〜一斉休校の副産物と弊害〜

学校で思いっきり身体を動かせないなら・・・と、

近所の広場や公園は走り回ったりサッカーしたりする子どたちで賑わっている。

遊具は感染予防のために黄色いテープがぐるりと貼られ使用できないが、

かくれんぼしたり鬼ごっこしたりの格好の障害物として

存在意義を醸し出している。

「最近の子は外で遊ばずに家でゲームばかりしている」

と閑散とした公園を横目に嘆く大人も多いが、

ここにきて、ほとんど使われずにいた公園が

子どもたちの居場所になっているというのはまさに一斉休校の副産物だ。

唯一残念なのは、みんなマスクをしながら遊んでいること。

しかしこれは仕方ない。

子どもが元気よく声を出し走り回る様子というのは

実に楽しげで笑顔を誘う。

新型コロナ感染拡大の収束が見えないまま自粛自粛という閉塞感に、

潤いを与えてくれるようだ。

「おいおい、僕たち私たちは

公園より学校に行きたいんだよ!」

という声が聞こえてきそうだが。

ところが、

「家にいろと言われているだろう」

「外出自粛中に何を外で騒いでるんだ」

と乱暴な物言いで子どもを叱る大人が少なからずいる、と聞く。

屋外で動き回っているから3密になってないんだけどな。

4/30付東京新聞の編集局コラムに載っていた厚生労働省調べによれば

4/28現在、

全世代の感染者13576人のうち

20歳未満の未成年感染者数は527人。

全体のたった3.8%。

重症化したのはわずか2人で死亡者は0。

子どもは同世代間や大人への感染拡大にはほぼ関わっていないし、

重症化もまれということ。

この傾向は1ヶ月前の同省専門家会議で明らかにされ、

今も変わっていないという。

西浦博 北大教授によれば、学級や友達同士で移ってしまうインフルエンザとはかなり違う、という。

子どもたちに外出自粛や休校を強いる科学的根拠はない、

ということになる。

前述の専門家会議の調査は何のためなのだろう。

結果を見れば3月からの一斉休校に

感染拡大の効果はなかった、ということ。

であれば休校に意味がないどころか

学習面、生活面の格差、家庭の負担という弊害をもたらし

全くの逆効果だったと言わざるをえない。

このままずるずると休校延期をするのなら

思い切った9月新入学制度を導入するべき。

→(4/30投稿~果てしない休校延期から9月新年度へ!

見通しが持てないことが

子どもや家庭に及ぼすストレス、不安は想像を絶する。

厚労省と文科省には

科学的事実と子どもの成長に真正面に向き合い、

なるべく早くはっきりとした方針を打ち出してもらいたい。

新型コロナ対策は経済と医療の両輪

と大人たちは言う。

しかしここに必要なのは教育というもう一つの輪だ。

コロナウィルス感染拡大につき一斉休校~孫とばあばの家庭学習にっき-2-

ちょっぴり背伸びして3年生の漢字を。

なんでも漢字で書きたくなる孫は

ちょっと博士タイプ。

○○って漢字でどう書くの?

などと容赦ない質問をしてくるので

止め、はらいはちゃんと伝えなきゃと

いちいち正確な漢字を調べ確認する必要あり。

ばあばに勉強の機会をたっぷりと与えてくれます。

ことわざや四字熟語が大好きな彼は

何気ない会話の中に

何気なく四字熟語や慣用句を使ったり

例え話にことわざを使ったりして

ヘェ~と

じいじばあばを驚かせます。

ダジャレ連発のじいじ

ことわざで返され

タジタジです。

言葉あそびは本当に楽しい時間。

さて、学校がない中、

退屈をあの手この手で紛らわせるような

面白いものはないかとネットサーフィンすると

ことわざのサイトを見つけました。

これ、面白いからプリントする?

と聞いてみると

うん、うん!

と嬉しそう。

ところが次の言葉に負けた~。

「前門の虎 後門の狼」

が載ってないよ。

恥ずかしながら

え?

もう一回言って。

「前門の虎 後門の狼」

災いが過ぎたというのにまた災いが降りかかることだよと、丁寧な説明付き。

あ、それ「泣きっ面に蜂」

ってこと?とすかさず私。

まあ、そんなとこかな。

と孫。

恐れ入りました。

こんな調子ではありますが

いざ3年生の漢字練習プリントに向かうと

え~、めんどくさい。

もうできる~。

1回書けばでいいでしょ~。

はい、ここまででもう終わり!

もう覚えた~!

と孫。

やっぱりプリント学習は嫌いなのね~。

コロナウィルス感染拡大につき一斉休校〜孫とばあばの家庭学習にっき-1-

なるほど~。

ヘェ~そんな解き方が!

掛け算が好きだという2年生の孫には

感心することしきり。

1番面白かったのは九九に隠された数字のトリック。

私:なんの段が好きなの?

孫:9の段。

私:え~ばあばの一番苦手な段だ!

孫:9の段は面白いんだよ。

と言いながらその辺にある

鉛筆やらサインペンやらボールペンを

10本集めて。

孫:9の段の好きな掛け算を言ってみて。

私:簡単なところで「2」

孫:じゃ、2番目の鉛筆をとるよ。

  すると左に何本?

私:「1本」

孫:右に残ったのは?

私:「8本」

孫:それを並べて数字にすると?

私:「18」

孫:9✖︎2の答えは?

私:「18 」

さらに

9X3

9X4

9X5

 ・

 ・

 ・

と全て確かめてみると同じ方法で正答が出ました。

これはすごい!

面白い!

一斉休校でばあばの家に疎開している間に

孫に色々教えてもらうことにします。

午前中にちょこっとさんすうと漢字を練習したら

目下の興味である漫画の作成に没頭した後

ポケモンカードゲーム対戦。

仕組みやルールが今ひとつわかっていないながら

「ポケモンのキャラクター、こんなに増えたの⁉︎」

などと

息子がハマった頃を懐かしみながら

まったりと過ごす昼下がり。

さて明日は何をしようかな・・。