~優劣のかなたで学びひたる~

 

大村はまさんをご存知だろうか。

中等国語教育の実践・研究者(1906~2005)として、書くことを通して学習者の考える力・自分で学習する力の育成をはかってきた国語教師。

戦後は机も椅子も、教科書も黒板もない教室で、新聞・雑誌をせっせと切り抜き、学習材料にしたそうだ。

私は大村さんの著書「灯し続けることば」を読むと、ふとまた教員に戻りたい、と思ったりします。

この中でとても印象に残ったくだりを抜粋して紹介します。

「伸びようという気持ちを持たない人は、子どもとは無縁の人です」

子どもは、高いものにあこがれ、自分をそこまで成長させよう、前進させようとひたむきに願っています。身の程を忘れてと言いたいほど、伸びよう、伸びたいと思っています。その切ないほど伸びたい気持ちと、研究や研修を通してこそ、私たちは共感していけるのです。学ぶことの苦しみ、そして少しの喜びを、子どもと同じように感じられるのです。そういう魂を持っていれば、世代を超えていつまでも子どもと共にある、と言えるのではないでしょうか。

「種を蒔くほうが大切です」

子どもはほめることが大切です。でも、いいことがあったらほめようというのではなく、ほめることが出てくるように、ほめる種をまいていくことを考えたいと思います。

「子どもほど、マンネリが嫌いな人はありません」

子どもは新鮮さに感動します。私自身が、新しいものへの小さな不安と期待を持ちつつ、子どもに向けてその教材を提供している、それが子どもを動かすのです。

「優劣のかなたで、学びひたる体験をさせたいのです」

誰より優れているとか劣っているとか考えるのは、一種のゆるみです。そんな優劣を超えた、いわば優劣のかなたで自分の学習にひたることが大切なのです。優劣など頭に浮かぶひまのない世界にまで、教師は子どもを連れて行かなくてはいけないのだと思います。

「年が小さいから、教え子として、ここに座っているにすぎません」

この子たちは自分をはるかに乗り越えて、未来の国をつくってくれる人なんだ、そういう敬意をもって、子どもという宝物に接していかなくてはならないと思います。

「教師は渡し守のようなものでしょう」

子どもが卒業していったら、私のことは全部忘れて、新しい学校、新しい友達に慣れて、新しい自分の世界を開いていってほしいと思います。教師は渡し守のようなものだから、向こう岸へ渡した子どもたちにはさっさと歩いていってほしいのです。「どうぞ新しい世界で、新しい友人と、新しい先生について、自分の道を開拓していって」と思いつつ、子どもを見送っています。

                  大村はま著「灯し続けることば」より抜粋

「教師は渡し守」のくだりは、私にちょっぴり反省を促します。

どうしても退院して元の学校に戻った子、卒業していった子のその後が心配になったものです。

転出していった子が外来のたびに職員室に遊びに来て慕ってくれるのが嬉しかったものです。

今どうしてるとか、将来は○○しようと考えてるとか話してくれるのが楽しくて。

渡し守、確かにその通りだ、と120%納得するけれど、やっぱりこれだけは私には無理だな、と思ったりもします。

教職を離れた今も大村はまさんの考え方はいろいろな場面で指針となっています。

〜アーティストコメント紹介!〜

活動のたびに報告書をアーティストとアシスタントに書いてもらい、記録、振り返り、次への動機づけとしています。

徳島はっちーさんの報告書から一部抜粋します。アーティスト自身が自分の活動を通してどんな成果があり何を学んだかを、心を込めて綴ってくださり、SHJの意義を改めて感じることのできるコメントです。

ショーの前の念入りな準備。病棟では学習室がSHJの控え室に早変わり!

プレイルームでのショーの時間。初めは目を合わせてくれなかった子、泣きそうだった子、怖いと言っていた子たちが、パフォーマンスを始めると自分から手を伸ばして近付いてくれたり話しかけてくれるようになったりするのは、いつものことながら嬉しいです。

病室では、これから処置室に入るという目に涙を浮かべた男の子のご家族から「風船で剣を」とのご要望がありプレゼント。男の子は涙目ながら好きな色は「青」と答えてくれました。作りながら話しかけ、風船でいたずらし、コミュニケーションを図りつつ風船の剣を作り上げると男の子の顔に笑顔が。ショーの時と同様にささやかでもこういう気持ちの変化を引き出せると、とても嬉しいです。

病室では他に人見知りの女の子や人懐っこい女の子とも出逢いました。人見知りの子はずっと壁のほうに体を向けたままチラチラこちらを横目に見るばかりで最後まで体は向けてくれませんでしたが、ピンクが好きとのことでピンクのお花やハートの風船をプレゼントし、しつこく話しかけ続けると(笑)少~しだけ表情がゆるみました。その地味な変化の嬉しいこと(笑)。

一方の人懐っこい子は初めから笑顔で、僕のことを「可愛い」と言ってくれたりとウェルカム態勢でしたが、コミュニケーションを取っていると更に打ち解けた姿を見せてくれました。

そして、僕たちのようなパフォーマーもそれは同じで、パフォーマンスでの変化は一時のことかも知れませんけども、その明るい変化が新しいことに繋がったり、積み重なって心の持ち方が明るくなったり、長い目で見て子どもたちの良い何かを引き出す一助に…なれば良いなと。

でも、そういう難しいことを抜きに、ただ子どもたちと芸を介して遊ぶということが凄く楽しくて、それで充分かと思ったりもするんですけど(笑)。とにかく病棟で子どもたちと遊ぶことが毎回楽しいんです。

気が付くとスマイリング・ホスピタルの帰りは、いつも清々しい気持ちになっていて逆に子どもたちからエネルギーを貰っています。

今回は普段とは少し違う表現を自分の中から引き出すことに繋がったので、面白く、嬉しかったです。子どもたちのお蔭でまた自分の可能性が広がった気がします!

素敵な機会を与えて下さる病院関係者の皆さん、子どもたち、親御さん方、アシスタントの方々に毎度ながら感謝です。

アーテイストが喜びを感じながら活動してくれることへの感謝と共感し合える感動・・それを揺るぎないものにしてくれるのが子どもたちの笑顔。SHJを創った喜びに心が震えます。

ところで・・涙を浮かべていた男の子は、青い剣をしっかり握って処置室へ。涙も乾いていたようです。

Smiling Hospital Japan Official Website

久々の活動アシスト!

クラウン・ジャグリング・パントマイムの徳島はっちーさんと慶応病院へ。
病院が工事中であることは知りつつも、その進行ぶりに面食らう。
病院というところはただでさえ、迷路のようで一度行ったくらいではすんなりとは目的地に辿りつけない。
開始後数か月は毎回活動をアシストしていたのに、工事のために迂回しなければならないこともあり、もはや小児病棟へは職員さんに聞かなくては行けない羽目に。
はっちーさんと諭吉像前で待ち合わせる前にこっそり病棟への行き方をおさらい。
ボランティアに活動アシストをいかに任せきりにしていたかを痛感する。
改めて、賛同して集まってくれたボランティアに感謝ひとしお。
いろいろな現場を思い浮かべる。
東大病院・・
かつての職場で、行くたびに生徒とのあれこれを思い出して切なくなったり、どうしてるかな、と思ったり。
東大病院のアシスタントの細やかな気配りは、見習わなくてはなぁといつも思う。
日赤医療センター・・
毎週活動があるから「月曜日はスマイリングの日!」として生活のリズム作りにも一役買っている。
日赤のアシスタントは肝っ玉母さんみたいに、おおらかで懐が深い。
神奈川県立こども医療センター・・
小児がん拠点病院、そして最先端医療の緊張の現場だけど、SHJを重宝がってくれるようになった。
医療センターのアシスタントはもともと病院のボランティアだったけど、スマイリングに深く賛同してスタッフになってくれたほど、SHJに惚れ込んでくれている。
・・・・
その他、北海道から福岡まで、活動導入の説明会と初回活動は必ず足を運ぶが、そのあとは地区コーディネータに基本、全てを任せている。
熱い人たちが集まってくれた。
コーディネータやります!
その熱意に惹かれ、たくさんのアーティストが集まってくる。
アシスタントボランティアは私が!
地区によっては活動病院や施設の数が違う。多いところは関東地区同様アシスタント制をとっている。

さて、はっちーさんのパーフォマンス。ジャグリングとパントマイムを組み合わせた、おどけと独特の、周りを引き込む圧倒的な存在感は、子どもだけでなく、ナースステーションのスタッフが仕事の手をひととき休んで楽しんでいました。ふと振り向くと、たくさんの白衣のスタンディングオベーションが!

 

 SHJヒストリー26~よし、処置は後まわしだ!~

こうして痛い視線のなか平気を装って活動開始。

本来入ってはいけないところに入れていただく、そんな気持ちを抱え、

内心ドキドキなんだけど、そんな表情は待っててくれる子どもたちをがっかりさせるだけ。

そろっと入って廊下はおとなしく。プレイルームに着いたらエンターテイメント爆発だ。

とアーティストと目配せ。

ナースステーションにご挨拶。

「こんにちは!スマイリングホスピタルジャパンです。お邪魔します!」

「・・・」

一瞥もなし。  

スミマセン、ホント邪魔だよね。

なんとも卑屈な気持ちと居心地の悪さ。

でも負けない。

アーティストはそれ以上に「がっかりさせたくない」、と必死なのに松本がこれでどうする。

子どもたちの反応で必要性を証明しなくては・・。

盛り上げて盛り上げて・・。

活動2回目。ユニフォームはまだなかったから、病院ボランティアのエプロンをつけて参加。緊張を一生懸命隠す顔は固い固い。

力が入りすぎると鋭い子どもたちはその必死さを見抜く。

見透かされているような気持ちになるのはなぜだ!?

子どもたち・・・なにがはじまるの~? 面白くなければ部屋に帰るよ。

保育士さん・・・ほらほらせっかく来てくれてるんだから・・・。

ナースたち・・・甘い現場じゃないわよ。

医師たち・・・・・・・・・・・・・・。

子どもたちからたくさんの笑顔を引き出すんじゃなかったのか。

押し付けのボランティアなんて絶対に嫌だ!

寄り添おうとすればするほど空回り。

でも今思えば勝手に空回っていたのは松本だけ。

アーティストたちは、準備したプログラムや予期せぬリクエストに、たじろぎもせずにのびのびと応えている。すうっと溶け込んでいるではないか!

気がつけば、

子どもたち・・・ゲラゲラ大笑い。

保育士さん・・・△号室の〇〇ちゃんが楽しみに待ってます。

ナースたち・・・○○くん、よかったね~。

医師たち・・・おお、笑ってる、笑ってる。処置は後回しだ!

どれもこれも、子どもたちと家族が楽しみに待っていてくれるから。

アーティストのプロの技と、病院アシスタントボランティアの温かなフォローがあってこそ。

そして現場の理解と。

何より身体と心で大切なことを教えてくれ、背中を押し続けてくれた院内学級の生徒たちのおかげ。ずっと見守ってくれている。

続く・・。

Smiling Hospital Japan Official Website

 ~安曇野へ~

また自然に甘えたくなって、安曇野へ。

新緑から深い緑へ、そして葉の一枚いちまい同じ色一つない黄、赤へ。自然の織り成すアート。

紅葉した葉はやがて落ち、自然の養分となり、また次の季節の色を作っていく・・。

ここ安曇野では、ちょうど大生活祭が開かれていて、それはそれは賑やか。

そうとは知らず、自然が恋しくなって夕方発、あずみの道の駅で車中泊。

が、何やら朝から外が賑々しい。

道の駅に隣接するほりがね物産センター前には開店を待つ大勢の人たちの姿が。

この物産センターで地場野菜や果物、花、それらの加工品が所狭し。そして東京では見ることのない商品が目を楽しませてくれる。

新鮮さや安さは言うまでもありません。

わざわざ東京から3時間走る価値は大!

JAあずみ大生活祭。豊かな収穫を祝うこのお祭り。

あずみの堀金烏川地区で毎年開かれている。

土地の人々が大自然に抱かれ、自然に感謝し、豊穣を祝う。なんて豊かなんだろう。

松本家今回の収穫は、ピクルス用トマト、山芋、パクチー、ニンニク、セロリ、ジャガイモ、サツマイモ、ターサイ、大根、レモン、りんご、しいたけ、春菊、赤カブ、ストックの切り花。

トマトとセロリ、赤カブはこれからピクルスにする。

果物の売り場でふと見上げると、りんごとなしの種類がイラストにして紹介されている。

バーゲン会場のおばさんのごとくワゴンの中ばかりに血まなこになり、危うく見落とすところであった。

へぇ~、こんなに種類があるんだ・・。

おっと、りんごがなくなりかけて慌てて我に?かえる。

そば好きの私にとっても嬉しい信州。

欲張って大盛りを注文。ちくわ天と芋天は外せない。

しっかり腹ごしらえしていざ、次の目的地、烏川渓谷緑地を散策。

夏は山々と山野草の原色に包まれ、秋はその色の変化に、時間の流れを思い、しみじみする。

自然とはいっても、程よく人の手が入り、整備されないと、荒地と化してしまい、人間との共生が叶わない。

市民と長野県が作る烏川渓谷緑地市民会議では良好な整備、適切な維持管理に関する活動が行なわれているのだとか。

現場では長野県烏川渓谷緑地環境管理事務所の職員がまめに見回り見守っている。

管理事務所で楓の種類を紹介したポスターを見つけた。「かえで」にもこんなに種類があるんだな。

あっ、おじさんだ!

そろそろ顔見知りになってきたかな、地道に管理に当たる職員さんに会って嬉しくなった。

これから厳しい冬に向かう。おじさんたちは繰り返す自然の営みと生活を共にしているせいかな、笑顔が無数のシワをさらに深くする。あったかい。

樹木や植物の名前を石に書いて紹介。この一手間もあったかい。

冬の安曇野の自然、そして物産センターでの買い出し・・次回はどんな発見があるかな。