伝えています。

経済学っていうと敷居の高いイメージを持つ人が多いと思うけど

経済の理想形は血の通った温かい愛が根底にあるべきだとの

浜さんの主張は

ドキュメンタリー映画「幸せの経済学」の監督

ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ氏の考えにもつながると感じました。

→2018/7/10投稿~幸せの経済学

経済とは生産性を追い求めるものではなく

互いに支えあって助け合って幸せに生きていくためのサイクル

と読み解けるでしょうか。

さて、浜さんから経済へといささか話がそれましたが、

浜さんが指摘した

”ウィズコロナ”のおかしさに

そうだ、そうだ、とうなずいた私です。

ウイルス蔓延の中で

いかに ”ウィズコロナ” にならないように

賢くあらなければならない。

という浜さん。

コロナとお友達になる必要は全くなく

コロナは対峙すべき敵のはずです。

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook