SDGs「誰一人取り残さない」 という理念を実現させるためにSHJができること。

SHJが2年前に開始した

在宅訪問学習支援「学びサポート」。

これは他でもない

「誰一人取り残さない」 というSDGsの理念に合致しています。

ホームページを開設しました。

「学びサポート」ホームページ

この活動を始めた理由を振り返ります。

病棟での参加型芸術活動を始めてしばらくした頃

病室の子どものところへ案内してくれる病棟スタッフが

重症心身障がい児のベッドサイドを素通りしてしまう

ということが何度か重なり、

その時の違和感は頭から離れませんでした。

障がいの重い子どもに対する社会の目が

そこに凝縮されているように感じたのです。

→2018/7/17投稿~ここにいるよ、学びたいよ

アーティストにとっても

障がい児への関わり方について戸惑いを抱く場合が多いのは事実。

ですから研修会で学び合ったり

ハンドブックを作成し配布したりしています。

活動をより充実させたい

わからないことをわかりたいという

アーティストたちの高い意識と向上心のおかげで

障がい児への関わりを

活動者自身も活動を楽しみ、

子どもたちから学ぶようになりました。

さらに

病棟で対象外とされたこのような子どもたちは

退院して在宅を余儀なくされた時に

どれほどの疎外感や活動不足と折り合いをつけながら

生活しなければならないのだろう

という思いに胸が締め付けられ、

駆り立てられるようにして

在宅訪問学習支援「学びサポート」

を開始した、というのが経緯です。

「学びサポート」は

医療的ケアや重い障がいのために在宅医療を受ける子どもへの

学習の機会と質を補うことを目的とし、

  • 学び合うこと
  • 一人一人の困難さに寄り添うこと
  • 豊富な教材を用意すること

を大切にしながら

学習支援ボランティアが対象児・者の家庭に訪問し、

個別のニーズに合わせた手作りの教材や支援機器を使い、

主体的な学習の機会を作っています。

障がいが重い子どもは、大きく分けて

運動、感覚、意思伝達

という3つの困難さに日々直面しています。

運動の困難さがあると、

思いどおりに身体を動かすことができないために

自分でやってみるという行為が制限されます。

見えにくさや聞こえにくさ、触覚の過敏など感覚に制約があると、

私たちが普段何気なく受け取っている

「どこ・だれ・なに」などの、コミュニケーションや

行為の土台となる情報を十分に活用できない可能性があります。

「制約が多い分諦めていたけれど方法さえ工夫すればできる事がたくさんあることに気づき、我が子の可能性に気づいた」

「親としても希望が持てるようになった」

お家の方にとって

我が子が輝く姿が何より嬉しいものです。

この度

「学びサポート」のホームページができました。

スマイリングホスピタルジャパンのHPにリンクしています。

「学びサポート」ホームページ

活動中に病棟で取り残された子どもたちの姿が

「学びサポート」の原体験。

誰一人取り残さず

一人一人の違いを大切にし

誰もがどんな状況にあっても主体的に学ぶことのできる土壌を作るために

これからも学習支援ボランティア一同

取り組んでいきます。

– 参考までに –

SDGsについて・・・

2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包 摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標。→外務省HP

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

子ども番組、大人にもオススメ!

夏休み、孫と一緒に子ども向け番組を楽しんでいます。

テレビを見せている間に家事をすませよう、そんなつもりでEテレをつけた途端に、孫よりも私の方が引き込まれてしまう毎日。

子ども向け・・とはいえ、侮ることなかれ。

知的エンターテインメントが詰まっている。

・違った角度からのものの見方

・柔軟な発想力

・ ・ ・ ・

早朝に見ることでシャキーン!と目が覚める、というコンセプトらしい。

本当にその通りで、

すごい発見やワクワクがいっぱい。

大人が忘れていた不思議、なるほど体験が味わえます。

6:35~のにほんごであそぼ

に始まって、

7:00~デザインあ

7:30~ピタゴラスイッチ

7:35~コレナンデ商会

・・・・

楽しい! そうだったのか! 気づかなかった!

子どもの感性に訴えるものは大人が忘れていた知的な!遊びこごろを呼び覚ましてくれます。

もはや、子ども番組こそ、目の前の用事に振り回される現代のおとなの日常に、潤いを与えてくれるエッセンスのようでもあり。

忙しさに埋もれた感性を朝一で呼び覚ましてくれます。

👦 👧 👶 👦 👧 👶 👦 👧 👶 👦 👧 👶

さて、先日、重症心身障害児の子の教科書が絵本であることへの怒りを書きました。

重心の子どもたちは授業で絵本を使われることに、

内心「バカにしないで!」と叫んでいます。

でも、重心の子、たとえ高校生だって子ども向けテレビ番組が大好きなのは事実なんです。

しかし、

こんな幼稚なものを好むならやはり授業も絵本でいいんじゃない?

ということにはならないのです。

大人が見ても楽しめる子ども番組。

だったら、彼らにとっても同じことのはず。

短く完結した番組の数々・・飽きることがなく、タイムテーブルも決まっているから、自分で動くことができない方にとってテレビは生活のリズムをつかむという利点もあるのです。

どんな人にとってもワクワク、驚き、感性呼び覚まし効果とともに楽しめる子ども向け番組。

ちょっと錆び付いた大人の感性にも大いに学びや発見がありますよ!

〜重心施設での一コマ〜

専門家から見ても新しい発見がある・・

日々関わる立場でも、子どもの変化にハッとする・・

子どもの可能性は無限です。

改めてそれに気づかせてくれた重心施設での活動に対する職員さんのコメント。

🌀初めてスマイリングホスピタルジャパンの大道芸を見せていただけることになった時、子どもたちに伝わるだろうかという不安とどんな反応をしてくれるだろうかとワクワクした気持ちで当日を迎えました。子どもたちのだいすきな音楽やバルーンアートを見せてもらい、職員側が考えているよりも活動に集中して参加できる子どもが多く、新たな子どもたちの一面を見ることができました。

🌀重症心身障がい児は、一般的に意思表出の読み取りに時間を要すると言われます。しかし音楽の力はそれを飛び越え、今回もまた子どもたちに心踊る体験をもたらしてくれたと思います。笑顔溢れる表情や普段とは異なる身体の動きがそれを証明しており、子どもも大人も気持ちが通じる時間を持てたと感じることができました。

活動中に、

「こんな表情はなかなか出ないんですよ」

「よく見てますね」

「今日はいつもと違う笑顔だ」

などと教えてくれる介護士さんや保育士さん。

高揚感を引き出すような情操活動は、どんな子どもにもものすごいインパクトがあります。

反対に、つまらないものには退屈さをあらわにし、

子どもだましでごまかされないぞ、と大人に喚起してくれます。

だから子どもたちにこそ、質の高い芸術を届けたいもの。

学びの場面で媒体となる環境づくりや教具教材の追究も然り。

それらを通して、大人も子どもの可能性や能力に気づき、わくわくする学びが得られます。

重心の子どもたちが気づかせてくれること、それは命の輝き。

そして、ここにいるよ、学びたいよ、というメッセージ。

🔹Give One オンライン寄付〜E-ファンドレイジングチャレンジキャンペーンに参加しています〜
開始時間:5/22(火)11:00~
終了時間:7/5(木)~23:59(日付が変わるまで)

 

奇跡が奇跡でなくなるとき

発語がなく体もほとんど動かない。

重度心身障がいの子どもを持つあるお母さん。

「大変ね」

と周囲に同情されることに耐えられずにいた。

就学先を決める時も、

「地域の学校が受け入れてくれるはずがない」と考えていた。

「普通校も考えてみませんか?」

そんな連絡があったのは学区の小学校の教諭から。

かわいそうな子として特別扱いされること、教材にされることを心配したが、同級生は掃除や給食当番も一緒に、という姿勢だったという。

そんなある日、発作を起こして緊急入院。好きな音を聞かせてあげたくて考えたのが「教室の音」。

授業や休み時間のいろいろな音を録音し、連日病院へ届けた。

ある日、学習発表会の練習曲「いつまでもともだち」を集中治療室で流してもらった。

すると、閉じたままのMさんの瞳から涙がこぼれたという。

意識を失ってから初めての反応。それからは一気に回復へと向かい、自発呼吸も可能に。

「奇跡ですね」

とは医師の言葉。

数ヶ月後に学校へ行くとクラスメートがワンワンと泣いたという。

お母さんは、

「言葉が話せないからともだちはできないと思っていた自分が恥ずかしい」

とそれまでを振り返りった。

東京新聞5/5朝刊「共生の実相 学びの場から」より記事を要約

子どもたちの素直さ、ともだちを思う真っ白な心。違いなんて当たり前にある包容力。

道徳の時間のテーマになりそうなことだが、実はそれを学ばねばならないのは大人のほう。

これらが大人からどれほど失われているか、ということに気づかせてくれたエピソードです。

・・・お母さんは友達はできないと思っていた。

・・・医師は回復を「奇跡」と言った。

・・・Mさんは友だちの声を聞いて回復していった。

これまでの体験や勉学による思い込みや先入観を洗い直すこと、

誤った認識をしているのではないかと自省すること、

感じようとすること・・・。

そんな癖が大人にあったら奇跡も奇跡ではなくなるかもしれない。