他人の靴を履いてみたら- ミクロからマクロへ –

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(2019年6月21日刊行 新潮社)

ブレイディみかこさんの話題の本です。

東京新聞にもコラムを連載していて

指摘は鋭いながら庶民的な視点で共感を誘う

ブレイディさんの文章は前からとても好きでした。

そしてこの本、「ぼくイエ」という通称で親しまれるほどの人気です。

イギリス ブラントンに住みながら

保育士としてライターとして活躍するブレイディさんは

生活者としての視点で主にイギリスの格差社会に切り込みます。

イエローでありホワイトでもあり、人種問題や貧富の差、ジェンダーなどをめぐり

悩みながら成長するブルーでいて正義感の強い実の息子「ぼく」。

「ぼく」と一緒に親子で学校や進学を軸に悩み成長するストーリーに、

格差社会を問題提起しつつ人情の要素がたっぷりと散りばめられ

ほっこりと読み進めながら共感を誘う物語です。

新潮社のサイトから受賞の数々をそのまま抜粋すると

✔︎読者が選ぶビジネス書グランプリ2020 リベラルアーツ部門

✔︎埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2019 第1位 

✔︎第13回 神奈川学校図書館員大賞(KO本大賞) 

✔︎キノベス!2020 第1位 

✔︎We Love Books 中高生におすすめする司書のイチオシ本2019年版 第1位

 ✔︎第7回 ブクログ大賞 エッセイ・ノンフィクション部門

 ✔︎Yahoo!ニュース 本屋大賞2019 ノンフィクション本大賞 

✔︎第73回 毎日出版文化賞特別賞 

✔︎第2回 八重洲本大賞

さらに

推薦図書に指定している中学、高校もあるほど。

「ぼく」が小学校から中学校に上がる時期の数年間について書かれたものだから

小学校高学年にもその年齢なりの読み方ができるかもしれないと感じます。

身の回りの問題を他人事として捉えず

できることから解決していくことが一人一人の使命であることを

若い人たちに伝えることができる最高の教材だと思います。

📘 📙 📗

ブレイディさんが先日対談番組で話していたことで強く印象に残ったことがあります。

ミクロからマクロへ視点を持っていくことで

政治に興味がない人たちにも

関心を持ってもらえると考えている

なるほど、

庶民の立場で日々直面する

 なんか変だぞ、

 なんか損してない?

 この格差は何?

 なんとういう不公平な世の中だ!

といった釈然としない思いを

日常の具体的な事象を切り口に

その原因を制度だったり

国だったりといった

大きな運営システムに問題点を炙ることに繋がり、

ひいては、より民主的な世の中にするためには

一人ひとりの意識がまず大切だよ、

と伝えているのだと思います。

「他人の靴を履いてみたら、きっと今とは違う世界が見えてくる!」

というのはブレディさんの座右の銘(かどうかはわかりませんが)

として対談中にもよく出てくるフレーズです。

なるほど、長く英語圏に暮らすブレイディさんだからこそ

他人の靴を履く=人の立場に立ってみる

put yourself in their (one’s) shoes

という英語の慣用句が彼女の考え方にピタリと合うのでしょう。

2005年の映画で

“In Her Shoes”

というのがありました。

対照的な姉妹二人の人生を描いたベストセラーの映画化でした。

ここでもこの慣用句は使われていましたね。

英語圏では一般的な言い回しです。

「他人の靴を履いてみたら、きっと今とは違う世界が見えてくる!」

とは、

全ては人ごとではないよ

他人の靴を履いて(その人の立場に立って)みて!

きっと

そうだったのか!

という共感(エンパシー=相手の立場に立ち理解しようとすること)

が生まれ

これまでとは違う世界が見えてきて

大事なことにはっと気づかされ

人生の課題だったり使命だったりに出会えるよ、

とブレイディさんは伝えているのだと思います。

ミクロ(他人の靴をまず履いてみる)

がマクロ(今とは違う世界=世の中全体の仕組みや課題)

に向かうことで

自分が対峙するべき課題に向き合うことができる

というメッセージだと読むことができます。

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

一押しの一冊です!

松本恵里Facebook

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

アーティストの素敵な暑中お見舞い

 

あまりにも梅雨明けが遅かった今年の夏。

1週間もしないうちに

暦の上で秋となりました。

夏本番!の時期が1週間とは

気候変動の影響でしょうか。

それにしてもこの暑さ

地球温暖化がすごい勢いで進んでいるのを実感します。

残暑と呼んでしまうのは

勿体無いほどの

そしてなぜか

申し分けなくなるほどの暑さ

ミンミンゼミのかしましい蝉時雨は

夏本番を思わせるほどです。

今年は3月から活動がストップしてしまい

活動病院へ

新年度のご挨拶

そして暑中お見舞い

立秋を過ぎてからは残暑お見舞いを兼ねた

メールをしたりしています。

その度に

「警戒レベルが2から4に上がり

状況はますます厳しくなりました」

「当分活動は再開できそうにありません」

「今年度いっぱいは

ボランティア活動を休止いたします」

などというお手紙が病院から届いたりしていて焦りはするものの

どの病院も情勢が整い安全が確保できたときに

活動再開するのを心待ちにしている

と言ってくださり、

「このまま活動ができなくなってしまう」

という危惧は薄れ、

心なしか焦りが消えました。

再開に向け、今できる事のアイデアを練り

模索実行する事が希望につながり

楽しさを感じるようにさえなりました。

そんな中、アーティストたちにも

今はじっと我慢の時だけれど

これからも一緒に子供達を応援していこうという

メッセージを日頃の感謝を添えて

暑中見舞いにしたためました。

メールでお返事をくれたり

お手紙をくれたり

封書に手作りマスクなどのプレゼント

を同封してくれたり、

とても励みになり

さらに気持ちの負担が取れて

ただただたくさんの仲間と一緒に作っていく団体の成長が

楽しみになりました。

そんな中でぜひ紹介したい暑中見舞いは

イラストレーターの作品のポストカードです。

大阪地区で活動くださっている

羽根佐智子さんは透明水彩画の専門家。

HPにたくさんの作品が紹介されています。

ぜひご覧ください!

sachiko Hane – watercolor illustrations –

日常の何気ない風景画や静物画には

独特のガラスの透明感があります。

骨董品を描くのが好きだという羽根さん。

風景画や人物画なども幅広く描いていきたいと話していました。

コロナ禍において、

日常を水彩画で描くという手仕事を通して

これまで以上に

“身近にある小さな幸せ”を感じたり大切にしたりする

気持ちが強くなったという羽根さんの言葉に

とても共感します。

“日常の風景”に美や面白さを見出す羽根さんは

自宅に芽吹いたもみじの小さな苗を土ごと小鉢に植え、

自室で育てているそうです。

土の香りを自室で感じる幸せ…。

心豊かだなあと感じました。

アートについて私は

🎨 アートの豊かさや多様性は、日常の中に反映させることができるもの

🎶 アートの価値は心のままに表現すること。だからアートに取り組んでいるとき、精神は自由でいられる

と、こんな風に捉えています。

どんな環境にいてもアートの多様性を持ってすれば日常を豊かにできると。

だからとても自由で開放的で個別的な価値を持ちます。

だから何気ない日常を描く

羽根さんのアートに対する考え方に

とても共感するのです。

羽根佐知子さんHP sachiko Hane – watercolor illustrations –

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

「学びサポート」Facebook

松本恵里Facebook

「言葉」がかわいそうだよ2

最近、

言葉の使い方に違和感を覚える時があります。

「自粛」「ボランティア」

を例に挙げて、そのもやもやを綴ったのが

ついこの間の12日。

本来の意味と違った趣旨で使われているなぁという

印象を書きました。

そして14日

東京新聞朝刊の「新聞を読んで」というコラムに

法政大学教授の上西充子さんが

同じような言葉の使い方への違和感を述べていました。

まことにおこがましいのですが

再び

我が意を得たり!

と嬉しくなりました。

上西さんが取り上げたのは

紙面の記事でよく出会う

「反発」

という言葉。

結論から先に言えば

「抗議」

「反対」

「反論」

で良いところをあえて「反発」と書くその意図やスタンスが

透けて見えてしまう、と言うのです。

なるほど。

例えば

「世論は反発」

「親の意見に反発」

「生徒が先生に反発」

は言うけれど

「検察OBが反発」

「親は子どもに反発」

「先生が生徒に反発」

とは言わないですね。

反発とは

株で言えば下落している相場が一転して上昇すること。

その言葉には

下から上への動きのニュアンスがあります。

上西さんは

「反対」「抗議」ではなく

「反発」を使うことで

上から見下すような意味あいが出てしまうと言うのです。

しかし

わかりやすい表現として深い意味もなく

悪気もなく広く使われているこの言葉。

記者も無意識に使ってしまっているのだろうと思います。

もちろん、どのメディアも独自のポリシーに則った記事を書く。

しかし、こと、言葉の使い方に限って言えば

ある種の意図的な文脈が見え隠れするような表現は

世論を捉え形成するメディアの立場として

あってはならないと考えます。

読者の知性への信頼が根底にあれば

このような表現は避けるはずだと思うのです。

まさか

検察OBは偉くて国民は下の階層・・・

なんて記者も新聞社も思ってないでしょう。

世論形成する立場として

読者を敬い、責任のある表現を

注意深く選んでほしいな、と思います。

私も

上西さんの主張を読んで

なるほど、

「自粛」

「ボランティア」

同様、

何か本来の意味とは別の意味があり

そのB面の存在に気づかないで

無意識に読んでしまっていることは

往往にしてあることに改めて気づきました。

少なくとも信頼して選んでいる媒体に

知らないうちに意識操作されてしまっているかもしれないなどとは

思いたくもないことです。

「言葉」に人格があれば

「抗議」

するだろうな。

Smiling Hospital Japan Official Website

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

SDGs「誰一人取り残さない」 という理念を実現させるためにSHJができること。

SHJが2年前に開始した

在宅訪問学習支援「学びサポート」。

これは他でもない

「誰一人取り残さない」 というSDGsの理念に合致しています。

ホームページを開設しました。

「学びサポート」ホームページ

この活動を始めた理由を振り返ります。

病棟での参加型芸術活動を始めてしばらくした頃

病室の子どものところへ案内してくれる病棟スタッフが

重症心身障がい児のベッドサイドを素通りしてしまう

ということが何度か重なり、

その時の違和感は頭から離れませんでした。

障がいの重い子どもに対する社会の目が

そこに凝縮されているように感じたのです。

→2018/7/17投稿~ここにいるよ、学びたいよ

アーティストにとっても

障がい児への関わり方について戸惑いを抱く場合が多いのは事実。

ですから研修会で学び合ったり

ハンドブックを作成し配布したりしています。

活動をより充実させたい

わからないことをわかりたいという

アーティストたちの高い意識と向上心のおかげで

障がい児への関わりを

活動者自身も活動を楽しみ、

子どもたちから学ぶようになりました。

さらに

病棟で対象外とされたこのような子どもたちは

退院して在宅を余儀なくされた時に

どれほどの疎外感や活動不足と折り合いをつけながら

生活しなければならないのだろう

という思いに胸が締め付けられ、

駆り立てられるようにして

在宅訪問学習支援「学びサポート」

を開始した、というのが経緯です。

「学びサポート」は

医療的ケアや重い障がいのために在宅医療を受ける子どもへの

学習の機会と質を補うことを目的とし、

  • 学び合うこと
  • 一人一人の困難さに寄り添うこと
  • 豊富な教材を用意すること

を大切にしながら

学習支援ボランティアが対象児・者の家庭に訪問し、

個別のニーズに合わせた手作りの教材や支援機器を使い、

主体的な学習の機会を作っています。

障がいが重い子どもは、大きく分けて

運動、感覚、意思伝達

という3つの困難さに日々直面しています。

運動の困難さがあると、

思いどおりに身体を動かすことができないために

自分でやってみるという行為が制限されます。

見えにくさや聞こえにくさ、触覚の過敏など感覚に制約があると、

私たちが普段何気なく受け取っている

「どこ・だれ・なに」などの、コミュニケーションや

行為の土台となる情報を十分に活用できない可能性があります。

「制約が多い分諦めていたけれど方法さえ工夫すればできる事がたくさんあることに気づき、我が子の可能性に気づいた」

「親としても希望が持てるようになった」

お家の方にとって

我が子が輝く姿が何より嬉しいものです。

この度

「学びサポート」のホームページができました。

スマイリングホスピタルジャパンのHPにリンクしています。

「学びサポート」ホームページ

活動中に病棟で取り残された子どもたちの姿が

「学びサポート」の原体験。

誰一人取り残さず

一人一人の違いを大切にし

誰もがどんな状況にあっても主体的に学ぶことのできる土壌を作るために

これからも学習支援ボランティア一同

取り組んでいきます。

– 参考までに –

SDGsについて・・・

2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包 摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標。→外務省HP

「学びサポート」ホームページ

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook

GCU(回復治療室)での5年間👶

念願の長野地区を設立し

準備を進めてきたのは

信州大学病院での活動。

長野地区コーディネータ小倉輝久さんは

ドラムサークルファシリテーターで

初日は病棟プレイルームで総勢23名で賑やかに

ドラムサークルを。

この様子はまた改めて書きたいと思います。

さてこの病院にはもう一つ活動場所があります。

GCUというところ。

Growing Care Unitの略です。

NICU(新生児集中治療室)

が早産児や低出生体重児、治療が必要な赤ちゃんなどが入院する集中治療室。

それに対してGCU(回復治療室)は

NICUで治療を受けてきた赤ちゃんが退院する準備をしながら入院する部屋です。

とは言ってもこの日一緒に活動するのは

生まれてから5年もGCUのベッド上で過ごしているAちゃん。

さぞストレスが溜まっているだろうと察していましたが

人見知りもなくとても礼儀正しいのです。

愛想の良い優しい笑顔で迎えてくれたその様子に

かえって拍子抜けするほどでした。

何か救われたような気持ちになると同時に

その大人びた雰囲気に

この極めて限られた空間での

Aちゃんの5年間を思いました。

自分を守るため

家族を悲しませないため

本当の心に蓋をしてきたその毎日が

すっかり染み付いてAちゃんという一人の少女を作っているのかな、と。

愛想よく賢いAちゃんは

ユニット中のみんなのアイドルであり癒しの存在だと

活動を見学してくれた医師が教えてくれました。

そんなAちゃんに小倉さんは個別の活動を。

持ってきたシェイカーや

小さなドラムパン、Hapiという幻想的な音がする打楽器などの

いろんな音を出してAちゃんにも触ってもらおうと

マレットを手渡してみたり楽器を近づけてみたるするけれど

興味を示してくれません。

「小倉さん、マレットをもっと届くところに近づけたら?」

とか、

「看護師さん、ベッドの柵はもう少しおろせませんか」

などど、

なんとかAちゃんの楽器へのリーチを容易にする環境を作りたい私でしたが、

しかし小倉さん、そっとAちゃんの様子を見て

絵本を読む活動に切り替えました。

最初はニコニコ耳を傾けていましたが

そのうち飽きてしまったのか

あちこちへ視線を移し

ふたたび気もそぞろになりました。

ベッド上においてある医療機器の空袋はお気に入りのおもちゃなのか

それをいじり始めました。

このとき、

この子は人に気を使うのをやめて

本当の気持ちをさらけ出せているような気がしました。

つまらないものはつまらない

自分の興味を優先させていただきます、

と(このとき、小倉さんも同じように感じたと振り返りの時間に話していました)。

そこで小倉さん

用意した折り紙を取り出し

何気なく工作を始めました。

手を動かすことに今は夢中なんだな、

ということに気づいた小倉さんの機転でした。

外でもない

NPO絵本で子育てセンター絵本講師であり、また

NPO芸術と遊び創造協会おもちゃインストラクターでもある小倉さんです。

絶妙な切り替えとたくさんの引き出しを持つことで

子どもの気持ちを読み取り

子どもが自分から楽しもうとする意欲を引き出す専門家。

小倉さんが楽しそうに折り紙工作をする様子が気になり

じわりじわりと体を寄せ

ベッド柵の間から手を伸ばし

折り紙を触り始めました。

ちぎるような手の動きをしながらも

力弱い為に指先に力が入らずにいると

すかさず小倉さんはほんの少しちぎり目を入れそっと置きました。

それに手を伸ばしたAちゃんはちぎる、ちぎる。

まだまだもっともっとやりたい、というふうです。

動きが活発になりちぎるほどに

そばにあったビニール袋に破片を入れていくことを

二人で笑い合いながら楽しんでいます。

袋を振って遊んだり

ポンポンと手のひらで叩いて中の色とりどりの折り紙のかけらの動きを

うっとりと見つめていたり。

そこへ用意してきたサンタクロースの折り紙を

そっと忍ばせた小倉さん。

袋の口をしっかり結ぶとカラフルな風船になりました。

その中でいろんな色の雪にまみれてサンタさんが遊んでいるようです。

存分楽しんだAちゃんの笑顔は本当にキラキラとしていました。

最初は時間がかかったけれど

「時間はいくらかけてもいい。子どもをよく見て

今の気持ちを教えてもらうこと」

そんなことをAちゃんと小倉さんから学びました。

せっかちになること、焦ること

ああしたらこうしたらと気が急くことの

弊害は子育て中に学んだはずなのに・・と

自分の短気な性分に苦笑を隠せませんでした。

活動の終わりを告げ、ゆっくりと片付けを始めた小倉さんに

「え、もう帰っちゃうの?」

というような表情などひとかけらも見せずに

気持ちをピタッと切り替えたAちゃん。

最初の愛想たっぷりの優しい笑顔に戻り

手を振ってくれました。

名残惜しんでくれていたら

身勝手だけど、かえって余韻も爽やかだったかもしれない。

Aちゃんの礼儀正しさ、感じの良さが

なんとも気になるのは数日経った今も変わりません。

これから関係を深めていく

小倉さんのゆったり寄り添う柔らかい佇まいで

Aちゃんが伸び伸び自分を解放していってくれたらなあ

と人知れず祈る私です。

Smiling Hospital Japan Official Website

Smiling Hospital Japan Facebook

松本恵里Facebook