ついに学校再開!🏫

今日、休校が長かった東京や近郊の学校も休校が解除された。

それに先駆け、昨日の新聞には

学校再開に際し、各国で対応に苦慮している、と書かれていた。

まだ第2波、第3波と懸念される中、

現場では衛生、感染への対策に加え

休校により受けた学習の空白への対応に

引き続き追われる毎日だろう。

ユネスコ(国連教育科学文化機関)によると、新型コロナウイルスの影響で

世界全体のおよそ90%の子どもたちが、学校に通えない状況が

少なくとも5月いっぱい続いたそうだ。

休校による学習の空白への日本の対応については

前回と前々回綴った。

学校再開・・学習の遅れは横に置いて

続・学校再開・・学習の遅れは横に置いて

 

海外では?という疑問が湧き調べてみようと

締めくくったものだ。

日本の教育現場はオンライン化が大幅に遅れている

ということは有名な話。

さぞや諸外国、ICTの盛んな活用により

一旦の学習の遅れもカバーできている国や

日本のようなガチガチの教育課程を取らない国も多いことから

その事情はずいぶん違うだろうと想像していた。

オランダは

子どもの共生心を養う「イエナプラン」が盛ん。

→2019/7/8投稿〜教室はリビングルーム「イエナプラン」

子ども1人ひとりの能力や資質、本人の希望や理解度によって

様々な学業や内容が選択ができ

時間割も自分で決める。

オランダの小学校の大半はデジタル化が進んでいて、

地域的な差はありながらも通常の授業にiPadなどを導入し、

様々な教材アプリを利用して授業をおこなっている。

5/11に学校が再開されたが

休校中は自宅学習で教材アプリを使用したそうだ。

ひとつの家庭に子供が複数いる場合には貸し出しもあり。

休校2日目にして

学校は各家庭に学習への対応についてわかりやすく連絡をし

3日目には教材とスケジュールを渡し

といった迅速ぶり。

その後は生徒と教師がチャットなどで密に連絡を取り合ったのだそう。

グローリア オランダ子育て事情を読んでみた。

オランダ、あっぱれ!という感じだ。

すでに14日に登校を再開しているフィンランドではどうだったのだろう。

フィンランドの教育についてはずいぶん前に綴った。

→2017/7/12投稿〜フィンランドの教育

日本のような全国一斉テストはなく、

学生同士での競争が少ないのが特徴だ。

教育ICT活用の先進国フィンランドは

すでにすべての学校において生徒1人1台のノートパソコンかタブレットのデバイスが普及していて、

学校内のWi-Fiも完備されるという普及度。

しかし通常の授業でICT活用はしていた中で、

小中学校における遠隔での授業はなかったため

先生たちそれぞれが工夫を強いられ苦労していたとエドテックジンというサイトで読んだ。

かたや

インターネット普及率の低い国ではどうだろう。

ニュージーランドは

インターネットに接続していない家庭が多く

政府が行ったのは、ネット回線の整備や端末の無料配布

そして教育に対して初めての緊急予算を投じ、

新学期の開始に合わせて、教育関連の番組の放送も始めた。

平日の午前9時から午後3時まで放送。

算数や理科、体育や音楽などを学習する内容が放送されている。

コロナ禍を利用して一気に教育への予算組みに開眼したと言えそうだ。

ところで

フィリピンではオンライン授業をやめて!と学生が政府に要望書を出しているそう。

その理由は、半数以上の学生が自宅での安定したインターネット環境がなく

ネットカフェも閉鎖してしまいインターネットどころか学びにアクセスできないという。

さて

4月9日から新学期が始まった韓国は初めての試みとして

すべてオンライン授業。

さすが20年以上前から情報通信技術を使った教育(ICT)の研究を進めてきただけある。

デジタルコンテンツを提供する専門の機関があり

公共放送が教育番組を製作してきた。

10の専用スタジオを整備し

チャット機能を配した双方向の授業が行われている。

NHK for Schoolより。

そうは言っても

オンライン授業が当たり前に見える国でも

接続のトラブルが避けられないのはどこも課題のようだ。

*****

それにしても格差を感じる。

同じ国においても「オンライン授業」という課題を真ん中に置くと

国内の格差も浮き彫りにならざるを得なかっただろう。

国内、国内外の格差や不平等が浮き彫りになったように感じる。

家庭ごとに教育への熱意の違いにより教育格差が広がったり

先生に裁量が与えらえている国ほど

先生によってオンライン授業に対する積極性や熱心さに差があったり。

一筋縄ではいかない。

世界が同じ1つの敵に向かって闘うことになったコロナ禍。

だからこそ格差が露骨に現れてくるのか。

命の犠牲が多くの貧困地帯に偏ってしまう医療格差も顕著だ。

本当のグローバリゼーションってなんだろう。

 続・学校再開・・学習の遅れは横に置いて🎒

さて各自治体、

「週1日2時間」

「週2~3日半日」

「週3~4日終日」など、段階的に再開。

「分散登校」

「時差通学」

「学級2分割」

「グループ分け」

といった形態も取りながら

6月1日から学校を再開し、

6月中旬ごろから通常の授業を開始する。

北海道ではすでに分散登校などが始まっているところもある。

通常の授業までの段階的な措置による学習時間のロスに加え

すでに50日以上の授業日数が奪われ

年度カリキュラムの内容を年度中に終えることが困難となっている。

そのための措置として文部科学省は

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等 の実施における「学びの保障」の方向性等について(2020/5/15通知)の中で、

最終学年以外の児童生徒の教育課程編成について、

「次年度以降を見通した教育課程編成をすることで

学習の遅れを複数年で補う」としている。

しかし夏休み短縮、土曜日登校などを実施しても

まだまだ日数は補完できない。

そこでもう一つ挙げられた対策は

「学校の授業における学習活動の重点化」だ。

その方法は

「学習指導要領に定める内容を効果的に指導するために、

個人でも実施可能な学習活動の一部について

ICTなどを活用して授業以外の場で行うことで、

学校の授業で行う学習活動を、

教師と児童生徒や児童生徒同士の

関わり合いが特に重要な学習への動機付けや

協働学習、学校でしか実施できない実習などに重点化する」

としている。

さて、

個人でも実施可能な学習活動とは何を指すのか・・・。

計算問題や漢字練習などの反復作業、または

板書内容をプリントにして家庭で学習?

ICT活用などは現時点でほとんど絵に描いた餅だ。

互いの関わり合いや実習、協働学習が

当然3密を避けながらではあるが

学校でしかできない活動だというのはわかる。

しかしこの発展応用活動は基礎学習の上に成立する。

教師は机間巡視をしながら生徒の計算の過程をチェックしたり

漢字の書き順を見たり・・・

これらもまた学校でしかできないことだ。

時間が足りない、では9月入学を!

という内容で以前綴ったが

こちらも待機児童や

予算の問題等々、新たな問題を生んでしまうことを

学んだ。

さて、ではどうしたら・・・。

誰もが頭を抱えている。

と、ここでふと思う。

新型コロナのせいで時間が足りなくなった。

教育課程を終わらせなければ! と

学習の遅ればかりに囚われていないだろうか。

何言ってんの?

それが学校ってもんだよ!

と言われてしまいそう。

でも学校って

ただ決まった教育課程というレールに乗って

決められた教科書を一通り学習⁉︎する場所にすぎないのかな。

諸外国での対策はどうなっているだろう。

一向に報道されていないのは、

日本の教育システムに当てはめることがそもそも無理!だからなのか。

調べてみたくなった。

結果は追って綴りたい。

学校再開・・学習の遅れは横に置いて 🎒

緊急事態宣言が全国的に解除され、

各自治体では感染制御を念頭に

分散登校や時差通学、短縮授業などにより

段階的に学校を再開した。

首都圏1都3県と北海道も25日に解除され

自治体によっては

6月1日の登校再開に向けて

家庭の学習状況や健康状態の確認および

学校生活の心構えについて指導するため、

5月中に登校日を設定したり

家庭訪問を実施するところもあるようだ。

学校内での感染防止の対策として

教壇などへのアクリル板設置、

3密を避けるために床の一定間隔にテープを貼ったりなど

教員たちが様々な準備をしている場面がニュースで伝えられてた。

いざ登校が始まったらと

生徒たちの学校生活をシミュレーションをしてみたことがあったが、

→2020/5/4投稿~闘いから共存へ

教員たちはどんなnew normalを余儀なくされるだろうか。

サーモグラフィーや非接触式体温計での体温測定、

登下校や給食配膳など3密になりやすい場面での見張り(?)、

部活の運営面の配慮等々、

想像してみれば業務は大幅に増え

それに伴う緊張感や安全への配慮に

かなりの神経を使うだろうことは自明のこと。

~集団生活を通して社会の営みを学び自分を知り生き方を模索する~

といった本来の学校の役割が果たせなくならないよう

また

いじめなどへの対応も疎かになってしまわないよう

学校のマンパワーを一定数増やす必要がある。

養護教員も2~3名体制が望まれる。

そもそも

子どもは動き回りながら学んでいくことを考えると

完璧な衛生管理、感染予防は不可能。

グループ分けにより再開した小学校の生徒曰く

「学校に行っても班が決まっているから遊べなかった」

「仲良しの友達に会えなかった」

ニュース番組のインタビューに答えていたものだ。

たとえ行動や体制を大きく制限しても

その弊害の方がはるかに大きい。

教員の側は「感染のリスク」がいつも頭から離れず

緊張とストレスは計り知れないと想像する。

新型コロナウイルス・・・

WHOは

子どもが感染しても重篤になることはまれ、

熱や咳の症状が出ていなければ学校に通わせよう

と推奨している。

3密を完全に避けることはかなり難しいこと

必要不可欠な感染に対する教育をすること

が前提での学校再開のはず。

大切にすべきは

学習の遅れはひとまず横に置くこと。

子どもも教員も保護者もゆとりを持って

楽しく学校生活が送れるようにすることが

最優先と考える。

教員同士の感染は・・?

とまた不安がよぎるが

子どものようにじゃれたりくっついたりはしないだろう。

まずは再開に向かってリセット。

もう思考停止と言わせない。

わからないことだらけの新型ウイルスだからこそ

この3ヶ月に起こったことを材料に

想像力を駆使して

踏み出していこう。

待ったなし! 教育のICT活用

一律に!

前例がない!

はもう通じない!!

教育現場は事なかれ主義なのか、

と何度思ったことだろう。

これは私が8年前まで7年間

教師として教育に携わっていた間に感じたこと。

新しいことをしようとすると

「前例がない」

「何かあったら誰が責任を取るんだ」

「他でもやらなきゃならなくなる」

の一点張り。

教育における日本のICT活用の大幅な遅れは

この悪しき文化にあるのでは、と

申し訳ないけど思ってしまうのです。

教育評論家の尾木ママが

一昨日NHKの番組で熱く語っていました。

ふん、ふん、そうだ、そうだ、

と相槌を打ちながら納得したのは

ほかでもない、

日本のICTを使ったオンライン学習の大きな遅れについて。

諸外国の例の中で

日本は5%の学校でしか導入していないという事実も報じられていました。

新型コロナウイルス感染拡大のために

3月から休校になっている学齢期や高校生にとって

もはや必須の教育ツール。

学びの保障に活用しない手はありません。

「できるところから、できる人がやりましょう」

「一律の必要はない。使えるものは使ってまずやってみましょう」

「『一律であるべき』というのは、やろうと言う取り組みから残念ながら逃げてると言うふうにしか見えな い」

と尾木ママ。

もちろん、対面が一番。

集団でガヤガヤと意見を出し合うナマの交流は人間形成と教育に欠かせないもの。

しかし、今回のような事態に直面し、

テクノロジーの活用は救いの手であるはずなのに

教育現場に浸透していないことが浮き彫りになったと言えます。

そもそもITは障がいなど困難な状態にある人や

通常の方法では対処できないような災害時に大きく貢献するためにあると思っています。

時代はグローバル化。

なのに

国と国は牽制しあい

市井の人々は不安を抱え、

自ら命を絶つ人が増える時代。

そう考えれば

事なかれですむ世の中じゃない。

では何故このような遅れが生じてしまったのでしょうか。

日本は戦後の産業勃興とともに

高度成長、科学技術の進歩を経て

大きく経済成長を遂げました。

焼け野原がたった数十年で経済大国⁉︎に

なったのです。

しかしそのかげで旧態依然の状態なのが

教育現場かもしれません。

なるほど、すべての子どもにタブレット配布することは随分前に決まりました。

しかし国レベルでは予算を組んで自治体に呼びかけているというのに一向に配布は進まない。

此の期に及んでですよ!

個人情報の流出や

サイバーレベルでのいじめなども課題でしょう。

尾木ママは

「セキュリティーを守ることが目的になり

さらに強まっていき、動画が見られない、など本来のICTがかえって活かせない」

とも。

さらに現場の先生たちに無理やり押し付けても

とかく苦手意識が先行してしまう場合も多いと伺えます。

「昔ながらの職人技に徹する教員が多い」

とは尾木ママの談。

現に、私が教員だった頃にICTを導入!

という動きが始まり

外部から講師を招いて教員むけの電子黒板やらの使い方講習が行われ・・

ということがありましたが、

かえってまどろっこしいな、という印象でした。

テキストは職員室の片隅に積み上げられ

手に取る教員は一人もいなかったと記憶します。

しかし、あれからもう10年。

オンライン化はものすごいスピードで

進みました。

しかし現場の意識はあの頃のまま・・・

なのか(~_~;)。

文部科学省は、先日教育委員会を対象に

「学校の情報環境整備に関する説明会」

を開催。

「学校が長期休校するという非常事態に、危機感をもって学校のICT活用を進めてほしい」

と促しています。

文科省「学校の情報環境整備に関する説明会」

時代は変わり

5歳の孫だって

チョチョイのチョイとスマホを使いこなします。

若い世代の先生たちは

ICTを自然に難なく使いこなします。

中高年の先生方、ごめんなさい。

そろそろ

苦手!

をカミングアウトして

若い先生に使い方を教えてもらったらどうでしょう。

全ては子どもたちのために。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

〜闘いから共存へ〜

撲滅の対象ではなく

いかに共存していくかに転換を迫られつつある新型コロナウイルス。

まるで世界の色が変わってしまうような

人々の暮らし方や価値観までも大きく塗り替わってしまうような印象を持ちます。

「共存しながらの子どもたちの学校生活」

これが出来上がるまでにはかなりの試行錯誤が必要で

時間もかかるし生徒も教員も精神的な負担は回避できないだろう、

と想像します。

インフルエンザとは違って

子ども同士で移ってしまうという感染力は小さいにしても

とにかく新型ウイルスとともに生きるあり方

を意識して生活するという転換を迫られるのですから。

まず登校を再開するなら

大人がきちんとしたビジョンを持つべきだと強く思います。

でないと、やみくもに

3密を避けなさい!

と不安や恐怖を煽ってしまいそうです。

せっかく再開した集団生活が意味のないものになってしまいます。

そんな様子を想像してみました。

決して起こってほしくないことです。

👦 👧 👦 👧 👦 👧

友達に会えた嬉しさできゃっきゃはしゃぎながら

団子になり戯れる女子。

男子もやっぱり嬉しくて肩を組んだりベタベタしちゃう。

そんな様子は普段なら微笑ましいけれど

ソーシャルディスタンシングが世界の常識となった今、

よそよそしい距離感での友達付き合いが主流に。

そう、3密第一。

理科の実験は?

家庭科の実習は?

給食の配膳は?

→接触は避けなければ、と白いマスクで無言の共同作業。

英語の音読は?

→唾や息がかからないように距離を保って。

音楽の合唱は?

→大きな声で歌ってはいけません???

運動会は?

音楽祭は?

文化祭は?

→人が集まる機会はなるべく作るべきでないので全て中止。

部活は?

→接触が多いから回数を減らすか部によっては廃止。

休み時間は?

→一人ひとり読書したり、校庭を散歩したり。。

 トイレは一人で行って2メールの間隔をあけて並んでね。

・・・・・

しかしわかっていても

くっついちゃうのが友達。

先生たちは3密防止に躍起になり

生徒指導という名の下に監視強化!

業務が増えてさらに残業が増える・・。

子どもたちはのびのびできずに

一人ひとりが精神的にストレスを抱えながら生活。

こんな状態が慣れてしまえば

殺伐とした風景しか想像できません。

👎  👎 👎 👎 👎  

この辺でやめておきましょう。

様相がガラリと変わる学校の風景を

勝手に想像しておいてですが

子どもたちにとってこれほど恐ろしいことはありません。

3密禁止を条件に登校再開、

なんてこと、絶対にないことを願います。

想像しただけで全く現実的ではないし

そもそも学校の機能が果たせない。

しかし、色々な場面を想定し

シミュレーションをしつつ

しっかりとビジョンと方向性を持って

学校再開しないと

上に書いたようなことは十分起こりうることです。

前回書いたように

20歳未満の未成年感染者数は全体のたった3.8%。

重症化したのはわずか2人で死亡者は0。

という専門家による調査結果を見れば

子どもは同世代間や大人への感染拡大にはほぼ関わっていないし、

重症化もまれだとわかります。

それなら、今まで通り仲間との触れ合いの中で

学び合いや助け合いを通して成長していく

という学校の役割を続けましょう。

🤙 🤙 🤙 🤙 🤙

2月下旬、政府がいきなり3月の休校を決めてしまったときは

子どもの学習や遊び、居場所が奪われるからやめて!と

ブログで綴りました。

→3/4 登校〜突然の臨時休校要請

手洗い、うがい、換気を徹底すればいいのではないか?と。

専門家による調査で

子どもたちに外出自粛や休校を強いる科学的根拠はないとわかった今、

学校再開するのであれば

「密」3つではなく

「手洗い」「うがい」「換気」

の3つを徹底する指導を!

と再び叫びたい。